<< ボーン・アルティメイタム | Main | 11月の韓ドラ♪ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.11.14 Wednesday author : なぎさ

クロ−ズ ZERO 3回目鑑賞 撮影裏話

 

今週もまたクンに逢いに行ってしまいました!(ノ▽\*)♪

今回は、売り切れだったパンフもゲットォ!!!

撮影の裏話を少々・・・・では (ノ||*_ _)ノ~ どぞ!



2007年3月31日(土)
この日、初めての顔合わせ


4月4日(水)
拳(やべきょうすけ)が鈴蘭高校の入学式に「芹沢を出せ!」と殴りこむシーン撮影。
校舎は旧大阪府立高槻南高校だった廃校。
校舎一面の落書きは、半月前から現場に入ったスタッフによるもの。
落書きの言葉は、原作に出ていた言葉は拾って、それだけでは足りないので挿入歌にもなっている横道坊主THE STREET BEATSの歌詞なども書いたらしい。
自由に書いてもらうと下ネタになるから・・・だそうです。
ちなみにこの落書きは、校舎の現状復帰を考えて、テープを貼ってから書いたものだそうです。


4月6日(金)
撮影4日目にして、小栗旬激しいアクションシーンを終日撮影するという過酷な日々。
三池監督は彼に「脳内のどこかにある何かが覚醒したような感じで、本能だけで闘ってる感じで」と演技指導した。


4月8日(日)
この日は入学式のシーンが撮影された。
スタントとエキストラ合わせて300人!
うち150人はインターネットで募集したエキストラ。
最初は、野次を飛ばす言葉が関西弁だったので、監督が「はーい、今のは関西バージョン。次は関東バージョンやろうか!」と言って、エキストラに関東弁野次の指導をした。
ヒロミ(大東俊介)が、壇上の阿久津太(沖原一生)に向って「このスルメがぁー!」と叫ぶセリフは三池監督がその場で追加したもの。


4月9日(月)
鈴蘭高校に殴りこんできた拳の声に、生徒たちが校庭を見るシーン。
監督はエキストラに「チェ・ホンマンVS吉田を観戦しているような感じで。すごいもん見てる感じで!」と説明した。
戸梶勇次役の遠藤要は、この日が映画初出演となる。


4月11日(水)
GPSのメンバーが野球をして遊んでいるシーンの撮影。
キャッチャーの牧瀬(高橋努)が「サッポロビーーール!」と叫ぶセリフは監督の演出。


4月12日(木)
源治(小栗旬)の父親・滝谷英雄役の岸谷五朗が参加する唯一の撮影日。
実はこの役、原作者の高橋ヒロシやべきょうすけ強い要望で実現された。


4月15日(日)
ここで、紅一点となった逢沢ルカ役の黒木メイサが現場入り。
牧瀬に女の子を紹介するため源治たちが企画した合コンが失敗に終わり、ルカに「サイテー!」と言われた源治が悔し泣きをする商店街。
ここ、神戸市の六間道商店街だったようです!!!
拳に「ソープへ連れてってやる」と言われただけで、その場でイッちゃった牧瀬。
この演出は、牧瀬役の高橋努が自ら考えたもの。
「高校生がソープに行くのはおかしいから、牧瀬はもうここでイッちゃうことにしよう。」と。


4月23日(月)
源治がリンダマンのことを聞き出しているシーン。
相手の生徒、どっかで見たなぁと思ってたんですが、吉本のお笑いコンビ「バッドボーイズ」でした。


4月26日(木)
ルカの前座バンドになっていたTHE STREET BEATSのライブシーン撮影はこれで終了。


5月1日(火)
鈴蘭大運動会DAY1
いよいよクライマックスの「芹沢軍団vsGPS」の撮影。
この日、本当に雨が降っていたのだそうですが、少しの雨では映像に映らないため、貯水プールに4トンの水を入れ、ハイライダー4台で人口雨を降らした。
約210人のエキストラはずぶ濡れとなる。


5月2日(水)
前日に引き続きクライマックスの乱闘シーン撮影。
伊崎役の高岡蒼甫はギリギリで当てないはずの殴りや蹴りを当ててしまうことがいちばん多かったらしい。
その次が山田孝之
※ 先日の「情熱大陸」でこのメイキングシーンが一瞬出てました。
5月に入ったばかりで、雨に濡れてビショ濡れの旬クンは「寒いっすねぇ」と震えていましたね。
※ 乱闘シーンで、戸梶を殴り飛ばした後に、伊崎がこぶしを高く掲げるあのポーズは、まさに『パッチギ!』のパロディですねぇ。
きっと監督のアイデアじゃないかなぁ。


5月25日(金)
撮影終了。
ダーツバーのシーンは長野県松本市で行われた。
実はここで、原作者の高橋ヒロシがカメオ出演している!
芹沢軍団との対決に向う源治たち。
最期に田村忠太(鈴之助)が出ようとした瞬間、バットを手渡すヤクザっぽい男性。
あれが高橋先生だったとは!!!


撮影に入った頃は、小栗旬クンと山田孝之クンの殺陣がヘタクソで、スタントコーディネータの辻井さんは困ったらしい。
でも、旬クンは2年前からボクシングをやっているため基本ができていた。
殺陣の順番もすぐに覚えるので辻井さんは驚いたと言う。

そんな山田クンもメキメキと殺陣が上手くなり、リアルケンカが撮影できたようです。


いやぁ〜、今週で3週目に入った『クローズ ZERO』ですが、「今日、初日?」というくらいの入りでした!
何度観ても、熱いオトコたちの激突にクラクラしてしまいます(((#・・#)

もし、まだご覧になってらっしゃらない方は、ぜひご鑑賞くださぁ〜い♪

続編も必ずや出来る・・・そんな気がしてなりません。














| 映画 《カ行》  | 15:42 | comments(8) | trackbacks(1) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:42 | - | - | pookmark |
COMMENT
すご〜I3回鑑賞ですか!
なんだか私も気になってきましたわぁ。
観てみるかなぁ。
| poli | 2007/11/15 12:21 AM |
なぎささん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございました。

すごいです、すごいです!!
3回も観に行かれたんですね〜
いや、旬クンに逢いに...でしたね?(笑)
私も爽やか系の小栗くんは全く興味ありませんでしたが、『キサラギ』のオタク演技で好感度アップです。
そして今回の『クローズ』ですからね〜
旬の俳優:小栗くんですが、ますますファンが増えたでしょうね。
撮影裏話、面白いです!コレを読ませてもらったら、もう一度観たくなりました。
まさかバットを手渡す男性が高橋ヒロシさんだったとは...
実は今日、『恋空』を観てきましたが、同じ高校生でも こちらの方が余程健全に感じましたよ〜
| Any | 2007/11/15 12:46 AM |
なぎささま、こんにちは〜。三回目鑑賞記、ありがとうございます!
いいなぁ〜。私はパンフを買う習慣がないのですが、欲しくなってきました♪
小栗くんの写真、いっぱいですか?
ボクシングをやっているのですね。。知りませんでした。
入りはそんなによかったのですか〜。リピーターも多そうですね。
続編、私も熱烈希望します!
日曜日も楽しみですね〜、もう、落ち着かなくて(笑)
ではでは、また来ますね〜。
| 真紅 | 2007/11/15 1:11 AM |
>poliさんへ
こちらへも、ありがとねぇ〜poliさん♪

>なんだか私も気になってきましたわぁ。
観てみるかなぁ。
ぜひ、ぜひ!!!
女性客が圧倒的に多いです。
私のような主婦層もかなり来てました。
作品そのものも、なかなか良く出来ていると思いますよぉ〜d(´▽゜)
| なぎさ | 2007/11/15 8:44 AM |
>Anyさんへ
Anyさん、来てくださってありがとぉ〜(*^3^)♪

はい、今週は止めておこうか、他の作品を観ようかとも思ったんですが、気が付いたらネットでチケット予約しちゃってました
(*p_q*)オバカデス
『恋空』より、こちらのワルメンたちのほうが健全だったですか〜。

>『キサラギ』のオタク演技で好感度アップです。
これですね、まだ未観なのが悔やまれます。。。
これを上映してた時は、まだ小栗クンになんの興味もなかったので・・・。
DVDが出たら早速、購入しようと思ってますぅ。

>ますますファンが増えたでしょうね。
ホント、ホント、私みたいなファンが一気に増えたと想像できますもん。

>まさかバットを手渡す男性が高橋ヒロシさんだったとは...
覚えてらっしゃいます?
あのパンチパーマのおっちゃんが高橋センセなんですって!!!
初めて観た時から、この人なんだろうと疑問だったんですよねぇ。
素人だろうとは思いましたが。

良かったら再観賞、Anyさんもいかがでしょ♪


| なぎさ | 2007/11/15 8:53 AM |
>真紅さんへ
こちらこそ〜、パンフからの抜粋ですが、こういうのも知っておくと面白いかなぁと思いまして。

私もね、普通ならパンフまでは買わないんです。
でもこれは特別ですね。
ずっと完売だったんですが、昨日はやっと店頭に出てたので思わず・・・。
>小栗くんの写真、いっぱいですか?
私もこれを期待したんですがねぇ、意外とそうでもなかったです。

>リピーターも多そうですね。
まさしく!
主婦層も多くて、女性客で埋め尽くされてましたよ。

続編の期待は高まるのですが、考えてみると次は小栗君は出るんでしょうかねぇ。
彼の役はもともと原作になかった人物ですもんね。
あの後、リンダマンをも倒して、次の「挑戦者」を迎え撃つ・・・みたいなことなら、冒頭だけでも出てくれそうな気はしますよね。
・・・って、アタシなどが想像するようにはいかないだろうけど。
仮に旬クンが出なくっても、この作品自体が好きだからきっと観ると思います!

あ〜、日曜の夜が楽しみですねぇ〜ん♪
過労で倒れないかとカラダだけが心配ですねぇ。

また旬クン話に花を咲かせましょねぇ〜♪
| なぎさ | 2007/11/15 9:03 AM |
なぎささん、こんばんは!何回も観たくなるお気持ち、よくわかります。旬くん、かっこいいですもんね!この物語の中では、正直山田くんの芹沢に惹かれましたが、「情熱大陸」は観ましたよ〜(笑)後編も楽しみですね!それにしても、ヘビースモーカーなのには、驚きました!
| JoJo | 2007/11/15 11:44 PM |
>JoJoさんへ
JoJoさぁ〜ん、こんにちは!
いらっしゃいませぇ〜♪

ね、ねっ、何回も観たくなりますよねコレって。

そそ、山田君もなかなか「百獣の王」の貫禄があるんですよねぇ。
不敵に微笑むあの表情!!!
デンと構えてるあの態度も、なかなかどうして王者の風格が充分です。
旬クンが「そいじゃなぁ貧乏人」と言うと、山田君が「貧乏人は強ぇ〜ぞ」と言い返すあのセリフは、山田君のアドリブだったそうです。
三池監督ってけっこうアドリブ好きみたいですね♪

おぉぉ〜「情熱〜」ご覧になられましたぁ!
殺人的なハードスケジュールでしたね。
それなのに今朝の芸能ニュースでは、「深夜の公園で香椎由宇とデート」・・・て。
舞台やってヘトヘトだろうに。。。
やっぱり好きな人がいると頑張れるんかなぁ〜。


| なぎさ | 2007/11/16 9:03 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
監督 三池崇史   脚本 武藤将吾 原作  高橋ヒロシ(少年チャンピオンコミックス刊)  製作年度 2007年  公開 2007/10/27  上映時間 130分  配給 東宝   CAST 小栗旬/やべきょうすけ/黒木メイサ/ 桐
| +++ Candy Cinema +++ | 2007/11/15 12:47 AM |