<< 少年メリケンサック | Main | EARTH,WIND&FIRE >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.02.21 Saturday author : なぎさ

チェンジリング

JUGEMテーマ:映画



2009年2月20日(金) 公開

★★★★★ アクションもセクシーな魅力も封印して渾身の演技を見せてくれたアンジーが良かった 星5つ!


皆さん、これが本物の春日ですよ。




お子さんをお持ちの親御さんならどなたも我が子が行方不明になるってどんなに苦しいことか想像しただけでもお分かりかと思います。

ところが実際に行方不明になったら、その想像の何倍も辛くて怖いです。


私はわかります。


2006年公開作品『フライトプラン』の感想でも書きましたが、私の娘が3歳の時に自宅から一人で出て行ってしまい行方不明になったことがあったのです。


その時の辛さは言葉に言い表せません。


夫と母と私の三人でとにかく探し回りました。


娘は見ず知らずの男性によって無事に交番に保護されていたのですが

その間の4時間ほどは、誘拐されたのではないか、川に落ちていないか、交通事故に遭っているのではと、生きた心地がしないというのはこの事なんだと、こういう時は探しながらも人間って悪い方向に考えてしまうものです。


娘を保護してくださった方が良い方だったからよかったものの、これがもし・・・と考えると5年経った今でも寒気がします。

たった4時間ほどでも我が子が失踪したら気が狂いそうなのに・・・

この映画を観て再びその時のことを思い出し、主人公のクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の気持ちを考えると、心拍数が上がり涙が溢れました。


実際にあった事件なんですね、これ。


クリント・イーストウッド監督作品ってどれも、鑑賞後にズドンと重い物が命に刻まれたみたいな感覚に陥りますね。



脚本を担当したJ・マイケル・ストラジンスキーはジャーナリスト出身の方だそうで。

ロサンゼルス市役所の事務室に埋もれていたこの事件の記録を発掘し、1年を費やしてリサーチし脚本にしたらしい。



1928年3月10日 ウォルター・コリンズ君 当時9歳が行方不明に。

5ヵ月後、発見されたウォルターと名乗る少年は別人だった・・・・・。


この当時のロス市警の堕落ぶりは酷かったですね。
もはや警察とは言えない、あれはもぉギャングですね。


1928年と言えば昭和3年ですよ。

この当時のロスの街並みが冒頭とラストで見事に描かれていました。
最初と最後がモノクロームになっているのも粋な演出でした。


この難役を母性愛で演じきったアンジーが良かったです。
けして外見には出さないけれど芯はしっかりしたものを持っているヒロインのクリスティンを静かに力強く演じています。

こんな時代に、電話局での仕事の際にローラースケートを履いていたのには驚きました。

どうしてもアカデミー賞の前に観ておきたかったので。





その彼女をサポートするブリーグレブ牧師役のジョン・マルコビッチも良かったけれど、何と言っても目を惹いたのは・・・

ゴードン・ノースコット役のジェイソン・バトラー・ハーナーだ!!!

ニューヨークの舞台中心に活躍している俳優さんだそうですが・・・これ以上言うとネタバレになるので控えますが、このインパクトは脳裏に焼きつきました。


そしてイーストウッド監督と言えば音楽ですね。

ここでも悲しい旋律が耳に残りました。


次回作は監督・出演している『グラン・トリノ』GW公開です。


こういう事が起こったら、あの時こうしていたら・・・とか、もし、こうだったら・・・という後悔ばかりが残ってしまうでしょうね。

それは一生ぬぐえない後悔になるでしょう。


「息子は私の命なの」


一人の女性を通して正義とは、希望とは、というものを問いかけた作品だったと感じました。













| 映画 《タ行》 | 16:04 | comments(31) | trackbacks(91) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:04 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは。
最初こそ、事を荒立てることに躊躇していた夫人だったのが、真実を目の当たりにして、体験するすることで、大きく強く変わっていく姿が印象的でしたね。

色々と気持ちを揺さぶる作品でしたね!
| たいむ | 2009/02/21 8:13 PM |
そうそう、最初と最後のモノクローム映像から
徐々に色彩がついてくるところなんて
素晴らしい演出でしたよね〜。
本物の春日さんどうでした?(´▽`*)アハハ
| miyu | 2009/02/21 9:28 PM |
こんばんは♪
こんなひどい事件だったとは驚きです。
アンジーさんの迫真の演技には泣かされました。素晴らしかったですね。
| ゆかりん | 2009/02/22 12:41 AM |
>たいむさんへ
たいむさん こんにちは♪

>最初こそ、事を荒立てることに躊躇していた夫人だったのが

息子にも言ってきかせてましたね。
ケンカは売るなと。
でも売られたらカタをつけるというのが彼女のポリシーだったんですね。
処刑前日に囚人に会うほど彼女の中で大きく何かが変っていったことがよくわかりましたね!
とても秀作でした。
| なぎさ | 2009/02/22 1:57 PM |
>miyuさんへ
こんにちは〜♪

物語への導入が良かったし、終わり方もまた素敵でしたよね。
この辺りはさすがとしか言いようが無いです!

>本物の春日さんどうでした?(´▽`*)アハハ

(*^艸^)ムフフ 春日はちょっとキモイですけどね(爆)
| なぎさ | 2009/02/22 2:00 PM |
>ゆかりんさんへ
こんにちは〜♪

>こんなひどい事件だったとは驚きです。

同じく!
しかも実際にあった事件ですからねぇ〜。
犯人の男って当時まだ21歳だったそうですね。
本作にはなかったですが、男の子ばかり誘拐してたのも性的な目的だったようですね。
いらなくなったら殺害して埋めていたなんて酷すぎます・・・。

アンジーはこの役をするのに躊躇したらしいですが、母親として演じようと決意したと聞きましたが彼女だから演じられた役柄でしたね。
| なぎさ | 2009/02/22 2:05 PM |
なぎささん、こんにちは^^
いつも楽しく読ませて頂いてます!
またことらこそTBのみにて、失礼して
おります(^^ゞ
コメントありがとうございました♪
嬉しかったです^^

4時間も行方不明って(^^ゞさぞ生きた心地
しなかったでしょうね。。。私には、私にはわかります!うちも3歳になるかならならないかくらいだったのですが、また30分ほどで、近くの公園で見つけたのですが、その日は、主人も主人の母もおらず、下の子をベビーカーに乗せて、心は半狂乱状態で探しま周りました。近くの公園と言っても、大きな交差点を渡るし(しかも消防車に乗って出かけたし)公園はうっそううとしていて暗い公園で、近所の一つ年上のおにいちゃんと一緒だったものの、事故にあっていたら、誘拐されていたらと見つかった我が子を見たら泣きそうでした(T^T)その時の我が子も、泣きそうでした。おにいちゃんについていったはいいものの不安もあったんでしょうね。。。
と自分のことが長くなってしまってすみません(^^ゞ

そんなわけで、どっぷり最初からアンジーに
感情移入して観ていました(^^ゞ
アンジーの渾身の演技、アカデミー賞とってもいいくらいに勢いでしたよね^^

息子は私に命なの・・と言うクリスティンの言葉はそのまま私の思いでもあります^^
| ひろちゃん | 2009/02/22 3:22 PM |
たびたびすみません(^^ゞ
長い上に、誤字も多くて・・・
いろいろとおかしいところがありますが
お許し下さいね(T^T)
| ひろちゃん | 2009/02/22 3:25 PM |
>ひろちゃんさんへ
早速コメントとTBを頂戴しまして感謝です!
いぇいぇ〜ことさら子供のいなくなった時のことを文章にしようと思うとその時のことが蘇ってしまいますものね。
どうぞお気になさらずに。(*^ー^)ノ

ひろちゃんさんはお一人で探されたとのこと。
こんな時の一人ってそれはそれは心細くて辛かっただろうとお察しします!
私もそのお気持ちよーく分かります!!!

そうですか、同じく3歳頃の出来事だったのですねぇ。
3歳というと歩くことも上達して、また家から出て遊んでみたいという気持ちが芽生える頃ですものね。

ウチの場合は、その日たまたま夫が夜勤明けで帰宅し寝ていて、私が買い物に連れて行こうとしたら「お留守番してる」と娘が言ったので、一人にはしないのですが夫も寝てるし・・・という安心感でついつい置いて行ったのが間違えでした。
私を追いかけてスーパーへ行こうと家を出たのでした。

あの時、一瞬、これでもしかしたら娘に一生逢えないかもなどと脳裏をよぎりました。
あの時の気持ちが、今作のクリスティンは一生続いたのかと思うと胸が張り裂けそうです。
ひろちゃんさんも同じお気持ちだろうと思います。
私達には実感できる作品でしたよね。
| なぎさ | 2009/02/22 3:40 PM |
TBありがとうございます。
自分の記事にも書きましたが、
あまりすごすぎて、
若い(小さいお子さんのいる)母親には
見せたくない映画だと思いました。
| KGR | 2009/02/22 7:12 PM |
なぎささん、こんばんは〜。
この映画の内容はお子さんのいる方にはかなり怖ろしいですよね。我が子が行方不明になってしまって、自分ではどうすることもできない無力感…… そんなやりきれなさが伝わってきて観てるのが辛くなるほどでした〜。
| りら | 2009/02/22 7:38 PM |
>KGRさんへ
こちらこそありがとうございました!

>あまりすごすぎて、
若い(小さいお子さんのいる)母親には
見せたくない映画だと思いました。

ほんとですね。
これって"PG−12"でしたよね。
鑑賞前は、そんなに制限付けるほどの内容なのかとにわかに信じられなかったのですが、こんな残虐な事件が絡んでいたとは・・・。
おまけにイーストウッド監督なのでハッピーエンドでもなく、しかも実話というのがなんとも言いようがありません。
| なぎさ | 2009/02/23 8:16 AM |
>りらさんへ
こんにちは〜♪

>我が子が行方不明になってしまって、自分ではどうすることもできない無力感…

仰るとおり!
不明から24時間も捜索しないなんてあり得ない警察の怠慢には怒り心頭でした。
こういうことがあった場合、親としては本当に無力なんですよね。
彼女はその思いを生涯持ち続けたまま生きたと思うと本当に可哀想で仕方なかったです。
| なぎさ | 2009/02/23 8:19 AM |
おはようございます。
80年前の出来事とはいえ、信じられない話ですね。
警察(警部)が登場してからずうーと怒りっぱなしでしたよ。
背後にあった連続誘拐事件は恐ろしかった〜
堕落した警察の実情、頻発していた子どもの行方不明など、当時のアメリカの闇の部分ですね。
イーストウッドものにいはハズレなしですな。
音楽もよかったです!

| アイマック | 2009/02/23 9:34 AM |
>アイマックさんへ
こんにちは〜♪
昨日はアンジー、主演女優賞はなりませんでしたね。
もしかしていくんじゃないかとこの作品を観て思ったんですけど。

警察の堕落振りは酷かったですね!
あれじゃ〜警察とは呼べない!

えぇこれ実話ですものね。
背筋が凍りました。
あの犯人ってロ○コンだったみたいですね。
子供達をおもちゃにして最後は殺していたというから本当にケダモノ以下です。

>イーストウッドものにいはハズレなしですな。

ですよね!
そういう意味では始めから安心して観てたかもしれません。
| なぎさ | 2009/02/24 8:11 AM |
なぎささん、こんばんは〜♪
4時間行方不明に?!それは生きた心地しないですね!!
何年経っても思い出すとゾッとするというか、
親としてもトラウマ的心境に陥りますよね〜
うちの子も同じ位の時に家から出て15分程行方不明に(笑
それでも生きた心地しなかったですよ。裏は堤防だし・・
あぁぁぁ〜お互い無事で本当に良かった。。。

そう考えると、クリスティンの心情は想像を絶するものでしょうね。
描かれていることが実際の身に降りかかったことなのですから。
アンジーの渾身の演技とイーストウッドの
監督としての才能には脱帽です。
テーマ的には重たいけれど、社会派映画としても素晴らしい作品でした。(拍手!)
| Any | 2009/02/24 11:53 PM |
>Anyさんへ
こちらへもありがとうございます♪

そうなんですよ〜あの時は本当に寿命が縮まるような思いをしました。
Anyさんもそういう経験がおありなのですね。
行方不明になった時間の長さに関わらず、こういう思いを一度でもした親ならこれは観ていて本当に身につまされますね。

今回、アンジーはアカデミー受賞はなりませんでしたが、素晴らしい演技を見せてくれていましたね!
さすがイーストウッド監督ですよね!

>テーマ的には重たいけれど、社会派映画としても素晴らしい作品でした。(拍手!)

同感です。
その辺りの描き方が重厚で、演じ手と作り手の絶妙のハーモーニーでした!

| なぎさ | 2009/02/25 8:53 AM |
なぎささん、こんにちは〜

アンジーの演技は素晴らしかったですね!子供への思いが痛いほどヒシヒシと伝わってきました。
子供のいない私でも、もし自分の子供がいなくなったらと思うと居ても立ってもいられない気持ちくらい想像できます。
なのにこの警察たちは〜24時間探さないってどういうこと!ともう怒り沸騰ですよね。
その時探していたら見つかっていたかもしれないのに、遅かったってことなんて普通の事故でもある筈なのに〜

なぎささんのお子さん無事で本当によかったです♪
| hito | 2009/02/25 1:02 PM |
>hitoさんへ
hitoさん こんにちは♪

ありがとうございます!
そうなんですよ、ウチの子も一つ間違ったらとんでもない結果に終わっていたかと思うと今でも本当に怖いです。

なので余計に主人公の気持ちが分かってしまいました。
途中で心臓がバクバクしてたのが分かりましたよ。

>この警察たちは〜24時間探さないってどういうこと!

そうなんですよ!
初動捜査が遅い分、悲惨なことになってしまいましたね。
許されることではないです。

今から80年前に起きた実話ですものね。
全くこんな酷い事件があったなんて寒気がしました。
| なぎさ | 2009/02/25 4:44 PM |
こんばんは〜♪
そうですか、、なぎささんのお子さんにそんな事が。。
クリスティンの気持ちが痛いほどわかり
映画の中にかなり入り込んだのではないかと
(´_`。)

監督の作品は初めてなんですが
アンジーとのタッグを楽しみにしていたので
作品の出来としてはホントに満足してます。
待ち続けた母は悲しいけど
感動しました。
ところであの時代のメイクって
凄いですね(唇が気になり
じっーと見てました(^^ゞ)
| ルル | 2009/02/26 7:34 PM |
>ルルさんへ
ルルさん こんにちは♪

そうなんですよ〜。
もぉ5年前になるんですが、あんなに心臓がバクバクしたことって今までなかったです。
なので、この主人公にはその時の思いが重なってしまい・・・。

ルルさんはイーストウッド監督作品は初めてでしたかぁ。
見事にいずれも重い重いテーマの作品ばっかりですよ(笑)
しかしなんとも言えない味わいがあるので、ある意味その重さがクセになってしまうんですよね。

>あの時代のメイクって
凄いですね

ほんとに〜(笑)
"モガ"とかって言うんですかね"モダンガール"気取ったこの時代独特のファッションとメイクでしたね!
特にあのメイクは怖かったですね。
アンジーの唇、こっわ〜って思いましたもん(爆)
| なぎさ | 2009/02/27 8:36 AM |
なぎささん,こんばんは
母親の立場で観ると,ほんとうに共感なんてものじゃないですよね。もっと強い気持ち。
なぎささんは,お子さんが短時間だけどいなくなった経験があるそうで・・・
クリスティンの気持ちが痛いくらいに感じとれたのでしょうね。
そんな苦しんでいる母親に警察の追い討ちをかけるような,あの仕打ち!
まったく許せませんね。
実際に母親であるアンジーだからこそ,あのような迫真の演技ができたのでしょうね。
| なな | 2009/02/27 8:19 PM |
>ななさんへ
ななさん こんにちは〜♪

>母親の立場で観ると,ほんとうに共感なんてものじゃないですよね

そうなんですよね。
母親目線で描かれてますし、なんとも言えない衝撃を受ける作品でした。
特にラスト近くで一瞬、希望が見えただけに最後の字幕で彼女が生涯息子を探し続けたというのには愕然とさせられました。

>実際に母親であるアンジーだからこそ,

まさしく!
説得力がありましたよね。
アンジーって私生活ではなかなかしっかりと"お母さん"しているんですよね。
単なるハリウッドセレブではない彼女の一面も観れたような気がします。
| なぎさ | 2009/02/28 9:04 AM |
なぎささん、こんばんは。

いなくなった子供が別人で戻ってきた、なんて今では考えられない出来事ですが、こんな時代もあったのですね。
今回も、やっぱりズドンと重かった作品でした。
| shake | 2009/03/02 11:55 PM |
>shakeさんへ
こんにちは〜shakeさん♪

そぉそぉ〜!
こんなこと今なら考えられないですよね。
それに今ならDNA鑑定でもなんでもできますし。

イーストウッド監督作品は鑑賞後、爽快には帰れないとわかってても必見ですね!
| なぎさ | 2009/03/03 8:06 AM |
なぎささん・・・実際に体験されてたんですか・・・
御無事でよかったですが、想像を絶するような心中だったのでしょうね。。

とにかく不気味で怖い作品でした。
強い意志で静かに戦うアンジーの演技は見事でした。
高齢とはいえイーストウッド監督もすごい、
今後の作品にも期待です。
| 未来 | 2009/03/05 12:08 AM |
>未来さんへ
未来さん ご無沙汰しちゃってました。
こんにちは〜♪

そうなんです。
今でもあの日のことは鮮明に思い出します。
近くのスーパーに買い物に出かけて帰った時でした。
私の後を追って行ったのじゃないかと再びスーパーへ行き、その日子供が着ていた服装を伝えようとしたのですが、そういう時ってとっさに出てこないんですよねぇ。
ほんとまいりました。。。

この作品、そうなんですよねぇ〜イーストウッド監督もぉだいぶんご高齢にもかかわらず、これほどチカラ強い作品を手がけてらっしゃる!
お見事としか言えませんね!
はい、おのずと次回作にも期待は高まります。
| なぎさ | 2009/03/05 9:04 AM |
やっと見てきました
期待していなかったんですが、とてもよかったです
化粧が濃すぎるのがちょっと怖かったです(笑)
| Vita | 2009/03/08 9:26 PM |
>Vitaさんへ
ご覧になられましたぁ〜。
良かったでしょ!
なかなか秀作でしたよね。

>化粧が濃すぎるのがちょっと怖かったです(笑)

あの化粧が"サスペンス"でしたね(笑)
| なぎさ | 2009/03/09 8:31 AM |
こんばんは★
コメントのレス遅くなってスミマセン。

母親だとこの手の物語をモロに感じることができるでしょうね。特になぎささんのように似たような(?)経験があると一入でしょうね。
ただそのような経験がなくても長時間にも拘わらず飽きさせないように作ってありましたね。流石イーストウッドですね☆

| dai | 2009/03/12 1:09 AM |
>daiさんへ
daiさん こんにちは♪
ご丁寧にコメント返しありがとうございます!

えぇそうなんですね。
どなたも親なら一度はヒヤッとした経験があるかと思うのですが、私の場合はその時間が若干長くて寿命が縮みました。
それでもこの主人公の女性と比べればなんてことはない出来事だったのかもしれないと思うほど、この映画に描かれていた話しが残酷すぎました。

>流石イーストウッドですね☆

仰る通り同感です!
| なぎさ | 2009/03/12 8:20 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/997
TRACKBACK
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、
| 日々“是”精進! | 2009/02/21 5:53 PM |
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
| Akira's VOICE | 2009/02/21 5:54 PM |
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネ
| LOVE Cinemas 調布 | 2009/02/21 6:17 PM |
第81回アカデミー賞授賞式が、今年も2月の22日に開催され、ハリウッドのスターが一同に勢ぞろいしますね・・ブラピの『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』アンジェリーナ・ジョリー 『チェンジリング』のダブルオスカーはいかが・・
| 81回 アカデミー賞授賞の予想 | 2009/02/21 6:48 PM |
監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
| Sweet*Days** | 2009/02/21 7:59 PM |
この時代のメイクとはいえ、アンジーの顔がコワイっっ!・・というのはさて置き、非力で警察に頼らざるを得ないだけの母親から、権力の圧力にも屈しないコリンズ夫人へ。実の息子への愛情と想う気持ちだけを楯に、強
| たいむのひとりごと | 2009/02/21 8:16 PM |
「チェンジリング」をブロガー試写会にて鑑賞 ヤプログさんからのプレゼントです ありがとうございます!!! (同行者:以前からコレ見たいと言ってたBちゃん) (こちら、ブログ用素材に頂きました) 公式サイトはこちら♪ 今回、東宝東和の試写室での
| The Deepest DEPP | 2009/02/21 8:57 PM |
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/02/21 9:29 PM |
ただ1人のわが子を求めて
| 悠雅的生活 | 2009/02/21 9:36 PM |
監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 【キャスト】 クリスティン・コリンズ☆アンジェリーナ・ジョリー ウォルター・コリンズ☆ガトリン・グリフィス グスタブ・マルコヴィッチ☆ジョン・マルコヴィッチ ジェームズ・E・デイヴィス警察本部長☆コル
| あーうぃ だにぇっと | 2009/02/21 10:35 PM |
原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/02/21 10:59 PM |
 今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーの
| masalaの辛口映画館 | 2009/02/21 11:05 PM |
どれだけ祈れば、    あの子は帰ってくるの―?ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰って来た彼は別人だった―。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。チェンジリングHPチェンジリング シネマトゥデイ英題:CHANGELING製作年:2008年製作国:ア
| 猫とHidamariで | 2009/02/21 11:43 PM |
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊
| Yuhiの読書日記+α | 2009/02/22 12:33 AM |
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの──? 原題 CHANGELING 製作年度 2008年 上映時間 142分 映倫 PG-12 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリント・イーストウッド 音楽 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィ
| to Heart | 2009/02/22 1:01 AM |
映画「チェンジリング」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー、他 *
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2009/02/22 3:22 AM |
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました〜 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが
| 我想一個人映画美的女人blog | 2009/02/22 9:07 AM |
☆昨夜、『少年メリケンサック』を観たのだが、『チェンジリング』が本日公開で、速報性を重視し、先に報告させて頂く。  ・・・イーストウッド監督作品である。  今、最も安心して、その新作を観ることができる監督だと思う。  観てみると、驚くほど、その作家性
| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 | 2009/02/22 10:29 AM |
CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/02/20ジャンルミ
| CinemaCollection | 2009/02/22 3:07 PM |
ぎゃあ〜〜!!怖いけど凄いです! もう、何と言ったらいいのか、あまりに理不尽すぎて、事の展開にぐいぐい引き込まれてしまいます。と...
| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2009/02/22 3:37 PM |
息子失踪の5か月後に見知らぬ少年を押し付けられた母親の物語。「チェンジリング」公式サイトクリント・イーストウッド監督なので覚悟してたつもりでしたが・・やっぱり し、しんどかったデス〜〜会社帰りにフンフーンて観にいくにはテーマが重かったどう見ても他人の
| かいコ。の気ままに生活 | 2009/02/22 4:19 PM |
評価:★★★★★[5/5] これは、上質なミステリー映画である。
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2009/02/22 4:57 PM |
原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件〜 天使が住んでいたというロサンゼルスは1928年のこと、電話会社で主任を勤めるシングルマ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2009/02/22 5:17 PM |
今年のアカデミー賞はどんなサプライズがあるのか!! 「ベンジャミン・バトン」のブラピと今回私が鑑賞した「チェンジリング」のアンジーが、パートナー同士で男女主演賞をもし獲ったら!スッゴいですよね、でも「夢」じゃないのでは、と思えたアンジェリーナ・ジョリ
| 紫@試写会マニア | 2009/02/22 5:36 PM |
●「チェンジリング Changeling」 2008 アメリカ Unversal Pictures,Imagine Entertainment,Malpaso Production 142min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィ
| 映画!That' s Entertainment | 2009/02/22 6:51 PM |
何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を
| そーれりぽーと | 2009/02/22 7:00 PM |
アンジェリーナ・ジョリーは、 この映画でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。 クリント・イーストウッド監督にしては珍しく戦う教会が出てくる。 2009/2/10、一番町の東宝東和試写室での開催。 36席はすでに埋まり、通路に置いた椅子に座る。
| ITニュース、ほか何でもあり。by KGR | 2009/02/22 7:01 PM |
1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と...
| 心のままに映画の風景 | 2009/02/22 7:07 PM |
【チェンジリング】 ★★★★☆ 試写会(6)ストーリー 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジ
| りらの感想日記♪ | 2009/02/22 7:32 PM |
クリント・イーストウッドが実話を下に監督、主演はアンジー。しかも、アカデミー主演女優賞にブラピと共にダブルでノミネートされています。これは見ないと!で、珍しく初日に見ることができました。期待を裏切らない画像と物語の展開。そして、アンジーの繊細な演技。
| ももママの心のblog | 2009/02/22 8:19 PM |
「チェンジリング」 CHANGELING/製作:2008年、アメリカ 142分 
| 映画通の部屋 | 2009/02/22 8:26 PM |
昨日稲垣吾郎が今月の映画の評価をしてましたね。1位に「チェンジリング」をあげていました。私も納得。2位に「ベンジャミン・バトン」。そうね〜、これも納得。1位よりは淡々としている分、2位になっちゃうかと。夫婦対決ではアンジーの勝ちって感じがするなあ。ア
| ぷち てんてん | 2009/02/22 8:45 PM |
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハー
| 小部屋日記 | 2009/02/22 10:10 PM |
原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公式サイトはこちら。<Story>1928年。ロサンゼルスの郊外で
| NiceOne!! | 2009/02/22 11:17 PM |
面倒を排斥しようとする愚かさは現代にも通じる。これが事実に基づいた話というのだから驚きだ。昔は良かったという人がいるがとんでもない。ひとたび権力に楯突けば、人を人と思わない仕打ちが待っていた時代である。長い作品であるが、別の子供が息子を語って現れたあ
| ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ | 2009/02/23 12:06 AM |
1928年、クリスティンの9歳になる息子ウォルターが行方不明になった。 5ヶ月後、見つかったとの朗報が届くが、現れたのはウォルターだと名乗る見知らぬ少年。 事件解決をアピールすることしか頭にないロサンゼルス市警は、子どもの成長は思った以上に早いと言って全く
| 象のロケット | 2009/02/23 7:01 AM |
 うちの各事業所の朝礼まわりを初めて3週目突入(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)。 本来自分の仕事ではないのだけど、職場を担当する執行委員があんまりやってくれないのと、自分自身が現場が好きなのと、それからやはり職場組合員に労働組合のことをもっと意識して貰
| 労組書記長社労士のブログ | 2009/02/23 9:44 AM |
予告編だけで物語を想像すると「幼い息子が失踪→数ヶ月後、無事発見、解決→この子は私の子供じゃない!?」というミステリー作品かなぁと思っちゃったりするんですけど、コレって実話に基づいた作品なんだそうですね。ということは謎は謎じゃなく既に明らかになってる
| カノンな日々 | 2009/02/23 9:47 AM |
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2009-32『チェンジリング』(更新:2009/02/21) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) アンジェリーナ・ジョリーが主演、クリント・イーストウッド監督作品。 腐敗したロサンゼルス警察が子供の命
| はっしぃの映画三昧! | 2009/02/23 10:36 AM |
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー    ジョン・マルコヴィッチ    ジェフリー・ドノヴァン    コルム・フィオール    ジェイソン・バトラー・ハーナー     エ
| Lovely Cinema | 2009/02/23 3:35 PM |
話題の映画「チェンジリング」を早速見てきました。 愛情の深い母親が、子どもの行方を探す物語だと思っていましたが、いい意味で違っていました。 行方不明になった子どもが、5ヶ月後に別人として帰ってく...
| 事務屋の日記 | 2009/02/23 5:42 PM |
失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパクトを作品に与えていて見応え十分。ひとりの少年の失踪
| SOARのパストラーレ♪ | 2009/02/23 8:09 PM |
ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった__。 物語:舞台は1928年のロサンジェルス郊外。電話会社に務めるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らすシングルマザー。息子と過ごす時間が一番大切な時間だ。
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/02/23 10:20 PM |
土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング 」を選択。 「UCとしまえん 」は、ちょっと少なめかな。 「チェンジリング 」は、中くらいのスクリーンで、9割以上。 クリント・イーストウッドと
| いい加減社長の日記 | 2009/02/23 11:27 PM |
<  脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリントイーストウッド 上映時間 142分 公開年 2009年2月20日 どれだけ祈れば ...
| ドラ☆カフェ | 2009/02/24 12:01 AM |
『どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの−?』
| きららのきらきら生活 | 2009/02/24 6:26 AM |
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
| はらやんの映画徒然草 | 2009/02/24 9:27 PM |
【CHANGELING 】 【監督/制作/音楽】 クリント・イーストウッド  【脚本】 J・マイケル・ストラジンスキー    【日本公開】2009/02/20  【...
| +++ Candy Cinema +++ | 2009/02/24 11:04 PM |
2月22日(日) 18:55〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券購入) パンフレット:未確認 『チェンジリング』公式サイト 巨匠クリント・イーストウッド先生の新作は、事実を元にした取り替え子の話。チェンジリングというのは、妖精が人間
| ダイターンクラッシュ!! | 2009/02/25 2:48 AM |
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも
| 日々のつぶやき | 2009/02/25 12:59 PM |
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド。主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928
| シネマ親父の“日々是妄言” | 2009/02/25 9:15 PM |
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2009/02/26 2:10 PM |
「チェンジリング」を観てきました〜♪ 1928年の初春、シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、息子のウォルターと映画を観に行く予定をしていた土曜、突然休日出勤を強いられる。約束よりかなり遅くなって家に帰ったクリスティン、
| 観たよ〜ん〜 | 2009/02/26 7:11 PM |
ある日突然消えた息子。5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった・・・・・。1928年のロサンゼルスで実際に起きた,ひとりの母の物語。 あらすじ: 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガト
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2009/02/27 8:23 PM |
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土
| 新!やさぐれ日記 | 2009/02/28 10:51 AM |
『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです>>『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー/ドラマ製作年・製作国: 2008年・アメリカ上映時間: 142分監
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/02/28 10:55 PM |
「チェンジリング」★★★☆ アンジェリーナ・ジョリー主演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、アメリカ、142分 「ある日、仕事から戻ると子供の姿が無く、 数ヶ月後、発見され電車でつれてこられた子供は 別人だった、主人公は自分の子供でないと
| soramove | 2009/02/28 11:39 PM |
 アメリカ  ミステリー&ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:アンジェリーナ・ジョリー      ジョン・マルコヴィッチ      ジェフリー・ドノヴァン      コルム・フィオール 【物語】  1928年、ロサンゼルス。シングルマザーの
| 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing | 2009/03/01 12:46 AM |
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009/03/01 11:05 AM |
警察に保護されて戻ってきた行方不明の息子が別人だったことから、様々な困難に直面す
| 聖林依存症 | 2009/03/02 1:38 AM |
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マ
| 京の昼寝〜♪ | 2009/03/02 12:32 PM |
明るい光が見えたかと思えば、すぐに奈落の底につき落とされる。 イーストウッド監督の作品は、常に緊張を強いられる。
| シェイクで乾杯! | 2009/03/03 12:12 AM |
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの――?
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/03/03 12:56 PM |
この映画を見ながら頭の中に浮かんだ言葉は「許されざる者」であった。最後の西部劇とも言われるあの傑作とこの「チェンジリング」はどこか似ている。それは傷つけられた女性と更に傷つけようとする権力者との闘いを描いている点であろう。この映画は誘拐ものというミス
| 映画と出会う・世界が変わる | 2009/03/04 7:21 AM |
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを
| 銅版画制作の日々 | 2009/03/04 10:34 AM |
「チェンジリング」、観ました。 子供を誘拐されたシングルマザーの身に起る、戦慄すべき実話を巨匠クリント・イーストウッド。主演はア...
| クマの巣 | 2009/03/04 12:23 PM |
今日ね、ずっと気になってたチェンジリングを観てきました。アンジーの母性愛には圧巻。自分の身が危険にさらされても、ロス市警と戦います。本人には戦ってる意思は全くなく、正しいことを追求してるだけなのですが・・・。我が子を探すために人生を費やしました。目を
| 楽しい時間:*:・゚'☆♪ | 2009/03/04 7:34 PM |
『チェンジリング』 ---CHANGELING--- 2008年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演: アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、ジェイソン・バトラー・ハーナー、マイケル・ケリー  1928年、ロサンゼルス。シング
| こんな映画見ました〜 | 2009/03/04 9:47 PM |
チェンジリング 〜Changeling〜 監督: クリント・イーストウッド 出演:  アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・...
| 映画@見取り八段 | 2009/03/04 11:28 PM |
とても力強く、そして怖い・・・ 重苦しい余韻の残る凄い作品でした。 実話だという・・・ 舞台はロサンゼルス、シングルマザーのクリスティンはせっかくの休暇なのに それを返上して職場へと出かけるはめに。 急いで帰宅した彼女を待っていたのは・・‘長い道のりの
| future world | 2009/03/05 12:24 AM |
オレ(息子)オレ(息子)詐欺 【Story】 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の...
| Memoirs_of_dai | 2009/03/05 4:30 AM |
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステ
| だらだら無気力ブログ | 2009/03/08 2:28 AM |
チェンジリング True Stary 本当にあった話。 1928年シングルマザーのクリスティン、ある日、休日出勤を頼まれ仕事を終えて戻ってくると、息子のウォルターが消えていた。警察に届け出るが「朝には帰ってくる」の一点張りで、取り合ってもらえない。 5ヶ月後に「息子
| 犬・ときどき映画 | 2009/03/08 9:08 PM |
                                「チェンジリング」 「チェンジリング」には「取り替え子」という意味があるらしい。まさにその話なのだが。 この物語は1920年代に起きた実話である。 1928年のロサンゼルス。 クリスティーナ・コ
| ひきばっちの映画でどうだ!! | 2009/03/09 6:29 AM |
[チェンジリング] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年19本目(17作品)です。 この映画を観て思ったこと。 ?母は強し! ?人間は誰かの助けがないと生きていけないということです。 この作品が実話をベースにした作品だというんだから、恐ろしいです。
| 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! | 2009/03/11 10:42 PM |
映画「チェンジリング」は実話であるというが、誘拐監禁された子供たちは解放された後、どのような人生を生きたのであろうか?そこからは「ミスティック・リバー」につながっていくような気がする。そして息子を失った母親は、どのような思いであれからの日々を生きたの
| 映画と出会う・世界が変わる | 2009/03/13 11:15 AM |
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
| 映画どうでしょう | 2009/03/14 1:19 PM |
映画チェンジリング見てきました。 クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、...
| エンタメ日々更新 | 2009/03/14 2:09 PM |
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの―?
| シネマのある生活〜とウダウダな日々 | 2009/03/17 12:09 AM |
//ストーリー//1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼
| 映画君の毎日 | 2009/03/17 5:26 PM |
 久々に、たぶん1年以上ぶりに銀座で映画を観ることに・・・。知らない間に日劇がTOHOシネマズになっていて、14日だったので、TOHOの日ということで1,000円で鑑賞。最近はちょっとした繁華街に映画館が乱立されているので銀座で観る人って減っているのかと思い
| よしなしごと | 2009/03/20 10:40 PM |
映画館で観た予告編が面白そうだったので。 監督はクリント・イーストウッド。 ミステリーっぽくて面白そうなのだけれど、 彼の作品は、結構後味が悪かったりするので、 要注意。( ^ _ ^; 映画館で観ました。 1928年。 ロサンゼルスの郊外で 9歳の息子・
| 映画、言いたい放題! | 2009/03/23 11:27 AM |
彼女の前には闇しか無かった・・・彼女の後ろには光だけが残された・・・ 『 チェンジリング / CHANGELING 』 2008年 アメリカ 142分 監督・製作・音楽 : クリント・イーストウッド 脚本 : J・マイケル・ストラジンスキー 出演 : アンジェリーナ・ジ
| FUNNY GAMES? | 2009/03/31 9:12 PM |
  どれだけ祈れば、   あの子は帰ってくるの――?   ■1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズの息子ウォルターが、姿を消す。5ヶ月後にイリノイ州で発見され、警察が連れて来た少年は別人だった。息子だと言い張る少年。クリスティンの訴
| 唐揚げ大好き! | 2009/04/03 5:46 AM |
珍しくマット(夫)が観てきた。ので、んじゃ私も! と、「チェンジリング」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナ
| 映画でココロの筋トレ | 2009/04/07 2:08 PM |
映画[ チェンジリング ]を吉祥寺バウスシアターで鑑賞。 70歳は超えているだろう。しかしなおも現役で年をとるごとに、さらに作品のクオリティが高まるばかりだ。どこにそんなエネルギーがあるのか。巨匠、クリント・イーストウッド監督。重厚でシリアス、だけれども
| アロハ坊主の日がな一日 | 2009/04/15 7:44 AM |
ちょっと前に観ていたんですけど、なかなか忙しくて記事があげられずにいた『チェンジリング』の感想をあげますー。 思っていたよりも感情の抑揚が静かな映画だったかなーっていう印象が。 ******************** クリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2009/04/24 2:51 AM |
2008 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ 作品のイメージ:泣ける、切ない、ドキドキ・ハラハラ 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/07/18 5:48 PM |
「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチのサスペンス・ドラマ「チェンジリング」(原題=「取
| シネマ・ワンダーランド | 2009/08/02 7:39 AM |
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2009/10/11 3:35 AM |
あらすじ1928年。シングル・マザーのクリスティンの9歳の息子ウォルターが失踪する。5か月後、警察に息子を発見したと聞かされるが・・・。感想オスカー監督『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッドによって信じられない実話を基に作られ、アカデ
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2010/03/03 12:17 AM |