<< WALL・E/ウォーリー(吹替え版) | Main | セレブと貧乏太郎 第9話 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.12.07 Sunday author : なぎさ

赤い糸 第1話


フジTV系 土曜 夜11:10〜11:55

ひらひら落ちる桜の花びらを地面に着く前に3枚拾えたら願いが叶う・・・らしい。



人は一生の間で3万人の人と出会うという。
そのうち3000人は学校や会社で
300人は親しく話す人たち・・・・・。

赤い糸で結ばれた人はその中にいるのだろうか。
昨日から始まったこのドラマ、なんでも20日(土)から公開の映画『赤い糸』と連動したドラマということで観てみました。

しかもお気に入りのジュンジュンが主演だし♪

携帯小説らしいですねぇ。

主人公の女の子メイこと竹宮芽衣(南沢奈央)が現在中2という低年齢で、どぉもお子様的な恋愛ドラマが繰り広げられるのかとも思ったんですが・・・。

なにやら西野敦史(溝端淳平)の過去に覚醒剤の言葉が出てきてて。

しかもどうやら幼い頃に実の母親から薬物を打たれていたような。

そっかぁ〜、ただ甘い恋愛ストーリーだけじゃなく、そういうものも絡めているのねと。


とりあえず第1話目は、メイが密かに想いを寄せていた幼なじみの悠哉(矢崎広)が、実はメイの姉の春菜(岩井さゆり)が好きだったことを知ったというところまで。

そして失恋したメイは、クラスメートというだけの存在だったアツシと少しだけ距離を縮めたのだった。


実はメイとアツシは過去に一度出遭っていた!!!


まぁ〜ね、"赤い糸"ってよく言いますよねぇ、どこかに自分の薬指に繋がった赤い糸が、まだ見ぬ相手の薬指に繋がっているんだって。

要するに"縁"ってことなんでしょうね!
縁があるから巡り会って結ばれるんでしょうけども。


恐縮ですが、ウチの夫と私の場合・・・
出会ってから結婚までが1年ほどでしたからね。
それまでは顔も見たこと無い人だったんですから・・・お互いに。
わからんもんです、縁てどこにあるのか。

とりあえずドラマはジュンジュン目当てで続けて見ようと思っています。
| TVドラマ | 12:45 | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 12:45 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/939
TRACKBACK
赤い糸の第1話を見ました。第1話神様によってアタシと貴方の小指に結ばれた一本の赤い糸この運命の絆は目には見えないそして貴方への地図だってない幼い頃、誕生日の日に同じ誕生日の男のとぶつかった竹宮芽衣はケーキを落としてしまう。しかし、ケーキ屋さんの行為によ
| MAGI☆の日記 | 2008/12/07 1:47 PM |
6日スタートのドラマ「赤い糸」を視聴した。このドラマはメイ原作の携帯小説「赤い糸」「赤い糸destiny」を映画&ドラマ化した作品で1992年2月29日に生まれた男女が運命に引き寄せられるように赤い糸で結ばれているラブストーリーである。映画とドラマの同時進行という
| オールマイティにコメンテート | 2008/12/08 12:50 AM |
初回の感想 
| Akira's VOICE | 2008/12/08 10:07 AM |
ドラマ「赤い糸」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:南沢奈央、溝端淳平、木村了、岡本玲、石橋杏奈、桜庭ななみ、柳下大、鈴木かすみ、田島亮、岩田さゆり、矢崎広、甲本雅裕、山本未來、小木茂光、渡辺典子、他 *原作:メイ『赤い糸』『赤
| ドラマレビュー トラックバックセンター | 2008/12/08 10:35 AM |
神様によって、アタシと貴方の小指に結ばれた 一本の赤い糸。この運命の絆は、目には見えない。 そして、貴方への地図だってない。だからアタシは、 貴方と出会うために恋をする。 スイーツ(笑)。 日本国民の実に3分の1、3600万人が涙を流したという
| チダイズム〜毎日誰かを笑わせるブログ〜 | 2008/12/08 10:46 PM |
期待はしてなかったけど…ドラマの第1~2話を見ちゃいました。 この勢いだと、映画も見にいきそうだ&#63903; 誰と行こっかな…&#63893;
| でりふぉ@ブログ | 2008/12/14 10:04 PM |