<< 恋空 | Main | 父と暮らせば >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.01.03 Saturday author : なぎさ

SICKO シッコ

JUGEMテーマ:映画



2007年8月25日 公開作品
2008年4月4日 DVDリリース

★★★★☆ 星4っつです!

アメリカ合衆国では虫歯にもなれません。



人間って絶対に老いていきます。
誰しも病気になる可能性はある。
いや、病気は気をつけてても怪我や事故に遭うこともある。

だから生きているうちは多かれ少なかれ病院にお世話になることもあるのです。


でも、そんな時に治療費がものすごく高かったら・・・。

あら〜、あの超大国アメリカが! 
地に落ちたとは言え先進国のアメリカが!
一枚皮をはがしたらこんなずさんな状態だったなんて思いもしませんでした。


保険の無い国民が5000万人

保険加入者は2億5000万人いるけれど・・・加入するのも至難の業。
いざ、保険金支払いの段階になると今度は保険会社から過去の疾病を徹底的に掘り起こされて支払拒否に遭う!!!

え゛ーっつつ!!!

結局、保険が有効とちゃうやん!



なんとも酷い話です。
それを監督のマイケル・ムーアが分かりやすく、保険制度が整っている他国と比較しながら訴えかけてくる。


例えば・・・
保険未加入の人が指を切断してしまった場合。
アメリカでは中指を残そうと思うと6万ドルで、小指だったら1万2千ドルで済むという選択を迫られる。

ところがカナダならそんな選択は必要ない!
医師は迷わず全ての指を元通りにする・・・しかも費用はかからない。


何故か・・・国民皆保険だから!

カナダ人はアメリカに一日でも滞在するのでも保険に入らないと怖くて行けないと言う。


イギリスはどうか?

入院費はかからない。
薬代も安い。
16歳以下 60歳以上はそれもタダだ。
しかも低所得者には病院までの交通費が払い戻されるという良心的な対応。



んじゃ、アメリカが嫌いなフランスはどうか?

フランスは世界の中で最も保険が整備されている国にランキングしている。
アメリカは37位

フランスでは保険どころか子育て支援も充実しており、行政から乳母が派遣され家事もやってくれるという至れり尽くせりの国。


それにもまして、社会主義のキューバでさえも!

なんと!皆保険なんだ!


チェ・ゲバラの娘で小児科医のアレイダ・ゲバラが出てきてこの国の保険と医療が充実していることを声高に話す。

負けてるやん アメリカ。。。

これ、完全にアメリカの負けやん。



それどころかアメリカという国は、あの"9.11"で我が身を投げ出して働いた人たちにも、正式な立場で無かったとしてボランティアで従事した人々には国からの保険が受けられないという有様!!!


いやいや、それだけじゃない!

入院費の払えない患者を捨てるという非道な行為。

そのくせクアンタナモ米軍基地の中で収容されているテロリストたちには手厚い医療行為が施されるという矛盾。


怒り心頭のムーア監督は、"9.11"の作業で体を壊した人たちの内の保険が効かない何人かを連れてキューバへと向かった。

はい、どうでしょ、キューバの医療機関ではきちんと最新の治療をしてくれるじゃありませんか!!!

薬代だってアメリカのように高くは無い。


ほんっと、これ観て驚きました。

日本も老人医療のことなどでいろいろあるけど、アメリカに比べればずっと良いんだって改めて思いました。

ちなみに日本の医療制度は全世界で10位にランクイン。


ドキュメント作品ってほとんど観ないんですが、これは勉強になりましたねぇ。

深刻な問題ながらも、ムーア監督がそんな国家を皮肉った感じの笑いも所々あって面白かったですし。

とっても考えさせられる問題なんですが・・・

私は

ムーア監督、あなたの相変わらずの体型も心配です。





| 映画 《サ行》 | 16:08 | comments(6) | trackbacks(8) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:08 | - | - | pookmark |
COMMENT
これ面白そう!見てみたい☆

アメリカのドキュメント映画って、ファーストフードをアホみたいに食べるのとかもありましたよね!
| ぢょん | 2009/01/03 5:54 PM |
>ぢょんさんへ
こんばんは〜☆

>ファーストフードをアホみたいに食べるのとか

そそ、あるよねぇ〜♪

こちらは、ちょっと前の作品ですが面白いですよ。
「自由の国」とか「富める国」アメリカなどというイメージとは正反対の情け無いアメリカが見えてきます。 
| なぎさ | 2009/01/03 5:58 PM |
>私は
>ムーア監督、あなたの相変わらずの体型も心配です。

その通りです(笑)。

本当に考えさせられる映画です。
日本もどんどん保険制度を骨抜きにして行こうとしていますので、米国のようにはならないと思いますが心配になりますね。
| erabu | 2009/01/03 6:57 PM |
>erabuさんへ
erabuさん こんにちは♪

あんな不健康そのものの体型なのに、こういう映画を撮ってて大丈夫かと心配になってきますね。

>日本もどんどん保険制度を骨抜きにして行こうとしていますので

本当にそうですねぇ。
保険の点数が取れない小児科の数が減少しているのも心配です。
もしアメリカのように一度の診察で大金が請求されたら死活問題ですよね。
| なぎさ | 2009/01/04 3:19 PM |
なぎささん

こんにちは♪

マイケルムーア、相変わらず見応えあるドキュメンタリー作ってますよね〜、
いつもアメリカの悲惨な現実を暴いてて!

あはは、ほんと、ムーアの体型もなんとか頑張って欲しいですねー^^

Ps,アグリーベティ観たいです♪
| mig | 2009/01/07 11:46 AM |
>migさんへ
migさん こんにちは〜♪

>マイケルムーア、相変わらず見応えあるドキュメンタリー作ってますよね〜、

ほんとですよね!
映像作家としての武器を使って、自国の今を"伝える"仕事をしてますよねぇ。

ただ、これを伝えてる彼自身のカラダがどうなんかと思ってしまいますよね(笑)

>Ps,アグリーベティ観たいです♪

migさん、ご覧になったことありませんかぁ。
評判通りに面白いドラマでした。
見た目重視の職場で明るく頑張るベティを見てると勇気を貰えます♪
| なぎさ | 2009/01/08 8:42 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/960
TRACKBACK
原題:SiCKO またしても富める国アメリカの暗部にして歪んだ実態をみる思いがする、日本がこの国に追随しているのだとしたら国民として怒りをもって異を唱えるべきか・・ 現在の日本では、健康保険の自己負担割合が3割、つまり前回歯医者に通っていた時には
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2009/01/03 4:55 PM |
監督・製作・脚本、マイケル=ムーア。2007年米。原題、『SiCKO』。ドキュメ
| erabu | 2009/01/03 6:53 PM |
あらすじドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている人にもマイナスの影響を及ぼすアメリカの医療システムの実態を明らかにする・・・。感想対岸の火事と笑ってられない?多くの人が保険未加入で保険に入っていても
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/01/03 9:51 PM |
 『ムーア先生、急患です。』  コチラの「シッコ」は、「ボウリング・フォー・コロンバイン」や「華氏911」のマイケル・ムーア監督が『テロより怖い、医療問題。』に斬り込んだ8/25公開の社会派ドキュメンタリーなのですが、劇場鑑賞券が当たったので、観て来ちゃ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/01/03 10:35 PM |
ドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている数百人にもマイナスの影響を及ぼすアメリカの医療システムの実態を明らかにする。 カナダ、イギリス、フランスを訪れ、国民全員が無料医療の恩恵を受ける国の事情を見つ
| 象のロケット | 2009/01/05 3:58 PM |
2002年 『ボウリング・フォー・コロンバイン』でアメリカの銃社会の真実を突きつけ 2004年 『華氏911』でブッシュ大統領の独裁政権を暴き そして2007年  アメリカの医療制度の現状に切り込む!  突撃アポなし取材がお得意の、マイケル・ムーア監督がまたまたア
| 我想一個人映画美的女人blog | 2009/01/07 11:44 AM |
『シッコ』を観ました『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』のマイケル・ムーア監督が、今度はアメリカの医療保険問題に鋭いメスを入れる社会派ドキュメンタリーです>>『シッコ』関連原題: SICKOジャンル: ドキュメンタリー上映時間:123分製作国: 
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/02/15 9:27 PM |
2007 アメリカ 洋画 その他 作品のイメージ:ためになる 出演:マイケル・ムーア マイケル・ムーア監督がアメリカの医療制度の問題をWEBサイトで取り上げ、実際に寄せられた話をもとに制作したドキュメンタリー。先進国で唯一「国民皆保険制度」が導入されていない
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/25 7:58 PM |