<< 自虐の詩 | Main | 正義の味方 第5話 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.08.06 Wednesday author : なぎさ

劇場版ポケットモンスター D&P ギラティナと氷空の花束シェイミ

JUGEMテーマ:映画



2008年7月19日 公開

シェイミって可愛い顔してすんごいんです!



子供サービスで、今年もポケモンの劇場版を昨年に引き続き劇場鑑賞してきました。

相変わらず大入りで満席です!


このポケモンって今作が11作目だそうで。
1998年の第一作目からこの人気を持続させてきたのにはどこに魅力があるんでしょうね。


今回は492番目になる"かんしゃポケモン・シェイミ"というのが登場しました。

こっれがポケモンには珍しくなんとも可愛いんです♪
こんなんです↓


"ランドフォルム"と呼ばれる普通の姿はまるで緑色のハリネズミみたい。

「花はこび」という習性をもち、テレパシーを使うことがきるシェイミはサトシたちを導いてグラシデアの花畑を一緒に探す旅に出る。

このグラシデアの花粉を浴びるとシェイミはフォルムチェンジして・・・
こんなんになります↓


"スカイフォルム"と呼ばれるスタイルに変身!!!
それ以外でも、"シードフレア"とかなんとかいう変化が起きたりもするんです。

も、なんかわけわかりませんケド。。。

ところがこの子、外見は可愛いんですが、これがなかなか生意気なヤツでして。
とくにサトシにはきつかったりします。



とにかく、オバチャンにはこのポケモンたちの名前が覚えられませんの
(ノへ`;)゜。


シェイミはまだいいとして・・・
ギラティナやら・・・ディアルガとか・・・レジギガス・・・て。

去年は「ディアルガVSパルキアVSダークライ」だったんですよねぇ。


今年もその中のディアルガが出てきました。
時間を司るポケモンということらしいです。(そうでしたっけ?覚えてない)

前作でこのポケモンたちの戦いによって、時間と空間がゆがんでしまった・・・と。

そのせいで、現実世界の反対側にある反転世界が黒い雲に覆いつくされてしまったんだ・・・と。

そこで、この反転世界の主・ギラティナが怒って、ディアルガをその反転世界へと引きずり込もうとする。

反転世界で起こった出来事は、現実世界にも反映されるため、この戦いを止めないと二つの世界が崩壊してしまう・・・。



と、まぁこんな感じで進んでいくんですけどもね。


ポケモン同士のバトルだけではなくて、ハイテク母艦[メガリバ]を操るゼロという人間も出てきます。

また、反転世界を5年前から研究しているというムゲン博士

ゼロはもともとムゲン博士の助手でした。

ギラティナの力を利用して世界制服を企むゼロ。

二つの世界を救うため反転世界へと乗り込むサトシとシェイミたち。


いやぁ〜これ、子供たちどこまで理解できてるんでしょうね。

私にはイマイチわかりませんでした。

小2の娘もわかってない様子。


でもなんか環境破壊的な話でもあったように思いました。

あと、ゼロがジェロに聞こえてしょうがなかったです。


11作連続出演の山寺宏一さんはムゲン博士の声で、ベテランの貫禄!

中川翔子は2年連続で、今回はゼロに使えるメイド型人工知能"インフィ"の声を。
ポケモンフリークのしょこたんは作品に馴染んでた!

シェイミには2代目ジャイ子も務める山バニラさん。

南明奈TIMの二人は重要なキャラでもなかったので救われた。

で、この人、中村獅童ですよ。
やっぱりこの人、声優という仕事が巧いね!
これではゼロを担当。
違和感が無いのよ、いつもこの人の吹き替えはどれも。


"かんしゃポケモン"と呼ばれるだけに、シェイミはラストにサトシやヒカリたちに感謝の思いを残して旅たつのでした。

そこには綺麗に咲くグラシデアの花が・・・。



子供がいなければ観ることもなかったでしょうが、また来年も劇場に足を運ばさ・れ・る・ことでしょう。









| 映画 《カ行》  | 14:45 | comments(2) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:45 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささんはポケモン詳しいのですね〜私は初心者なもので、イマイチキャラが解らずの観賞でした。甥っ子もどこまで理解しているのやら・・

ゼロの声は中村獅堂さんでしたか!全然気付きませんでしたよ。
うん、上手いですね〜
| hito | 2008/08/22 10:05 AM |
>hitoさんへ
こんにちは〜hitoさん♪

いぇいぇ〜詳しいこともないんですが、娘にいろいろ教えてもらって(笑)

hitoさんは甥っ子さんと鑑賞されたのですね!
これはちょっと子供と一緒じゃなきゃ鑑賞しない作品ですよねぇ〜。

私はポケモン映画は今回で2度目です。
TV放映も子供は観てますが、私はチラ見程度なのでそれぞれのキャラクターまでは認知できてないですねぇ〜。
というか、こんなにたくさんポケモンっているんだと驚きです!

獅童サン、声優はうまいでしょ〜♪
この人、この仕事も向いてるのかもね!
| なぎさ | 2008/08/23 9:16 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/846
TRACKBACK
人気ブログランキングの順位は? ポケモンたちは 感謝の光へと導かれる──
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/08/22 12:57 AM |
またまた甥っ子を連れての鑑賞です。 ポケモンに関してもほぼ知識がありません。 テレビでいつの頃のか解らないけれどちょっとだけ一緒に見たことがあるくらい。 サトシとタケシとカスミで旅していると思っていたら、一緒にいる女の子はヒカルという子でした!
| 日々のつぶやき | 2008/08/22 10:02 AM |
2008年:日本 監督:湯山邦彦 声の出演:松本梨香、大谷育江、山寺宏一、林原めぐみ、中川翔子、上田祐司、中村獅童、山崎バニラ この世界の裏側に、鏡のような不思議な世界がある。その名を反転世界。反転世界を守るギラティナは、なぜかディアルガを執拗に追い
| mama | 2008/08/31 1:43 PM |
ポケモンダイヤモンド・パールに登場する伝説のポケモン、ダークライを入手するのは困難で、
| ダークライ | 2009/01/11 3:47 AM |