<< 猟奇的な彼女 1回戦 | Main | ラスト・フレンズ 第3話 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.04.23 Wednesday author : なぎさ

リトル・ミス・サンシャイン

JUGEMテーマ:映画



2006年12月23日 公開作品
2007年6月1日 DVDリリース


バッテリーが上がっちゃった時も"押しがけ"で!


文句なし! 最高です!

もっと早く観たかった作品でした。
サンダンス映画祭をはじめ多くの国際映画祭で絶賛の嵐だった本作。

そして多くのブロガーさん方の高評価も目にしていました。

いやいやいや、ほんと、これは想像以上に面白くてあったかくて爽やかな作品でした!

皆さんのブログでもよく目にした↑の画像にもある"黄色いフォルクスワーゲンのミニバス"
この車も"出演者"と言っても過言じゃないでしょう♪



まず何と言ってもキャストがたまらなく良いです!!!

「勝ち馬、負け犬」負けることを良しとせず、"負ける"が辞書に無いくらいの教師の父親リチャードにグレッグ・キニア

一家をなんとかまとめようと努力する母親シェリルにトニ・コレット

ヘロインの常習者で老人ホームからも追い出される破天荒なエロ老人役の祖父にはアラン・アーキン

飛行士を夢見る長男はニーチェを崇拝し"だんまり修行"を続けているという変わり者ドウェーンにポール・ダノ

シェリルの兄で失恋から自殺未遂をしたフランクにはスティーヴ・カレル



して、しての女の子!

ビューティークィーンを夢見る少女オリーヴ役のアビゲール・ブレスリンちゃん♪

彼女2002年の『サイン』メル・ギブソンの娘役してた子だったのねぇ〜。

ちょっと小太りで、あれは乱視用のめがねかなぁ〜、度の強い大きなめがねをかけたオリーヴちゃんはとっても印象に残ります。

この作品で第79回アカデミー助演女優賞に、史上4番目の若さでノミネートされたのでしたね!

目標とする女優さんはメリル・ストリープだそうで。
今作以降も着実にキャリアを積んでるみたい。

おじいちゃん役のアラン・アーキンは今作でアカデミー助演男優賞を見事受賞!
これも納得です!



オリーヴのために一家でカリフォルニアへと向かう車中で、このエロジジイga・・・いや、このおじいちゃんが話す"下ネタ"と、それを子供の前だからと止めようとする息子のリチャードとのやり取りが絶妙です!


冒頭での食卓を囲んでの家族のシーンも、いきなりからかなり惹きつけられる会話でした!


スティーヴン・カレルの伯父役には当初、ビル・マーレイロビン・ウィリアムスが候補に上がっていたらしい。

いやぁ〜、B・マーレイじゃなくて正解!!!
R・ウィリアムスもインパクト強すぎてダメだったと思うなぁ〜。
S・カレルってこれまで脇役でチラッと見かける程度でしたが、この方ってコメディアンでもあり、脚本家、プロデューサーもなさるんですねぇ。
今作を観て彼が主演した『40歳の童貞男』という作品も観てみたくなりました!


でね、このフランク伯父さんが何かあると言ってた「私はアメリカで一番の"プルースト学者"だぞ」ってあの"プルースト"ってなんだろうと・・・・。

マルセル・プルースト、フランスの知識人、作家、批評家、そして美食家としても有名だったらしい。
20世紀を代表する小説『失われた時を求めて』の著者
同性愛者としても知られていたようです。
またこれで一つ賢くなりました!

臭覚や味覚から過去の記憶が呼び覚まされる心理現象を"プルースト現象"とも呼ぶそうです。
あぁ〜この匂い・・・小さい頃に嗅いだことがあるなぁ〜とか・・・・
あぁ〜この香り・・・昔付き合ってた彼がつけてたコロンの香りぃ〜・・・・とかってことでしょうか。

母親役のT・コレットの子供の心を尊重する自然なお母さんも良かった♪

そして、この人!
G・キニアは、間違いなく本作が代表作になることでしょう!!!
うんうん、もぉ最後の踊りだしちゃうとこなんか最高でしたぁ〜♪


監督はジョナサン・デイトン&ヴェレリー・ヴァリスのご夫妻


この家族、この旅でぞれぞれが自分の"憑き物"を落として来たみたいな爽快さが。

まだご覧になっておられない方には是非モノでお薦めしまぁ〜す♪
| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 13:25 | comments(12) | trackbacks(14) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 13:25 | - | - | pookmark |
COMMENT
私も観ました!
文句なしに良かったですねぇ。
強烈なキャラクターばかりなのにどの人物も憎めない。そして内容もよくまとまってました。
スティーブ・カレル!!いいですね。わたし、結構好きです。40歳の〜もご覧になってください。嫌味でない笑いの連続ですよ〜。
| J美 | 2008/04/23 4:05 PM |
私の大好きな映画です。映画館に2回も観に行くほど。
アビゲールちゃんはファットスーツ着てるんですよ。
たぶん普通体型なんだと思います。
お兄ちゃんに寄り添って励ますシーンとかもいいですよね。
最後のダンスシーンもおじいちゃんの特訓の成果が出てて泣き笑いしちゃう位サイコーのシーンでした☆
| poli | 2008/04/23 7:09 PM |
こんばんは〜
2007年のベスト1にしたぐらい私も大好きな作品です。個性的な家族が旅を通して一致団結していくところが魅力的でしたよね(^^)
| カヌ | 2008/04/23 10:02 PM |
こんばんは☆
いいお話でしたねー。
アビゲールちゃんがとっても可愛い〜。
家族もそれぞれが個性的で楽しかったですね。

「40歳の童貞男」は観ましたけど面白かったですよ〜とにかく笑えました。
| ゆかりん | 2008/04/23 10:33 PM |
>J美さんへ
J美さん こんにちは〜♪
念願だったこの作品やっと観れて、しかも評判通りとっても素敵なお話しでした!!!

>強烈なキャラクターばかりなのにどの人物も憎めない。
ここなんですよね!
最初、あのお兄ちゃんが喋らないというのがどうなのかと思いましたが、途中で発覚した事実によって彼が話すようになりましたよねぇ。
最初に話さなかったことが終盤に活かされてて結果として良かったです♪
どの人も可愛らしさがありましたものね。

>40歳の〜もご覧になってください。嫌味でない笑いの連続ですよ〜。
こちらもよくお見かけしてる作品だったのですが、今作の彼を観て興味が沸いてきました!
| なぎさ | 2008/04/24 8:09 AM |
>poliさんへ
あぁ〜poliさん 来てくださったのですね!
ありがとう♪
poliさんは今作を2回も劇場で鑑賞されたのねぇ〜。

>アビゲールちゃんはファットスーツ着てるんですよ。
ですよね。
私はてっきり、コンテストに向けてダイエットしていくのかなと思ったのですよ。
でもあのポッコリお腹も可愛かったですね!!!

>お兄ちゃんに寄り添って励ますシーンとかもいいですよね。

あれは良いシーンでしたねぇ〜♪
あえてセリフは無しで、そっとハグする・・・あの演出なんかをみてもこの監督さんご夫婦なかなかセンス良いですよね!

最後のダンスシーンは、ほんと思わず大笑いでした!!!
G・キニアのはっちゃけぶりもツボでしたし(爆)

こういう映画をもっと観たいですねぇ〜☆
| なぎさ | 2008/04/24 8:15 AM |
>カヌさんへ
カヌさん こんにちは〜♪

>2007年のベスト1にしたぐらい私も大好きな作品です。
これは私も去年観ていたらそうしたと思います。
さすが多くの方が絶賛していただけのことはあるなと感心しました。

>個性的な家族が旅を通して一致団結していくところが魅力的でしたよね(^^)
そうなんですよね!
バラバラだった家族がこの旅によって絆が生まれていましたものね。
いやぁ〜、ほんと良い作品を見せてもらいました!


| なぎさ | 2008/04/24 8:20 AM |
>ゆかりんさんへ
ゆかりんさん こんにちは〜♪

何かもの凄いことが起きたわけではないのに、一人一人のちょっとしたエピソードで充分、惹きつけられた作品でしたね!

ところどころに散りばめられた笑いのエッセンスも心地よくて♪

アビゲールちゃんがほんと可愛かったです!
コンテストの子供達、彼女以外は全員がこまっしゃくれたお子様でしたよね(笑)

>「40歳の童貞男」は観ましたけど面白かったですよ〜とにかく笑えました。
これを観て一層、興味が沸いてきました!
ディスカスの予約リストに入れておきましょう♪
| なぎさ | 2008/04/24 8:24 AM |
あっ、まだ、なぎささん、本作、観てなかったのね〜^^

決して、派手さはないけれど、いいのよね〜〜こういう映画って!!♪

テンポも遅からず早からず、役者さんも安心して観ていられる・・・・

本作のレヴュー以外の話題ばっか満載の拙記事、HNに潜ませております〜(笑)

ブレブレ映画にもおじゃましますので、よろしく〜〜〜^^
| viva jiji | 2008/04/25 10:20 AM |
>viva jijiさんへ
こんにちは〜♪

はい、まだだったのですよぉ。

評判が良かったのですごく観たかったんですけどね。

そぉそぉ、何か惹きつけるものありますよね!
家でDVDを観る場合、面白くないものは必ず何かムシャムシャ食べたりする私・・・。
これはジーッと画面に見入りました!
| なぎさ | 2008/04/26 3:52 PM |
こんばんわ!
お久しぶりですぅ〜♪

これ良かったでしょ!?
ボクこれ映画館で観たんだけど、これは良かった!
何だかすごく笑えちゃうだけど、どこかすごく暖かくてね!
最後みんなで踊るシーンは涙が零れました!
アビゲイルちゃん最高ですよねぇ〜♪
| あっしゅ | 2008/04/27 12:02 AM |
>あっしゅさんへ
うわぁ〜あっしゅさんお越しくださってありがとう!
こちらこそご無沙汰しちゃってます♪

うんうん、これ良かったです!

>最後みんなで踊るシーンは涙が零れました!
えぇえぇのシーンは笑えて泣けるシーンでしたねぇ〜♪
これは今年のマイDVD鑑賞部門で多分上位に付けると思いますよ!!!
マイ生涯ベストにも入る勢いです♪
| なぎさ | 2008/04/27 11:56 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/753
TRACKBACK
家族を描き、9歳の女の子が主人公的なのであるが、「PG12」という不思議な作品である。傑作ロードムービーである。ここでは移動の手段である自動車自体が大きな役割を果たしている。このような設定は珍しいのではなかろうか。この映画を見ながら思い出した作品が2
| 映画と出会う・世界が変わる | 2008/04/23 3:45 PM |
夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く リトル・ミス・サンシャイン アリゾナに住む少女オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)は念願の リトル・ミス・サンシャインという美少女コンテスト出場が決まる。 父リチャード(グレッグ・キニア)は独自の成功論で勝
| みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories | 2008/04/23 4:05 PM |
 『夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く』  コチラの「リトル・ミス・サンシャイン」は、12/23公開になった崩壊寸前の"負け組家族"が繰り広げる可笑しくも切ないハートフルなロード・ムービーなのですが、新年早々観てきちゃいました♪今年最初の映画館鑑賞作品な
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/04/23 5:48 PM |
ダメ人間好きなんですよ(^^;  しかもロードムービーなら面白くないわけがない!私がよく映画を観るようになってからだけでも、「サイドウェイ」、「トランスアメリカ」と毎年、ワクワクするような作品に出会えてます。そしてこれも前の2つに負けないぐらい、ダメ
| the borderland  | 2008/04/23 8:06 PM |
【LITTLE MISS SUNSHINE】PG-122006/12/23公開製作国:アメリカ 監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン負け組家族の負け組脱出のお
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/04/23 10:21 PM |
映画DVD 「リトル・ミス・サンシャイン」 LITTLE MISS SUNSHINE         ジョナサン・デイトン / ヴァレリー・ファリス 監督 2006年 アメリカ (ネタバレあり!) 可笑しく、そして泣けました。 ポッコリおなかで子供子どもしたアビゲイルちゃんが
| cocowacoco | 2008/04/24 12:34 AM |
原題:Little Miss Sunshine 夢と希望と、そして目一杯の不幸せと怒りを背負い込んでフォルクスワーゲンのミニバスが行く・・不運に見舞われ続ける彼らに、家族の幸せは訪れるのか アイスクリームが大好きで、お腹がぷっくりな眼鏡っ子のオリーヴ・フーヴァー
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/04/24 12:36 AM |
評判がいいので、今年最初の劇場鑑賞をこの作品に決めた―【story】アリゾナ州郊外に住むフーヴァー家―家長のリチャード(グレック・キニア)は、「勝ち組・負け組」信奉者で、自分で考案した「9ステップ成功論」の持説を振りかざす。息子ドウェーン(ポール・ダノ)は
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/04/24 7:54 AM |
製作年度 2006年 監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演 グレッグ・キニア/トニ・コレット/スティーヴ・カレル/アラン・アーキン/ポール・ダノ/アビゲイル・ブレスリン 小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテス
| to Heart | 2008/04/24 8:20 AM |
クラッチ故障。 クラクション故障。 じいさん故.. リトル・ミス・サンシャインposted with amazlet on 07.06.0320世紀フォックス・ホーム・エンターテ...
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2008/04/26 4:16 PM |
              評価:★9点(満点10点) 2006年 100min 監督:ジョナサン・デイトン ヴァレリー・ファイス 主演:グレッグ・キニア トニ・コレット スティーヴ・カレル 「40歳の童貞男」のスティ
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2008/04/27 12:03 AM |
『リトル・ミス・サンシャイン』を観ました美少女コンテストのクィーンを夢見る少女とその個性的な家族が、黄色いワゴン車に乗ってコンテスト会場を目指す姿を描くロード・ムービーです>>『リトル・ミス・サンシャイン』関連原題:LITTLEMISSSUNSHINEジャンル:ドラマ/
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/06/06 7:46 AM |
未鑑賞のDVDのデータがたまってきたので、自宅鑑賞をちょこっと久々に。 今回やっと観たのは、グレッグ・キニア主演の『リトル・ミス・サンシャイン』。 ******************** 崩壊寸前の“負け組”家族の再生の道のりを皮肉な笑いと感動で綴るハートフル・ロー
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/11/08 12:06 AM |
問題ある人らを抱えたアリゾナ州田舎町に住むフーバー一家が、娘のミスコン参加のため1000?以上も離れたカリフォルニアまでのミニバスによる道中を描いたロード・ムービー「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年、米、100分、ジョナサン・デイトン&バレリ
| シネマ・ワンダーランド | 2008/12/14 11:40 PM |