<< めぐりあう時間たち | Main | ミッシング >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.12.06 Tuesday author : なぎさ

ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルク
ジャンヌ・ダルク

果たして彼女は「神の使い」だったのか、それともただの「異端者」に過ぎなかったのか、いや本当は「魔女」ではなかったか?
570年も昔、わずか17歳の田舎娘がフランス軍を率いて奇跡的な大勝利を収めた。
ところがその後、ジャンヌ・ダルクは19歳にして「火刑」にされこの世を去った。

有名な女性戦士として、名前ぐらいは何となく知ってはいたが、最後は‘火あぶりの刑’にされたという事までしか知識がなかった。
(百年戦争とジャンヌ=ダルク参照→コチラから

ジャンヌ・ダルクを称してよく「不撓不屈の精神で闘った勇者」と言われるけれど、この作品の中の彼女は少し違って見えた。

「神のお告げ」を聞いたとして、フランス軍を勝利に導くため国王に何度も自分に指揮させて欲しいという書簡を送るジャンヌ。
とうとう直接、国王に会いにやってくる。
そのお告げをシャルル7世(ジョン・マルコビッチ)だけに話したいと言って、ジャンヌ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が耳打ちで話す時のマルコビッチの‘おまぬけ顔’に思わず吹き出した!
最高だっ!いいぞマルコビ〜ッチ!


国王の信頼を得た彼女を次に待っていたのは、屈強な軍人たちの反発。
「こんな小娘ごときに指揮がとれるか!」と言わんばかりに拒絶される。

やがてジャンヌは、‘オルレアンの闘い’でイギリス軍を闘わずして撤退させたことにより、軍人たちの信頼と尊敬を勝ち取り、シャルル7世を文字通りフランス国王に即位させることとなった。

この辺りまでは順風だった彼女が、この後からは自信喪失というか‘憑き物’が取れたようにカリスマ性を無くしていくようだった。確信のあったお告げのことも果たして本物であったかのかも分からなくなっていった様子。

その時、ジャンヌ自身の心の声として現れるのが、なんとダスティン・ホフマン。。。良かったけど、なぜにD・ホフマンなん?しょんぼり

ヨランド役フェイ・ダナウェイの顔が、怖い怖い、お〜怖い。
この時代の貴族女性は額をわざと後退させていたのだとか。
メイクで、おデコをあらわにしたその表情が、なんだかおどろおどろし〜い。冷や汗

ジョヴォヴィッチ頑張ってたなぁー。
この人、ちょっと露出狂?ってぐらいいつも半分裸みたいでしょ。
確か『フィフスエレメント』で来日した時の舞台挨拶の服装が、も〜そこまで出したいんやったら裸になりなさいってぐらいの、すっぽんぽん状態だった。びっくり
それがこの映画では堅い鎧に身を包んで、肌が見えることも全く無い。
まさに演技で魅せてくれた気がする。

ベッソン監督は『フィフスエレメント』以外の作品は全部好き。
特にやっぱり『レオン』だわ!
映像の美しさには定評が多い監督だが、この「ジャンヌ・ダルク」も映像が美しい。ジャンヌが子供の時に野原を駆けるシーンのチューリップの赤や空の青。

この映画のキャッチコピーは‘魂に火をつけろ。’
今の世でも、不甲斐無い男性にこう叫んで欲しいものでっす。


ブログランキング にほんブログ村
| 映画 《サ行》 | 21:54 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 21:54 | - | - | pookmark |
COMMENT
初めまして。
やはり「フィフスエレメント」はダメですか?
僕もあれはちょっと…。
僕は「グランブルー」が好きなんですが…。「ジャンヌダルク」は良い作品ですが難しいですよね。
僕的には最後に火炙りになった時おそらくジャンヌが最後に見たであろう十字の旗が見えた時なんだかホッとしました。
ジャンヌの魂は最後には少しでも救われたのでしょうか?
…なぁんて感じました。
| ちゃば | 2005/12/24 1:04 AM |
>ちゃばさんへ
ようこそ!コメント残してくださって嬉しいです!
「グランブルー」良かったですよね〜♪
私も好きです。
思い出すと、あのゆったりとした曲が頭に流れます。

そうでしたね。
若くして無念の死を遂げたジャンヌは救われたのでしょうか。
「使命」はまっとうしたのではないかと、私は感じているのですが。。。

また、いつでもお気軽にコメントくださいね!
| なぎさ | 2005/12/24 5:12 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/98
TRACKBACK
『オルレアンの乙女』ことジャンヌ・ダルクは、カトリック教会から『聖女』称えられているフランスの国民的英雄であり、百年戦争の際にオルレアン解放に貢献し、シャルル7世をランスで戴冠させフランスの勝利に寄与した女性です。 コンピエーニュの戦いでイギリス
| 君と僕の無限空間 | 2005/12/06 10:26 PM |
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。みなさん、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2005/12/06 11:14 PM |