<< アヒルと鴨のコインロッカー | Main | CHANGE 第1話 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.05.11 Sunday author : なぎさ

ミスト

JUGEMテーマ:映画



2008年5月10日 公開

来るの遅いわ・・・あなたたち

「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」・・・て、またまたぁ〜こればっかり!

最近これに騙されてますから、そぉは引っかからないよ〜と思って観に行ったんですけど。

こっ、これは面白い!!!

この謳い文句は当たってる!


この後はネタばらしでお話させていただきますので、まだご覧になっておられない方はご注意くださいませ。

これは鑑賞前にいろいろリサーチしないで観に行ったほうが絶対、面白いですよ。

これは観る価値ありだと思います!!!

スティーブン・キングと言えば映像化するのに難度が高いとも言われておりますが。

『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』両方好きなのでフランク・ダラボン監督と組めばハズレ無しだと個人的には思っております。

今作もこのコンビでの三作目で、やはり間違いなかったなと。


とにかく驚きましたねぇ〜あの衝撃のラストには!!!

なんでしょ〜あのショッキングな最後は・・・。

子供を持つ親としてあのラストは居たたまれない。



あそこにいくまでの間に観客はこれでもかというくらいの"絶望感"を見せられるわけですよね。
だからもうあそこで逃げ場が無いことを思い知らされるわけですもんね。

しかもあの場で銃弾が4発しか残ってないっていうのが、またこれ皮肉で悲しいんですよね。



最初は、これって"パニックもの"の王道みたいな展開ねぇ〜などと思いつつ観てたんですが・・・。

神がかったカーモディ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)の"支持者"が増えていくあたりから、あのモンスターとか巨大化した昆虫よりも、人間の浅ましさや愚かさ、残酷さ、冷酷さなど、外にいるヤツらより怖いものを感じさせられました。

少しずつ自分もあのスーパーマーケットの中にいるような気分に・・・。


これはラストがどうなってくるんだろうっていう興味がどんどん沸いてきてました。

もしかしたら彼らが霧の中に消えておしまいみたいな感じなのかという楽観的な結末も想像していただけに、あの終わり方には愕然とさせられました。


あのラストの結末って原作とは違うそうですね。
あれはダラボン監督が考えついて、キング氏の了解を得てあぁなったそうです。



で、このキャストですが・・・
主役のデヴィッド・ドレイン役トーマス・ジェーソンは99年の『ディープブルー』で観てるはずなんですが余り印象が無い。
今作では、いかにも良き父親的な感じで、ヒーロー的な要素もあっていいなと思って観てました。
この人、奥さんがパトリシア・アークエットなんだね!

ラストの呆然自失の表情がまた良かった!


ダラボン監督の常連サン、ウィリアム・サドラーがマーケットの技術管理担当・ジム

カーモディ役のマーシャ・ゲイ・ハーデンはこういう半分イッチャッてるような役が上手いです!
私は彼女の作品では『迷子の大人たち』が好きでした。


新任教師・アマンダ役のローリー・ホールデンは今作がはじめてでした。

デヴィッドの息子・ビリーを演じたネイサン・ギャンブル君は『バベル』ブラピとケイト・ブランシェットの息子役でしたね。
この子がねぇ〜不憫でした。
彼、大作ばかり出演するんですね。
最新作はバッドマン・シリーズだそです。


スーパーのレジ係りだったサリーを演じたアレクサ・ダヴァロス、彼女もお初。
この人のお母さんも女優で、ダラボン監督とは友人だそうで。
彼女のお祖父さんは『エデンの東』でJ・ディーンの兄を演じたリチャード・ダヴァロスだそうで。
彼女、キレイなお顔なのに・・・あんな形相で死んじゃうなんてね。


で、すごく頑張って活躍してた副店長のオリー役・トビー・ジョーンズさんが、米良美一に見えて・・・。

彼がナイスプレーをする度に心の中で「よ〜し米良、グッジョブ!」とつぶやいてました。
それなのに、あんなに頑張ったのに最後はモンスターの餌食になるなんて。


「霧は神の裁きだ!」「生贄を!」
徐々に理性を失い人間の本性があらわになる時!
集団心理も手伝って、少数派が追い詰められる!

そしてこの作品が言いたかったもう一つのこと"傲慢になっている人間たち"

どうもこの霧の原因は軍が秘密裏に進めている何かの研究によるもののようでしたね。

住宅地のすぐ側で行われている何かの実験・・・。
住民には知らされることも無く。


大切な息子の命を奪ったデヴィッドがうなだれる横を、冒頭で子供が心配だと言ってスーパーを出て行ったあのベリーショートのご婦人が子供たちと軍の車で救助されていく姿には、なんとも言えない気持ちになりました。

これだと多分、スーパーの人々も助け出されただろうと思うし。


エンドロールの途中で音楽が消えてヘリコプターの音しか聞こえなくなったので、もしかしたら最後に何かあるのかと期待してしまいました。


あぁ〜久しぶりに面白い作品を劇場で観れました!







| 映画 《マ行》 | 16:09 | comments(30) | trackbacks(62) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:09 | - | - | pookmark |
COMMENT
これ面白いんですねぇ★
観に行こうっと★
観てからまたレビュー読まさせてもらいます★
| Mary | 2008/05/11 4:51 PM |
>Maryさんへ
いつもありがとうMaryさん♪
うんうん、これは観て損はないかと。
是非、何も予備知識を入れないで観たほうが衝撃が大きいと思います。
鑑賞されたらまた感想をお聞かせくださいね♪
| なぎさ | 2008/05/11 4:55 PM |
こんばんわ☆彡

TBありがとうございました。

>副店長のオリー役・トビー・ジョーンズさんが、米良美一に見えて・・・。

見える、見える ワハハハハハ (^O^)

いやぁ、この作品は期待以上に良かったというか、
心に痛かった作品でした。
狂信的なオバちゃんのキャラも濃く(笑)
衝撃的なラストでした。
愛する息子の「化け物には殺させないで」という台詞が
哀しく甦る展開は、そこまで?という感じです。

いや、良くも悪くもヤラれちゃいました。
| 耕作 | 2008/05/11 6:13 PM |
TB感謝です。
>ベリーショートのご婦人が子供たちと軍の車で救助されていく姿
気づきませんでした。よかれ、と思って取った行動の結末があれですからね。残酷です。
| xina-shin | 2008/05/11 6:19 PM |
ラストは鬱になりました・・
あんまりだよ〜って。。
でも作品としてはいい出来でした。

4発しか残ってない銃弾も悲しかったけど、
米軍の車に、はじめにでていったお母さんがいたことに大ショックで・・

うまい脚本ですよ。
この監督さんのキングものはハズレがないね。
| アイマック | 2008/05/11 9:42 PM |
なぎささん、こんばんはー!
ありがとうございました。

面白い!これは面白かったですね!
そうなんですよ、自分も凄く米良さんグッジョブ!だったんですけど、あんな事になってしまって…(泣)
まぁでも、あの時助かってても最後は…ですからねぇ。
そういうのもあって、なんとも切ないラストですよね。

…でも、あの最初の奥さんはどうやってヒョウヒョウと生き残れたんでしょうね…?
なんか、シレーッと最後出てきましたけど…(笑)
| Sur | 2008/05/11 9:46 PM |
なぎささん
コメントありがとうです☆

あはは!確かに〜!
誰かに似てるどこかで観たようなって思ったら
米良美一に似てた〜(爆)
この映画、わたしも好きです〜。
| mig | 2008/05/11 11:09 PM |
>耕作さんへ
こんにちは〜耕作さん♪

ねぇ〜似てましたでしょ〜米良さんに!
鑑賞中はずっと心の中であの人は米良さんでしたぁ(笑)

>期待以上に良かったというか、
心に痛かった作品でした。
私もそんなに強い期待を持たずに観たんですが、予測してなかった衝撃を受けました。
傑作と言えるでしょうね。

>愛する息子の「化け物には殺させないで」という台詞
あそこですよね!
あの台詞が最後まで効いてました!
その後に最初に出て行ったご婦人が助かってることが分かったわけですからねぇ。
このラストの結末は、私の"ベストラストシーン"に残る名シーンとなりそうです。
| なぎさ | 2008/05/12 8:10 AM |
>xina−shinさんへ
こちらこそありがとうございます♪
そしてたくさんのTBも頂戴して感謝です!

>よかれ、と思って取った行動の結末があれですからね。残酷です。
あの最後は何とも言えない気持ちにさせられましたねぇ〜。
あのご婦人、デヴィッドの横を、彼を哀れむように通り過ぎて行きました。
いったいどうやって助かったのか分かりませんが、観てるほうはきっと死んでるだろうと思い込んでましたよね。
それだけに驚きでした。


| なぎさ | 2008/05/12 8:15 AM |
>アイマックさんへ
アイマックさん こんにちは〜♪

ほ〜んとダラボン監督の脚本にはしてやられました!!!
あんな最後が用意されてるなんて!

私も鑑賞後までいろいろ考えさせられてしまって・・・まさかのラストはちょっと凹みますよね。
| なぎさ | 2008/05/12 8:18 AM |
>Surさんへ
こんにちは〜Surさん♪

ね!これは面白かったです!
久々のホームランでした。

あの米良さん似の副店長がねぇ〜、まさかあんなに銃の達人だったなんてねぇ(笑)
しかも銃弾が残ってなかったはずなのに・・・どっから持ってきたのかってね。
ちょこちょこ突っ込みたくなる所もありましたけど、そんなことも言わさないくらいのラストでしたよね!

>…でも、あの最初の奥さんはどうやってヒョウヒョウと生き残れたんでしょうね…?
なんか、シレーッと最後出てきましたけど…(笑)
そぉそぉ!ここもね、確かにどうやってっていう疑問は残りますよね。
あと、あの弁護士たちはどうだったのか。
あの火傷を負って瀕死だった彼はその後どうだったかとか・・・。
一番はやはりあのモンスターが、あのスーパー自体は襲わなかったってことですかねぇ。
いろいろ突っ込める所もありつつも、それでも面白い映画でしたよね!!!
| なぎさ | 2008/05/12 8:25 AM |
>migさんへ
こんにちは〜migさん♪

似てましょ〜彼!
観てる間ズーッと私の中では"米良さん"でした(笑)
大活躍だったのに・・・可愛そうにねぇ。

こんな面白い映画になっているとは思ってなかった分、楽しめました!
| なぎさ | 2008/05/12 8:27 AM |
オリーじゃない、米良?!(笑)
『よ〜し米良、グッジョブ!』全くです!

人間の傲慢さを描いているけど、最後の通り過ぎた車に乗っていたおばさんも充分傲慢!だったのにね(涙)
作品としては、平凡なラストにならなくて良かったとは思えるけど、結末は凄くショックでした!複雑...。
| あん | 2008/05/12 9:25 AM |
>あんさんへ
こんにちは〜あんさん♪

でしょ〜なんかねぇ〜あの副店長が米良サンにしか見えなくて(笑)

>通り過ぎた車に乗っていたおばさんも充分傲慢!だったのにね(涙)
そぉそぉ(爆)
見下げるように彼のこと見てたよねぇ。

ありきたりのラストじゃなかったことは想像してなかった閉め方で満足でした。
それでもなんとも後味の悪さは否めないですかねぇ。
| なぎさ | 2008/05/13 8:54 AM |
こんばんは☆
今回の謳い文句はバッチリですね。いつもは騙されてたのでやられました。
観て良かった〜と思える作品ですね。
今年は怪獣ブームかと思ってたら、怪獣よりも怖いのは人間だったとは・・・
しかも絶望のラスト・・・まさかこうくるとは思ってませんでした。

私も密かにオリーを応援してたのに〜悲し。しかし米良さんを出してくるとはこれはこれは(笑)
| ゆかりん | 2008/05/13 10:47 PM |
>ゆかりんさんへ
こんにちは〜ゆかりんさん♪

ほ〜んと!これは大げさじゃない宣伝で、逆に驚かされましたね!
あんなラストが待っていたとは・・・。

>今年は怪獣ブームかと思ってたら、怪獣よりも怖いのは人間だったとは・・・
確かに!
今作のは、先日の『クローバー〜』ともちょっとカブる怪獣でしたね。
それでも人間の怖さは、それを超えてましたねぇ。

オリーさんはねぇ、私も応援してましたよ。
頼れる存在でしたもんね!
しかも米良サン似でしたし(爆)
| なぎさ | 2008/05/14 8:41 AM |
なぎささん、こんにちは。
ごぶさたしています。

いや〜〜この映画、すごかったですね。
化け物も怖いけれど人間もコワイ・・・。
そしてエンディングは絶望的・・・。
まったく救いがない映画ですけれども、感動さえ覚えてしまうのは原作というか脚本がよいからなんでしょうかね。
ワタシの中では上半期ベスト3に入る傑作でございました。

TBさせていただきますね。
| dim | 2008/05/16 10:09 AM |
>dimさんへ
dimさん こんにちは〜♪
こちらこそ、ご無沙汰しております。
お越しくださってありがとうございました!

うんうん、良いですぅ〜この映画!!!

>まったく救いがない映画ですけれども、感動さえ覚えてしまう
わかります!
感動しましたねぇ〜。
この感動はなんとも不思議な感覚のものでしたが。
S・キングもすごいけど、脚本も手がけたダラボン監督もすっごい!

>ワタシの中では上半期ベスト3に入る傑作でございました。
あ!私も!
あの衝撃は忘れられません。
| なぎさ | 2008/05/17 12:31 PM |
レビューアップしたのでTBさせてもらいましたぁ★
マーシャ・ゲイ・ハーデンは、ホント神がかってましたねぇ★
ラストの衝撃度はホントビックリでした★
てか、米良美一とかマジうける((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
確かに似てます!!!!!!!!!
| Mary | 2008/05/18 2:08 AM |
>Maryさんへ
あぁ〜Maryさん 観ましたかぁ〜♪
早速のトラコメありがと〜(シ_ _)シ カンシャ☆

ね、ね!すごかったでしょ〜。

>マーシャ・ゲイ・ハーデンは、ホント神がかってましたねぇ★
この方、こういう役をさせたら右に出る者はいないくらいハマッてます。

>てか、米良美一とかマジうける
ねぇ〜似てたでしょ〜(^0^)ゞ
観てる間、私は彼を"米良"と呼んでましたから(爆)

この映画の衝撃は今も響いてます!
| なぎさ | 2008/05/18 10:50 AM |
なぎささん、こんにちは〜。
いや〜、この記事乗ってますね!
私もトーマス・ジェーンって初めて見たような気がしてましたが、いろいろ出てる俳優さんなんですね。
子役の子は、なんと『バベル』の男の子なんですか! 将来有望やな〜。
しかしあのラストは、キングも「思いつかなかった!」と地団駄踏んで絶賛したらしいですね。
考え付きませんよね〜、フツー。。
ホラーって滅多に観ないんですが、儲けものでした♪
ではでは、また来ます〜。
| 真紅 | 2008/05/23 1:19 PM |
>真紅さんへ
こんにちは〜真紅さん♪

>いや〜、この記事乗ってますね!
でしょ!でしょ!
この作品はかなり気に入りました!!!
さっすがはダラボンさんだけあります♪
あんなラストを突きつけてくるなんてぇ〜。
あれでハッピーエンドにしちゃっちゃ〜ローランド・エメリッヒになっちゃうもんねぇ〜(笑)

あのパパさん、私も今作でインプットしました!
あの男の子は『バベル』のあの子だったみたいです。
彼もインプットしました!

ホラーって鑑賞後も心に残るほどのものってそんなにないような気がするんですけども、これは違っていましたね。

S・キングも地団駄踏むはずですねぇ(笑)
| なぎさ | 2008/05/23 5:22 PM |
こんばんは♪
様々な解釈が出来る映画でしたねぇ。
“絶望”を選択した者には更なる絶望を、“希望”に託した者には“幸運”をというような解釈をしたんですが、それ以外にもいくらでも解釈できるんでしょうねぇ。
| たお | 2008/06/15 1:08 AM |
>たおさんへ
こんにちは〜たおさん♪

>様々な解釈が出来る映画でしたねぇ。
はい、仰るとおり!
こちらの道を選択した主人公たちが辿った運命は、観ている者にも絶望感を与えてしまうほどでした。
あの時、こうしていたら・・・、もしこうなっていれば・・・などと鑑賞後にもいろいろ考えさせられました。
| なぎさ | 2008/06/15 4:56 PM |
こんにちは!
面白かったですね〜
確かにキングとダラボンコンビに外れはないですね!
個人的にあのラストは好きではないですが
予告倒れにならない衝撃は味わえましたね。
B級クリーチャーものと心理サスペンスを
絶妙なさじ加減で融合させていて
見ごたえのある作品でした。
でも,かえすがえすも,あの子が不憫ですわ・・・
天使みたいな顔をしてるから,よけいに・・・。
| なな | 2008/09/22 9:02 PM |
>ななさんへ
こんにちは〜ななさん♪

>でも,かえすがえすも,あの子が不憫ですわ・・・
天使みたいな顔をしてるから,よけいに・・・。

そそ!
あんなラストになるなんてねぇ。
あの男の子、『ダークナイト』でゴードン警部の息子の役もしてましたね。

この上も無く悲惨なラストでしたが、私はこの作品がけっこう気に入りました。
年間ベストに入れようかと。

>予告倒れにならない衝撃は味わえましたね。

ここなんですよねぇ。
最近は予告で煽りすぎって感じもしますよね!

| なぎさ | 2008/09/23 9:24 AM |
お久しぶりです!!

めったに観ないジャンルなのに
気になって借りました!

いや・・怖かったです!

まさか、まさかねぇ〜〜〜と思ったラストは
予想を裏切ってくれ・・と思ったのに
ああ、やっぱり・・・と

そういう意味では見事な作品でした♪
| D | 2008/11/15 9:06 PM |
>Dさんへ
こんにちは〜Dさん♪

ある意味、密室劇のような作品ですよねぇこれ。
限られたスペースの中で巻き起こる人間のエゴと傲慢さ・・・。
そして最後に用意された衝撃の結末!
あれには鑑賞後もしばし尾を引きました!

えぇほんとそういう意味ではお見事な映画ですよね。
| なぎさ | 2008/11/16 11:17 AM |
なぎささん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
今年もヨロシクお願いしますね♪
元旦のDVDはミストでした〜
ラストのやるせなさは、カンタンにハッピーエンドにしてしまう映画に比べて、実に秀逸でしたね。
彼の苦渋の決断は、最後の霧の中を走る車のスローモーションで、よりいっそう引き立てられていたように思います。
私も久しぶりにいい映画に出会ったと思います〜
| ノルウェーまだ〜む | 2009/01/06 12:06 AM |
>ノルウェーまだ〜むさんへ
明けましておめでとうございます♪
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします!

ご覧になられたのですねぇ〜。
でしょ〜、あの衝撃のラストは一筋縄にいかないもどかしさがあって私も脳裏に焼きつきました!

>最後の霧の中を走る車のスローモーションで、よりいっそう引き立てられていたように思います。

でしたね〜。
これは昨年のランキングで3位にしたほど好きな作品です。

今年もまたこういう秀作と出会いたいですね♪


| なぎさ | 2009/01/06 9:10 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/776
TRACKBACK
やっぱりいい映画だなぁ「ショーシャンクの空に」 「生きていくうえで大切なのは希望である」 ということが映画全編を通して伝わってくる...
| 恋心に響く映画&本。 | 2008/05/11 4:23 PM |
どんな怪物よりも人間が怖い! 【Story】 ガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)...
| Memoirs_of_dai | 2008/05/11 6:00 PM |
 奥さんが気持ち悪くなってしまいました・・・・しかし、結末はここまでやらなくても
| eclipse的な独り言 | 2008/05/11 6:09 PM |
原題 THE MIST 上映時間 125分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/05/10 監督 フランク・ダラボン 音楽 マーク・アイシャム 脚本 フランク・ダラボン 原作 スティーヴン・キング(扶桑社刊 『霧』) 出演 トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・
| タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 | 2008/05/11 6:14 PM |
土曜日のナイトショーで『ミスト THE MIST』を観てきました。
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2008/05/11 6:17 PM |
原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン CAST:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他 ある夜窓を突き破...
| Sweet*Days** | 2008/05/11 6:39 PM |
【ミスト】 ★★★★ 試写会(13) 2008/04/30ストーリー のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッド(トーマス・ジェーン)
| りらの感想日記♪ | 2008/05/11 7:25 PM |
スティーブン・キング原作の『ミスト』。 なんだか『サイレント・ヒル』っぽい雰囲気に、「今更か」と思いながらも、とりあえず観てきました。 ★★★★ ローリー・ホールデンも出てるし、まさに『サイレントヒル』の焼き直し? いやいや、ぜんぜん違うんですねぇこれ
| そーれりぽーと | 2008/05/11 8:18 PM |
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン(デヴィッド)    マーシャ・ゲイ・ハーデン(カーモディ)    ローリー・ホールデン(アマンダ・ダンフリー)    アンドレ・ブラウアー(ブレント
| Lovely Cinema | 2008/05/11 8:19 PM |
スティーブン・キングの原作を映画化で、『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボン監督と言う事で話題の映画「ミスト」(M
| Wilderlandwandar | 2008/05/11 8:34 PM |
『キャリー』、『ミザリー』、『シャイニング』、『ペットセメタリー』、、、、 これまで何度も何度も映画化されて来た、スティーブン・キングの小説。 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のキング原作を映画化したフランク・ダラボンが、 キングの原作の3
| 我想一個人映画美的女人blog | 2008/05/11 11:09 PM |
映画「ミスト」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン、ネイサン・ギャンブル、アレクサ・ダヴァロス、ウィリアム・サドラー、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ、
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2008/05/12 5:21 AM |
これから観る人は、まだ読まないでくださいね。 私の中では、非ホラーの『ショーシャンクの空に』は"よっしゃー!!!"的作品であるし、ち...
| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2008/05/12 9:26 AM |
フランク・ダラボン監督作品「ミスト」を見た。
| 経理マンの営業日誌 | 2008/05/12 12:12 PM |
人々が突然町を包み込んだ濃い霧とその中に蠢く不気味な生物たちの恐怖でパニックに陥っていく様を描いたスティーヴン・キングの「霧」を映画化した傑作ホラー。 出演:トーマス・...
| sin-chronicity | 2008/05/13 12:36 AM |
【THE MIST】R-152008/05/10公開(05/13鑑賞)製作国:アメリカ監督・製作・脚本:フランク・ダラボン原作:スティーヴン・キング『霧』出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ “この
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/05/13 10:31 PM |
今回は、映画「ミスト」 激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。デイヴィッドは不安に駆られながら、息子のビ...
| Coffee and Cigarettes | 2008/05/14 11:25 AM |
ノーム、気をつけろっ!外は濃霧だ!
| ネタバレ映画館 | 2008/05/14 6:22 PM |
本作は、『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、≪原作:スティーヴン・キング≫と≪監督:フランク・ダラボン≫が描くパニック・ミステリーだ。なんでも、原作のラストを変えて驚愕のエンディングが用意されているらしい。怖い、、、怖いよぉ〜大判のタ
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/05/15 8:28 AM |
評価★★★★ ラスト15分!衝撃的な映像にしばらく席を立てなかった。
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2008/05/15 1:01 PM |
霧のたちこむも〜りの奥深く♪(ちゃーららららら、ちゃーららららら)、少女を運ぶな〜ぞの老人♪ と歌っていたのは、自称「悪魔」のこの方たち。 (以前もこんな出だしで記事を書いたことがあるような・・・汗) 今回のこの映画もそう!!!「霧」がポイントな
| オバサンは熱しやすく涙もろい | 2008/05/16 10:10 AM |
小さな田舎町に突然発生した謎の霧を巡って描かれたサスペンス映画です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2008/05/16 11:20 AM |
スティーブン・キングの原作を変更、凌駕した大傑作!! 霧(ミスト)の中には“何”が待っていたのか──映画史上かつてない、震撼のラスト15分 お気に入り度★★★★+/5 2008 アメリカ パニック/ヒューマン 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマ
| ☆.。.:*Addict*:.。.☆ Cinema Review | 2008/05/18 2:04 AM |
人気ブログランキングの順位は? この子と約束した 必ず守ると── 霧(ミスト)の中には“何”が待っていたのか── 映画史上かつてない、震撼のラスト15分
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/05/18 2:35 AM |
人間の弱さを残酷にあぶり出すホラー怪作であり、本当の意味での「恐怖と残酷」を描ききった傑作である。キング原作の魅力が満載新たな傑作誕生に興奮! 74年に「キャリー」を発表して以来、30年以上もベストセラー作家として君臨し続けるスティーブン・キング
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2008/05/18 10:07 AM |
 『この子と約束した 必ず守ると── 霧<ミスト>の中には“何”が待っていたのか── 映画史上かつてない、震撼のラスト15分』  コチラの「ミスト」は、スティーブン・キングの原作をフランク・ダラボン監督が「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」に
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/05/18 7:24 PM |
●本日新宿にて鑑賞。スティーブンキングの原作の映画化で、監督はキング作品と相性のいいフランクダラボン。 舞台はアメリカの片田舎。嵐が過ぎ去った翌日、主人公は子供を連れて家の修繕のためにショッピングセンターへ買い出しに向かう。そこへ突然不気味な"
| やっかいな日に限って空は激しく晴れている。 | 2008/05/18 8:39 PM |
毎月、十本弱ぐらいの映画を観ているんですが、なかなか当たりがありません。 「もう映画観るのやめようかな〜」なんてがっかりすることも多いです。しかし止められない。。それは何故か! たまにこの映画のような大傑作映画にぶつかるからです!!! ≪ミスト
| キネマ徒然草 | 2008/05/19 1:55 AM |
ノラネコさんが最高点をつけているのに気がついて、見逃さずにすみました。いやあ、怖かった。    考えさせられた。    楽しみました。監督・製作・脚本:フランク・ダラボン原作:スティーヴン・キング出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ロ
| 再出発日記 | 2008/05/19 12:39 PM |
「ミスト」(2007年製作) 監督:フランク・ダラボン 製作:フランク・ダラボン&リズ・グロッツァー 製作総指揮: リチャード・サパースタイン&ボブ・ワインスタイン&ハーヴェイ・ワインスタイン 原作:スティーヴン・キング「霧」(扶桑社刊「スケルトン・クルー1骸骨
| 豆酢館 | 2008/05/19 5:29 PM |
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
| 20XX年問題 | 2008/05/19 8:30 PM |
映画のはしごをしようかなーと思っていたんだけれど、数日前に崩した体調が完全には戻っていないみたいで1本観たら、異様に疲れてしまったので今日は1本で終了。 フランク・ダラボン監督とスティーブン・キング、3回目のコラボレーションが話題の『ミスト』を観てきま
| cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/05/19 10:06 PM |
5月20日(火) 21:15〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『ミスト』公式サイト スティーヴン・キング原作、フランク・ダラボン監督という「ショーシャンクの空に」「グリーン・マイル」の感動路線のコンビ作品。まあ、
| ダイターンクラッシュ!! | 2008/05/23 2:29 AM |
 THE MIST  湖の畔の家で暮らす画家のデヴィッド(トーマス・ジェーン)は、記録的な嵐の 翌朝、霧が立ち込め始める中を息子と買い物に...
| 真紅のthinkingdays | 2008/05/23 1:07 PM |
 霧の中に潜む化け物より、人間の方が恐ろしいと思いませんか?   「つぐない」、鑑賞後この“ミスト”を観たのですが・・・・・。あまりの衝撃とラストの展開などが頭に焼きつき、忘れられない状態の私です。ということで、これを先に記事することにしました。
| 銅版画制作の日々 | 2008/05/24 12:50 AM |
The Mist (2007年) 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン 突如、霧につつまれた街で何が起きているのかわからぬまま、スーパーに立てこもった人々の恐怖を描くスティーブン・キングの同名小説を映画化
| Movies 1-800 | 2008/05/24 4:40 PM |
☆「ミスト」 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ネイサン・ギャンブル、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ、ウィリアム・サドラー、アレクサ・タバロス、ネイサン・ギャンブル、クリス・
| りんたろうの☆きときと日記☆ | 2008/05/26 3:35 AM |
ミスト 212本目 2008-18 上映時間 2時間5分 監督 ランク・ダラボン 出演 トーマス・ジェーン マーシャ・ゲイ・ハーデン ネイサン・ギャンブル ローリー・ホールデン 会場 吉祥寺バウスシアター 評価 8点(10点満点)  「シャーシャンクの空に」、
| メルブロ | 2008/06/04 11:56 PM |
皆さん、オハヨーゴザイマス♪
| 街のクマさん 炎のダイエット日記 | 2008/06/07 6:15 PM |
監督デビュー作『ショーシャンクの空に』が激絶賛。 いきなりアカデミー賞7部門にノミネートされ、スティーブン・キング作品の非ホラー、感動物担当監督みたいになったフランク・ダラボン。 続く同系統の『グリーンマイル』も予想通りアカデミー賞にノミネート。 本気
| 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記 | 2008/06/12 10:07 PM |
監督 フランク・ダラボン 主演 トーマス・ジェーン 2007年 アメリカ映画 125分 ホラー 採点★★★★ この間まで勤めていた職場に、些細なことでイッパイイッパイになってパニックを起こし、ちょっとした事態を大混乱に陥れる才能に溢れた奴がおりまして。そこまでイレ
| Subterranean サブタレイニアン | 2008/06/15 1:09 AM |
メイン州キャッスルロックは怪奇現象の見本市だ。魔界都市として知られる新宿とは怪異の出現の内容に違いが見られるが、規模の大きさにひけはとらない。万国びっくりショーだよ。
| MESCALINE DRIVE | 2008/06/18 12:05 AM |
霧の恐怖とともに生まれる,救いようのない 絶望と狂気・・・・・。 これは,原作を先に読んでいたので,映画化を楽しみにしていた作品。 あらすじ: ガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)。軍人やパトカーが
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2008/09/22 8:57 PM |
スティーブン・キング原作と聞くと 何故かやっぱり気になる。f(^^;) それにキャッチコピーは 「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」 だそうです。 ほんとか〜?(笑) 激しい嵐が街を襲った翌日、 湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。 デイヴィ
| 映画、言いたい放題! | 2008/09/28 1:01 AM |
52.ミスト■原題:TheMist■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月25日、新宿グランドオデヲン座(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:フランク・ダラボン□原作:スティーヴン・キン
| KINTYRE’SDIARY | 2008/09/30 10:47 PM |
霧の中には”何”が待っていたのか――   ■のどかな田舎町を突如襲った正体不明の”霧”。それが街を包んでいく中、身動きが取れずスーパーマーケットに取り残された人々。その中にはデヴィットと息子ビリーもいた。霧の中には”何か”がいる。次第に明らかになって
| 唐揚げ大好き! | 2008/10/01 4:41 AM |
オフィシャルサイト 2007 アメリカ 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジョーンズ ストーリー:激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた
| SSKS* | 2008/10/02 10:52 PM |
THE MIST 2007年:アメリカ 原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、ウィリアム・サドラー、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、ジェフリー・デマン、フランシス・スターンハーゲン、マーシャ・ゲイ・ハーデン
| mama | 2008/10/24 4:26 PM |
ミスト ¥3,416 Amazon.co.jp アメリカ 2007年 トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ、ウィリアム・サドラー、ジェフリー・デマン、フランシス・スターンハーゲン、アレクサ・
| 映画を観よう | 2008/11/15 9:10 PM |
「ショーシャンクの空に」(1994年)や「グリーンマイル」(99年)で知られる米国フランク・ダラボン監督が同じく米ベストセラー作家スティーブン・キングの小説を映画化したホラー作品「ミスト」(07年、米、125分)。今作では前2作のヒューマン・ドラマと
| シネマ・ワンダーランド | 2008/12/23 10:47 PM |
途中結構怖かったんだけど、最後どうなったんだっけ?というホラーやミステリーはよくある。 これは、途中を忘れても結末は決して忘れない・・・・・そんな映画だ。
| ノルウェー暮らし・イン・ジャパン | 2009/01/05 11:59 PM |
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリー。霧の中に潜む謎の生物に恐怖し、常軌を逸していく人々の姿を描く。混乱する人々をまとめようとする主人公を演じるのは、『パニッシ
| サーカスな日々 | 2009/02/08 6:44 AM |
(2007) 出演 トーマス・ジェーン (デヴィッド・ドレイトン)     マーシャ・ゲイ・ハーデン (ミセス・カーモディ/狂信者)     ローリー・ホールデン (アマンダ・ダンフリー/スーパーで知り合った女性)     アンドレ・ブラウアー
| ベルの映画レビューの部屋 | 2009/02/22 10:45 PM |
昨年末にブロガーの皆さんが、各々発表してた年間ランキングで結構上位にランキングされてたホラー。
| ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2009/02/28 3:28 AM |
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督フランク・ダラボン ネタバレあり
| プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2009/05/08 2:55 PM |
『ミスト』を観ました『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリーです>>『ミスト』関連原題: THEMISTジャンル: ホラー/ミステリー/ドラマ上映時間: 125分製作国: 2007
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/06/19 7:46 AM |
霧(ミスト)の中には“何”が待っていたのか──映画史上かつてない、震撼のラスト15分 
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/08/02 5:55 PM |
霧の中に、、、ギャーッ  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:]【あらすじ】激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。デイヴィッドは不安に駆られながら、息子のビリーを連れ、隣人の弁護士ノートンと街
| じゅずじの旦那 | 2009/09/23 11:23 AM |
★★★☆  映画化しても、はずれのないスティーブン・キング原作のパニックミステリー。なんとなく『クローバーフィールド』のような設定だが、心理的な深みやドンデン返しで、圧倒的にこちらの作品に軍配があがるはず。 ミスト [DVD]販売元:ポニーキャニオン発売日
| ケントのたそがれ劇場 | 2009/10/18 11:51 AM |
「ミスト」 感想 ミスト 霧の中には”何”が待っていたのか 映画史上かつてない、震撼のラスト15分 恐ろしい…。さすがスティーヴン...
| むーびーふぁんたすてぃっく | 2009/11/23 4:39 PM |
あらすじガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)。軍人やパトカーが慌ただしく街を往来し、あっという間に店の外は濃い霧に覆われた・・・。感想映画史上かつてない震撼のラスト15分映画のキャッチコピーだそう
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/12/27 11:38 PM |
お勧め度:★★★★★ 製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 上映時間 : 125分 キャスト・スタッフ - ミスト 監督・製作・脚本 : フランク・ダラボン 原作 : スティーヴン・キング 出演 : トーマス・ジェーン 、 マーシャ・ゲイ
| ドゥル的映画鑑賞ダイアリー | 2010/08/01 1:03 AM |