<< ラストプレゼント | Main | キサラギ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008.01.06 Sunday author : なぎさ

フランシスコの2人の息子

JUGEMテーマ:映画



2007年3月17日 公開のブラジル作品


"ステージ父ちゃん"と息子のサクセスストーリー


これね、良いです!!!


現在、ブラジルで最も人気のある兄弟デュオ、ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノ。

彼らはブラジルの片田舎の貧しい家庭の七人兄弟として生また。

父のフランシスコは歌が大好きで、二人の息子をミュージシャンにするために、大事な家畜を売って楽器を買い息子たちに与えた。

町の人はそんな彼を「クレイジーボーイ」と呼んでいた。

実話を基に、この兄弟がどのようにしてトップアーティストになったかを描いた本作。

ブラジルでは知らない人がいないほど有名な歌手らしい。
CDの総売り上げは2000万枚を越えるという。


はじめは父親に半ば強制的に歌わされている状態だったこの兄弟が、しだいに歌を楽しむようになる。

それには数々の苦難の道があったわけですが。

まず、子役の兄弟は300組以上のオーディションで選ばれたようです。

長男のミロズマル(後のゼゼ・ヂ・カマルゴ)を演じた子がですねぇ

ずっと観てると誰かに似てるなと。

誰かなぁ。。。誰やろぉ。。。

あ〜ぁ、分かった!!!

チュートの徳井クン"ヨギータ"のネタしてる時にそっくりやぁぁぁぁぁ♪


すぐ下の弟・エミヴァルとカントリーデュオを組んで、貧しい家庭のためにバスターミナルで歌を歌い始めます。

そこでミランダというエージェントにスカウトされた二人は、このおっさんと三人で地方巡業へと出かけるんです。


弟はしぶしぶお兄ちゃんに付いて行ったという感じでした・・・。


まだ幼い兄弟デュオは各地で反響を呼ぶのですが、ある時、悲劇が起こります。


彼らが辿った人生をありのままに描かれていて、そこがとても良かったと思います。

そして、この兄弟の、この両親の、強い"絆"を感じられる、そんな作品でした。


ラストに、本物の彼らが出てます。

超満席の会場、ステージには彼らの両親の姿も・・・。

息子たちを歌手に・・・という父親の思いを誰よりも支えたのは、このお母さんでした。


ステージ上で熱唱する息子たちの横でいとおしく見つめる母の姿。

いやぁ〜、良いです!この映画!!!




| 映画 《ハ行》 | 17:15 | comments(6) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 17:15 | - | - | pookmark |
COMMENT
ブラジル映画!なぎささんの守備範囲は広いですね〜。
観てみたいんですけど、私の住んでいる地域では公開されるかどうか…(苦笑)

ブラジル映画といえば「セントラルステーション」を思い出します。
もう10年くらい前の作品なんでうろ覚えなんですが、人の善意や愛を信じられなくなった初老の女性が、ひょんなことで知り合った少年と旅をすることになり、その中で人と人がつながることの温かさを思い出す…という内容でした。
もしまだご覧になっていなければぜひ。レンタルもでていると思います(たぶん)。

↑なぎささんとは趣味が合いそうなのでオススメしました。とくに「ラスト・プレゼント」がダメでチェ・スジョンが好きってところ(爆)。
| おおねこ | 2008/01/10 11:50 PM |
>おおねこさんへ
いつもありがとうございますぅm(_ _)mカンシャ♪

こちらの作品はDVDでレンタルされてますよ〜。
私も劇場で観れずDVDで鑑賞しました。
おおねこさんも是非☆

>ブラジル映画といえば「セントラルステーション」を思い出します。
あぁ〜この作品!!!
私はまだ未鑑賞ですが、この『フランシスコの〜』を監督した方が、インタヴューで応えておられました。
リアリティーを出すために、そういう過酷な環境で育った子を使ったんですってねぇ。
だから『フランシスコの〜』で出てきた子役の子も、モデルになった歌手と同じようにお父さんがステージ父ちゃんだったらしいです。
なのでそちらも興味が湧きます!

>「ラスト・プレゼント」がダメでチェ・スジョンが好きってところ(爆)。
おおねこさん!ほんとですねぇ〜♪
きっと同じ感性なんですよねっq(´▽^*)ノ


| なぎさ | 2008/01/11 9:00 AM |
いやあ、拾いもんって感じの映画でした。
>チュートの徳井クンが"ヨギータ"のネタしてる時にそっくりやぁぁぁぁぁ♪
あっはっは!
実はわたしこの記事読んでどんなんやぁ?とこの作品見たくなったのですよ。
子役の子達が可愛くって歌もうまくって最高でしたね。
ですからわたしは青春第2部みたいなところは正直つまんなかったです。
なんか昔のアイドル映画のノリで・・・(笑
でもお父ちゃんがコインかき集めてからはまたどど〜んと感動してしまったんですけど。
バスターミナルでのフルコーラスが一番胸に沁みました!

| しゅぺる&こぼる | 2008/01/28 9:57 PM |
>しゅぺる&こぼるさんへ
うわぁ〜、なんだか私のこんな無責任な記事で観てくださったなんてぇぇぇぇぇ!!!
ありがとございますぅ(ノ_ _)ノ

この男の子を観てて率直に思ったんですよ。
ヨギータかなって。

この子役たちの演技と歌が最高でしたよね!
かなりの人数から選ばれただけありますよねぇ。

>バスターミナルでのフルコーラスが一番胸に沁みました!
ほんと!
これって昔の演歌歌手の売り出しみたいですよね。
ダンボール箱の上で歌ったとかってよく聞きますけど、彼らの原点もこのバスターミナルから始まったのですよね。
| なぎさ | 2008/01/29 9:01 AM |
こんにちは〜♪
残暑がまだまだ厳しいですが、やっぱり秋ですね。
PCが壊れて長いことお邪魔できずにいたのですけど、うおぉ〜〜、ぷいぷいにご出演されたのですか!!
見たかったです〜〜っ 
しかもお母様、お嬢さんとご一緒に♪
実に惜しいことをしました。
PCは常に動くようにしとかなくちゃ・・
ところで、この映画、やっと見ることができたのですが、もう、すごーく良かったです。
素直にダイレクトに大きなもの、やっぱり家族の太い太い絆ですよねぇ・・にどかんと感動してしまいました。
>徳井クンが"ヨギータ"のネタしてる時にそっくりやぁぁぁぁぁ♪
ぶはははは。ほんまやぁぁぁ(喜)
音楽にも詞にもすっかりやられました。
父の愛はもちろんですが、やっぱり大地ような宇宙のような大きな大きな母の愛が一番凄かったです。
| 武田 | 2008/09/06 11:10 AM |
>武田さんへ
こんにちは〜武田さん♪

残暑厳しいですねぇ〜。
またこの間からクーラーがフル回転しちゃってます!
それでももぉ秋の虫の音が聞こえてきます♪

>PCが壊れて
そうだったんですかぁ〜。
PCが壊れるっていうのは、私も最も恐れる事態です!!!
だって毎日の生活でPCが無い生活が想像できないくらい依存しちゃってますから・・・(笑)
もぉすっかりPCはお元気なんですね!

そうなんですよぉ〜つい先日「ぷいぷい」に出してもらいまして。

>やっぱり家族の太い太い絆ですよねぇ
ですよね!
日本では崩れかけてる家族の強い絆をしみじみと見せてもらえましたね。

ヨギータ・・・出てましたよね!

>大地ような宇宙のような大きな大きな母の愛が一番凄かったです。
そう!やはり母の愛には勝てないですよね!



| なぎさ | 2008/09/07 10:37 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/667
TRACKBACK
 『父がくれた音楽が 僕らの夢の始まりだった──』  コチラの「フランシスコの2人の息子」は、熱き魂の国ブラジルでNo.1ミュージシャンとして絶大な人気を誇る兄弟デュオ、ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノの人生を映画化したヒューマン・ドラマです。  彼らの
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/01/06 9:41 PM |
チチローでも、さくらパパでもそうだもんな、親がやらせないとダメなんだよなぁ...って思い知らされた。 フランシスコの2人の息子posted with ama...
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2008/01/08 6:14 PM |
ギャガ・コミュニケーションズ フランシスコの2人の息子 いやあ、これはよかったです! ってなぎささんと同じ感想になってしまいますわ。(笑) すごくストレートで直球、しかも剛速球な感動物語に 素直に心打ち震えました! これは実話を元に作られた
| 愛情いっぱい!家族ブロ! | 2008/01/28 10:06 PM |
フランシスコの2人の息子     公式HP    詳細@yahoo映画 昨日、WOWOWで放送してたこの作品がすごく良かったので忘れないうちにレビュー 製作国はブラジルで、実はアカデミー賞外国語映画賞のブラジル代表作品に選出されてた そんな事知らずにあま
| ミーガと映画と… -Have a good movie- | 2008/04/13 1:10 AM |
原題:2 Filhos de Francisco - A Historia de Zeze di Camargo & Luciano 泣く子も黙るビッグなスター、ブラジルは国民的兄弟デュオのゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノの成功の軌跡、辛い日々に透き通る天使の歌声が交錯する・・ 歌手になる夢をあきらめ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/04/19 12:08 PM |
光り輝くブラジルの大地。 貧しいながらも音楽のある豊かな暮らしに寄り添い暮らす大家族。 父フランシスコの電話用コインが2人の成功を導いて・・。 実在する人気デュオの半生を家族の視点で描いた感動ドラマ。 『フランシスコの2人の息子』 2 FILHOS DE
| シネマな時間に考察を。 | 2010/04/03 7:27 PM |