<< OLにっぽん 最終回 12月10日 | Main | 初恋 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.12.23 Tuesday author : なぎさ

イノセント・ラヴ 最終回



★★☆☆☆

も〜なんか、演じてる方々が不憫に思えました。。。


一命は取りとめたものの記憶喪失になった殉也(北川悠仁)と、同じく記憶がまだ曖昧なままの聖花(内田有紀)とのツーショトに・・・
ワタクシは笑ってしまいまちたw(*´▽`*)w

とんでもなく、けったいな話になってましたわコレ。
結婚式の披露宴が行われている会場の上から落ちる聖花!

気がついて彼女を助けようと走る殉也!

・・・間に合わへんてぇ、いくらなんでもその距離からは無理があるやろぉ、あ〜た!


命は助かったけど、頭を打った後遺症で殉也は記憶が戻らない。
佳音(掘北真希)は必死に記憶を取り戻そうと努力するが・・・。

たった一つ戻った記憶は、なんと聖花の名前だった!!!


聖花と再会した殉也・・・

その時、楽譜がひらぁ〜〜〜〜っと落ちたのを見て殉也はピアノに向かい曲を弾き始める。

曲を弾きながら殉也の記憶が・・・徐々に戻り始める!

そっかぁ〜、聖花じゃない!佳音なんだと!


そっから急速に体力も戻っていってて、ドドドドドーーーッて一心不乱に走り出す殉也に唖然゜。(・(I)・`)。゜

後半は寒さ全開!


殉也が昏睡状態だった時に、昴(成宮寛貴)が正直に言えなかった殉也への想いを告白するシーンがありました。

あそこが唯一、一番良かった!



何年も植物状態だった人間がいきなり覚醒したかと思えば普通に生活してたり。
ドラマだからって何をしても良いという事は無いと思うんですよね。
ある程度そこには真実味が無いと観ている方が感情移入し難くなってしまう。


佳音の両親が殺害された事件も、父親からの性的虐待も、主人公の悲惨な過去を強調するために必要だったのかもしれないけれど、浅野妙子の脚本はいろんな要素を詰め込みすぎなところが欠点で、そのために全体がぼやけてしまう。

結局、殉也と佳音は幸せになれたのだろうけれど、

聖花や昴は置き去りかぁ〜い!








| TVドラマ | 14:44 | comments(6) | trackbacks(2) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:44 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんちゃ((´∀`))

ぃゃ〜ホント・・・アレは間に合わないですよね。結構距離あったし・・・。どんな俊足ょ!!

そして最後もビミョー・・・(´▽`;)ボー--‐ン

せめて最後には宇多田で終わってほしかったですょ・・・最初にやっちゃたし〜。「ぇ!?!?終わり!?」ってなカンジですた´д`ハァハァ...
| Tamutamu | 2008/12/23 6:39 PM |
こんばんは(o^_^o)ヾ

>聖花や昴は置き去りかぁ〜い!
これ、ウケました(=^m^)
確かに、置き去りでしたね。。

起こることすべてがあり得ねぇ〜でしたが、
殉也が死なずに良かった、
佳音も不幸のまま終わらずに良かった、
個人的に、これだけはホッとしました。

内容全体として、それってどうよ?(^_^;)
と苦笑いの連続でしたが、
お兄ちゃんが落ち着いたのは安心しました。
ドタバタや????の連続でしたけど、
主役のお二人には結論が出た感じなので、
その点もスッキリかな=^・_・^=

まぁなんともいえない雰囲気のドラマでしたね。
| ぴー | 2008/12/23 10:51 PM |
>Tamutamuさんへ
まいどぉ〜Tamutamuちゃん
ヾ(〃▽〃)ツ

>せめて最後には宇多田で終わってほしかったですょ

そそ!あれも失敗ぢゃねぇ〜(笑)
最初に歌で盛り上げちゃったもんだから尻つぼみになっちゃってて。
やっぱり最後まで取っとくんだったわね〜あれは。

なんだかタイトルにあるような"イノセント"な感じもしないままに、何が言いたかったのか分からないドラマでした。
浅野妙子サン、これだったら前回の「ラスト・フレンズ」のほうがまだ良かったっす!
| なぎさ | 2008/12/24 8:39 AM |
>ぴーさんへ
おっはよぉ〜ぴーさん♪

置き去りだったねぇ〜あの二人に関しては
(爆)

>お兄ちゃんが落ち着いたのは安心しました。

ほんと!ほんと!
いつの間にか兄ちゃん職を見つけてて地道に頑張ってましたよねぇ〜。
教会まで来て祈ったりなんかしてて(笑)

これね、私ランクで★を二つ付けさせてもらったんですが、それは突っ込めたからだったんですよ〜。
突っ込みもできなかったら完全に★一つだったかも。
月9というハードルもあるのでしょうが、もぉちょっと感情移入ができるドラマを作ってほしいものですね。
| なぎさ | 2008/12/24 8:44 AM |
なぎささん、★2つは優し過ぎます(笑)。

>も〜なんか、演じてる方々が不憫に思えました。。。

かわいそう過ぎます。ヘタでないにもかかわらず、演技できない役者に思われてしまいますよね。
ともかく堀北真希の初々しい若妻役が観れただけでも良しとします。
| erabu | 2008/12/24 10:01 PM |
>erabuさんへ
erabuさん こんにちは♪

やっぱ、優し過ぎですかね(笑)

>ヘタでないにもかかわらず、演技できない役者に思われてしまいますよね。

仕事とは言えこれはキツかったでしょうね。

>ともかく堀北真希の初々しい若妻役が観れただけでも良しとします。

ウェディングドレス姿も拝めましたし♪
幸薄い女性っていう感じが良く出てました!

| なぎさ | 2008/12/25 8:04 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/953
TRACKBACK
最終回の感想 
| Akira's VOICE | 2008/12/23 4:30 PM |
ラストに少しだけ救われたものの、全編通して失笑せざるおえないドラマでした。フジテ
| erabu | 2008/12/23 7:55 PM |