<< CHANGE 第2話 | Main | ラスト・フレンズ 第7話 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.05.21 Wednesday author : なぎさ

カンフーハッスル

JUGEMテーマ:映画



2005年1月1日 公開作品
2005年7月16日 DVDリリース


どっからでもかかってこんかい!!!

爽快にデフォルメされたその中にもを感じるのよぉ〜♪
チャウ・シンチーの愛がぁ!!!
この間の『少林少女』があまりにも何でアレだったんもんで。

こちらを観るとスカッとします!!!


全編を通してカンフー映画などのパロディーがふんだんに盛り込まれているようですが。

細かい所までは分かりませんが、そんなことを知らなくても純粋にこれだけで笑える作品です。


チャウ・シンチーという方の"笑い"って、この人、大真面目なんですよねぇ。
変に笑わしてやろうという姑息な意気込みではなく、真剣だからこそ可笑しいという"笑い"じゃないかと思うんです。

それは、取りも直さず彼がカンフーを徹底的に愛しているということに尽きると感じました。


またこの話しが、吉本新喜劇に出てくるような内容なんですよね。
でもね、ストーリーは単純でありながらも、きちんと筋を通していて私は好きです。

強い者が弱者をいじめる

ところが弱者だと思っていた連中が、ほんとうはものすご〜く強かったら・・・。

"豚小屋砦"と呼ばれる貧困地区の住人たち

仕立て屋の主人、粥麺屋の主人、謎の放浪者

見た目とは全く違う最強の中国武術の達人たちだった!

このギャップよね!!!


まず最初に"半ケツの男"が実は強いことを証明する。
えぇーっ、コイツって実はそうだったんだぁ〜と意外性を突いたと思うと、それ以上の人物たちを次々に登場させていく。

敵である斧頭会も負けじと刺客"琴奏者"の二人組を送り込む

!!!

今度は、ヘタレの大家の主人が変身!!!

と、思いきやその嫁も!!!

あららら〜、あんたたちもそうなのねぇ・・・と。


すると今度は敵もさる者

斧頭会に憧れるシン(チャウ・シンチー)を利用し、病棟から殺し屋・火雲邪神(ブルース・チャン)を脱出させる。

これまた、このオッサンが絶対に強そうには見えない・・・のだが、これまた最強!!!


この殺し屋にやられて大家夫婦が瀕死の状態になった

その時!!!



それまでことごとくヘタレな部分を見せてきた男、シンが殻を破って"脱皮"する!!!


このねぇ、何とも言えない一連の流れが最高です♪


何段にも重ねられたオチ
これでもかのオーバーリアクション

残虐な描写もあるのですが、なぜか許せてしまう。


大家の妻の武器は"デカイ声"なわけですが、どんだけスゴイかというのを刺客の服がズタズタになるなどの表現で見せてくれる。

しかもその武器を後半では釣鐘をメガホンにしてさらにパワーアップさせるという面白さ!


主人公のシンは少年時代に受けた屈辱から人生を歪めてしまったわけですが、アイスキャンデー売りの女性(ホアン・シェンイー)との再会で、再び純真に"如来神掌"を修練していた頃の自分を取り戻す。


結局、最強だったのは、電車の中で公務員にもやられてしまうようなヘタレ男だったシンだったということで。


『少林サッカー』『少林少女』にも登場したラム・ジーチョン
今作での彼は、いいボケ役で、シンチーとのコンビも息がピッタリだった。
もちろん『少林サッカー』でも彼の持ち味が充分発揮されていたものだった。

なのに『少林少女』では、いったい何のためにいるのかさえ分からないようなポジションになってしまい残念。


比べるのももったいと思いつつも、中途半端で骨無し無味乾燥な『少林少女』を観てしまった者としては、こんな面白い映画を作れるシンチーがなんであそこに加わったのかが悔やまれる。











| 映画 《カ行》  | 15:52 | comments(8) | trackbacks(3) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:52 | - | - | pookmark |
COMMENT
この映画、うちの子供が好きなんですよ。笑いをとろうと変に狙っていないですよね。その姿が好印象だと思います!見たから消そうと思った少林サッカーもHDに残しておいてくれと懇願されましたわ。 
| J美 | 2008/05/22 10:04 AM |
ご心配をおかけしてしまいすみませんでした。
まだ本調子ではないのですが、昨夜にくらべたらだいぶ良くなりました。
「少林サッカー」は衝撃を受けましたよね〜。
これからのカンフー映画はチャウ・シンチーだと
思いましたモンね。
実はこの作品も「少林少女」も見てないのですが、
彼の新作「ミラクル7号」はどうなんでしょうかね?
なんかカンフー映画っぽくないし、白髪?で
ずいぶん老けてるのが気になります。
| miyu | 2008/05/22 1:52 PM |
>J美さんへ
こんにちは〜J美さん♪

>この映画、うちの子供が好きなんですよ。
あぁぁ〜分かりますぅ〜デフォルメされた描写がマンガチックだったりしますものね!
あの速く走るシンチーと大家の奥さんなんて最高です!!!

『少林サッカー』も以前観て、全く期待してなかっただけにあの衝撃には驚きました!!!
この人やるなぁと抱腹絶倒だったのを覚えてます。
・・・それだけに『少林少女』の駄作には悔やまれます。
| なぎさ | 2008/05/23 9:57 AM |
>miyuさんへ
miyuさん 来て下さったのですね♪
いかがですかぁその後。
気候の変わり目ですものね。
ご自愛ください。

『少林サッカー』のチャウ・シンチーは最高でしたよね!
バカバカしい映画だなぁ〜と思いつつも引き込まれてしまうあの魅力はやはり"シンチーパワー"かもですよね♪

『少林少女』は観なくて正解だと思います。
劇場まで足を運んで観るほどのものではないかと。
またすぐにTV放映されるでしょうし(笑)

>彼の新作「ミラクル7号」はどうなんでしょうかね?
そうですね〜。
来月公開でしたよね!
恐らく近くのシネコンでの上映は無いだろうなと思うんです。
DVD待ちになるでしょうけれど、観てみたい作品です。
| なぎさ | 2008/05/23 10:04 AM |
なぎささん、こんにちは。
「少林少女」は見ていないので分かりませんが、こちらはすごく楽しかった記憶があります!
私も彼の笑いは好きです^^
いっぱい笑えますよね〜!
| ミカ | 2008/05/24 3:48 PM |
>ミカさんへ
こんにちは〜ミカさん♪
これ、面白いですよねぇ〜。
ばかばかしいんですけど、受け入れられる笑いですよね。
シンチーの笑いは"可愛げ"があるように感じます。
だからこ〜んなに大げさでも許せちゃいますね!!!
『少林少女』はTVで放映された時でも充分だと思いますよ(笑)
| なぎさ | 2008/05/24 6:27 PM |
なぎささん、どうもです!
そうかあ、「少林少女」での不満を晴らすべく、観賞されたのですね。
もうとっくに観賞済みかと思ってました。
これはスカっとしますよね。
とにかくはちゃめちゃ、ありえね〜。
けど結構カンフーシーン本格的なんだよね〜。
なんだか最近はなんとかカンフーって映画が多いですね。パンダまでひっぱってきてるし(苦笑)
オリンピックも近いし、話題つくり?なのかなあ。中国はあんまりいい話題がないから新作のカンフーもの?もチャウ・シンチーの新作もヒットして欲しいですよね。
| しゅぺる&こぼる | 2008/05/26 7:27 AM |
>しゅぺる&こぼるさんへ
こんにちは〜♪

>「少林少女」での不満を晴らすべく、観賞されたのですね。
はい、まさにその通りです!
あちらが余りにも酷かったもので・・・(爆)
お口直しじゃないけれど、これは楽しめましたねぇ〜。
満足できました!

>なんだか最近はなんとかカンフーって映画が多いですね。
ですよねぇ〜。
これもオリンピック絡みでしょうか。
『カンフーパンダ』も期待してるんですけども。

シンチーの最新作『ミラクル7号』ですよね。
どんなもんでしょうねぇ。
彼のカンフーにかける情熱なら面白いものになっていそうですね。
| なぎさ | 2008/05/26 9:00 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/786
TRACKBACK
少林少女は先週の15日(木)に10時45分から観客15人ほどで鑑賞したが 少林とカンフーハッスルを合体させた感じも全体的に微妙だった 内容は少林拳をラクロスを通して広めようとするも学長に邪魔させる感じで 前半から中盤はダラダラで後半はアクションだが最
| 別館ヒガシ日記 | 2008/05/22 8:04 PM |
カンフーハッスル KUNG FU HUSTLE 監督 チャウ・シンチー 出演 チャウ・シンチー ユン・チウ 中国 2004
| Blossom Blog | 2008/05/24 3:46 PM |
今回はじめてチャウ・シンチーの映画を観ました。 最初から一気に引き込まれとても楽しめました。 リー・リンチェイ(ジェット・リー)の少林寺を見ながら兄妹で型の真似事をした世代。(笑) あの頃の香港アクションはいかにスタントなしですごい技を繰り出す
| 愛情いっぱい!家族ブロ! | 2008/05/26 7:51 AM |