<< 田舎に泊まろう! | Main | おくりびと 2回目鑑賞 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.09.23 Tuesday author : なぎさ

太陽と海の教室 最終回


CX 月曜 21時〜

今を生きてるか?


10点満点で4点

終わりましたねぇ。

ん〜まぁ無難にまとめた感じでしたでしょうか。


「必要な悪があるなんて、子どもたちに教えたくはありません!」と言ったのは朝倉総理(木村拓哉)でした。

ここの理事長(小日向文世)は、自らを"必要悪"と断言し学校を去って行きました。


ストーリーのベタな展開は置いといて、このドラマには結構、心に刺さる言葉が散りばめられておりました。

今回も・・・
「世界史はタイムマシーン」

「"しょうがない"は魔法の言葉」

「君の敵は君」
など

残念ながら、このドラマの中から聞こえてくる言葉の裏返しが今の日本社会を象徴するようなものばかり。


拝金主義の成れの果てが、どこまでも続く食品偽造というカタチとなって露出している。

いったいこの国はどうなってしまっているのか。

自分さえよければいい、見つからなければ何をやってもいいという考え方は食品偽造に限らず、今の日本を蝕んでいるように思える。


それらは、まさしくこのドラマで言われたように・・・
「しょうがない」という言葉で片付けられ
「これも必要悪だ」と開き直り
"誇り"など、とっくの昔にどこかに置いてきた結果だろう。

ここに出てきた青年たちのように、何が今必要かをじっくり考え、どうすれば自分に誇りを持てるのかを模索できるような若い人たちであって欲しいと願うばかりです。


で、全体の感想としては・・・
最近の学園モノの中では際立って正統派だった。

進学校ということで学業が最優先の生徒たちなわけだけど、結構みんな遊んでるところが目に付いたんですけど。

異色の経歴を持つ主人公・櫻井朔太郎(織田裕二)の過去が発覚してからも、さほどその過去がドラマに活かされてるとも思えなかった気がする。


初回の櫻井の登場の仕方からして、このドラマ狙いすぎた感は否めない。

月9ブランドがハードルを上げたためか、遂には生徒の一人を"死なせる"という暴挙に出た。

日輪祭の炎とともに終われば良かったものを、卒業証書を手にしたメインの生徒たちとの最後のやり取りはいらんかった!

少々、説教臭いながらもドラマの軸としてはしっかりしていたと思うので、もう少し肩のチカラを抜いて緩やかな演出だったら映えたと思うのに。




| TVドラマ | 14:28 | comments(2) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:28 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんは☆

最終回の展開、早かったですね!
卒業してるシーンで終わっていましたよ。
正直ここまでやるとは思いませんでした。
あまりに省略されていて、全然面白くなかった(-_-)
この最終回をもっと膨らませたものを
第一話からやればよかったのに、とさえ思いました。

>異色の経歴を持つ主人公・櫻井朔太郎(織田裕二)の過去が発覚してからも、さほどその過去がドラマに活かされてるとも思えなかった気がする。
同感です!!
何故教師になったかという説明だけに使われただけ。
そんな大層な設定にする必要もなかったような気がします。

あまりの視聴率の低さに、
織田くんが脚本を書くと言った、
というような話が流れていたようですが、
そらそう言いたくもなるよね、と思いました。
個人的には、織田くん出演ドラマ・ワースト1でしたよ。
いくらいいセリフが入っていても、
本筋がしっかりしていないと生かされないものね、
ということが分かったドラマだったように思います。
| ぴー | 2008/09/23 10:58 PM |
>ぴーさんへ
おはようございます ぴーさん♪

そこはかとなく終わっちゃいましたね(笑)

>個人的には、織田くん出演ドラマ・ワースト1でしたよ。

なるほどぉ。
私は、これまで織田裕二のドラマをここまでしっかり観たというのは、古いですが『東京ラブストーリー』と『踊る大捜査線』くらいでして・・・(恥)
満を持しての今回ドラマ出演だったようにも思えましたが、残念ながら結果としてイマイチになってしまいましたね。

>あまりの視聴率の低さに、
織田くんが脚本を書くと言った、
というような話が流れていたようですが

ほんとですかぁ!
脚本家の坂本サンって最近では『西遊記』とか『猟奇的な彼女』といった作品を手がけてましたね。
『猟奇的〜』もかなりグダグダ感が否めない展開で、初回から観ていたんですが、途中で飽きちゃって放棄しました。
19歳でヤングシナリオ大賞を受賞して『東京ラブストーリー』の爆発的なヒットを飛ばした方ですが、20年も経てば世の中の流れは早いんでしょうねぇ。
同じように一世を風靡した脚本家の野島伸司にも同様なことが言えそうです。
前々回の月9で慎吾チャン主演のドラマがそうでした。

映画でもドラマでも、やはり脚本が良く出来ていればそれだけで半分以上は、観客を最後まで引っ張っていけると私は思うんですよね。

で、残りの半分は役者でしょうか。

時代の流れと融合できていない脚本家が書く本には、それなりの結果しか付いてこない・・・シビアな世界ですよね。

逆に考えれば、主演が織田裕二でなければ、この内容でここまで数字は取れなかったかもしれないです。
もっと悲惨な結果で終わっていたかも・・・。
| なぎさ | 2008/09/24 9:05 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/882
TRACKBACK
太陽と海の教室  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! 履修不足問題の調査委員会が、湘南学館に乗り込んできた。動揺する生徒たちに...
| テレビドラマレビューブログ:ドラマニア | 2008/09/23 3:49 PM |
●服部隆之“「太陽と海の教室」オリジナル・サウンドトラック”CD(2008/9/3)最終話履修不足問題が表面化し、朔太郎と校長の長谷部は、あらかじめ作成しておいた補習計画表を理事長の神谷に提出。だが神谷は、受験終了後に未履修教科のリポートを提出することで生徒た
| 日々“是”精進! | 2008/09/23 4:40 PM |
記事を「保存」したら、跡形もなく消えていました。すっかり脱力です。2回目なので、詳細は少しずつ省きたいと思います。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
| まぁ、お茶でも | 2008/09/24 6:45 AM |
◆織田裕二さん(のつもり)織田裕二さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されていた連続ドラマ『太陽と海の教室』に櫻井朔太郎 役で出演しました。一昨日は第10話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2008/09/24 7:58 PM |
湘南学館が隠していた未履修問題。全員が受験資格を失う?生徒たちは動揺する。事実を隠そうとするのもダメ!!嘘もダメ!!まあ実際はどうなんでしょうね〜ハチならどうするかな?熱血教師は補習授業を提案。生徒たちの反応は・・・・・生徒は櫻井の言葉を思いだし先生
| Sweetパラダイス | 2008/09/25 9:13 PM |
デビュー・シングルからUZ名義で発表した「君の瞳に恋してる」までを網羅した、織田裕二のベスト・アルバム。
| こんな音楽発見! | 2008/10/13 11:41 PM |