<< デジャヴ | Main | ボーン・アルティメイタム >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.11.07 Wednesday author : なぎさ

クローズ ZERO 2回目鑑賞♪



再鑑賞なんて去年チョ・ハンソンにハマって3回観た『連理の枝』以来・・・

どぉ〜しても、も一回あの小栗旬クンが観たくってぇ




いやいやいや、やっぱりイイわぁ〜 (ノ^^)八(^^)ノ(*゜ー゜ノノ゛☆

またも萌えてしまったぁ 。・゜゜・(*>_<*)・゜゜・。


ま、今回は2回目ってことで、先週観た記憶をたどって細かく鑑賞してみました!!!

あ、そうそう今週のスマスマで、ビストロスマップに出演した旬クン♪

あの時、勝者にあげた「鈴蘭」の刺繍が入ったあのスカジャン!!!
イイよねぇ(*´I`人)ホッシイィ

初回の感想記事はこちら→『クローズ ZERO』


よく考えてみると、もともとアタシはこういう不良学生モノに弱かったんだと、今さらながら気づいた!!!

古ぅ〜くは、どおくまんプロ製作のコミック「嗚呼、花の応援団」
青田赤道という怪物のような主人公が、大学の応援団で暴れるというもの。
映画化もされて、当時まだ中学生だった私はこれにハマってしまった。

「岸和田少年愚連隊」
「パッチギ!」

韓国映画では「火山高」「オオカミの誘惑」

ってか、アタシ...
中学から女子校だったためガクランに馴染みが無く、憧れもあって好きなのかも.....(p_;)ガクランフェチカモ。。。


今回はですねぇ、旬クン演じる源治の姿を、まばたきも忘れて見入ってしまいました。

よく観ますと、非常に姑息な手段を取っていた「芹沢軍団」の戸梶(遠藤要)にむかっ腹立ちましたねぇ。

あと、ま、最終的に源治側に付いたから許すけど
最初の伊崎(高岡蒼甫)にも、どやねん と思いましたねぇ。

一人を大勢でっていうのは反則やね〜。


伊崎の仲間にボコボコにされた源治が、それでも立ち上がろうとするシーン
「あしたのジョー」を彷彿とさせるような起き上がり方と
脱げそうになった左足の上履き!!!

ここ、萌えシーンです はいヾ(^▽)ゞ


校舎の屋上でマージャンに励む芹沢(山田孝之)たち
「国士無双が出た!」と喜ぶ芹沢
次の瞬間、机がひっくり返される

振り向くとそこには源治が!!!

「お前が芹沢だろ?ツラ貸せ」という源治

その時、その場を取り繕うために時生(桐谷健太)が言う
「芹沢の弟子のリンダマンを倒してからこい!」と。

「一回だけだぞ」としかたなくその場を立ち去る源治

するとそこに川上兄弟が登場!

「いつからリンダマンがお前の弟子になったんだ!」と言いながら・・・

あっさり芹沢にボコボコにされる川上兄弟

一方、リンダマンとは何者ぞと、情報を聞く源治

と、そこへ噂のリンダマン登場!!!


っていう、この一連の流れ
ん〜、ここなかなか良いなァって思いましたね。



多くの方が書いていらっしゃった黒木メイサのあのPVのようなシーン

せっかくのクライマックスであるケンカシーンに、彼女の歌う姿が交錯するんですが
2回観てもやはりあれ邪魔でしたワ (w_ー; ン、アレ、イランカッタ

曲はねぇバラード調なんで、ケンカのクイック&スローシーンのバックにはそれなりに合ってると思うんですけども。
黒木メイサが歌ってるとこは必要ないかなと。

いや、私ねぇ、黒木メイサの顔が好きじゃないんでねぇ。
なんか気ぃきつそぉ。。。ちょっと意地悪そぉじゃないですかね。

ビストロに出たときも、なんかいやに落ちついてましたねぇこの19歳。
旬クンと並んでると、SMAPが「お似合い」って言ってましたけど
私はそうは思いませんね。

あとね、ビストロでも言っていた
「山田孝之のパンチがここに入りました」って、旬クンの右のコメカミ辺りを直撃したという問題のシーンがどこなのかと必死で観たんですけどねぇ。
それは分かりませんでした。


それと、大の阪神タイガースファンという旬クンは、ご自分も野球チームを持っているのですね。
この映画の中でも、皆と野球をするシーンがあって楽しそうにしてるんです。
あのシーンは監督さんが自由にさせてくれて、普段の感じを撮ったそうです。


2週目の今週も観客の入りはかなりでした。
若い人が多い中、私の一つ置いて隣に座ってたご婦人が二人。
「ALWAYS」と間違ってんじゃないかと思いましたよ。
ところがこのおばちゃんが、ラストで鼻をズルズルいわせてた。。。



もぉねぇ、今じゃ、携帯の着メロは浅井健一の「リトルリンダ」になり〜の

mixiで、旬クン関連のコミュに入り〜の

画像も収集し〜の

どぉよこれ!

なんでしょこれ!

行くよぉ〜も、こぉなったら!

跳んでやるぅぅぅぅぅ へ(>▽<*)ノ 

小栗旬サイコーだぁd(*´◇^*)b


後はDVD待ち〜♪




| 映画 《カ行》  | 14:39 | comments(8) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:39 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささま、再びこんにちは〜。
初TBをありがとうございました!お手数かけてすみません!!
ガクランフェチだったのですね(笑)。
韓国映画だと、クォン・サンウの『マルクチュ青春通り』もガクランものですよ。

私も、今「こういうのを『萌え』って言うのだろうか?」と思ってます、小栗旬に対する自分の状態。
DVDでは、黒木メイサのライヴシーンは早送り決定ですね。
でも私は、彼女すっごくキレイな子だな・・と前から思ってました。悔しいけど(爆)
野球のシーン、よかったよね〜♪ サウスポーなんや、と思ったり。。
阪神ファンなんですか、一緒や〜ん(壊れてるか?私)。
『キサラギ』早く観たいですね〜。ではでは!
| 真紅 | 2007/11/07 7:53 PM |
こんばんは 2回目やりましたね〜〜^^
凄く詳しくレビューされていてすばらしいですー^^
なぎささん、すっかり嵌りましたね~〜たぶん私より詳しいですよ。。
>「あしたのジョー」を彷彿とさせるような起き上がり方と
脱げそうになった左足の上履き!!!
「明日のジョー」私も 思いましたよ〜立ち上がる動きが・・・・そして、この映画も「明日のジョー」を思い出させます。
ところで「オオカミの誘惑」ではハンソンくんだったのですか?私はドンくんでした^^
どこまでも行きましょう〜〜〜
| ice | 2007/11/07 7:56 PM |
>真紅さんへ
無事にTBができて嬉しかったです〜♪

>クォン・サンウの『マルクチュ青春通り』もガクランものですよ。
ほんとだワ!
これも結構好きな映画です。
他にもサンウssiのは『ひとまず走れ!』もありましたが、あれってガクランじゃなかったのが残念。。。
『オオカミの誘惑』もブレザーでしたが。
考えたらサンウssiなんてかなりの年齢で高校生役してますよねぇ。
旬クンもこれで終わりと言わず、まだまだ高校生役&ガクランを着てて欲しいものですね。

「中目黒上腕二等筋」という野球チームに所属してるようですよ。
本作の野球のシーンは私も好きです!!!
ピッチャーしてましたねぇ。
そそ、東京出身なのに巨人ファンじゃないとこが「野球を分かってるなぁ」って感じですよねぇ。

旬クンの公式ホームページに、CMのページがあって、そこに「リポビタンファイン」のwebCMが5分ほどのドラマ仕立てであるのですが、CMなのにほんと良く出来てて面白かったですよ〜♪

えぇ、ホントに『キサラギ』ももちろん、他の作品も観てみたいですね!!!
| なぎさ | 2007/11/08 8:48 AM |
>iceさんへ
お出でくださってありがとうございます〜♪
はい、もぉ2回目行っちゃいました!
いえいぇ、まだ新参者ですが。。。

なんかねぇ、あの源治が「あしたのジョー」っぽいですよね!

>「オオカミの誘惑」ではハンソンくんだったのですか?
はい!ハンソン派でしたぁ(ノ〜^)ゞ
『オオカミ〜』でハマってしばらくはゾッコンでしたねぇ♪
この作品以降、急激に太っちゃったのが残念でした。
あ、でもドンちゃんも好きなんですよ〜。
『1%の奇跡』大好きでした。

>どこまでも行きましょう〜〜〜
iceさん、ご一緒させてくださいね〜♪

| なぎさ | 2007/11/08 8:54 AM |
なぎさねえさん!
いとこの みね です。
ここにお邪魔するのは初めてっす!

クローズZERO そんなに良いのですね。私はこないだまで放送していた、「イケメンパラダイス」にハマり全話録画して見たよ〜、今度焼いて持って行くね〜。
ってか、クローズZEROの旬くんも良いですが、劇中歌にも注目デスよ。
何を隠そう、ワタクシ クローズの劇中歌に「横道坊主」ってパンクバンドが使われているのをご存知?よこみち坊主じゃないよ、おうどう坊主だよ。
若い頃はその横道坊主のライブに頻繁に通いました。今になってやっと日の目をみた気がするなあ。
| いとこの みね | 2007/11/08 10:06 AM |
>いとこの みねさんへ
おぉぉぉぉぉぉ!!!!!
遊びに来てくれたんねぇ〜嬉しかよ〜(*^ー^人)♪

みねちゃん是非『クローズ ZERO』観てくんろぉm(_ _)m
あれ、アタシ「よこみちぼうず」と読んでただよ(ノ〜;)ゞ(恥)
「おうどう」って読むんだぁ。
うっそぉ!そんなにファンだったん?!
劇中歌にその横道坊主の曲が何曲も入ってるんよ♪
良いわ〜彼の魂のリズムと声!!!
パンクってよく分からない分野だけど、この映画とも良い感じになってるしd(´▽゜*)good!

「イケメンパラダイス」焼いてくれるん!!!
嬉しいぃ〜(八^▽)
なんせ、コレ観るまで全然興味の無い俳優さんだったもんで、彼の作品はことごとくスルーしちゃってて。。。
「花男」も見とかないと、来年くらいに映画化されそ〜やし・・・。
うわぁ〜も、おばちゃんは忙しいダヨ((・・;))
楽しみにしてるわねぇ〜♪
そそ、みねちゃんの「姫」も元気かい?
また顔を見せてね!
| なぎさ | 2007/11/09 8:45 AM |
なぎささん、改めてはじめまして!先日はTBのみにて、失礼いたしました〜!

なぎささん、記憶力すごいです!旬くんがボコボコにされたあのシーン、ハッキリ言って”顔”しか観てなかった(笑)ので、ぜんぜん脱げかけた靴に気づきませんでした。しかし、旬くん、日本人離れしたスタイルのよさですね!

メイサちゃんはね〜華のある美人だけど、この「男の物語」での必要性はあまり感じられなかったですよね・・・特にラストの決闘シーンでのアップはちょっと!?

わたしもDVD買い間違いナシ!気の多いわたしは、芹沢くんにも時生くんにも惹かれました(笑)また遊びにまいります、よろしくお願いしま〜す!
| JoJo | 2007/11/10 5:25 PM |
>JoJoさんへ
こちらこそ、立ち寄ってくださってとても嬉しいです〜♪

そうなんですぅ、なんかどうでもいいようなとこですが、あの上靴が気になっちゃって(ノ〜^;)ゞ

>旬くん、日本人離れしたスタイルのよさですね!
そそ、手足長いですよねぇ〜。
何着ても似合うし!
やっぱ、背が高いのが魅力ですよねぇ。

>特にラストの決闘シーンでのアップはちょっと!?
男の戦いの間に、彼女の歌うシーンっていうのが水を差してた感じでしたものね。
あれってもしかすると何か大人の事情があったのかしら?

山田クンの芹沢も、時生も魅力的でしたよね!
高岡蒼甫クンも『パッチギ!』に次いでカッコ良かったです。
私もまた遊びに行かせてもらいますねぇ〜♪
こちらこそよろしくお願いしまぁす!

| なぎさ | 2007/11/11 8:18 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
クローズ ZERO プロフィール検索 動画検索 画像検索
| いま話題のエンターテイメントとは? | 2007/11/07 7:17 PM |
クローズ ZERO’07:日本 ◆ 監督: 三池崇史「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」「龍が如く 劇場版」◆出演:  小栗旬、やべきょうすけ 、黒木メイサ、山田孝之、岸谷五朗、桐谷健太、高橋努 ◆STORY◆ 最強にして最凶の鈴蘭男子高校。その学内で
| C'est Joli | 2007/11/07 11:25 PM |
映画「クローズ ZERO」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、桐谷健太、高橋努、鈴之助、他 *監督:三池崇史 *原作:高橋ヒロシ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックを
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/11/08 7:28 AM |
最近どういうわけか、学園不良ものがブームだ。 ‘ごくせん‘ と‘ROOKIES‘が同じ曜日にやっているのも、どうかと思うが・・・ 試写会に行って、「良かったよかった。」を連発のねえねに薦められて、ようやく「クローズ ZERO」をDVD鑑賞した。
| ノルウェー暮らし・イン・ジャパン | 2008/04/24 2:38 PM |