<< 干支でシネマバトン | Main | 佐々木夫妻の仁義なき戦い 第3話 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.02.02 Saturday author : なぎさ

歓喜の歌

JUGEMテーマ:映画



2008年2月2日 公開

「ギョーザですよ・・・ギョーザ」・・・河北省のじゃないですから。


ああぁ〜ん、これはちょっと惜しいなぁ〜。

心の深い部分がジーンときて、ちょこっと笑えて良かったのですが・・・。


あらすじは
ある地方都市の文化会館に飛ばされた公務員・飯塚主任(小林薫)が、二つのママさんコーラスの名前を間違えて、大晦日のコンサートをダブルブッキングしてしまう。

さぁ〜大変!

どちらかにあきらめてもらうしかない。
ところが、どちらも一歩も譲らない!
ママさんたちは必死だった!

「どぉせオバサンの暇つぶし」くらいに思っていた飯塚は、その対応に追われることになる。


主人公の飯塚は、仕事も性格もテキトー人間。

そのくせ、老人たちのカラオケ教室の時間超過には冷酷に終了させてしまう。

このダブルブッキングも部下(伊藤淳史)に罪をなすりつけるという要領のいい人間。


最初は、どちらかが譲って引き下がると安易に考えていた飯塚だったが
このママさんコーラスのメンバーは、それぞれ家庭や仕事に悩みを抱えながら
ただ"歌いたい"という思いだけで練習を続けてきたのだった。


由紀さおり率いる「みたまレディースコーラス」
こちらには、市長の奥さま(片桐はいり)もメンバーの一員。
"老舗"のママさんコーラスグループ。


一方、安田成美率いるのが「みたま町コーラスガールズ」
ここはまだ結成1年目の新しいグループ。
それぞれがパートなどの仕事を持つママさんコーラスグループなのだ。


で、ね、
私が残念に思ったのは・・・

安田成美扮する五十嵐は最初から双方、一緒に合同でしましょうと提案していたはず。

観客数のキャパなどもあり、それに難色を示したのは由紀さおりのグループ。


ところが、テキトー人間の飯塚がある出来事がきっかけで、コンサート実現に向けて必死になってゆく。

それが・・・"ギョーザに込めた心遣い"だったのですが・・・・

あのギョーザのクダリで、彼自身が公務員という本来、市民に尽くすはずの"公僕"という立場に気づかされたことは分かりました。

それなのにその後、彼が"レディース"の方々をどのように説得したのかが描かれていない。

ちょっと待てと・・・

そこを飛ばしていきなり、"ガールズ"が自分たちのグループと合同でできるかどうかのテストをするという、まるで"レディース"側は上から目線の行動に出ている。

最も重要であるはずの双方への説得が欠けてしまっている。


無事"ガールズ"は合格点となり、"レディース"との合同コンサートにこぎつけたわけですが、あのうやむやな収まり方には納得がいかない。

あともう一点、一晩でホールの改装なんかもできるものかと。

それに主任の指示で始めちゃったし。


まぁそんな納得いかない展開も

映画は6年ぶりとなった安田成美さんが余りにもお綺麗で、かつ可愛いので許しちゃおうと思ってしまいました!!!

三児の母ですよねぇ〜。

こんなにも綺麗で品があって・・・。

マントヒヒ・・・ヒトコブラクダ・・・ダックスフンド・・・ドォーモ

由紀さおりさんと並んだとき、どんだけ顔が小さいかがわかりました!


そして、コーラスと言えば由紀さおり&安田祥子の姉妹デュオ♪

出てましたよぉ〜お姉さんも♪

しかも「トルコ行進曲」を聴かせてくれました!

終盤のママさんコーラスの「歓喜の歌」に思わず感動!!!

私のツボだったのは、ミニスカートと、もんのすごく張り切って歌ってた根岸季衣さん!!!

立川談志師匠とか、リリーフランキーとか、ちょい懐かしい筒井道隆なんかも出てました。

このあたりも監督が松岡錠司さんってこともあるんでしょうね。


原作は、今もっともチケットがとれない落語家と言われる立川志の輔さんの新作落語。

シネカノンの李代表が彼の大ファンで、当代随一のストーリーテラーである志の輔さんの"落語の世界観を映像化したい"という思いから、今作ではエグゼクティブプロデューサーを務めている。

そういう意味では今作ははじめての試みだったと評価したい。


そして主人公・飯塚を演じた小林薫ののらりくらりした演技も必見!

でもラストで、「みんなが飯塚主任にお礼の唄を歌いたい」と言っていたので、そのシーンが最後にあるのかと期待したのですが・・・。

エンドロールでクレイジーケンバンドの歌う「あの鐘を鳴らすのはあなた」も

いいぃ〜ねっ!!!



| 映画 《カ行》  | 15:24 | comments(6) | trackbacks(31) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:24 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!
そうなの、落語を映画化っていう試みは大いに評価したいと思いました!
落語っぽい間の取り方も面白かったです。
でも、やっぱり細部がどうしても気になるっていうか・・・・。
落語だと笑って済まされちゃうところが、映画だとなんかリアル感が無くて・・・。
そんな硬いコトいわずに楽しむべきなのかな〜?
| ミチ | 2008/02/03 11:38 AM |
>ミチさんへ
こちらこそ、ありがとうございます!!!

>落語っぽい間の取り方も面白かったです。
ですよね!
これを今度は本来の落語で聞いてみたいです。
映画を観ながらも、ここは落語的にはどういう表現だったんだろうなんて想像していました。
はい、ほんとに。
落語を映像化したという点では画期的だったかもですね。

>落語だと笑って済まされちゃうところが、映画だとなんかリアル感が無くて・・・。
そぉなんですよね。
なんで急にこういう展開になるんだろぉってちょっとひっかかっちゃいました。
ママさんコーラスでも感動する歌声だったので、全体としてはそれで良かったのかもしれないですね。

| なぎさ | 2008/02/03 2:08 PM |
なんだかギョーザ事件のせいで観客動員数が心配ですね〜
ついつい満点つけてしまいましたが、やっぱり音楽メインの映画は好きでたまらないです。
| kossy | 2008/02/04 9:38 AM |
こんにちは〜

これ面白かったですね!!
笑えて感動して〜本当にこういうの好きです!

確かに、一晩でのあれだけの改装は無理でしょうとか、ハワイ当日キャンセルだと全額キャンセル料かかるじゃないかとかその辺は気になるけど、まあいいんでしょうね。

小林薫さん最高でした〜
| hito | 2008/02/04 3:20 PM |
>kossyさんへ
こんにちは〜♪

ほんっとにねぇ〜。
今、ある意味"タイムリー"な"ギョーザ"がオチですもんねぇ。

主任の娘さんもセリフで言ってましたが
ママさんコーラスと言えども感動しましたね!!!
| なぎさ | 2008/02/05 8:31 AM |
>hitoさんへ
こんにちは〜♪

基が落語だから、やはり笑えるところは数々ありましたよね。
しかも、ママさんコーラスも心に染みました。

そそぉ、塩見さん扮するリフォーム業者さんの慰安旅行が気になりました。
ハワイ旅行をキャンセルって・・・。

まぁねぇ、そこんとこは目をつむるしかなさそうですね。

でも、ほんわかと良かったです!!!
| なぎさ | 2008/02/05 8:36 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/693
TRACKBACK
大晦日のママさんコーラスグループのコンサートがダブルブックされていた・・・と言うシチュエーションを描いたドタバタ劇の映画化。元々は、立川志の輔の新作落語。落語は、その時代時代の風刺や庶民の生活を描いたものなのですが、こう言う現代の市民生活も落語になる
| 勝手に映画評 | 2008/02/02 4:39 PM |
落語家・立川志の輔さんの傑作落語「歓喜の歌」の映画化。 なんだか、近頃、落語がブームですね。 12月30・31日の2日間のあたふたをギュッ...
| 映画館で観ましょ♪ | 2008/02/02 5:41 PM |
歯間掃除をする野嵜好美。もしかしてそれは凧紐ですか?
| ネタバレ映画館 | 2008/02/03 8:04 AM |
先日落語をきいたばかりで、今度は落語が原作の映画。 これも何かの縁。 原作は立川志の輔さんの新作落語「歓喜の歌」 これはどんな落語なのか想像もつきませんが、無責任な主人公が 心にスイッチが入るきっかけが、「ギヨーザ」。 中国産毒入りギョーザで世
| 徒然なるサムディ | 2008/02/03 9:13 AM |
これぞ落語の醍醐味! 【Story】 文化会館で働く飯塚主任(小林薫)は、似た名前の2つのコーラスグループを聞き違え、大晦日のコンサートホ...
| Memoirs_of_dai | 2008/02/03 9:50 AM |
  ☆公式サイト☆人気落語家、立川志の輔の同名落語を、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司監督が映画化したヒューマンドラマ。大晦日の市民ホールを舞台に、紛らわしい名前のママさんコーラスグループをダブルブッキングしてしまったことから起
| きららのきらきら生活 | 2008/02/03 11:33 AM |
試写会にて「歓喜の歌」 立川志の輔の同名落語を、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司監督が映画化。 おはなし:文化会館で働く飯塚主任(小林薫)は、似た名前の2つのコーラスグループを聞き違え大晦日のコンサートホールをダブルブッキングし
| ミチの雑記帳 | 2008/02/03 11:35 AM |
-----これって、ベートーベンの「第九」のこと? 「うん。『第九』って日本では いつしか大晦日恒例の行事になったよね。 1984年には大阪で『一万人の第九』コンサートが開かれ、 その頃から、参加者がグッと増えたみたい。 歌の内容としても、新しい年を迎えるのにふさ
| ラムの大通り | 2008/02/04 10:44 AM |
監督:松岡錠司 出演:小林薫、伊藤敦史、安田成美、由紀さおり、浅田美代子 「ある地方都市、市の文化会館のに大晦日予約されていたコーラスは飯塚主任のミスでダブルブッキングだった。話し合いの場を設けるがどちらも譲らない。平行線が続く中、もうどうとでもな
| 日々のつぶやき | 2008/02/04 3:21 PM |
シネトレのスタッフよりも、映画を熱く語れる方、大募集です。 いつも映画情報+試写会プレゼント『シネトレ』をご覧いただき、ありがとうございます。 『シネトレ』公認!映画ブロガーを募集します。 応募に関する条件は、 その1:『シネトレ』のスタッフ
| 映画情報なら「シネトレ」…リニューアル期間限定ブログ | 2008/02/04 8:10 PM |
神田神保町に足を運んでおきながら書店に立ち寄らないとは、自分でも信じられない。その日は書店には見向きもせずに一ツ橋ホールに急いだ。開映に間に合わないかもしれない。 試写会に当選したのだ。 「歓喜の歌」を観た。 みたま町文化会館に赴任して9ヶ月。主任職
| MESCALINE DRIVE | 2008/02/04 11:58 PM |
町の文化会館に勤める飯塚は、明日の大晦日のコンサートに、まぎらわしい名前のママさ
| 映画細胞〜CinemaCell | 2008/02/05 8:43 AM |
地元富山県出身の落語家、立川志の輔の同名新作落語を映画化した『歓喜の歌』を観てきた。上映終了後には、立川志の輔をはじめ、監督の松岡錠司、主演の小林薫による舞台挨拶も。 ...
| POCKET BASE | 2008/02/05 10:09 PM |
どうすりゃいいの?・・・この一大事!ごく普通の人達が起こす、ささやかな日常の奇跡__。忘れかけた真心を歌にのせて贈る、ハートフルな音楽コメディーが誕生! 暮れも押し迫った12月30日。小さな町を揺るがす大事件は1本の電話から始まった。「明日のコンサート
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2008/02/05 11:21 PM |
「歓喜の歌」は12月30日とあるみたま町を舞台に文化会館のコンサート予約でブッキングした女性コーラスグループ2組と不手際を犯した文化会館の支配人が大晦日までに繰り広げられるドタバタ振りとコンサートまでを描いたストーリーである。内容は不手際から始まった奇跡
| オールマイティにコメンテート | 2008/02/05 11:46 PM |
原作=立川志の輔・新作落語「歓喜の歌」。脚本・監督=松岡錠司。音楽=岩代太郎。現代風人情噺+群集劇+タイムリミット劇+音楽劇=「歓喜の歌」☆☆☆☆
| ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre! | 2008/02/06 1:03 PM |
{/kaeru_en4/}チンチン電車の中でコンサートが開けるの、知ってるか。 {/hiyo_en2/}うそ! {/kaeru_en4/}都電を借り切ってコンサートを開くことができるんだって。「歓喜の歌」の連中も、それくらい頭の柔らかさがあれば、大騒ぎにはならなかったかもしれないのにな。
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2008/02/06 9:14 PM |
人気落語家、立川志の輔の同名落語を実写版映画化した作品です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2008/02/08 10:39 AM |
邦画って独特のスピードがあって、所謂本作品のようなコミカル物っていうのは、独特な中にもテンポが全てであり、逆にそのテンポを失ってしまうと色々と突っ込みたいところが沢山出てきてしまう。最近わかったのだが、その独特のスピードって筆者が勝手に思い込んでいる
| 利用価値のない日々の雑学 | 2008/02/10 5:11 PM |
今日は以前から一度行ってみたいと思っていた三宮のOSシネマズミント神戸へ出かけました。お目当ては15:30からの『チーム・バチスタの栄光』。ところが、14:30に着いたものの、全席売り切れ&#63909;。 ということで、JR新快速で一駅の神戸駅へ移動。シネカノン
| 健康への長い道 | 2008/02/11 11:57 PM |
人気ブログランキングの順位は? 大晦日のダブルブッキング発覚!! 誠意って何ですか? 真心って何ですか? どうすりゃいいの? この一大事。 きっとあなたの心にあかりを灯す、笑いと涙の音楽喜劇
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/02/13 12:01 AM |
 日本  コメディ&音楽&ドラマ  監督:松岡錠司  出演:小林薫      安田成美      伊藤淳史      由紀さおり 【物語】 小さな地方都市、みたま町。町営のみたま文化会館に勤める飯塚主任はや る気ゼロの無責任公務員。年も押し迫った12月30
| 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2008/02/23 11:48 PM |
予告の「餃子ですよ、餃子」という台詞が気になって観に行ってきました。 原作は立川
| はらやんの映画徒然草 | 2008/02/24 8:14 PM |
 ブログ仲間BIGLOBE平主任ブログさんのお名前は飯塚さん。しかも主任さんです。飯塚主任と言えばこの映画、歓喜の歌です。なんてったてこの映画の主人公は飯塚主任なんですから。  と言うわけで、どんな映画かも知らずに、主人公の名前だけで観に行くことに決めまし
| よしなしごと | 2008/03/02 3:44 PM |
□作品オフィシャルサイト 「歓喜の歌」□監督・脚本 松岡錠司 □原作 立川志の輔 □キャスト 小林薫、伊藤淳史、由紀さおり、浅田美代子、安田成美、藤田弓子、田中哲司、根岸季衣、光石研、筒井道隆、笹野高史、塩見三省、渡辺美佐子、斎藤洋介、片桐はいり、でん
| 京の昼寝〜♪ | 2008/03/06 9:27 PM |
喜びの 歌に出てほし いろいろの  原作は立川志の輔の創作落語。とある小さな地方都市の公民館。大晦日コンサートでダブル・ブッキングしてしまった2組のママさんコーラス・グループ。 「ダブルブッキングって響きは楽しいですけど大変なことですよ。3分クッ
| 空想俳人日記 | 2008/03/13 10:48 PM |
映画[ 歓喜の歌 ]を渋谷CQNで鑑賞。 立川志の輔の同名創作落語が原作。余談ですが志の輔って額の横ジワに、目じりの感じが、ウチのオトンくりそつで、そしてこれまた余談ですが、志の輔の声って、伊集院光とこれまたくりそつ。だからといって、オトンと伊集院は似
| アロハ坊主の日がな一日 | 2008/03/30 8:52 PM |
「歓喜の歌」立川志の輔の創作落語を映画化。 監督・脚本:松岡錠司 原作:立川志の輔 製作:李鳳宇ほか 出演:小林薫、安田成美、伊藤淳史、由紀さおり、浅田美代子、藤田弓子、   田中哲司、根岸季衣、光石研、、筒井道隆、笹野高史 制作データ:2007/シ
| たーくん'sシネマカフェ | 2008/04/04 2:19 AM |
あらすじ町の文化会館に勤める飯塚主任は、半年前に市役所から飛ばされてきた典型的なダメ公務員だ。年も押し迫った12月30日の朝、飯塚主任は1本の電話を受ける。それは大晦日の夜に予定している「みたまコーラスガールズ」のコンサート予約確認の電話だった。その横で
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/01/04 8:42 PM |
歓喜の歌 町の文化会館のホール 大晦日の利用予約が 2つのコーラスグループでダブルブッキング。 双方が譲らず、開催日が迫る... 【個人評...
| 『映画な日々』 cinema-days | 2009/03/17 2:33 AM |
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・松岡錠司 ネタバレあり
| プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2009/04/06 3:45 PM |