<< 幸せのレシピ  | Main | 流星の絆 最終回 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.12.19 Friday author : なぎさ

小児救命 最終回



★★★★☆

子供の命を救うということは、未来を救うということ

強い意志を持って、24時間診療の小児科医を開業した若き女性医師・青山宇宙(小西真奈美)の活躍を描いたドラマ。

子供の病気は待ってはくれないと、24時間いつでも診察可能な病院を開いたものの、その理想と現実のギャップに最後まで悩まされたヒロインの宇宙だった。


現実にも小児科の医師不足や病院の不足というニュースを最近よく聞くようになりました。

時間や手間がかかる子供の診療に対して、その診療報酬は非常に少ないこともドラマの中で言われていました。

30分の心臓マッサージをしたとして、その診療報酬は2500円・・・だとか。


主人公の宇宙は、幼い頃に親からの虐待を受けて育っていました。

優しい育ての親に引き取られた彼女でしたが、子供の頃に受けた心の傷は今でも残っていました。


でも、そんな彼女だからこそ分かる人の痛みがありました。


癒しフェロモンが出てる小西真奈美が、この女性医師を演じたことがドラマの成功と言えると思います。

セリフの中で「お母さん、頑張りましたね! お母さん、すごいです!」などと言われると自分のことのように嬉しくなるのはまさしく彼女の癒し効果です!


そうした頑張る女性医師の周りに支えてくれる人たちがいたことも現実の医療現場にも一筋の光明になるのではと思わせてくれました。

その中でも、宇宙の婚約者であった狩矢俊介(塚本高史)の存在は大きい!

それを演じた塚本高史の好演も光った。


子供を持つ親なら誰しもが願う24時間診療の小児科病院。

しかしながら現実には非常に厳しく困難を極める。

それでも、宇宙のような医師がいてくれることを願いつつ、このドラマを観終えました。
| TVドラマ | 08:32 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:32 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
... 話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 出演:青山宇宙***...
| 塚本高史の秘密 | 2008/12/19 2:58 PM |