<< アイ・アム・レジェンド | Main | 毛皮のエロス 〜ダイアン・アーバス幻想のポートレイト >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.12.19 Wednesday author : なぎさ

サーフズ・アップ

JUGEMテーマ:映画




観てまいりました♪

もちろん、小栗旬クンの吹き替えで・・・(人^▽^*)


今年は3月に、同じくペンギンを主人公にした『ハッピー・フィート』も観ましたのでねぇ、正直、もぉペンギンはいいかなとも思ったんですがね。

それでも小栗クンの声が聞きたかったし(((,,・3・,,)))♪

アチラは皇帝ペンギンでしたけれど
こちらの主人公コディというのは"イワトビペンギン"なんです。
ほら、頭に黄色い羽みたいなのが付いてるペンギンさんね。


で、今作のペンギンはサーフィンするわけなんです。
ちなみにタイトルの"サーフズ・アップ"とは、「サーフィンしょうぜ!」という意味になるようです。


巨額を注いで作られたCGは、言うまでもなく絶品でした!!!
"ビッグ・ウェーブ"や、"チューブ・ライド"と呼ばれる波のトンネルなど
観ている側が、実際に波に乗っているかのような爽快さを味わえます。



ただ、どぉ〜でしょ〜ねぇ、こうしたCGアニメーションはすでに数多く作られているわけで、映像の素晴らしさとか、高度な技術といったものは、観る前からある程度分かってしまっている感がありますよね。

贅沢な話しですが、もぉ見慣れてしまってるというか・・・。


んじゃぁ〜、そうなると、やっぱり要はストーリーなわけです。


今作は、伝説のサーファー"ビッグZ"(ジー)に憧れる若きサーファーのコディが
最強の相手に戦いを挑むことで自らが成長し
また、それまでの自分の価値観を変えていくというもの。



ここからは"ネタばれ"になってしまいますが・・・・・・

まず始まりが、"若きサーファーのコディをTVクルーが取材する"という設定になっています。

その取材がどこまでなのか途中で曖昧に。

すでに取材が終っているのかと思いきや、まだ続いてる・・・みたいな。


で、そのコディが敬愛する伝説のサーファー"ビッグZ"のことも、すでに冒頭で出てきます。
コディがまだ幼い時に、彼から貰った貝のペンダント。
その出会いが彼を大きく変えていきました。



ところが、この"ビッグZ"が"タンク"という性悪サーファーとの試合中に行方不明に。


すでにビッグZの姿は冒頭で出てきているので、その後に現れる"ギーク"というのが"ビッグZ"だと最初から想像がついてしまいました。



しかも!あんなに尊敬していた憧れの本人に出会ったコディなのに・・・
体形が変わり果ててしまって、サーフィンとは無縁の生活をする彼の姿を見てもショックを受けないのはなぜでしょ。


実は、ギークことビッグZは、タンクとの勝負で負けそうになり、波とともに姿を消したのでした。

"困難に立ち向かうことが大切"だとコディに伝えたビッグZだったはずが、こんなに真逆の行動を取っていたとは。


しかしながら、そのことでビッグZはサーフィンに対する気持ちが一変したのだと思われます。

サーフィンは"勝つ"ことよりも、"楽しむ"ことだと。

大会に出て勝つことだけに必死になっている若いコディ。

本当のサーフィンの意味を知っている老サーファー。


幼くして父親を亡くしたコディにとってギークは、師匠であり父のような存在。



ライフガードの"ラニー"との恋。

"チキン・ジョー"との友情。


ストーリー的には、う〜んこんなものかなぁといったところ。



さて、さて、今作は小栗クンが主人公コディの吹き替えということなので、半分以上はそれだけで観に行ったわけですれども・・・

いやいや、良いですよぉ小栗クン♪

ホント、ホント、声が良い♪


え?贔屓目で聞くからですかねぇ?
いやぁ公平に聞いても良いんじゃないでしょうか。ヾ(〃'ワ'〃)ネェ

アフレコは一人で収録したそうですが、他のキャラクターとの絡みも良かったですし。

字幕版では『トランスフォーマー』シャイア・ラブーフ君がコディ役だったんですね。

ラニ役の山田優ちゃん
ギーク役のマイク眞木も、まぁ良かったと思います。

ただ、コディのお母さんエドナ役が清水ミチコだったんですが、モノマネがあんなに上手い彼女なのに、声優としては声がイマイチだと思いましたねぇ。


小栗クンと優ちゃんは、来年『ボンビーメン』の連ドラでも共演!!!

それから明年、小栗クンは『花男』が映画化されて
6月28日(土)公開っす!!!



うひゃ〜来年も小栗クンから目が離せなぁ〜い(ノ◇^*)ノ゛









| 映画 《サ行》 | 15:19 | comments(10) | trackbacks(19) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:19 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささま、こんにちは〜。
うんうん、小栗くんって贔屓目じゃなくても声がいいし、演技も巧いですよね♪
作品自体は微妙・・だけど、観終わったら結構満足しておりましたわ。
『ボンビーメン』楽しみですね〜。映画も!
来年早々は『キサラギ』だし〜♪
またお話しましょうね〜、ではでは!
| 真紅 | 2007/12/19 11:16 PM |
TBどうもです!
わたし、小栗旬君には思いいれ、ないんすけど・・・
声、よかったと思いますよ。
かなり普通に若者言葉でしたね。
でもテンポもよかったし、ギーグとのかけあいなんか面白かった。
ギーグが誰の声だかさっぱりわかんなかったです(汗)
こどもたちはチキン・ジョーがお気に入りでしたね。
あいつ一番強い!って(^^)
| しゅぺる&こぼる | 2007/12/20 7:23 AM |
>真紅さんへ
おはようございますぅ〜真紅さん♪

やっぱりね!
ちょい低めの声、良いよねd(^▽`)ゞ
お話しじたいは、あまり感動しなかったのが残念でした。
同じペンギンものの『ハッピーフィート』のほうが良かったかなと。

連ドラ初主演ということらしいので『ボンビーメン』は楽しみですよね!
『キサラギ』は購入して観たいとおもっているんですがねぇ。
実は『花男』もまともに見たことないので、今から予習が必要です(ノ〜`;)ノ
| なぎさ | 2007/12/20 8:33 AM |
>しゅぺる&こぼるさんへ
こちらこそ、ありがとうございましたm(_ _)m

>声、よかったと思いますよ。
ですよね!
最近、俳優さんなどの吹き替えが増えてますが、中にはイメージと合わなくて観ていられない方もいますが、小栗クンは良かったですよね!!!
(ってちょっと強引ですかね・笑)

>かなり普通に若者言葉でしたね。
基のセリフに英語独特の"You Know"などの言葉が多く出てくるようなんです。
これって日本語では言い難いですよね。
英語版もかなり若者言葉なんでしょうね。

>ギーグが誰の声だかさっぱりわかんなかったです
あ〜、しゅぺる&こぼるさんはお若いんですよ。
マイク眞木なんて"過去の人"知らないですよね。
「バラが咲いた」なんてヒット曲も出した事ある"一発屋"とか・・・
前田びばりさんと結婚してたとか・・・
息子が眞木蔵人っていうのは分かりますかぁ。
きっとこのお仕事も、サーフィンということで起用されたんでしょうね!

>こどもたちはチキン・ジョーがお気に入りでしたね。
もぉあれは"お約束キャラ"ですよねぇ。
ブロイラーみたいなカラダなのに強かったね。
あと、山寺宏一さんが声してたキャラクターって、"ラッコ"だったんだね。
分かりませんでした。。。アタシ(恥)



| なぎさ | 2007/12/20 8:46 AM |
こんにちは〜

小栗旬くん良かったですよね〜♪

ストーリーはかなりベタベタですけど、でも楽しめました!
子供たちが多く、全体的にはガラガラしていたので和やかな雰囲気でよかったですよ。

あのドキュメント風は微妙でしたね。特に子供には解り難かったんじゃないかな〜と思います・・
| hito | 2007/12/20 5:37 PM |
なぎささ〜ん、こんばんは!そりゃもう、本作の一番の見所は小栗くんの吹き替えですよね!!

でも、これはやっぱり劇場観賞パスかな〜このペンギン、あんまりかわいくないし(笑)でも、なぎささんの楽しい記事を拝読してると観たくなっちゃうよ〜(迷)

小栗くんの声って素敵ですよね!わたしも大好きなんですが、ものっすごく藤原竜也さん(←大好き)に似てませんか!?話し方も!尊敬してる俳優と聞いたのですが、そのせいかな?「花男」も映画化!?今はとりあえず「ボンビー」楽しみです!
| JoJo | 2007/12/21 1:01 AM |
>hitoさんへ
hitoさん おはようございま〜す♪

うんうん、良かったぁ〜ヨカッタァ〜小栗クンの吹き替え!!!

>ストーリーはかなりベタベタですけど
でしたよねぇ。
お子様向けなのかもしれないけれど、この手のCGアニメって"友情"とか"勇気"とか"家族愛"とか、もぉこのあたりのことばっかりですよね。
代わり映えしないのが残念です。

>特に子供には解り難かったんじゃないかな〜と
私もそぉ思いました。
冒頭の"つかみ"としては面白い始め方かなぁとも思ったんですが・・・。
コディがシバレルタウンを出た時点で終ったのかと思いましたし。

映像では波の質感と、サーフィンを疑似体験できたことはポイント高かったです!!!
あとは・・・もちろん小栗クンの声でしたぁ((〃"◇"〃))
| なぎさ | 2007/12/21 8:29 AM |
>JoJoさんへ
JoJoさぁ〜ん おっはよぉ(ノ'◇^)ノ

はい!もぉそこが目当てだったので大満足でしたよぉ〜♪

>このペンギン、あんまりかわいくないし
まぁねぇ〜確かに・・・。
『ハッピーフィート』のペンギンちゃんと比べたら、断然あっちのほうが可愛かったです。
でも画像で観るよりも、"動くコディ"はカワユスでしたよd(´ー゜)

>ものっすごく藤原竜也さん(←大好き)に似てませんか!?話し方も!尊敬してる俳優と聞いたのですが
ほんとですねぇ、意識してなかったですが、声の低さとか似てますねぇ。
なるほど、尊敬してる俳優さんなんだぁ。
『スキヤキ〜』の共演で香川照之さんのことも憧れてるって聞きました。
でも小栗クンには、彼しか出せない"色"で、彼しか咲かせられない"花"を見せて欲しいなって思いますね。

『花男』は、全く興味がなくって観てなかったんですよぉ。
もぉどちらかと言うと斜に構えて「ナニが"花男"だよ」くらいに思ってた人だったんで(ノ▽\;)
そんなわけで今から"予習"が必要です。。。
「ボンビー」の第1話のあらすじを見たんですが、旬クン扮する"一美"はかなりのお人好しなのねぇ。
金融業者から人のために多額の借金抱えてるような・・・。
山田優ちゃんは"買い物依存症"の金融レディだそうです。
ほんと楽しみですね!!!

| なぎさ | 2007/12/21 8:43 AM |
私も吹き替え版の方で観ました〜。
今回声を担当された方々みんな上手でしたよねー。
私は好青年ってな先入観で観てしまったので、コディのぞんざいな口のきき方にむっとしちゃったシーンがあったのー。
でもコディはいいヤツだったよね。
ギークはすばらしいペンギンだったな。
| AnneMarie | 2007/12/23 10:42 AM |
>AnneMarieさんへ
吹き替え版で観られたのですね!

コディのセリフが、もともとアメリカの若者言葉で書かれてあったんでしょうね。
ちょっと生意気なコディでしたが、まぁカワイイヤツという印象が残りました。

>ギークはすばらしいペンギンだったな。
落ちぶれた彼を生き返らせたのもコディだったわけですが、ギークの海に対する愛情を感じましたよね♪
| なぎさ | 2007/12/23 5:32 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/654
TRACKBACK
ピクサーでもドリームワークスでもないSPEアニメ。
| ネタバレ映画館 | 2007/12/19 7:54 PM |
 SURF'S UP  南極育ちのペンギン・コディが、サーフィン・ワールドカップに出場するため故郷 を離れ、ペングー・アイランドへやってくる。森で隠遁生活を送る伝説のサーファー...
| 真紅のthinkingdays | 2007/12/19 11:11 PM |
近年映画界で人気の動物キャラといえばペンギン。本作ではサーフィンに挑戦する。物語はいたってシンプルで、ペンギンだけにキャラの善悪が白黒ハッキリしている。目を見張るのはCGによる高度な水の表現だ。サーフィンの臨場感は素晴らしく、チューブの先にチラリと見
| 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2007/12/19 11:18 PM |
2007年。Sony."SURF'S UP". アッシュ・ブラノン&クリス・バック監督・脚本。  『サーフズ・アップ』といえば、ビーチ・ボーイズの隠れた名作として知られていたアルバムだったが、その『サーフズ・アップ』からの曲が使われているわけではなく、
| 映画の感想文日記 | 2007/12/19 11:40 PM |
サーフィンしようぜっ!! 日本語吹き替え版で早くも見てきました。 こちらはソニー・ピクチャーズが贈るCGアニメ第二弾! 「オープン・シーズン」では山が舞台でしたが、今度は海! ペンギンが主役ってところは 「ハッピー・フィート」と
| 愛情いっぱい!家族ブロ! | 2007/12/20 7:29 AM |
「サーフズ・アップ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優/日本語版声優):コディ(シャイア・ラブーフ/小栗旬)、タンク(ディードリック・ベーダー/楠大典)、チキン・ジョー(ジョン・ヘダー/佐藤せつじ)、レジー(ジェーム
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/12/20 9:33 AM |
 サーフズ・アップが今日から封切り{/hikari_blue/} やっぱサーファーとしては、キチッと押さえとかなあかんでしょ{/goo/}  って言うわけで、朝一番の上映に行った。 しかし、周りを見渡しても、サーファーらしき人は一人もいない・・・{/kaeru_alone/} 親子連れか、
| 労組書記長社労士のブログ | 2007/12/20 4:22 PM |
「伝説のサーファー『ビックZ』に声をかけてもらい、ビックZペンダントをもらって以来彼に憧れるコディ。伝統あるサーフィンワールドカップに出場できることになったコディは家族と離れペングー・アイランドへ。ビックZのライバルだった『タンク』に挑むことになった
| 日々のつぶやき | 2007/12/20 5:31 PM |
映画「サーフズ・アップ」に関するトラックバックを募集しています。
| 映画専用トラックバックセンター | 2007/12/20 11:20 PM |
■邦題:サーフズ・アップ ■原題:SURF'S UP ■上映時間:85分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:アドベンチャー、コメディ、ファミリー ■配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ■提供:コロンビア・ピクチャーズ ■公開:2007/12/15 ■劇場:T
| しょうちゃんの映画ブログ | 2007/12/20 11:32 PM |
サーフズ・アップ オリジナルサウンドトラックソニー・ミュージックジャパンインターナショナルこのアイテムの詳細を見る なかなかご機嫌なサウンドトラックアルバムです&#63893; アップテンポ&#63898;な曲が中心で、とにかくo(^-^)o ワクワクな気分にさせ
| 大阪のおっちゃん(←おっちゃんなのか!?) ビール片手にうろうろと・・・ | 2007/12/21 9:24 AM |
☆「サーフズ・アップ」 監督:アッシュ・ブラノン/クリス・バック 声の出演:シャイア・ラブーフ、ジェフ・ブリッジス、ジェームズ・ウッズ、ズーイー・デシャネル、ジョン・ヘダー 南極に住むイワトビペンギンのコディは、子供の頃に見た今は亡き伝説のサーファー
| りんたろうの☆きときと日記☆ | 2007/12/22 4:09 PM |
親子試写会にて鑑賞。 小ネタがちりばめられていて、楽しい映画です。ちょっとシュールすぎないか?という字幕もあるけど、それは大人向けの小ネタなのかな? 私はコディのお父さんの写真のあとにでる字幕で笑っちゃったんですが。 痛々しいネタがやけに多い(特にチ
| まぁず、なにやってんだか | 2007/12/23 12:11 AM |
自分でやったことはないけれど、サーフィンの映画って大好き。 「サーフズ・アップ」を観たよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:小栗旬、マイク真木、山田優、清水ミチコ 上映時間:85分  コディ(シャイア・ラブーフ・小栗旬)は幼いころに見た伝説のビ
| 映画でココロの筋トレ | 2007/12/23 10:27 AM |
サーフィンは楽しむスポーツだ!
| 八ちゃんの日常空間 | 2008/01/01 11:31 PM |
15日に放送開始の小栗旬初主演の新ドラマ、貧乏男子ボンビーメンのネタバレ映像を早くも入手。製作関係者からの流出映像のため、普段では見ることの出来ない小栗旬くんの稽古風景まで鐔ワ愁鐔ァD競譽映像のため、期間限定です
| 小栗旬主演!貧乏男子ネタバレ映像!(動画あり) | 2008/01/09 5:53 PM |
サーフズ・アップ体感しろっ!究極のサーフィン・バトル!!イワトビペンギンのコディは、子供の頃に見た伝説のサーファー“ビッグZ”に憧れ、サーフィンに情熱を注いでいた。ある日、プロモーターの目に留まり新人サーファーとしてワールドカップに出場する事に。しか
| A・B・CINEMA | 2008/08/26 5:28 PM |
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督アッシュ・ブラノン、クリス・バック ネタバレあり
| プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2009/04/14 2:32 PM |
あらすじイワトビペンギンのコディは、子供の頃に見た伝説のサーファー“ビッグZ”に憧れ、サーフィンに情熱を注いでいた。ある日プロモーターの目に留まり、新人サーファーとしてワールドカップに出場することに・・・。感想小栗旬&山田優ラブラブドキュメンタリー映
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/05/28 12:27 AM |