<< 神の雫 第1話 | Main | ありふれた奇跡 第2話 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.01.15 Thursday author : なぎさ

ミーアキャット 吹替え版

JUGEMテーマ:映画



2009年1月10日 公開

★★★★☆ 星4っつです!

私の会社の松尾さんにも似ています!


えぇ松ちゃんって言うんですけど。
笑わないんですよね・・・ってそんなこたぁ〜どぉでもいいですよね。


いやぁ〜ん、ミーアキャットってこぉ〜んなにカワユシだったのぉ〜ヾ(´▽)ゞ


残念だったのが吹替え版しか上映なくて、昨年他界したポール・ニューマンの遺作となったナレーションの字幕版が観れなかったことです。


吹替え版はTVCMの三谷幸喜でした。
ま、でも彼もなかなか良かったですけどもね♪




今までミーアキャットって何気に観てたくらいで生態とか詳しくは全くと言っていいほど知らなかった動物でした。

ミーアキャットと言えばよく見るのは、あの二本足でスックと立っている姿です。

あれはお腹を太陽に向けていて、体を温めるための日光浴なんだそうです。

全員が太陽の方を向いて立っているので余計に可愛いのですよぉ〜。

おまけに、彼らは両手で子供や兄弟を抱きしめるような仕草もするんですねぇ〜。
ほんとたまらなく可愛いです。

この作品は、"コロ"と名づけられた生後3週間のまだ幼いミーアキャットを通して彼の成長が描かれるネイチャー・ドキュメンタリーです。


アフリカ・カラハリなどの半砂漠地帯に生息する彼ら。

生後はわずか7センチ、成長しても30センチにしかならない。

好物はサソリなんだよ!

まだ幼いコロは、一つ上の兄さんからサソリの捕り方を教わります。

ミーアキャットは、こうした餌の捕り方など短期間で習得できるように成長とともに"難易度"を上げていくという積極的な"教育"をするのです。

これは人間以外の哺乳類ではミーキャットだけなのだそうです。



いつも5〜40頭ほどの群れで生活する彼ら。

一人きりになることは"死"を意味します。

お母さんは一生に70頭もの赤ちゃんを産みますが、そのうち3分の1は食べられたり病気で死んでしまう。




カラハリ砂漠に陽が沈む時、それは今日も無事だったと勝利したものだけが見れる光景。

カラハリ砂漠はとっても過酷な場所です。
ミーアキャットの周りも天敵だらけ!

まずは高ぁ〜い空から襲ってくるゴマバラワシ!!!

空だけじゃない・・・猛毒を持ったコブラも彼らを餌食にしようと襲ってくる!!!

もちろん百獣の王であるライオンも!!!


でも、「しぃ〜んぱぁ〜いないさぁ〜♪」


こうした危険から守ってくれるのは兄さんだ!

1匹の兄さんが、6匹の妹や弟の面倒をみます。
年長者が下の面倒をみるという本当に人間同様の行動をします。

両親が餌を捕りに出かけた時には、兄さんが妹弟に餌を与え安全を確保します。


コロが取り残されてワシに狙われた時も、巣穴にコブラが侵入してきた時も、この兄さんが我が身を投げ出して助けてくれました。

ミーアキャットってマングースの仲間なんですねぇ。

コブラが巣穴に入ってきた時でも、果敢に戦う姿にビックリしました!
マングースの血が騒ぐのか、彼らはどんな強いヘビにでも向かっていくのだそうです。

おまけに、危険を察知した近くに住む仲間たちが駆けつけて来て、15センチあるという尻尾を上げてコブラを威嚇するのには驚きました!!!

その前にまずは兄さんの勇気ある行動ですよ。
巣穴の妹弟たちを襲おうとしたコブラに・・・

コッラァーーーッ!!! お前、可愛い妹弟になにすんねぇーん!!!」
と言わんばかりに・・・

焦ったコブラが巣穴から出てきたら今度は、近所のミーアキャットたちがコブラを囲んで

住民A:「ちょっとアンタぁ!ここどこやと思てんのん!」

住民B:「"ミーアキャット・タウン"やしぃ!逃がさへんでぇ!」


住民C:「このコブラやろぉ!!!」

くらいの勢いで団結して囲んでましたからね。

これってなんだか昔懐かしい人間の社会を彷彿とさせますねぇ。
町内の出来事は住民の団結で、みたいな。


・・・・・・でもね、そんな勇敢な兄さんが

・・・いつもコロを見守って助けてくれた優しい兄さんが

・・・兄さんがぁ。


ある日、空から襲ってきたワシに連れ去られてしまうんですね。

コロをかばって犠牲になってしまったのでした。



なんだかもぉ、ドラマを観ているかのような一面も含んでます。



『ディープ・ブルー』『アース』の製作陣が手がけたとあって驚きのショットが連続です!

『アース』は余りにもたくさんの生き物が出てきて散漫になってしまったところがありましたが、今作のように一つの動物に焦点を当てたほうが落ち着いてじっくり観られますね。


巣穴にいる自然な彼らはいったいどうやって撮影しているのだろうと、『ホワイト・プラネット』でも思いましたがこれでも同じように感じました。

ワシ目線で空からのダイナミックな映像や、地面を這うコブラ目線であったり、ミーアキャットの地上30センチの視点もおもしろかった。

クライマックスは、ワシとコブラの両方から追いかけられるコロの死闘場面が!!!

ミーアキャットの家族の絆も秀逸で、83分という短さの尺も子供にも見やすいと思います。

家族という単位が希薄になっている今、彼らの作る"家族"には温かいものが蘇りました。









| 映画 《マ行》 | 08:37 | comments(8) | trackbacks(16) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:37 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちはなぎささん★

これ、ちょっと気にはなってたんですよね〜、
わたしディスカヴァリーチャンネルとかの
トラやライオンや鹿なんかの動物追ったドキュメンタリーとかみるの好きで(笑)

松尾さんに似てるってウケました〜
CMでも言ってるけど人間に似てるのかな?
DVDになったらみたいと思ってまーす♪
| mig | 2009/01/15 12:10 PM |
>migさんへ
migさん こんにちは〜♪

>ディスカヴァリーチャンネル

そのジャンルがお好きなら、きっと楽しめると思いますよ〜☆
とにかく可愛いのですぅミーアキャット!

>松尾さんに似てるってウケました〜

昨日も会社で見た時、心の中で「ミーアキャットや〜」ってつぶやきました(笑)
えぇ人間に似てるところもあるので、周りの誰かに似てる可能性はありますねぇ。
ぜひご覧になってみてください♪
| なぎさ | 2009/01/16 8:43 AM |
こんにちは〜。
アップの画像、たまりません!!
可愛いすぎて、かじっちゃいたいです。。。
(コブラとなんら変わらん私・・・♭)

家族愛を軸に物語風になっていて
一体どうやって撮影したんだろうと思いながら観ていました。
兄さんが・・・・! あのシーン、コロの表情が忘れられません!
思い出すだけで涙が出てきました。
| michi | 2009/01/18 1:20 PM |
>michiさんへ
こんにちは〜michiさん♪

>可愛いすぎて、かじっちゃいたいです。。。

わかるぅ〜それって♪
愛くるしい表情や動作がたまりませんねぇ。
ほんと、コブラじゃなくてもかじりたぁ〜い!
けど、お食事してる時の彼らはちと怖いですね(笑)

>兄さんが・・・・! あのシーン、コロの表情が忘れられません!

あれねぇ〜。
人間みたいな表情してましたよ。
まさに弱肉強食なんですね。
| なぎさ | 2009/01/18 4:24 PM |
なぎささん、新年明けてからもノンストップで飛ばしてますやん!
わたしはコメントはちょいとひさしぶりですけど、いつも読ませていただいております。
これめっさドキドキしましたね。
あのコブラの追跡やら、サソリとの戦いやら・・・
おまけに兄さんが〜〜。
ポール・ニューマンの語りで観たかったんですけどね〜。三谷版もなかなかでしたよね。
ハラハラする展開のシーン意外は
かなり和んじゃいましたけど。(笑)
思わず両手で子どもを抱きしめたりする姿は本当に小さな人間って感じでしたね。
映像もとてもきれいでよかったです。
| しゅぺる&こぼる | 2009/01/21 6:47 PM |
>しゅぺる&こぼるさんへ
こんにちは〜♪
飛ばしてるでしょ〜(爆)
昨年からですが、映画記事の合間にドラマ感想を入れるようになったのでほぼ毎日、何かしら記事UPしてることになってます。
いつもお立ち寄りくださってありがとうございます♪

>これめっさドキドキしましたね。

うんうん、したしたぁ〜!
思わず小さい声で「あ!」とか「いやぁ〜!」とか「うわぁ!」とかみたいな声が出てました(*^ー^)ゞ
三谷さんのも悪くはなかったですよね!
できればP・ニューマンで観たかったですが、でも字幕版より吹替えのほうが映像に集中はできますよね。

>小さな人間

そぉそぉ〜!!!
あの仕草がたまらないです。
癒される作品でしたね♪
| なぎさ | 2009/01/22 8:56 AM |
なぎささん、こんにちは〜(^^)
ミーア・キャットたち可愛かったですね〜。抱きしめたりする人間と同じ仕草になんだかじ〜んときましたよ〜。
それに、あのお兄さん!
思わず涙が。。。。
「レボリューショナリー・ロード」とどっちを観ようかと迷ったんだけど、他の方たちのレビューを読むと、こちらを選んで正解だったみたい(笑) 癒される作品でした〜♪
| りら | 2009/01/31 2:32 PM |
>りらさんへ
こんにちは〜りらさん♪

うんうん、ほんとこれ癒されたねぇ〜
(*´ー`)ゞ

>人間と同じ仕草になんだかじ〜んときましたよ〜。

そぉそぉ〜あれには驚きましたね!

お兄さんがあんなことになったのは悲しかったです。
まさかあの用心深い兄さんが・・・。
弟たちの犠牲になっちゃうなんてほんと悲しいです。

>「レボリューショナリー・ロード」とどっちを観ようかと迷ったんだけど

こちらは癒されるどころか鑑賞後にモヤモヤしたものを引きずって帰るような作品でしたからね。
気持ちが凹んでる時に観たら極めつけになること間違いなしですよ。
| なぎさ | 2009/02/01 3:19 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/971
TRACKBACK
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2009-07『ミーアキャット』(更新:2009/01/11) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の14本目。 『チェ』の後に癒し系の動物映画を鑑賞しました。 ミーアキ
| はっしぃの映画三昧! | 2009/01/15 10:05 AM |
六本木ミッドタウンのGAGA試写室で「ミーアキャット」を観てきました。良質の動物ドキュメンタリーですとにかく、映像が素晴らしかったですね。とりわけ巣穴の中の映像は、どうやって撮ったんだろう地下でのコブラとの戦いとか、大変だったんだろうなぁまた、体長わ
| 流れ流れて八丈島 | 2009/01/15 1:22 PM |
アフリカのカラハリ砂漠に生息する身長30センチのミーアキャットの生活を とらえたドキュメンタリー。過酷な自然環境の中、「ロコ」と名づけられた ミーアキャットの子供の成長を軸に危険と隣合わせのミーアキャットの家族の 生活を迫力ある映像で綴る。アフリカの
| だらだら無気力ブログ | 2009/01/15 11:20 PM |
「UCとしまえん 」のポイントが溜まっていたので、三連休最後の月曜の朝一で。 少し癒しも必要かと思い(?)、「ミーアキャット 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、ちょっと少なめかな? 「ミーアキャット 」は、大きめのスクリーンで
| いい加減社長の日記 | 2009/01/16 9:48 AM |
生まれて間もない体長わずか7cmのミーアキャットのコロ。 まだ毎日が危険と隣り合わせなことも、虫が餌であることも知らない。 昼間、餌を探しに行くお父さん、お母さん。 その間守ってくれるお兄ちゃん。 こわーいライオン、ワシ、ヘビ…。 コロの成長過程を追い
| 象のロケット | 2009/01/16 9:01 PM |
  立ち向かえ、地上30センチの勇者たち。   ■過酷な生存闘争が繰り広げられる灼熱の大地、250万平方キロメートルからなる広大なアフリカ・カラハリ砂漠。体調わずか30センチの小さな命は、危険と隣り合わせの日々をどう生き抜いていくのだろうか。『ディープ・ブ
| 唐揚げ大好き! | 2009/01/17 6:57 AM |
 昔、「野生の王国」という番組が好きで毎回楽しみに観ていた。 動物と自分の子供は
| みんなシネマいいのに! | 2009/01/18 11:52 AM |
満 足 度:★★★★★★★★★★    (★×10=満点) 監 督:ジェームズ・ハニーボーン ナレーション:三谷幸喜 ■内容■  熱く乾燥したアフリカの砂漠地帯に生息するミーアキャットたち。 暖かい日には後ろ足と尾で立
| ★試写会中毒★ | 2009/01/18 1:15 PM |
□作品オフィシャルサイト 「ミーアキャット」 □監督 ジェームス・ハニーボーン □ナレーション ポール・ニューマン□日本語吹替版ナレーション 三谷幸喜■鑑賞日 1月17日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 
| 京の昼寝〜♪ | 2009/01/20 1:46 PM |
癒されまくりでうとうと…… 美しいカラハリ砂漠の風景に可愛らしいミーアキャット、 肩凝りがほぐれるようなおだやかな三谷幸喜さんのナレーションなどでわたしはうとうと、 こぼるは爆睡!しゅぺるはかなり真剣に観ていた模様。 内容はもう可もなく不可もなく
| 愛情いっぱい!家族ブロ! | 2009/01/21 6:48 PM |
☆今、日の出のワーナーマイカルで、過去の名作を500円で観れる<アンコール・シネマ>というイベントをやっていて、ジョエル・シュマッカー監督版の『オペラ座の怪人』を観た。      ゴージャスな素晴らしい作品であった。  私は、シュマッカー監督は、『フ
| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 | 2009/01/23 9:03 PM |
アフリカのカラハリ砂漠に生きる野生動物ミーアキャットを捉えたドキュメンタリー映画です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2009/01/26 7:44 PM |
【ミーア・キャット】 <吹替え> ★★★★ 映画(5)作品紹介 日光浴のために後ろ足と尾で直立する愛嬌あるポーズが印象的な小さな野生動物、ミ
| りらの感想日記♪ | 2009/01/31 2:28 PM |
昨日は九段会館で「ミーアキャット」の試写会でした。 ミーアキャットは小さいです。体長30cmほどです。 それなのにカメラの目線がかなり下からなので、ミーアキャットが大きく見えるのです。 ミーアキャットはおなかを太陽に向けて日光浴します。群れ全体が
| まぁず、なにやってんだか | 2009/02/02 9:20 PM |
この作品を観たかった理由はひとつなのに…
| My Favorite Things | 2009/02/07 11:26 AM |
{/hiyoko_cloud/} サブタイトルは映画監督の名前みて思いついた事をただ書きました{/face_ase2/} 今週も忙しかったです{/face_hekomu/}{/ase/} 本当は今日も仕事に行った方が良かったのかも{/face_ase1/}…なんて思う仕事量ですが、先週も働いたしね{/face_hekomu/}。
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2009/08/31 12:12 AM |