<< ミッドナイトイーグル | Main | 善き人のためのソナタ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.12.01 Saturday author : なぎさ

椿三十郎

JUGEMテーマ:映画




R指定を逃れるためか、血しぶきが一切出ない殺陣のシーンにはやっぱり違和感アリ
(−_−;)))


主人公・椿三十郎は、上役の汚職を暴く若侍グループの、あまりの幼稚さを見かねて助っ人を申し出たことからお家騒動に巻き込まれる。


余りにも有名な黒澤明監督の同名作をリメイク。

脚本は前作のまま

前作の三十郎役は、これまた余りにも有名な三船敏郎

三船がこの役を演じた時の年齢が42歳。
織田裕二は今月で満40歳を迎える。


セリフを言う時の発声の仕方など、どこか三船敏郎を意識しているような雰囲気はあるものの、そこは比べてもなんなので、織田裕二なりの椿三十郎になってはいたと思う。

正直、織田裕二がこの三十郎をどう演じるか不安があったけれど、なかなか良かったんじゃないでしょうか。


問題はやはり、前作のラストの語り継がれる決闘シーンと比べると・・・・

なぜこうも一滴たりとも血が出ないのか!!!

逆に不自然だ!!!


映像的にも画づらがありきたりで迫力に欠ける。



森田芳光監督作品となれば、この辺りのセンスにはあまり期待できない。


せっかく織田裕二がかなり気合を入れて殺陣の練習をしたであろうに、良い所が活かされてないカメラワークが残念。

血しぶきを飛ばさないなら、せめてその辺の工夫があってもよかったかと。


あと、この作品で重要なアイテム、椿の花がとっても人工的に見えた。

モノクロだった黒澤作品のほうが、隣家から流れてくる椿の色が鮮明な赤に感じた。

かえって色が付いているとが平凡に見えてしまうのだろうか。

これも椿の見せ方を工夫すれば、もう少し印象が変わったと思うですが・・・。



で、やっぱりここでも豊川悦司かぁ〜と。
予告で観た時「貴公、なかなかやるなぁ」と言う侍が、最初、彼だと分からなかったんです。
この人、ヅラが似合わな〜い (−゛゛−)ブサイクニミエル

前作ではこの役を仲代達矢さんが演じたのですよね。
あの目ヂカラには到底及ばない。


今回、若侍は全員オーディションで選ばれたようだ。
松山ケンイチ以外は誰も分からなかった。


それなのに悪役に関してはいつもよく観る配役で、もう少しひねって新鮮な悪役のメンツを揃えてくれたらよかったのに・・・。


佐々木蔵之介が演じた木村という見張りの侍。
実はこの人物こそ、黒澤監督が山本周五郎の原作「日日平安」から脚本を起こした時の椿三十郎のイメージだったようで。


製作総指揮の角川春樹は、前作『蒼き狼』のような失敗は二度としないと、かなりの意気込みが伺える。

昨年の同時期に公開した『武士の一分』もかなり意識しているようだし。

主演の織田裕二のメディア出演も半端じゃなかったし。

キムタクの三十郎っていうのも観てみたい気がする。


角川氏の次の作品は来年公開の『神様のパズル』
これ三池崇史監督作品なので期待できそう。


腐敗した権力者に正義の鉄鎚をくだすという、現代にも通じるテーマが基本にあるので、話し自体は爽快。

また、この三十郎の機転の利く頭の良さと、ズバ抜けた剣の腕前!

若侍たちへの指導力もあり、彼がもし現代に生きていればかなりの起業家になったことでしょう。


観客はかなりのオジサマたち。
両側をオジサマに挟まれて観ましたぁ(つ_^;)ゞ
















| 映画 《タ行》 | 15:43 | comments(10) | trackbacks(60) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:43 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささん、こんにちは〜♪
オリジナルを観ていないので、結構楽しめましたよ〜。
若侍たち……私は誰一人わかりませんでした(笑)三十郎に何かとつっかかる目の大きい人には笑っちゃいましたけどね。 ……名前はわかんない(笑)
| りら | 2007/12/02 2:08 PM |
お久しぶりです。
早速ご覧になったんですね(=^0^=)
私は明後日見にいきます(^_^)v

番宣か何かで、血のりがついた刀はチラッと写っていましたが、血が流れるというシーンはないんですね。
どの程度でR指定になるのか分からないのですが、“子どもたちにも見て欲しい”と監督も織田さんも思ったそうですよ。

椿の花の色は、赤過ぎるというか鮮やか過ぎますね。生の椿はもう少し落ち着いた色だと思うんですけど。それに、あれだけ花をつけてるもんでしょうかね。。。これも不自然だわ。

オジサマ方、きっと比較されてるでしょうね。
雑誌を見ても、殺陣がなっとらん(ノ`△´)ノとお叱りの言葉が飛んでいたりもして、厳しい見方をされているようです。若い人は、これはこれでいいんじゃないの?というご意見もありました。

私は織田さんが見られるので、とりあえず、それだけはOKということで( ̄▽ ̄;)哀しい性です(^_^;)
| ぴー | 2007/12/02 2:12 PM |
>りらさんへ
こんばんは〜☆

これはこれとして、時代劇では珍しく笑えたりできる部分もあって楽しめる作品でしたよね。

>三十郎に何かとつっかかる目の大きい人には笑っちゃいましたけどね。
そぉでしたよね!
私も名前は分からないですねぇ。
あの中から、またビッグになっていく人もいるかもしれないですね♪
| なぎさ | 2007/12/02 6:03 PM |
>ぴーさんへ
おぉぉ〜ぴーさん!!!
ようこそお越しくださいました♪

初日の初回で観たんですが、もしかしてぴーさんもお越しかなぁ〜なんて思って観てたんですよ。ヾ(〃▽〃)ゞ

殺陣のシーンは流血の変わりでしょうねぇ、血が流れる「音」で表現されていました。

>“子どもたちにも見て欲しい”と監督も織田さんも思ったそうですよ。
なるほどぉ。
最近はどこで線を引くのか分からないですが、「これがR指定?」とか「なんでPG12なの?」という作品が多いですからねぇ。
でも、人間は切られれば「血」が出るんだと子供たちに見せるのもよかったかと思うんですけれどもね。

そぉそぉ、椿の花ってあんなにいっぱい花をつけてるものかっていうのも疑問でした。
鮮明過ぎた赤が人工的に見えたんでしょうね。

>厳しい見方をされているようです。
織田さんの殺陣は、けっして悪くはなかったですよ。
彼のことなのでかなり自助努力されたのだろうと想像できます。
ただ、その殺陣を映像で活かしきれてないカメラワークや、演出が少々残念かと。
アクションは、やはり森田監督、苦手なんでしょうねぇ。
三池監督あたりなら、かなり面白い映像が期待できたと思いました。

>私は織田さんが見られるので
ぴーさん、今作の上映期間中に何度も行かれるのでしょうねぇ〜♪
たっくさん「織田さん萌え」してくださいね!!!
コメントありがとうございましたm(_ _)m
| なぎさ | 2007/12/02 6:14 PM |
こんばんは♪
ちょっと心配してた織田裕二でしたがなかなかハマってましたね。
確かに血は出ませんでした〜うんうん違和感。でも仕事人もそうだし(笑)
思ってた以上に笑いもあって私としては面白かったです。
| ゆかりん | 2007/12/02 8:30 PM |
こんばんは♪
白黒映画って色に頼れないからコントラストなどに細心の注意を払って撮られていますよね。
椿の色なんかまさにそれだと思います。
どうしてもオリジナルを褒め称えたくなってしまうのですが、リメイクも面白かったです。
| ミチ | 2007/12/02 10:50 PM |
>ゆかりんさんへ
おはようございます〜♪
織田さん、いろいろ言われるけれど、やはり流石ですね!!!
織田流の椿三十郎もなかなか見応えあったと思いました。
脚本がオリジナルそのままだったことも救われたのでしょうねぇ。
| なぎさ | 2007/12/03 8:18 AM |
>ミチさんへ
おはようございます〜♪

>白黒映画って色に頼れないからコントラストなどに細心の注意を払って
でしょうねぇ。
また観る側も、想像力を働かせて鑑賞しないといけないという部分でも、椿の赤が冴えて見えたのかもしれません。

>どうしてもオリジナルを褒め称えたくなってしまうのですが
オリジナルを未鑑賞なら、すんなり観れたかもしれないですね。
あえて巨匠の作品をリメイクしようと挑んだ心意気が良かったです。

森田監督・・・前回の『サウスバウンド』があまりにも肩透かしだったので(笑)
| なぎさ | 2007/12/03 8:25 AM |
なぎささん、こんばんは〜またまたお邪魔します!

本日観てまいりました。わたしはオリジナル未見なのですが、織田裕二さん、なかなか三十郎よかったように思います。殺陣も、かっこよかったし。

ただ、そうそう!殺陣のシーン、健全でしたね〜(笑)わたしも、さすがに気になりましたが、だからといって、プシューッと血しぶきが飛び散りまくったら、今度は白目を剥いたと思います(笑)今度、ぜひともオリジナルを観たいと思ってま〜す!
| JoJo | 2007/12/04 12:14 AM |
>JoJoさんへ
おはよぉ〜JoJoさぁ〜ん((,,・3・,,))

そぉですよねぇ、なかなか織田さん頑張ってたなぁって思います!!!
いつもの芝居とは違った発声でセリフも軽快に♪

殺陣の血しぶきは、効果音でカバーはしてたと思うんですが、そこまでするんならやっぱり返り血とかがちょっとはあってもしかりですよねぇ。

>今度は白目を剥いたと思います(笑)
ほんとですね(´ー`;)ゞ
リアルにされると、それもまぁ引いてしまうかも・・・。

オリジナルはやっぱり「世界の黒澤」ですから、いろんな面で素晴らしかったと思います。
私は『羅生門』が一番好きです♪

でも、ココに手を伸ばしたって事は・・・かなり邦画も手詰まりなのかなぁと。
| なぎさ | 2007/12/04 8:29 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/646
TRACKBACK
日日平安 山本周五郎 角川春樹事務所 評価☆☆☆
| ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ  | 2007/12/01 4:23 PM |
初日。T-JOY新潟万代スクリーン6。第1回上映(9:10)の回は…2,30人の
| ラジオ屋ふぐ日記3 | 2007/12/01 4:24 PM |
脳内メーカーの体内版、体内メーカーに挑戦してみましょう!
| 体内メーカー | 2007/12/01 4:45 PM |
痛快さは足りないが, リラックスして入り込める世界観は魅力。
| Akira's VOICE | 2007/12/01 4:50 PM |
ファーストディで見てきました。オリジナルは見ていないんですよね〜〜。この映画を見てオリジナルを見たくなると思いますよ^^)☆椿三十郎☆(2007)森田芳光監督織田裕二豊川悦司松山ケンイチ佐々木蔵之介風間杜夫西岡徳馬小林稔侍中村玉緒藤田まことオリジナル・・
| ぷち てんてん | 2007/12/02 11:49 AM |
世界のクロサワの代表作「椿三十郎」の森田芳光監督によるリメイクです。 黒澤明監督
| はらやんの映画徒然草 | 2007/12/02 11:52 AM |
{/hiyo_en2/}ずいぶん昔からありそうな居酒屋ね。 {/kaeru_en4/}江戸家っていうからには、江戸時代からあるのかな。 {/hiyo_en2/}まさか。でも、江戸時代の侍とかがここで酔っ払っていても不思議じゃない雰囲気があるわね。 {/kaeru_en4/}椿三十郎とかな。 {/hiyo_en2/
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2007/12/02 11:56 AM |
【椿 三十郎】 ★★★★ 2007/11/22 試写会(31)ストーリー とある社殿の中で密議をこらす9人の若侍。彼らは、上役である次席家老
| りらの感想日記♪ | 2007/12/02 2:06 PM |
JUGEMテーマ:映画 2007年/日本 監督:森田芳光 出演:織田裕二、豊川悦司、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、松山ケンイチ、鈴木 杏、藤田まこと、中村玉緒・・・ マイカルで久しぶりに一番大きなスクリーンでの上映だった!     
| Lovely Cinema | 2007/12/02 2:23 PM |
「織田三十郎」は、本当に今度の12/10で四十郎です♪オリジナルの「椿三十郎」は観たことがないので、「織田三十郎」と「三船三十郎」の比較は出来ないのだけど、”現代風時代劇”としては、まあまあなデキでは
| たいむのひとりごと | 2007/12/02 2:41 PM |
潘の次席家老らの汚職を粛清しようと城代家老の元を訪ねたものの、受け入れてもらえなかった若侍の一団は、代りに大目付に話を聞いてもらえることになり皆が集まって相談中。 ところがその話を盗み聞きしていた素浪人は、城代家老の方が本物で大目付の方が怪しいと見抜
| 【徒然なるままに・・・】 | 2007/12/02 6:07 PM |
2007/12/01年公開(12/01鑑賞)製作国:日本監督:森田芳光原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊)出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、佐々木蔵之介、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、中村玉緒、藤田まこと 笑いあり過ぎ、涙なしの緊張感のない人
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/12/02 8:26 PM |
昨日は、映画の日。 といっても、「これは」という作品もなかったんですが。 とりあえずは「椿三十郎 」を選択。 「ベオウルフ 」も迷ったけど、あんまり好きなタイプでもなかったので。 アンジェリーナ・ジョリーは、ちょっと魅かれたけど^^ 「UCとしまえ
| いい加減社長の日記 | 2007/12/02 8:40 PM |
 『この男、 時代を超えて生きている。』  コチラの「椿三十郎」は、山本周五郎の「日日平安」を原作に1962年に製作された「椿三十郎」を45年の時を経てリメイクした作品で、年末の時代劇シーズンに先駆けて12/1に公開されるのですが、試写会で観て来ちゃいました
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/12/02 9:13 PM |
映画館にて「椿三十郎」 黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇を森田芳光監督がリメイク。 おはなし:町外れの社殿で、上役の不正の告発の相談をする井坂伊織(松山ケンイチ)ら若侍9人。そこに突然薄汚れた浪人(織田裕二)が現れて、慌てふため
| ミチの雑記帳 | 2007/12/02 10:48 PM |
■状況 イオンシネマ太田店にて映画の日価格で観賞 ■動機 とりあえず観ておこうかと ■感想 うん、正直面白かった。 ■あらすじ とある社殿の中で井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ、9人の若侍たちが上役である次席家老黒藤(小林稔侍)らの汚職について密談
| 新!やさぐれ日記 | 2007/12/02 11:01 PM |
『椿三十郎』鑑賞レビュー! 織田裕二×豊川悦司×森田芳光監督が贈る! お正月映画最大の話題作! 名匠・黒澤明の傑作時代劇を 同作の脚本をもとに 森田芳光監督がリメイク この男、時代を超えて生きている。 2007年/日本 公開日::::20
| ★☆★風景写真blog★☆★healing Photo! | 2007/12/03 12:45 AM |
何をやっても文句が出るであろう黒澤明作品のリメークに、挑戦した気概は買う。だが、見ている間はそれなりに楽しいものの、後には何も残らない。物語は、陰謀を阻止しようとする若侍たちを、型破りな浪人が助ける痛快時代劇だ。ラストの決闘を除いて、黒澤本人の脚本を
| 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2007/12/03 9:24 AM |
映画「椿三十郎」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2007年 *出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、中村玉緒、藤田まこと、他 *原作:山本周五郎『日日平安』 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちし
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/12/03 2:38 PM |
《椿三十郎》 2007年 日本映画 黒澤 明監督の不朽の名作を森田 芳光監督が
| Diarydiary! | 2007/12/03 7:39 PM |
「椿三十郎」を鑑賞してきました1962年に黒澤明監督と三船敏郎の黄金コンビで製作された傑作時代劇をリメイク。オリジナル脚本そのままに、森田芳光監督がリアルでダイナミックな殺陣にこだわりながら、登場人物をいきいきとユーモラスに描写。日本映画史に残るヒー
| 日々“是”精進! | 2007/12/03 8:23 PM |
『椿三十郎(2007)』   この男、時代を超えて生きている。   ■ある藩で、九人の若侍たちは、上級役人の汚職・不正を暴くために立ち上がったが、逆に悪人の手によって、絶体絶命の危機にさらされた。その時、一人の浪人が現れ、九人の生命を救った。彼の名
| 唐揚げ大好き! | 2007/12/03 11:18 PM |
近所の映画館にて、本日より公開の『椿三十郎』。劇場ロビーのカフェでホットコーヒーとサンドイッチの朝食を食べて&#63697;、10:30スタートです。 Story ある夜、森の中の社殿で9人の若侍が、上役の汚職を糺そうと密議をこらしていた。その1人、井坂伊織(松山
| 健康への長い道 | 2007/12/03 11:23 PM |
'07年製作、監督:森田芳光  主演:織田裕二 共演:豊川悦司、松山ケンイチ、 佐々木蔵之介、風間杜夫、小林稔侍、中村玉緒 、藤田まこと他(敬称略)12月1日より公開中! 上役の汚職に気づき、なんとかすべく相談しあう井坂(松山さん)ら9人の若侍。その..
| JoJo気分で映画三昧!+α | 2007/12/04 12:05 AM |
映画の日の土曜日、朝一で『椿三十郎』を見てきました。
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2007/12/04 8:16 AM |
「椿三十郎」 豊川ファンとしては観なければ…… 映画の日で初日だし、混むなーとはりきって 初回に行ったというのに、館内はがらーん。 観客は10人くらいか……。 巨匠 黒澤明監督で三船敏郎主演の娯楽時代劇の 45年ぶりにのリメイク。 当
| 月影の舞 | 2007/12/04 12:11 PM |
「私の名前ですか。・・・つばき、椿三十郎。いや、もうそろそろ四十郎ですが」
| My Favorite Things | 2007/12/04 3:47 PM |
監督:森田芳光 出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、中村玉緒、小林捻侍、風間杜夫、西岡徳馬、藤田まこと、佐々木蔵之助、鈴木杏 「悪事を働く上役を告発する意見書を出した井坂伊織ら若い侍9人。密談中に椿三十郎という浪人が「今の話おかしい」と突然現わ
| 日々のつぶやき | 2007/12/05 10:04 AM |
待ちに待った「椿三十郎」やっと観に行ってきました(^_^)v劇場には、黒沢版を見たであろう方々が沢山来場されていて、始まるまでは妙に緊張してしましました。上映中は、色々な場面で笑いも起きて、皆さんそれなりに楽しんでおられたようです。私の感想。一言で言うなら
| Happy Life 〜パニック障害克服中〜 | 2007/12/05 6:19 PM |
「椿三十郎」を観てきました〜♪ 町外れにある社殿、上司の不正を告発しようとする井坂伊織(松山ケンイチ)を含め9名の若い侍が集まっていた。話がまとまろうとしたその時、一人の浪人が現れた・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、あの作品
| 観たよ〜ん〜 | 2007/12/05 7:22 PM |
「椿三十郎」★★★ 織田裕二主演、豊川悦司、松山ケンイチ、中村玉緒出演 森田芳光監督、2007年、119分 黒澤作品をリメイク、 脚本は当時のまま そのくらいの知識だけで劇場へ。 若いひよっこ侍が藩を良くしようと立ち上がるが、 一枚も二枚も上手の
| soramove | 2007/12/05 8:40 PM |
 オリジナルは見ていません。黒澤明作品見たことないし。時代劇自体あまり見た経験ないから、良し悪しの判断もよく解らないのですが。 椿三十郎 オリジナル・サウンドトラックサン...
| 闘争と逃走の道程 | 2007/12/06 12:08 AM |
オリジナルは未見です。
| 映画を観たよ | 2007/12/06 7:56 PM |
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]         2007/12/01公開  (公式サイト) 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】森田芳光 【脚本】菊島隆三/小国英雄/黒澤明 【原作】山本周
| アンディの日記 シネマ版 | 2007/12/06 11:42 PM |
黒澤明監督の名作の方でなくて、森田芳光監督がリメイクした映画です。リメイクと言っ
| Wilderlandwandar | 2007/12/07 10:31 AM |
**************************** 或る夜、とある社殿の中で井坂伊織(松山ケンイチ氏)を始めとする9人の若侍が密議を凝らしていた。汚職の張本人で在る次席家老・黒藤(小林稔侍氏)と国許用人・竹林(風間杜夫氏)の粛清の意見書を城代家
| ば○こう○ちの納得いかないコーナー | 2007/12/07 11:55 AM |
監督:森田芳光 CAST:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ 他 井坂伊織(松山ケンイチ)ら9人の若侍が寂れた社殿で、上役の汚職を暴き出そうと相談していた。そこへ突然、...
| Sweet*Days** | 2007/12/07 4:56 PM |
昨晩、「椿三十郎」を鑑賞してきた。
| 取手物語〜取手より愛をこめて | 2007/12/08 10:13 AM |
□作品オフィシャルサイト 「椿三十郎」□監督 森田芳光  □原作 山本周五郎(「日日平安」ハルキ文庫刊) □脚本 菊島隆三・小国英雄・黒澤明□キャスト   織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、佐々木蔵之介、村川絵梨 ■鑑賞日 
| 京の昼寝〜♪ | 2007/12/08 10:22 AM |
黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇のリメイク。オリジナルは未見なので、真っ白な気持ちで鑑賞へ―【story】とある社殿の中で、井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ9人の若侍たちが上役の汚職について密談していると、椿三十郎(織田裕二)という浪
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/12/08 2:16 PM |
先週公開になった作品。キャストが魅力的だなぁってことで、気になっていたので早速観
| いんどあかめさん日記 | 2007/12/09 1:21 AM |
黒澤映画のほうはみていないので、比較できませんので、あしからず。
| 今日感 | 2007/12/09 4:16 PM |
人気ブログランキングの順位は? 藩の不正・汚職を正すため 立ち上がった九人の若い侍が、 ”茶室の三悪人”の罠に堕ちた・・・。 絶体絶命の危機を 一人の浪人が救った。 この男、 時代を超えて生きている。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/12/09 6:41 PM |
〜 頼れる兄貴でプレイング・マネージャー 〜 言わずと知れた黒澤明監督の名作『椿三十郎』をリメイクしたこの作品。映画『間宮兄弟』などで知られる森田芳光監督により、現代版の椿三十郎を復活させています。 私はオリジナルの黒澤版督バージョンを観ていないの
| Prototypeシネマレビュー | 2007/12/09 9:26 PM |
めちゃくちゃ久しぶりに映画を観て参りました『椿三十郎』ですSTORY: 深夜の社殿の中で、井坂伊織ら9人の侍が上役の汚職を暴き出そうと密談していた。すると、意気が上がる若侍たちの前に社殿の奥から1人の浪人が現れた。粗末な身なりに口も悪く、腹が減っている
| あかねのたわごと☆本日記 | 2007/12/10 6:34 PM |
 最後に、なんで〜〜衝撃の場面に、思いがけず、泣いてしまいました。織田裕二さんと、豊川悦司さんの演技があまりにも、リアルだった。 久しぶりに映画館に行ってきました! 市内中心街の映画館がまた1つ閉鎖したので、駅前からバスを乗り継いで、ベルモールの新し
| 江戸川心歩・傑作娯楽小説全集 | 2007/12/11 2:56 PM |
★★★  決して出来が悪いわけではない。織田裕二を初めとする全キャストも、かなり熱演していたと思う。        だがこの映画ではダメなのである。なぜいまさらこの作品のリメイクをする必要があったのか。キムタク主演の『武士の一分』に触発され、どうしても
| ケントのたそがれ劇場 | 2007/12/12 1:58 PM |
黒澤明監督の「椿三十郎」オリジナル脚本をそのままにリメイクした作品です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2007/12/13 10:58 PM |
 日本  時代劇&アクション&サスペンス  監督:森田芳光  出演:織田裕二      豊川悦司      松山ケンイチ      佐々木蔵之介 【物語】 とある社殿の中で密議をこらす9人の若侍。彼らは、上役である次席家老・ 黒藤と国許用人・竹林の汚
| 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2007/12/16 12:30 AM |
 とっても普通でした(笑) ま、織田裕二ファンの方は必見ですな彼がとってもカッコいいので ワタクシがファンなら2回は観に行くなたまたま偶然に出会ってしまった浪人と9人の若侍。若侍達にとってはラッキーな出会いやったやろーし、(出会ってなかったら 全員斬
| HAPPYMANIA | 2007/12/18 4:08 AM |
●椿三十郎 ●制作総指揮;角川春樹 ●原作;山本周五郎『日日平安』 ●監督;森田芳光 ●出演;織田裕二/豊川悦司/松山ケンイチ/中村玉緒/鈴木杏/佐々木蔵之介 他  久しぶりに高崎109で映画鑑賞。一番大きな6番シアターだったが、お客さんは初老男性2名
| 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世 | 2007/12/24 11:20 AM |
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:森田芳光 原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊) 脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明 古い社の中、自藩の不正を正そうと集まった9人の若侍。城代家老の睦田に相談を持ちかけるも軽くあしらわれてしまった
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2007/12/30 10:24 PM |
黒澤明監督&三船敏郎主演のオリジナルを織田裕二主演で完全リメイクした作品。 角川映画は大風呂敷を広げるのが得意だね・・・ 嫌いじゃないけど、こける事もあるので、一週遅れで拝見する事に。
| ひらりん的映画ブログ | 2008/01/02 1:33 AM |
お正月に映画館に行くのが 最近の恒例になってきました。 今年はこの作品です。 あの黒澤の名作を森田芳光監督がリメイク。 お得な割引券を貰ったのですが、 上映時間がちょっと早い時間。 でも頑張って行くぞ! とある社殿の中。 井坂伊織をはじめとする9人
| 映画、言いたい放題! | 2008/01/03 11:48 PM |
1962年黒澤明監督の傑作時代劇のリメイク版 12月1日より公開中  出演 織田
| いろいろと | 2008/01/07 10:48 PM |
JUGEMテーマ:映画 12月14日(金)◆654日目◆ 終業後、六本木ヒルズ内にある「TOHOシネマ」へ。 中に入ると長蛇の列が。 話題作『アイ・アム・レジェンド』がこの日公開初日ということもあるが、 毎月14日が「TOHOの日」(10+4=14で…)で1000円で見られる
|            | 2008/01/22 1:57 AM |
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ オリジナルの脚本を使ったリメイクのため、内容もストーリー進行もオリジナルと一緒。一番違うのは、映像がカラーであること、そして俳優やスタッフであり、多少違うのは、風景くらいなものだろうか。 オリジナルをみたことがあれば
| シネマテーク | 2008/03/20 3:59 PM |
あらすじ薄暗い社殿で密議をこらしていた9人の若侍。上役を告発するも逆に窮地に陥っていた。それを図らずも聞いていた浪人は、権謀に疎い彼らに同情し一肌脱ぐことに・・・。感想『用心棒』トリオ黒澤明、三船敏郎、仲代達矢の名作時代劇を森田芳光監督、主演織田裕二
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/11/08 11:07 PM |
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・森田芳光 ネタバレあり
| プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2008/12/30 3:18 PM |
2007年:日本 原作:山本周五郎 監督:森田芳光 出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、村川絵梨、佐々木蔵之介、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、中村玉緒、藤田まこと とある藩で9人の若侍たちは、上級である次席家老・黒藤と国許用人・竹林の汚職
| mama | 2009/02/25 3:17 AM |