<< ヘアスプレー | Main | グッド・シェパード >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.10.21 Sunday author : なぎさ

今宵、フィッツジェラルド劇場で



昨年、亡くなられた巨匠ロバート・アルトマン監督の遺作となった作品。

DVDで鑑賞。

アルトマン監督を崇拝されてる方には「なにそれ?」と言われそうですが・・・
どぉも・・・やっぱしアタシにはアルトマン監督の作品は合わないような ((,,・3・,,))
楽しみどころがイマイチ分かりません。。。

画像のタイトルは原題の『プレーリー・ホーム・コンパニオン』
過去、アルトマン監督作品で鑑賞しましたのは
『ウェディング』
『M・A・S・H』
『クィンテッド』
『ザ・プレーヤー』
『フール・フォア・ラブ』
『プレタポルテ』

いずれも自分の好みとは合いませんでした。

巨匠と呼ばれる監督さんですよねぇ。
俳優さんに「最もいっしょに仕事をしたい監督」としても名前が上がると言われていたほど、信頼のある監督さんだったわけですよね。

長寿のラジオ公開番組が今夜の放送で終る。
その一夜を描いたこの作品は、これが遺作となったアルトマン監督の引き際の良さも現されていたかのよう。


全米4300万人が聴いているという『プレーリー・ホーム・コンパニオン』
1974年の放送開始以来、実在の番組は現在も放送が続いているらしい。
日本でも聴けるとか。

そこでMCをしているのが、本作でも本人役で出演していたギャリソン・キーラー氏。
この映画は、彼が原案&脚本&出演もしているというもの。

なんでしょ、日本で言うなら「玉置宏さん」。。。みたいな?

カントリー&ウェスタンミュージックが、次々と歌われていく。

ヨランダ&ロンダのジョンソン・ガールズ
カウボーイデュオのダスティ&レフティ
白髪ながら美声を聴かせるチャック(L・Q・ジョーンズ)


日本人にも馴染みのある曲も流れ、合い間には生CMも歌われる。

アルトマン監督、お得意の群像劇。
2台のカメラを常時使って、俳優の自然な動きを狙った映像。

俳優は全員がピンマイクを付けていて、その場の雰囲気が臨場感たっぷりに漂う。


楽屋入りしたヨランダ(メリル・ストリープ)と、ロンダ(リリー・トムリン)の雑談などを観ていると、本当に楽屋話っぽい。

立て板に水のように話をするロンダの横で、相づちをうつヨランダ。

ここで久しぶりにお目にかかったロンダ役のリリー・トムリンさん!!!
大好きな女優さんです!

この姉妹の歌声、ご本人の歌唱によるものですが、ウマイですねぇ〜♪

彼女たちだけでなく
カウボーイデュオに扮したダスティ役のウディ・ハレルソン
レフティ役のジョン・C・ライリーも!!!


番組の最終回に誕生するヨランダの娘ローラにはリンジー・ローハン
彼女もまた歌がウマイ!!!


暗い映像の中で一際目立つ「白いコートの女」デンジャラス・ウーマン役のバージニア・マドセン
この人の顔が大好き♪
いつ観ても美しい〜(八^▽)


この番組を打ち切ると決めた企業の人間アックスマンにはトミー・リー・ジョーンズ
このトミー・リーが、ずーっとライティングがあたってないのかと言うほど顔が見えないんですよねぇ。


私立探偵気取りの用心棒ガイ・ノワールにはケビン・クライン


何にでも必ず「終わり」がくるということなんでしょうか。


ラスト、出演者たちとMCのキーラ、用心棒のガイらがダイナーに集まってツアーをしようと話している。
そこへ娘のローラも来て、今は歌とは関係のない仕事をしていることが分かる。

ワタシ的には、この番組が終った後の彼らの状況に興味が沸いてきました。
MCのキーラは駐車場の係員とかって言ってたようだし・・・。

「終わり」があるなら「始まり」もまた必ずあるわけですからね。

ともあれ、アルトマン監督作品のまだ未見のものもボチボチと鑑賞していきたいな・・・と。

| 映画 《カ行》  | 16:13 | comments(4) | trackbacks(10) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:13 | - | - | pookmark |
COMMENT
TBありがとう。

>なんでしょ、日本で言うなら「玉置宏さん」。。。みたいな?

ハハ。懐かしいですねぇ。
まあ、間違っても、みのもんたじゃないですからね。
黒柳徹子なら、ある程度、張り合えるかも。
大橋巨泉は出すぎるし。
| kimion20002000 | 2007/11/29 4:47 AM |
>kimion20002000さんへ

懐かしいですよねぇ〜。
「一週間のご無沙汰でした・・・」で始まる"ロッテ歌のアルバム"

>まあ、間違っても、みのもんたじゃないですからね。
そぉそぉ!!!
この人だとアクが強すぎますねぇ。

"ミュージックステーション"のやる気の無さそうなタモリの司会っぷりとも違いますよね(笑)
| なぎさ | 2007/11/29 8:50 AM |
こんにちは、トラバありがとうございます。

アルトマンっていう人は何か独善的とゆーか、わかりずらい部分がありますよね。
| David Gilmour | 2007/12/02 2:29 PM |
>David Gilmourさんへ

こちらこそ、ありがとうございますm(_ _)m

>アルトマンっていう人は何か独善的とゆーか、わかりずらい部分がありますよね。
ほんと、そうなんですよねぇ。
素晴らしい監督さんなのでしょうが、これも好みの問題ですからねぇ。
私は相性が悪いようです。
| なぎさ | 2007/12/02 6:17 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/628
TRACKBACK
 『最後のラジオショウが終わるとき、 新しいドアが開く』  コチラの「今宵、フィッツジェラルド劇場で」は、3/3公開になったロバート・アルトマン監督最後の作品で、あたしも好きなアルトマン監督の「ショート・カッツ」のようなアンサンブル・ドラマなんですが
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/10/22 11:25 PM |
{/kaeru_en4/}シロガネーゼは、このあたりを毎日かっ歩しているわけだな。 {/hiyo_en2/}フィッツジェラルドの「華麗なるギャツビー」みたいな生活しているのかしら。うらやましい。 {/kaeru_en4/}そう言えば、「今宵、フィッツジェラルド劇場で」のフィッツジェラルド
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2007/10/24 10:12 PM |
今宵、フィッツジェラルド劇場で東宝このアイテムの詳細を見る ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド劇場。毎週土曜の夜、長年に渡って公開 生中継が行われてきた人気ラジオショウ「プレイリー・ホーム・コンパニオン」。この日も 出演者たちが次々と楽屋入り。
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2007/10/25 4:55 PM |
演奏される音楽がみな素晴らしい。カントリー音楽である。土の匂いであり、そこに人の匂いが感じられる。もっと言えば、イノセンスな味わいである。かって、アメリカという国が持っていたものとはこのような感じのものではなかったのだろうか。それに比べて、現在のアメ
| 映画と出会う・世界が変わる | 2007/10/29 9:46 AM |
朝鮮戦争を痛烈に批判した「M★A★S★H」や、ハリウッド映画界の内幕を暴いた「ザ・プレイヤー」などの作品で知られる米映画界の鬼才、ロバート・アルトマン監督が2006年に撮ったドキュメンタリータッチのドラマ「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(米、105
| シネマ・ワンダーランド | 2007/11/25 8:01 PM |
カテゴリ ドラマ 製作年 2006年 製作国 アメリカ 時間 105分 公開日 2007-03-03〜 監督 ロバート・アルトマン ストーリー ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド劇場で、長年親しまれてきたラジオショウ「プレイリー・ホーム・コンパニオン」の、
| サーカスな日々 | 2007/11/26 5:41 PM |
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督ロバート・オルトマン ネタバレあり
| プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2008/02/08 6:10 PM |
『今宵、フィッツジェラルド劇場で 』を観ました。実在の人気ラジオ番組をモチーフに、最終回を迎えたラジオの長寿人気ショー
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/02/11 10:46 PM |
今宵、フィッツジェラルド劇場で 監督 ロバート・アルトマン 出演 メリル・ストリープ/ウディ・ハレルソン/トミー・リー・ジョーンズ/ギャリソン・キーラー/ケヴィン・クライン/リンジー・ローハン/ヴァージニア・マドセン/ジョン・C・ライリー/マヤ・ルドルフ/リリ
| <花>の本と映画の感想 | 2008/04/09 7:32 PM |
今宵、フィッツジェラルド劇場で    詳細@yahoo映画 解説:30年あまり続いた音楽バラエティショーが放送を終了する最後の夜の様子を、流れるようなカメラワークでみせる。実際、長年ラジオ番組の司会を務めてきたギャリソン・キーラー本人が舞台を盛り
| ミーガと映画と… -Have a good movie- | 2008/04/19 3:42 PM |