<< 2008年公開の気になる作品 パート2 | Main | えいがでとーじょー! たまごっち ドキドキ!うちゅーのまいごっち!? >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.12.12 Wednesday author : なぎさ

マリと子犬の物語

JUGEMテーマ:映画




犬は「3日飼ったら恩を忘れない」と言いますなぁ。


"今日はお見舞いに来てくれてありがとう・・・"

・・・・・・・んっぐぅぅぅ(−゛゛−)

「マリ死んじゃうよぉ・・・死ぬのいやだよぉ」

・・・・・・・ぐがぁぁぁ(つへ`。)ゞ

「マァ〜リィィィィ!!!」

・・・・・・・どぉぐぁぁ〜*△#□※&$。゜゜(;´□`;)゜:。


もぉもぉもぉ、いちいち涙出ますねんコレ(ノ_;)

隣の主婦二人連れ
始まる前はあんなに笑ってたのに、かんなり鼻水すすってましたわぁ(´ム`)


子供&動物という題材からして、涙腺ゆるむ最強ストーリ−であることは違いないわけですが・・・
これが実話に基づいているということ
自然災害による悲劇であるということ
この前提があるので涙腺が決壊せざるを得ません。


とにかく主演の彩を演じた子役の佐々木麻緒ちゃん

その演技たるや!!! も、この子、女優ですね 完全に!

セリフを言う時の目に計算が無いもん!!!

将来が怖いほどの「役者やのぉ〜」という感じです (ノ||*_ _)ノ マイッタ!


その上を行くのが今作の本当の主役マリです!

っていうか犬自身もそうですが、それを調教してるドッグトレーナーさんも偉いなと。
『南極物語』『子ぎつねヘレン』なども手がけた宮忠臣さん。

この方↑

このマリを演じたのは"イチ"という柴犬
柴犬や秋田犬などの日本犬は番犬として飼われることが多いので、不特定の人にはなつかず、こういった撮影には不向きとされているようです。

ベテランの宮さんでさえ最初は、"瓦礫の山を掘る"とか"子犬をくわえる"などという演技が柴犬にできるわけがないと言っていたらしい。

4〜5ヶ月のトレーニングを積み試行錯誤しながら、"奇跡"のシーンのために粘り強く長時間撮影したのだそうだ。

家屋の下敷きになったじいちゃんと彩を助けようとマリが瓦礫を掘るシーン。
あの時、なんとマリは板をくわえていましたね。
あれは宮さんも予測しなかった"名演技"だったとか。


脚の悪いじいちゃんのために棒を探していた時
ちょうど手ごろな棒をくわえて来たマリを褒めた彩に、マリが首を傾げるシーン。
あれは宮さん曰く「あることをすると首を傾げる」らしいのですが、それは"企業秘密"らしいです。


も、途中からマリが人間に見えたほど。
あの目は、もはや犬じゃないですわ。


彩のお兄ちゃん役の少年、広田亮平クンもなかなか素晴らしい演技をしてました!

また、父親役は船越栄一郎さん。
良いですねぇ船越さん!
このお父さんが愛情溢れていてとっても素敵なんです!

お母さんがいないんですよねぇこの一家には・・・。
お母さんの妹・冴子に松本明子
最後のシーンでお父さんが言った「家族で山古志に帰ろう!」というのは
彼女も一緒に・・・二人はそういうことだったのねぇ。


山古志村村長(小野武彦)さんって、現在は衆議院議員になった長島さん。
その後、山古志村は長岡市と合併したので、この村長さんが山古志村の最後の村長さんとなったわけですね。

自衛隊員の高嶋政伸
ん〜、なんか"ザ・自衛隊"って感じでしたねぇ。



そして、じいちゃん役の宇津井健さん。
いぃ〜ですねぇ〜♪

監督はテレビトラマなどを手がける猪股隆一さん。


あの恐ろしい地震のシーンを観ると、自分も体験した阪神淡路大震災を思い起こしてしまいました。
その震災を題材にした昨年11月26日付けの『ありがとう』という作品に、その時の気持ちを綴っています。


地元の方々が全面協力したという本作。
エキストラとしてたくさんの方が参加されたようですね。


実物のマリの写真がエンドロールの最後に出ます。
実物は、ほっそりした"お顔"でした。

あっそぉそぉエンディング曲平原綾香の♪今、風の中で♪も良かったです。

劇中の音楽はあの久石譲さんですし!


さて、本物のマリちゃんですが・・・
実際は、地震のあったあの日の朝に子犬を産んだのだそうです。

あの写真が掲載されたのが2004年11月8日。

本物の飼い主の五十嵐さんがヘリで迎えに行ったのは11月10日
16日間、マリは一人(一匹)で、孤立した村で子犬を育てていた。

その後、子犬たちはそれぞれの飼い主に引き取られ・・・。

今年12月中旬には、五十嵐さんの新居が山古志村に完成予定だそうです。

そぉ言えば、俳優の田中健がTV番組の「田舎に泊まろう」で震災前に山古志村で民泊しましたね。
その後、仮設住宅へも行ったりして地元の方と交流していたのを思い出しました。


棚田の田園風景がのどかで、錦鯉や闘牛などが有名な村。

今作のオープニングで、それらがすぐに分かるように兄妹がする"しりとり"で始まって、"しりとり"で終る演出も良かったと思います。


山古志村をはじめ、中越地震で被災された皆様
同じ地震の被災を受けた者として、来年も元気に頑張っていきましょう!!!


心温まる良い作品でした♪









| 映画 《マ行》 | 14:34 | comments(14) | trackbacks(30) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:34 | - | - | pookmark |
COMMENT
お久しぶりです♪
あちらの方もすっかりご無沙汰ですわ。
我が家でも犬2匹飼っていますんで動物ものはわが身を切り裂かれんばかり・・・。
でも観て見ようかなぁ
南極物語も辛かったしなぁ・・
いくら芸もできない馬鹿犬といえど、もう家族ですからねぇ。
| toto | 2007/12/12 5:29 PM |
>totoさんへ
うおぉぉぉぉぉ〜っ!!!
totoさぁ〜ん ご無沙汰してまっすヾ(→O←)ゞ
お元気でしたかぁ。
私もねアチラのほうは、コミュのコメントを覗くくらいで、日記はサボってます(ノ▽`;)

>動物ものはわが身を切り裂かれんばかり・・・。
分かりますぅ。
私もね過去に3回、室内犬を飼ったことがあるんです。
それぞれ亡くなった時は、地球の最後っていうくらい泣きました。
totoさんも、きっとこれを観たらタオルが必要なほど泣けると思いますよ〜。
このマリという犬が健気なんですもん。

>もう家族ですからねぇ。
そぉですよねぇ〜。
犬ではなく"家族"として接してますよね!
子役の子の熱演とともに、マリと子犬たちの"名演技"をぜひご覧になってみてください。
またいつでも気軽にコメントくださいねぇ(ノ^ー^)ノ゛
| なぎさ | 2007/12/13 8:25 AM |
こんにちは〜
いい映画でしたね!!
子役も犬も本当に巧くて、表情を見るだけで何度も何度も泣きました〜

ベタですけど、こういうのは温かくていいですよね♪
| hito | 2007/12/14 10:19 AM |
>hitoさんへ
こんにちはヾ(^▽^)ノ゛
これはもぉ「泣かせの王道」かもしれないけれど、そこがまた良いんですよねぇ♪
私もね、想像以上に泣けちゃったです。
子供にも安心して見せられる内容でしたね!
ストレートで良かったと思いました。
| なぎさ | 2007/12/15 9:12 AM |
TB お邪魔します。

私も おんなじ感想です〜
もう ことごとく 泣きました…

マリ(本当に演技がうまくて名犬!)、震災、宇津井健さん、と日本人なら泣かずにはいられない〜って感じですね☆ TB御願いいたします。
| スノーパンダ | 2007/12/15 9:57 PM |
>スノーパンダさんへ
TB&コメありがとうございますm(_ _)m

これはねぇ〜、観る前から泣けるだろうと、泣かせるだろうと分かっていても泣けましたね!!!

動物と子役には、どんな名優も敵わないと言いますが、そのどちらもが素晴らしい演技をしてましたからねぇ。
| なぎさ | 2007/12/16 4:16 PM |
凄い良さそうな映画ですね!
もう上映はされてませんよね〜?
我が家にもDVDデッキが来たので、DVDを借りて観ようかな〜。母が韓国映画を観まくってましたが、私はまだ一度も使った事がない〜。
うちも犬飼ってるし、こんなの観たら号泣しちゃいそうですv・。・V
| 荒井 覚子 | 2007/12/19 3:36 PM |
>覚ちゃんへ
覚ちゃん、これまだまだ上映してるよ〜♪
結構、上映回数も多いし。
そぉそぉ、覚ちゃんもワンちゃん飼ってるよねぇ。
ウチも飼ってたことあったし、犬は好きだしで、絶対泣ける映画となっております!!!
それに子役の女の子が恐ろしいほどの演技力です!
ベタベタな泣かせ王道作品なのでDVDで観たほうが家で思い切り泣けるかもしれないねぇ。
アタシなんか、化粧が剥げるほど泣いてしまって帰り恥ずかしかったっす(ノ◇`;)ゞイヤホント
| なぎさ | 2007/12/19 4:31 PM |
ごぶさたしております!

これ、予告で見てなきました!
絶対泣く・・こういうのは泣く・・
ということで、劇場で観る勇気がなかった私です(汗)

ちなみに主役の子
実写版ホタルの墓の女の子ですよね!
あのときでもスゴイ子役だぁ〜と思ったのですが、予告でさらにパワーアップしていると感じました!ほんとスゴイですよね・・・
| D | 2007/12/26 12:14 AM |
>Dさんへ
おはようございます〜♪
いつもDさんちへは立ち寄らせてもらってますが、"読み逃げ"でごめんなさいねm(_ _)m

今作は、泣けますよぉ〜。
予告は劇場で何回も見せられたんですが、それでも本編を観ると泣けました。
なんかもぉ、ず〜っと泣かされてたような気がします。

>実写版ホタルの墓の女の子ですよね!
みたいでねぇ。
私はそのドラマ観てないのですが、『火蛍の墓』はアニメで何回も観てその都度、泣きますから、あの子が演じたらもっと泣けるでしょうね〜。
いやぁほっんとスゴイ"女優"さんです!!!
| なぎさ | 2007/12/26 8:33 AM |
これ、私も超ー泣きました!!!!!!!!
マリは名演技ですねっっ!!!!マジで★
佐々木麻緒チャンは、実写版ホタルの墓を観たときから、スゲー!!!と思ってたんですけど、やっぱりスゴイですねっっ★
しかも、この子役の2人は、涙そうそうでも共演してるんですよねぇ★あの映画も涙がとまらなかったです★
この2人は
| addictm | 2007/12/26 8:54 PM |
>addictmさんへ
でしょ!でしょ!
これは泣くよねぇ〜絶対、泣かされる!
あのワンちゃんほっんと"名優"だったよね。

そしてあの子役の子。
>この子役の2人は、涙そうそうでも共演してるんですよねぇ
あ〜っ、そぉだったの!!!
そっかぁ、そう言われたらそうでした。
私ね、『涙そうそう』では、この子達のシーンにはホロッとしたんですが、それ以外はなんか冷めてしまって・・・。
あの時の義理の兄妹がそうだったんだぁ。
| なぎさ | 2007/12/27 8:20 AM |
こんばんは、TBお邪魔します
とにかく泣けました。犬よりも子役の女の子に泣かされましたね。
泣けば良い映画ということはありませんが、熱い血が燃え上がるような感動の涙でした。
単純といわれても、この映画を貶したくありませんね。
ただ高嶋さんの走り方は失格です。
| ケント | 2008/01/05 6:35 PM |
>ケントさんへ
こんにちは〜♪
やっぱりこれねぇ、泣けますよね!!!
そぉそぉ、あの子役の女の子・・・かなりの"ザ・女優"でしたよねぇ。

私ね、これ、思わず昨年のベスト5に入れちゃいました!

>ただ高嶋さんの走り方は失格です。
ヾ(〃▽〃)ツ キャッキャッ ほんと、ほんと!!!
あれ、なんだったんでしょうねぇ。
観た人、全員思ってるでしょうね。

| なぎさ | 2008/01/06 4:20 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/651
TRACKBACK
犬小屋は頑丈に作りましょう。
| Akira's VOICE | 2007/12/12 2:39 PM |
映画「マリと子犬の物語」を観ました!!2007年の27作目です。感動する作品でした!!
| 馬球1964 | 2007/12/12 4:10 PM |
瓦礫の中でただ一人 息が苦しい 眼が眩む 公式サイト 2004年に起こった中越地震により壊滅した山古志村を題材に描かれた、桑原眞二&大野一興による絵本『山古志村のマリと三匹の子犬』を原作とした作品。原作では老人と犬の物語だったが、子供と犬の物語へと改変さ
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2007/12/12 6:16 PM |
中越地震時に起きた感動の実話を映画化。 山古志村に住む石川家は、役場職員である優一(船越英一郎)、 長男・亮太(広田亮平)、長女・彩(佐々木麻緒)、祖父・優造(宇津井健)の 4人家族。 地震によって倒壊した家の下敷きになってしまう彩と優造を愛犬のマリが
| happy♪ happy♪♪ | 2007/12/13 9:32 AM |
新潟県中越地震で大きな被害を受けた山古志村で、3匹の子犬と共に生き抜いた母犬マリの物語は実話がベースだ。地震の恐怖と被災後の困難な生活、何かを守ることの大切さを訴える。動物たちの愛らしさと子役の演技の上手さはハンパじゃなく、「南極物語」in山古志村の展
| 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2007/12/13 11:28 AM |
    娘達にせがまれたので、久々にシアターで映画を観た。「マリと子犬の物語」。 何の下調べもしていなかった私は、この映画はかつての「キタキツネ物語」のような動物ふれあい映画なのだろうと、勝手に想像していた。だが、あにはからんや、新潟県中越地震を題材
| 獅子丸のモノローグ | 2007/12/13 6:06 PM |
監督:猪股隆一 出演:船越英一郎、松本明子、高嶋政伸、広田亮平、佐々木麻緒、宇津井健 「母を病気でなくした兄亮太と妹彩は、父と祖父と新潟県山古志村で元気に暮らしていた。ある日捨て犬を見つけどうしても飼いたい彩だが父親は大の犬嫌い。でも、ひとりぼっち
| 日々のつぶやき | 2007/12/14 10:17 AM |
マリと子犬の物語を見てきました。以下、あらすじというか、ネタバレ注意。新潟県山古志村に代々暮らす石川家は役場職員である優一、息子の亮太、妹の彩、そして頑固な祖父・優造の四人家族。亮太と彩の母親の幸子は既に亡くなっていたが、長岡で美容院を営む幸子の妹・
| MAGI☆の日記 | 2007/12/14 6:41 PM |
本日公開「マリと子犬の物語」 一足先に 試写会で 見に行ってきました。 750人 入る試写会場(ニッショーホール)が 満員・・・ 舞台挨拶もないのに こんなに 混んでいる試写会は 珍しい・・・ そして、そして 推定 730人 は泣きましたね〜 あち
| 二子玉川 de ぼちぼち絵日記 | 2007/12/15 9:58 PM |
インコ、米、メダカ・・・米とはっきり言わないものだから、“肥溜め”かと思ってしまった・・・
| ネタバレ映画館 | 2007/12/15 11:30 PM |
映画「マリと子犬の物語」を鑑賞して来ました♪
| FREE TIME | 2007/12/16 12:30 AM |
「マリと子犬の物語」は2004年10月23日に発生した新潟中越地震で全壊した山古志村の家族が飼っていた一匹の母親犬と3匹の子犬の生きた実話を題材にしたストーリーである。地元新潟での出来事であり、忘れられない大地震だったけれど、その中でも数多くの奇跡が
| オールマイティにコメンテート | 2007/12/16 1:53 AM |
**************************** 新潟県・山古志村に住む石川家は、役場職員で在る優一(船越英一郎氏)、長男・亮太(広田亮平君)、長女・彩(佐々木麻緒ちゃん)、祖父・優造(宇津井健氏)の4人家族。一家の愛犬・マリに3匹の子犬が生
| ば○こう○ちの納得いかないコーナー | 2007/12/17 1:03 AM |
人気ブログランキングの順位は? これは、実話から生まれた、いのちの物語。 誰もいない村で生き抜いた、犬の親子の奇跡の16日間。 守りたい── ただ、それだけだった。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/12/17 6:58 PM |
思うツボ 嵌る醍醐味 開く心   父親役の船越英一郎演じる石川優一と私は同じだ。何が同じって、そう、犬が好きじゃない。犬を飼うなら猫を飼う。して、かつて猫を飼った経験がある。犬はない。お犬を連れての散歩の方々が多いが、すれ違うとき、その犬の大きさ
| 空想俳人日記 | 2007/12/18 9:24 PM |
□作品オフィシャルサイト 「マリと子犬の物語」□監督 猪股隆一□脚本 山田耕太、清本由紀、高橋亜子  □原作 桑原眞二、大野一興 (「山古志村のマリと三匹の子犬」文藝春秋刊)□キャスト 広田亮平、佐々木麻緒、船越英一郎、宇津井健、松本明子、
| 京の昼寝〜♪ | 2007/12/21 12:14 PM |
【 マリと子犬の物語 】2002007年12月8日(土)公開 監督  :  猪股隆一 出...
| MoonDreamWorks★Fc2 | 2007/12/23 1:48 PM |
今年も沢山の映画を映画館で見たけど、前から気になってた映画を見ることが出来まし
| KOHの青赤な日々 | 2007/12/24 12:57 AM |
今日、ジストシネマで「マリと子犬の物語」を見ました。 内容は新潟の山古志村に住んでいる村役所の家族がいまして、その娘さんがひょんなことから子犬を拾い、やがてその子犬が大きくなって子供をもうけて幸せな家庭をすごしていたところで大地震が起こって、家が全壊
| かなやす日記 | 2007/12/26 5:01 PM |
 2008年1本目はマリと子犬の物語を観てきました。子供向け(と言うか、子供にも見てもらいたい映画)なのでしょうか、レイトショーがないので会社が始まると見に行けないので、なんとしても正月休みに観なければ。。。
| よしなしごと | 2008/01/04 7:18 PM |
★★★★  涙には悲しくて流す冷たい涙と、嬉しくて流す熱い涙がある。僕は身近な人が死んで流すだけの、悲しい涙を誘うような作品は好きではない。 だが辛く悲しく冷たい涙を、燃えるような熱い涙に変えてゆくような作品は大好きである。本作はそんな熱い涙で、汚れ
| ケントのたそがれ劇場 | 2008/01/05 6:34 PM |
このお話は泣けるでぇ掲載されていたサンデーを立ち読みして泣きコミックでも号泣しました。動物ものは感動しますよね。実家に犬がいるのでよけいに。私の所も田舎だし大きい地震がくるとこうなっちゃうのかないつもの原っぱで「かわいがってください」と書かれたダンボ
| Sweetパラダイス | 2008/01/06 1:27 AM |
遊就館の切符を貰ったので、新年は靖国神社へ初詣。黄金のウンコのお守りとか売ってたよ。
| 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ | 2008/01/09 11:22 PM |
「マリと子犬の物語」で子犬の名前ではないのは次のうちどれ? 1)ぐー 2)ちょき 3)ぱー 4)あいこ 正解は次号にて。。 by織田 拳 RANKING ←応援お願いしま~す!
| 「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」 | 2008/01/16 9:20 PM |
中越地震を生き延びた犬たちの奇跡の実話!! 守りたい──ただ、それだけだった。 お気に入り度★★★★/5 (劇場鑑賞) 公開年:20...
| ☆.。.:*Addict*:.。.☆ Cinema Online | 2008/06/15 2:30 AM |
少女と子犬の演技に驚かされるハンカチ必須の号泣地震被災映画。
| 未完の映画評 | 2008/07/03 12:56 AM |
山古志村で暮らす石川家は父・優一と息子・亮太と妹・彩と祖父・優造の4人家族。 或る日、亮太と彩は遊び場で子犬を拾い、犬嫌いの父を、祖父を味方に付けて飼う事を承知させ、子犬はマリと名付けられ、石川家の一員となる。 マリは成長し、3匹の子犬を産み、石川家は
| 象のロケット | 2008/07/03 4:44 PM |
 2004年10月23日新潟県中越地震に遭遇した一家と  被災地残された犬たちの物語。    個人評価 ★★  
| 『映画な日々』 cinema-days | 2009/02/22 12:36 AM |
地震で崩壊した家から、人を呼んで助けたくれた犬を探しに道路が寸断された山古志村まで戻り犬を助けようと村まで戻るとするが、叶わず。一時帰宅で戻ってみると、犬はボロボロ状態でなんとか生きていた。
| ゼロから | 2009/12/21 9:27 PM |
新潟県中越地震の実話を基に描かれベストセラーとなった絵本、「山古志村のマリと三匹の子犬」を映画化した感動作。監督は猪股隆一、キャストは船越英一郎、広田亮平、松本明子、佐々木麻緒、徳井優他。 <あらすじ> 新潟県山古志村に住む仲良し兄妹、亮太と彩。母親
| Yuhiの読書日記+α | 2009/12/21 11:21 PM |