<< スパイダー | Main | ゲッタウェイ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.12.02 Friday author : なぎさ

レイク・フィアー

レイク・フィアー
レイク・フィアー
これはテレビの深夜放送を録画しておいて鑑賞しました。
てっきりデ・ニーロ『ケープ・フィアー』だと思い込んでおりまして、よくよく見たら‘ケープ’じゃなく‘レイク’でした。

コレ、はっきり言ってデニス・ホッパーが出ていなければB級モノではないでしょうか。それ以外の俳優さんは、あまりわかりませ〜ん。

ストーリーは・・・
ハイスクールの生徒たち男女5人が、スクールバスで下校途中、JD(D・ホッパー)たち身代金目的の誘拐犯に拉致されてしまう。
しかも拉致された場所は、どう猛なワニやヘビがうじゃうじゃ生息する沼のほとり。
脱走するには危険を伴う。
その上、身代金25万ドルもの大金を工面できる家庭が少ないという状況の中、彼ら5人はなんとか脱出を試みる。

この原作者は『ラスト・サマー』のロイス・ダンカン。
あの作品もそうでしたが、高校生が事件に巻き込まれるというパターンは同じです。
まだ、あっちのほうが少しはスリルがあったかなぁ。

人質の一人、デクスター役のランディー・スプリングは『ビバリーヒルズ青春白書』に出てたらしいのですが、あいにくその番組を見ていなかった〜。

D・ホッパーの奥さん役をしていた女優さん、確か『ベートーベン2』(犬のほう)に出てた気がする。
この奥さんにピリピリのJD(D・ホッパー)は、女子高生に手をだそうとしてピストルで撃たれかけ、必死でなだめる時のD・ホッパーの演技が唯一良かった。

驚いたのは、犯人役のD・ホッパーが最後は沼にいるワニちゃんに寄ってたかって喰われちゃう。
よーくこんな役引き受けたもんだ!

観るものが不足していたので、しかたなく観たというだけのシロモノでございました。(ため息しょんぼり


ブログランキング にほんブログ村
| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 10:29 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/93
TRACKBACK