<< パソコン壊れちゃいまして・・・ | Main | クローバーフィールド/HAKAISHA >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.04.04 Friday author : なぎさ

初雪の恋 ヴァージン・スノー

JUGEMテーマ:映画



2007年5月12日 公開
2007年11月21日 DVDリリース


「おこしやすぅ〜」m(_ _)m


あんまり良い評判を目にしなかった作品でしたので、期待はせず観ました。
・・・期待しなくともやはり拍子抜けでした。

まず思ったのが主人公の七重(宮崎あおい)の言う「おおきに」という言葉。

コレ、言いますぅ?

京都の人でも言わないでしょ〜。

舞妓さんか、年配の商売人くらいしか言わんやろと、そこは強く違和感を持ちました。

ましてやこんな若いお嬢さんが言うわけがない!


こんな感じでこの映画はツッコミどころが満載なんです。
・浅い水面に橋の上から飛び込んだにもかかわらずケガ一つしないミン(イ・ジュンギ
・授業中に抜け出してデートに言ってしまう七重とミン。
・大切な手紙が入ったままお守りを祖母にあげてしまうミン。
・美術館に展示してある自分の作品に、後から絵を付け足してしまう七重。
・しかも美術館に夜、一人で忍び込んで・・・。
・木に結んであるメッセージの紙を、あんなにタイミングよく見つけるなどということは奇跡としか言えない。


韓国と日本の合作ですが監督はハン・サンヒさんという韓国の方なので、韓国色が強い感じがしました。

脚本は伴一彦さんという方。
この方TVドラマの脚本を多く手がけているようです。

撮影が韓国の方かと思いきや、石原興(しげる)さんという方で、この方は『必殺シリーズ』のTVドラマと劇場版でも担当しているんです。
京都を知り尽くした感じの撮影監督ですね。

主演のイ・ジュンギは『王の男』で初めて観ましたが、顔立ちが女形なんですよねぇ。
ちょっとボーイッシュな女の子くらいの。

共演者が面白かったですね!
七重の妹・百合を見た時どっかで観たことあるなぁ〜と。
後で調べたら『それでもボクはやってない』で、痴漢の被害者として出てきた女子高生、柳生みゆチャンでした。

塩谷瞬がまたまた京都の高校生という役柄で・・・。

乙葉が教師で・・・。

自転車でミンと競争する坊主は、『SP』に出てた彼だよね。

精神を病みアルコール依存症の母親に余貴美子さん。
こういう役をさせたら、余さんってやっぱりリアルですよね。



なんと言っても宮崎あおいチャンが可愛い♪

"100日記念"は記念日好きの韓国人が恋人同士でお祝いするアニバーサリーですね。


言葉の通じない恋人同士。
"約束"という言葉だけは韓国でも通じる。

ジンクスの場所"石垣の道"と"初雪デート"
大皿に絵を付ける約束

もぉほとんどファンタジーみたいな世界ですが、夢見るにはちょうどいいかもしれませんね。












| 映画 《ハ行》 | 08:26 | comments(6) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:26 | - | - | pookmark |
COMMENT
この作品は見てないんですけど…
イ・ジュンギの女の子顔に反応してしまいました。

私はユン・ゲサン主演の「バレエ教習所」で初めてイ・ジュンギを見たんですが、そのときはごく普通の男の子でしたよ。
「王の男」以降は女より美しいとか言われてますけど。
でも美しいイ・ジュンギの顔、嫌いじゃないです。
| きなこ | 2008/04/04 9:37 PM |
>きなこさんへ
おはようございます〜きなこさん♪

>ユン・ゲサン主演の「バレエ教習所」
あぁ〜これは観てないですぅ。
というか最近はほとんど韓国映画を観なくなってしまったので。
ユン・ゲサンという人も知らないです。

『王の男』でのジュンギクンはほんとに妖艶で美しかったですねぇ。
えぇほんとに彼は美しすぎるんですね。
だからどぉしてもこういうラブストーリーだと綺麗なお顔がある意味、私には"障害"になるというか・・・。
主人公二人のこの恋にはちょっと第三者的な冷めた目線で観てしまいました。
きなこさん、ジュンギクンの『フライ,ダディ』はどぉでしょうねぇ。
日本版はかなり私好きなんですけどね。
| なぎさ | 2008/04/05 8:44 AM |
こんにちは♪

あおいちゃん本当にかわいかったですね♪
SPにでているあの坊さんは結構いいあじでしたね〜♪
| Nakaji | 2008/04/05 12:43 PM |
>Nakajiさんへ
こんにちは〜Nakajiさん♪

うんうん、かっわいいよねぇ〜あおいチャンて!
でも彼女、奥さんだもんねぇ。

>SPにでているあの坊さんは結構いいあじでしたね〜♪
そぉそぉ!
名前なんていうのかなぁ〜彼。
自転車で競争だけかよと思ったら、いい所でちゃんと出てきましたもんね!
| なぎさ | 2008/04/05 5:01 PM |
なぎささん、いつもおおきに♪(笑)

>もぉほとんどファンタジーみたいな世界ですが、夢見るにはちょうどいいかもしれませんね。
ベタベタで突っ込み所満載ですが、許せてしまいました。
結構この作品の世界観は良いかもしれませんね。

実は宮崎あおいがちょっと苦手なんです。
幼女の面影が残る可愛さが馴染めません。
ただし、本作で少し見直しました。
苦手が克服できるかもです。
| erabu | 2009/02/11 6:23 PM |
>erabuさんへ
erabuさん こちらこそ、いつもおおきにぃ〜☆(爆)

これはやっぱり韓国色が強い感じがしましたね。
だから邦画なら引いてしまうような部分も、なんとか耐えられたような。

>実は宮崎あおいがちょっと苦手なんです。

あぁ〜なんとなくわかりますよ〜erabuさん。
私も、彼女ってルックスと演技にギャップありますよね。
顔は童顔なのに、演技をするとしっかりものみたいな役が多いみたいな。
でも今度公開の『少年メリケンサック』はちょっと楽しみにしているんです。
まだまだいろんな可能性を持った女優さんではありますよね。




| なぎさ | 2009/02/12 8:15 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/739
TRACKBACK
初雪の恋 ヴァージン・スノー’06:日本・韓国 ◆監督:ハン・サンヒ◆出演:イ・ジュンギ 、宮崎あおい 、塩谷瞬 、森田彩華 、柳生みゆ 、乙葉 ◆STORY◆陶芸家で大学教授の父の転勤で、京都の高校に転校してきたミン。ある日、自転車に乗っている時に転んででき
| C'est Joli | 2008/04/05 12:41 PM |
あらすじ陶芸家で大学教授の父の転勤で、京都の高校に転校してきたミン。ある日、自転車に乗っている時に転んでできた傷を神社の巫女さんが手当てしてくれた。その可憐な姿にミンは一目惚れ。彼女が同じ高校に通う七恵だと知ると、父親がくれたナンパ用テキストで日本語
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/08/24 6:14 AM |
監督、ハン=サンヒ。脚本、伴一彦。2006年日本・韓国。ラブ・ストーリー映画。出
| erabu | 2009/02/11 6:10 PM |
□作品オフィシャルサイト 「初雪の恋 ヴァージン・スノー」 □監督 ハン・サンヒ □脚本 伴一彦 □キャスト イ・ジュンギ、宮崎あおい、塩谷瞬、森田彩華、柳生みゆ、乙葉、余貴美子■鑑賞日 7月24日(木)■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)
| 京の昼寝〜♪ | 2009/07/28 8:06 AM |