<< ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | Main | クワイエットルームにようこそ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.02.11 Wednesday author : なぎさ

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ

JUGEMテーマ:映画



2009年2月7日 公開

★★★★☆ 旭川までは行けないけど映画で観れて星4っつ!


「園長、エサ代無いからワカサギ釣って来てや〜」



いやぁ〜、これ、想像してたより良かったです!

祭日の朝イチという回なのに親子連れでほぼ満席でした。


今や日本のみならず世界的にも有名になった北海道旭川市の旭山動物園

この映画は、廃園にまで追い込まれたこの動物園の再生を描いたサクセスストーリー。


まずね、主演が西田敏行だということで・・・。
最近、やたら出まくってるこの方を少々見飽きた感もあって、この人でどうなんだろと、そこらへんが不安だったです。


いやいや、ところが今作の西田さん、良いですねぇ。

この方のちょっと"作り過ぎな演技"が余り好きじゃなかったりするのですが、ここでは自然体で作り過ぎず、体格通りの園長の"貫禄"と、動物が好きだというオーラがにじみ出ていてなかなか合ってました!


それと、もぉ一つは、監督のマキノ雅彦の作品を観るのは今作が初めてでした。


日本の俳優が監督する作品・・・ほとんどがイマイチ感のものが多かったりすることが。

ところがこちらは俳優・津川雅彦ではなく、監督・マキノ雅彦として、しかも肺炎になるほど命をかけて作られただけのものになっていたと思います。


"サクセスストーリー"ではあるのですが、ものすごくドラマティックに仕上がっているわけではなく、むしろ淡々としていることが観る方によっては物足りないかもしれません。

しかし私はこういう描き方のほうが真実味もあって好きです。


当然、動物が多く出てくる作品ですが、私はこれ、園長・滝沢(西田敏行)さん自身のサクセスストーリーだと思いました。


とにかくこの園長はアイデアマンなのです!


最北端の動物園だけあって、冬季は雪で開園もままなりません。
財政赤字は増えるばかり!

そんな時、何とかして来園数を増やそうと
園長は冬にこそ生き生きする動物たちを見て欲しいと自ら案内係になったり。

"ワンポイントガイド"と銘打ち、前代未聞の飼育係による動物の解説という手法を取り入れたり。

夜行性の動物を見せたいと"夜の開園"を試みたり。

と、園長は手を変え品を変えトライします。


劇中に園長が話す動物についてのうんちくをもっと聞いてみたいと思わせてくれます。

動物愛護団体を前に、ミドリガメの繁殖の下りなんかも説得力ありました。



そして、この園長と同じく動物好きの青年・吉田強(中村靖日)が、園長の夢の実現を補佐する役割で登場します。

人間は苦手だけれど昆虫好きだった吉田は飼育係としてこの動物園に面接に来るというところからこの物語が始まります。


冒頭、吉田が古参の飼育係に挨拶に回ることで、飼育係メンバーの紹介と同時に動物たちの関係も説明されている。

長門裕之、六平直政、塩見三省、岸部一徳、柄本明などという錚錚たるメンバーが飼育係として登場する!

私としては吃音症の六平さんがツボでした。


マキノ監督の娘、真由子が一瞬だけ出てきてました。


この方も最近では西田さんに負けず劣らずよく見かける笹野高史さん。
息子、ささの貴斗が吉田の少年時代と、おじいちゃん(麿赤児)と動物園に来た孫の役でも出てたと思うんですけど。


事務員役の堀内敬子がヒロイン役の前田愛よりも良かった。

園長の滝沢は小菅正夫さんという実在の園長をモデルにしていますが、吉田は副園長の坂東元さんをモデルにしているらしい。


一般的な動物園は"形態展示"という形をとっていて、今、世界的には"生態展示"というものも取り入れているらしいのですが、旭山動物園では動物達のありのままの姿を見せる"行動展示"なるものを生み出しました。


ローランドゴリラがエキノコックスというキタキツネの伝染病にかかり死亡したことで、廃園寸前に追い込まれるという危機を乗り越え、旭川市に誕生した新市長(萬田久子)の期待を受けて旭山動物園は一変する!




ペンギンが空をとんでいるかのように泳ぐ
オラウータンやレッサーパンダの空中散歩
シロクマのダイブ
円筒状の水槽で泳ぐアザラシ
キングペンギンの散歩


これらを可能にしたのは園長の執念とも言える努力だった。





来場者数が上野動物園を越えた頃・・・

園長の退職の日がやってくる。


園の事務室も改築され、園長室なるものもできていた。

吉田が就職してきた日に届いたという彼の母親からの手紙を読む園長。

イジメに遭っていた息子に救いの手を差し出さなかった吉田の母は、動物の世界なら排除されるような存在も人間の世界では"個性"とすることで受け入れられていくと綴られていた。


読み終わった園長が言った一言「人間は素晴らしい」

そぉ!この作品は動物を通して人間の素晴らしさを語っているのではないでしょうか。

たとえどん底に落ちても、人間ってそこから這い上がるチカラがあるんだと。

劇中に園長が言った「明けない夜はない、止まない雨はない」

不可能を可能に変えることができるんだということ。


退職の日、園の掃除を独り黙々とする園長。

動物達はそんな園長の気持ちを無視するように気にもかけない様子・・・。


ところが!

正門を出た園長に聴こえてきた"彼らの合唱"


人間ドラマなので、一緒に観たウチの娘などはまだ小2で細かい所は難しかったようですが、ニシキヘビがネズミを絞めて食べるシーンや、象の交尾など、動物の可愛いだけじゃない本能の部分も出てきて、温暖化の今、地球人として生態系をどう守っていくかとか、動物の飼育についても考えさせられる一面も描かれています。


私が子供の頃によく行った動物園・・・二つとも今はもうありません。










| 映画 《ア行》 | 16:53 | comments(4) | trackbacks(25) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:53 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささん、こんばんは♪
私も先週観てきました〜(*^^)/
でも、ドライアイが悪化しちゃって
記事はまだ書いていないの(泣)

旭山はウチから車で15分位なんですよ〜
小さい頃から親しんでいた動物園ですが、
映画を観ていて知らなかったことがアレコレ発覚(笑)
改めて、職員の皆さんの苦労や
動物への愛情の深さを知ることが出来ました。
私も監督・マキノ雅彦としての作品は初めてだったんですが
邦画らしい味わい深さがありましたね^^
脇の俳優陣は濃い〜方々で固められてたり、
ちゃっかりラストに津川さんも登場したり(笑)
親子、兄弟共演もあったんだね〜 

中村さん(坂東副園長)と柄本さん(あべ弘士さん)に限っては
ご本人とのイメージにちょっとギャップが・・・
でも西田さんは良かったわ〜☆
公開前にTVで、白クマとの別れのシーンを思い出して
西田さんったら号泣してましたわ(爆)
記事をアップしたら、TBさせてくださいね〜
その前に「ベンジャミン」に伺うと思いますが^^(←予告!)
| Any | 2009/02/16 12:08 AM |
>Anyさんへ
こんにちは〜Anyさん♪

ドライアイ、いかがですかぁ。
私もドライアイで最近はコンタクトしなくなりました。
それでも眼精疲労がこの頃多くなりました。
PC画面を見るのも負担なんでしょうね。
お大事になさってくださいね。

へぇ〜Anyさんちからそんなに近いんですか!
いいなぁ〜、これを観たら一層、行きたくなりましたよ!
マキノ監督、やっぱりさすがですね。
血筋でしょうか、良き時代の邦画の香りが漂っていて良かったです。

>あべ弘士さん

そぉそぉ、この方『あらしのよるに』の原作者ですってね。
鑑賞後に知りました。

予想に反して西田さんの園長がとっても良かったですよね!
動物はもちろん飼育員たちも包み込むような温かいお人柄のような園長が。
Anyさんのレビューも拝見させてもらいますね!
『ベンジャミン〜』へもどうぞ♪

| なぎさ | 2009/02/16 8:43 AM |
なぎささ〜ん♪
久々デス(o^∇^o)ノ
やっとこご一緒の作品を見つけ
お〜〜!だったのですが^^;

この作品はダメでした(^_^;)
閉園に追い込まれてるシーンが長く
再生の部分に時間をかけて欲しかったかな。。
| ルル | 2009/02/17 8:44 PM |
>ルルさんへ
こんにちは〜ルルさん♪
ルルさんもたくさん映画をご覧になられているのに、お互いが重なる作品って意外と少なかったりしますね。

あら〜、ダメでしたかぁ。

>閉園に追い込まれてるシーンが長く

あぁ〜それは私も感じました。
いったいいつ再生できるのかと。
このまま不遇の時代で話しが終わるのかと思うほどでしたよね。
監督はそこをじっくり描きたかったのでしょうが、観てる方はやきもきしちゃいましたね(笑)
| なぎさ | 2009/02/18 8:28 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/992
TRACKBACK
 入園者が減少、廃園寸前の動物園を  全国的に人気を博す動物園に変貌させた  園長と飼育係の物語。    個人評価 ★★☆  
| 『映画な日々』 cinema-days | 2009/02/11 6:04 PM |
2009年度 日本作品 112分 角川映画配給 STAFF 監督:マキノ雅彦 脚本:輿水泰弘 CAST 西田敏行 中村靖日 前田愛 堀内敬子 笹野高史 長門裕之 岸部一徳 愛くるしい動物がたくさん出てきて嬉しい作品でしたが、愛くるしいオジサンもたくさん出てきて面白い作品
| pure's movie review | 2009/02/11 10:34 PM |
□作品オフィシャルサイト 「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」□監督 マキノ雅彦 □原案 小菅正夫 □脚本 輿水泰弘 □キャスト 西田敏行、中村靖日、前田 愛、堀内敬子、吹越 満、笹野高史、梶原 善、萬田久子、塩見三省、六平直政、長門裕之、岸部一徳、柄本
| 京の昼寝〜♪ | 2009/02/12 8:48 AM |
監督: マキノ雅彦 キャスト 滝沢寛治/園長☆西田敏行 吉田強☆中村靖日 小川真琴☆前田愛 池内早苗☆堀内敬子 韮崎啓介☆長門裕之 三谷照男☆六平直政 砥部源太☆塩見三省 柳原清之輔☆岸部一徳 臼井逸郎☆柄本明 磯貝三郎☆笹野高史 三田村篤
| あーうぃ だにぇっと | 2009/02/12 12:36 PM |
映画「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:西田敏行、中村靖日、前田愛、堀内敬子、長門裕之、六平直政、塩見三省、岸部一徳、柄本明、他 *監督:マキノ雅彦 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2009/02/12 3:27 PM |
上映スクリーン数: 252オープニング土日興収: 1.1億円マキノ雅彦監督「次郎
| 映画コンサルタント日記 | 2009/02/12 10:31 PM |
監督はマキノ雅彦(津川雅彦)。 主演は西田敏行、共演は中村靖日、長門裕之、 岸部一徳、柄本明… 園長さん演じる、西田敏之の心の温かさは まっすぐに伝わってきました。 職員として働くおじさん達、 俳優陣も豪華です。 廃園に追いつめられた旭山動物園が、 動
| 花ごよみ | 2009/02/12 11:54 PM |
赤字財政を抱えながら、さまざまな工夫で夢をかなえた旭山動物園の感動の実話だ。園長・滝沢は多くのスタッフと共に、個性的なアイデアと生き物への愛情で、動物園を立て直していく。飼育係のこだわりや行政との係わりなどは分かり易く描かれているが、新人飼育係の青年
| 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2009/02/13 12:20 AM |
旭山動物園ツアーで北海道を堪能しよう。旭山動物園は動物たちの動きが楽しめる今までにない動物園です。
| 旭山動物園ツアー | 2009/02/13 10:42 AM |
柚木「出てくる役者さんの、平均年齢の高さは一体何?おっさんしか出てこないよ!!」 楠本「若手のイケメンなんかは?」 柚木「もう一切出てこないね。西田敏行を筆頭に、動物園のメンバーなんか長門・六平・塩見・岸部・柄本だもん。」 楠本「次から次へと、
| えいがのはこ。 | 2009/02/13 12:43 PM |
ペンギン館の完成が2000年9月、月間入園者数で初めて上野動物園を抜いて日本一が2004年夏のこと、なかなか旭山までは行けないけど夢は叶う物語〜 北海道旭川市旭山動物園、日本最北の動物園として開園したのは1967年のこと、以来数々の動物達の繁殖に成功しな
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2009/02/14 12:06 PM |
 日本  ドラマ  監督:マキノ雅彦  出演:西田敏行      中村靖日      前田愛      笹野高史 【物語】  北海道旭川市市営の旭山動物園に新たにやってきた飼育係の青年、吉田。 人付き合いが苦手な彼を、園長の滝沢以下ベテラン・スタッフ
| 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2009/02/14 10:37 PM |
観たい映画が、並ばずに、いい席で、確実に取れる 総評:★★★ 映画【旭山動物園】公式サイト>> 旭山動物園公式ホームページ>> 監督:マキノ雅彦 主なキャスト 滝沢園長(西田敏行) 吉田強(中村靖日) ほとんどつぶれかけている動物園を、夜間
| 朝を抱きしめて | 2009/02/15 1:30 AM |
第21回東京国際映画祭開催中「ホームレス中学生」「ラブファイト」「ブタがいる教室」はスケジュールが合わず断念。来年2/7に公開される輿水泰弘脚本(相棒シリーズなど)、西田敏行主演の世界初の”行動展示”で廃園の危機から日本一へと革命を起こした、日
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2009/02/15 10:04 AM |
またまた九段会館で「旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜」を観てきました。「寝ずの番」「次郎長三国志」に続く監督第三作目の日本映画界期待のマキノ雅彦が監督です。俳優陣も、主演の園長役に西田敏行、脇を固める飼育係役に長門裕之・岸部一徳・柄本明・六平直政
| 流れ流れて八丈島 | 2009/02/15 7:16 PM |
旭山動物園の奇跡のドラマはニュースドキュメンタリーやドラマなどで見てきているので、正直、飽きかけているという面も否めないのですが、だけどだけど、一度は旭山動物園に行ってみたいと思いつつ未だ実現出来ていない私としてはやっぱりこの映画も観たくなっちゃうん
| カノンな日々 | 2009/02/15 9:01 PM |
《旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ》 2009年 日本映画 日本最北端にある動
| Diarydiary! | 2009/02/16 7:27 PM |
  原案 小菅正夫 脚本 興水泰弘 監督 マキノ雅彦 上映時間 112分 公開年 2009年2月7日 あの感動の物語が映画になる
| ドラ☆カフェ | 2009/02/17 8:45 PM |
いまや全国区の知名度を誇る旭山動物園が閉園寸前から今に到るまでの軌跡を描いた作品。主演は西田敏行。監督は自らがTVドラマで旭山動物園の園長役を演じたマキノ雅彦(津川雅彦)。共演は中村靖日、前田愛といった若手の俳優に加え、監督マキノ雅彦の兄・長門裕之を
| LOVE Cinemas 調布 | 2009/02/18 12:12 AM |
大した根拠も無く空席が多いんじゃないかと思って行った映画『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』の試写会、会場前はびっくりするほどの行列。。。
| 美味!な日々 | 2009/02/18 11:30 PM |
ペンギンが空を飛ぶ観てきました〜ああ 子供がこの映画を観たいって言うので、今日は家族で映画鑑賞。 動物の姿形を見せることに主眼を置いた「形態展示」ではなく、行動や生活を見せる「行動展示」を導入したことで注目を集めた動物園。(Wikipedia)と、紹介されてます
| へでいくっ! | 2009/02/22 6:42 PM |
【監督】マキノ雅彦   【原案】 小菅正夫(園長さん)   【脚本】 輿水泰弘    【公開】2009年2月7日(地元旭川は1/27〜)    ...
| +++ Candy Cinema +++ | 2009/02/27 6:38 PM |
「旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜」は廃園寸前の旭山動物園が再建のために従業員があの手この手を尽くして動物園を再建していくストーリーである。財政難に瀕している施設や会社や団体は多いが、財政再建の為にはやはり思い切った投資と発想が必要という事感じる
| オールマイティにコメンテート | 2009/02/28 6:45 AM |
閉園の危機に追い込まれながら、逆転の発想で全国有数の人気動物園へと復活した旭山動物園の物語を映画化。監督はマキノ雅彦、出演は西田敏行、長門裕之、岸部一徳、柄本明、中村靖日、前田愛他。 <あらすじ> 北海道の旭山動物園に新人の飼育係・吉田が採用される。
| Yuhiの読書日記+α | 2009/03/02 11:13 PM |
 あの感動の物語が映画になる!! 旭山動物園再生の物語です。今や東京上野動物園を上回る日本で動員数一番の動物園だそうですね。 3月1日(日)ファーストディで、映画館は大勢のお客さんで賑わっていました。今回は仕事で、利用者さんと鑑賞しました。多分ひとりだ
| 銅版画制作の日々 | 2009/03/11 10:26 AM |