<< デスパレートな妻たち | Main | 少林少女 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.05.02 Friday author : なぎさ

ラスト・フレンズ 第4話

JUGEMテーマ:日記・一般



CX 木曜日 22時〜

「人がどれくらい孤独かなんて、端から見てるだけじゃわからないよ」


・・・ほんと。


今週も胸にズンズンくる展開だった。


人ってみんなどこか孤独だったりするんだぁ。

映画もドラマでも、登場人物のキャラクターと、それを演じる俳優さんがどのくらいイメージに合ってるかで、ある程度その作品の良し悪しが決まってしまうものだと思う。

そういう意味ではこのドラマ、どの方もほんとハマり役!

かと言って、DV夫を演じる錦戸クンが決してそうだということではありませんが。


コーチの林田(田中哲司)の行為に動揺した瑠可。
彼女は自分を責め続ける・・・。

そんな時に側にいてそっと肩を抱いてあげるタケル。

あのシーンに泣けました。

傷ついた瑠可を励ますというのではなく、そっと側で見守ってあげるタケルの優しが尊いものに感じたからです。


またタケルは、美智留の話にも耳を傾けてあげていました。

彼のような心遣いは何よりの心のメディスンだなぁと思いました。


宗佑も、瑠可も、タケルも、そして美智留も、みんな孤独の中に居るのだと。


このドラマの中で会話されるセリフの一言にも、いろいろ考えさせられます。


世間の人も、みんな普通に生活しているけれど・・・本当は胸の奥にいろいろなものを抱えているんだろうな。


雨の中で一晩、美智留を待った宗佑・・・。
「僕はいつでも美智留を待っているんだ。」


彼もまたいろんなものを抱えて、抱えきれなくなって彷徨っているのかもしれない。


1週間がほんとうに待ち遠しいドラマです。

| TVドラマ | 08:51 | comments(0) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:51 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
「ラスト・フレンズ」第4話は宗佑の暴力に耐えかねた美知留が瑠可の元へ逃げ込み、匿われる事になるが、宗佑への未練は消えず、宗佑は暴力を振るわないから戻れ、と言ってくる。宗佑は瑠可を尾行し、美知留の居場所を突き止めようとするが、瑠可は別の場所へ逃げ込む、
| オールマイティにコメンテート | 2008/05/03 9:58 AM |
「梨をリンゴだと思うようなもんだ」
| 今日感 | 2008/05/03 10:26 AM |
★相手の体に触れるということ  今回は相手の体に触れるシーンが3つ。 ・モトクロスのコーチにキスされた瑠可(上野樹里)。  性同一障害の瑠可としては受け入れられない行為、泣きじゃくる。  タケル(瑛太)は瑠可の隣に座り「肩を抱いていい?」と聞いて肩を抱
| 平成エンタメ研究所 | 2008/05/04 11:09 AM |
美知留の母親を騙して、美知留を連れ出そうとしたり、母親に居所を聞き出してもらおうとしたりと、ストーカー化した宗佑です。
| みょうがの芯 | 2008/05/04 9:52 PM |