<< 父と暮らせば | Main | アグリー・ベティ 第1話 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.01.05 Monday author : なぎさ

天地人 第1話



NHK総合 日曜 20時〜


北斗の七星になりなさい



昨日から始まった新しい大河ドラマを観ました。
全50話、大河と言えば長丁場になりますが最後まで観続ける所存にございます。
日本史はかんなり苦手。。。

じゃ、なんで観る気になったかと言えばそれは小栗旬が出てるからなのでございます。
でもね、主人公じゃないのねぇ〜これが。


戦国時代の乱世に"愛"の文字を兜に掲げて"忠義"の道を貫いた戦国武将・直江兼続(かねつぐ)の生涯を描いたものなのです。

あんな兜って初めて見たぁ〜!!!
兜の前に"愛"って書いてあんのね。


その主人公・兼続を演じるのが妻夫木聡


小栗クンの役どころは豊臣秀吉に仕えた石田三成です。
天下分け目の戦いとなる関が原の合戦で重要人物となる・・・みたい。


原作は新潟県出身の作家・火坂雅志
脚本は小松江里子
音楽を大島ミチルが担当
そして、宮本信子による語り


で、第一回目では兼続の幼少の頃を中心に描かれていた。

越後、坂戸城主の家臣だった父・惣右衛門(高嶋政伸)と、母のお藤(田中美佐子)の間に生まれた与六(のちの兼続)は、わずか5歳でのちの主君となる喜平次(溝口琢矢)の家臣となるべく雲洞庵へ修行に出される。


喜平次はのちの上杉景勝(北村一輝)となる人物で、母の桃(高島礼子)の弟がのちの上杉謙信となる上杉輝虎(阿部寛)だった。


っつーか、なんでこの時代の武将って出世する度に名前をころころ変えるんだろぉ。


でね、今回は与六が中心の話しなわけですよ。
この役をしてたのは加藤清史郎クンという子役の子。
この子がまたかっわいい〜♪

わずか5歳の子供を家臣に捧げるって、今なら考えられへんよね〜!

親の側を離れたがらない嫌がる我が子を納屋に閉じ込めるって、今なら虐待だよねぇ〜!

ほんっと、やるよねぇ〜・・・て、

もぉいいですか?はるな愛は。。。


親子が別れるシーンでは、この子役の子が渾身の演技をするもんだから泣けて泣けて。


この兼続という人は利権を求め謀略の限りが尽くされていた時代にあって、ひたすら民衆のための政治を貫いた人なのだそうです。

のちに妻となるお船(常磐貴子)との夫婦仲も非常に良く、生涯側室を持たなかったと言います。


冒頭で兼続の有能さを知った秀吉(笹野高史)が自らの家臣にしようとするのですが、兼続は主君・景勝への忠誠心を崩すことなく、秀吉の申し出をきっぱり断るというシーンが出てきました。

生涯を景勝に仕えた兼続の使命感を中心に乱世の歴史絵巻をこれから見せてくれることでしょう。

・・・にしても、大河は登場人物が多すぎるぅ〜。


| TVドラマ | 08:49 | comments(4) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:49 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは。
子役の子、すごかったですね。あの舌ったらずっぷりは素ですよね?
韓ドラみたいに5話くらいまで子役でもいいかと思わされましたわ♪
去年の「篤姫」は完走しましたが、戦国モノは人物関係が複雑で、本格的に旬くんが出るようになるまで見てられるかどうか不安です。
それにしても、あのヅラはど〜なんでしょ?
旬くんのアイデアも入ってるらしいですが…
正統派二枚目顔の妻武器くんや玉山さんたちがサラサラポニー風なのにぃ…
今年の小栗さんは時代劇ばっかりですね。

| きなこ | 2009/01/05 4:57 PM |
>きなこさんへ
きなこさん こんにちは♪

そそ、あの子役の子、すんごい泣かせるね〜。
難しいセリフまわしをよくあんなに噛まずに言えるもんです!

>韓ドラみたいに5話くらいまで子役でもいいかと

言えてるぅ〜、きなこさん!
とりあえず来週も出てくるみたいですよね。

>それにしても、あのヅラはど〜なんでしょ?

あぁ〜、あのヅラですねぇ。
そうですかぁ彼のアイデアも入ってるのね。
でも思ったほどヅラが似合わないってこともないかなと思ったんですよ。
彼の顔ならもっと似合わないのかななんて想像してたんですが・・・(笑)

そうですね、戦国モノってキツイですよね!
ハンパじゃない登場人物をどこまで掌握できるかどうか。。。

なんとか完走を目指します♪
| なぎさ | 2009/01/06 8:55 AM |
なぎささん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いしますね♪

私もこれみました。
妻夫木聡は別にどうでもいいんだけど(笑)、兜に愛の文字をかかげた武将というのが興味あってね。

最後までみれなかったんだけど、田中美佐子と子役の子のシーンは泣けたなあ。
日本史って奥深いし、いろんなドラマがあるね。
| アイマック | 2009/01/09 12:53 PM |
>アイマックさんへ
アイマックさん 新年のご挨拶に伺う機会を逃してしまって申し訳ありません。
改めまして、明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願い申し上げます。


アイマックさんもご覧になられましたかぁ。
そそ、あの兜に驚きましたねぇ。
あんな時代に、なんだかオシャレな兜でしたものね!

>田中美佐子と子役の子のシーンは泣けたなあ。

親心に染みるシーンでしたよね。
まだ幼い我が子を手放す辛さは想像できません。

>日本史って奥深いし、いろんなドラマがあるね。

ありますねぇ。
どこまで脚色されているのか分からないですが、ほとんどは史実に忠実に描いているのでしょうからね〜。
しばらくは"チョンマゲ"に嵌りそうです♪
| なぎさ | 2009/01/10 7:55 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/963
TRACKBACK
天地人「五歳の家臣」 『うるさい、誰でもかまわん!。』 主人公、直江兼続はまだ五歳。 名前は与六。 父と母、弟の与七、それに妹?のおきた、五人家族。 与六の父は、もとは百姓侍だったが、長尾政景が治める越後の上田庄で勘定奉行のお仕事に。 白米を食べるぐらい
| ありがとう!、あてつけじゃないよ。 | 2009/01/05 11:14 AM |
戦国の世、謀略と裏切りが繰り返され、誰もが利を重んじた時代にあって、兜に愛の一文字を掲げ、義と仁愛の精神を貫いた武将がいた。その男の名は、直江兼続。彼の精錬な生きざまは豊臣秀吉を魅了し、知勇兼ね備えた実力は徳川家康をも恐れさせた。2009年大河ドラマ
| 日々“是”精進! | 2009/01/05 11:36 AM |
いよいよ天地人の始まりです{/fuki_oshirase/} 親・兄弟・親戚同士が血で血を洗う世の中で、愛を掲げ 戦国の世を生き抜いた直江兼続、戦国武将としては全く 稀有な存在ですね{/hearts_pink/}{/heartss_pink/} 上杉謙信とその継嗣景勝の影響が強すぎたのかも知れま せ
| 函館 Glass Life | 2009/01/05 12:01 PM |
◆直江兼続 役の妻夫木聡さん(のつもり)昨日のよる8時、75分拡大版でNHK大河ドラマ『天地人』の放送がスタートしました。今回の主人公は、上杉景勝(北村一輝さん)に仕えた上杉家の家老・直江兼続(妻夫木聡さん)です。●あらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2009/01/06 12:37 AM |
NHK大河ドラマ 「天地人(てんちじん)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、北村一輝、常盤貴子、高嶋政伸、田中美佐子、小泉孝太郎、江波戸ミロ、阿部寛、高島礼子、玉山鉄二、相武紗季、宍戸錠、山下真司、萬田久子、吉瀬美智子
| ドラマレビュー トラックバックセンター | 2009/01/06 5:45 AM |
初回の感想 
| Akira's VOICE | 2009/01/07 4:50 PM |