<< 1月〜3月期 ドラマのまとめ(その1) | Main | 1月〜3月期 ドラマのまとめ(その2) >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.03.26 Wednesday author : なぎさ

靴に恋して

JUGEMテーマ:映画



2002年 スペイン作品


2002年10月2日 日本公開

外反母趾の靴ありますかぁ。


ふぅ〜ん、まぁ、いろいろ考えさせられる作品でした。


マドリッドに住む王子様のいない5人のシンデレラたち。

アニータ(モニカ・セルベラ)
黄色いスニーカーを履く女、知的障害がある、母はアデラ

アデラ(アントニア・サン・ファン) 49歳
偏平足の女、キャバレーのオーナー、夢は小説家、アニータという知的障害の娘がいる

イサベル(アンヘラ・モリーナ) 45歳
小さな靴を履く女、夫は高級官僚、サイズの合わない靴を買いあさる

レイレ(ナイワ・ニムリ) 23歳
盗んだ靴を履く女、高級靴店の店員、靴のデザイナーを夢見る

マリカルメン 43歳
スリッパを履く女、タクシードライバー、10年間休み無く働く


ストーリーよりもまず、アデラ役の俳優さんが・・・・
『オール・アバウト・マイ・マザー』で性転換者の役を演じた人だったのよ。

あの印象が残ってるのと、この人、ルックスがIKKOサン似なんですよねぇ。

なので、どぉ〜しても女性に見えない!

ところが彼女に惚れて店に来る男性がいるんです。

それが、イサベルの旦那レオナルドなわけ!

イサベルというのは痩せていてギスギスした感じで、夫婦仲も冷めてるわけです。

・・・にしてもアデラに走るとは・・・。


そぉなんです、この作品は群像劇になっていて、人物がそれぞれ微妙につながっているという設定。



レイレ役の女優さんがスザンヌにちょっと似た感じでして。

お店から盗んだハイヒールで夜な夜なディスコで踊りまくるというストレス解消をしているわけです。

同棲していた彼のクン(ダニエレ・リオッティ)は、彼女に夢をあきらめるなと言い残し家を出ます。

でも本当の真意は、好きな男性がいたから・・・。

はい、彼って実は同性愛者なんですね。

好きな男性というのがホアキン(エンリケ・アルキデス)と言う人物で、
彼はアニータという知的障害の女性の面倒を看ている看護師。

アニータは7歳児くらいの知能しかないのだが、いつしかホアキンに恋をする。

それを知った母のアデラはホアキンを解雇。


マリカルメンという女性は、夫に先立たれ義理の娘と息子を育てている。

娘のダニエラ(ローラ・ドゥエニャス)は薬物中毒。

好きな人が自分のもとを去り、夢も挫折したレイレが帰ってきたところがマリカルメンの家。
レイレはマリカルメンの前妻の子。


あぁ〜なるほどぉなぁ〜っていう人物の関係がほどけてくると見えてくるものがある。


靴を履き替えるように人生もやり直せたら・・・。

同じように自分に合った靴を捜し求め、人生を大きく変えていくというお話しには『イン・ハーシューズ』がある。

今作も"靴"という共通項を通じて、女性たちの今までの人生と、これからの歩む道を描き出している。

この5人の女性たち、裕福な人もいるけれど、みんなそれぞれ幸せとは言えない現実を抱えている。

監督&脚本はこれが長編デビュー作となったラモン・サラサール

『オール・アバウト〜』もそぉですが、私、スペインの作品て好きですね。
変に飾らないとことこか、胸の奥に秘めた情熱とか。
とにかく女性たちが真っ直ぐだし、チカラ強いし、純真で。

どちらかと言うと昔の日本女性みたいな香りもする。


けっして幸せとは言えない女性たちが、靴を履き替えるようにいつしか自分の生きる道を見出して新たな一歩を踏み出していくというラストが爽快。

シャルル・ジョルダン、グッチ、プラダといったブランドの靴がたっくさん出てくるのも見もの!

あぁぁ〜、ヒールの高いパンプスなんてもぉ何年も履いてないなぁ。
足だけはいまだに成長してるアタシです。。。
今、25cmの靴履いてます。(恥)




| 映画 《カ行》  | 08:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:58 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささ〜ん、こんばんは!これ、タイトルがかわいいので、いつだったか録画して、そして忘れたまま放置状態(笑)だったのですが、観ることにしますね!もっと、ポップでコメディタッチの内容かと思いきや、深いお話なのですね〜。

ところで、「ラブソング」ひょっとしてコメントお気遣いいただき、控えられたのでしょうか??すみません、これものすごく人気のある作品なので、わたし自身も言葉を選んで感想書いたもので・・・人気作について、ネガティブなことを書くのって、かなり勇気が要ります(~~;)

そうそう、味の素のCM、旬くんかっこかわいいですね!気に入ってま〜す!
| jojo | 2008/03/26 9:03 PM |
>JoJoさんへ
こんにちは〜JoJoさん♪
あ!そぉそぉ先日の『ラブソング〜』へのコメントの事ですが・・・。
ぜっんぜん深い意味はないんですぅ〜。
ごめんなさいねぇ(*^□^)人
私も人気作であっても自分が面白くないと感じた作品にはその通りに感想書きますので、その点では何にも問題ないんですよ。
たまたま違う記事の内容が目に留まったのでそこへコメントを入れたというだけですので。
ほんっとお気になさらずに♪
ちなみに『ラブソング〜』は私もイマイチでしたので。

こちらの『靴に恋して』ですが、ちょっと長い作品ですが女性が観るといろいろ考えさせられる物語です。
JoJoさん録画されていらしたら是非ご覧になってみてください。

>もっと、ポップでコメディタッチの内容かと思いきや
ですよねぇ〜。
タイトルから想像するとそんな感じですよね!
群像劇でもあります。

>味の素のCM、旬くんかっこかわいいですね!気に入ってま〜す!
それは、白ご飯に生卵のCMですかぁ。
「うまいっ!」って言ってるあのCMはかわゆしですよねぇ〜♪
「生茶」のCMってJoJoさんご覧になったことありますかぁ。
CMの制作発表は見たんですが、実際のCMは見たことなくて・・・。
最近の旬クンの髪型どぉ思われます?
ストパで前髪を伸ばしてて、後ろはスキッと短くて・・・。
今までの雰囲気とは随分違いますねぇ。
私はちょっと苦手かも。。。



| なぎさ | 2008/03/27 8:16 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/730
TRACKBACK