<< 代理人 | Main | パニックルーム >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.11.08 Tuesday author : なぎさ

ギフト

ギフト
ギフト

先週、テレビで放映された『ギフト』を観ました。テレビ
同じように鑑賞された方も多いと思います。
地上波放送の映画は私の場合、ビデオに撮って後日、鑑賞というパターンが通常です。
なぜかというと、二ヶ国語放送の場合しかできませんが、CMカットして観れるからです。
9時始まりで10時53分までの作品は、CMを除けば大体1時間30分ちょいぐらいで観れちゃいますもんね!
言い換えれば、リアルタイムで観た場合、残りの20分近くはCMを観てたことになります。
ところが途中に入る提供やら次回の予告は、二ヶ国語放送部分になるのでカットできないんですよね〜。
まぁいずれにしても、本編がテレビ用にカットされちゃってますから、本当に良かった作品は、また改めてビデオやDVDで観るようにしているのですが。。。

これは、再観する必要はないかと・・・。しょんぼり
えーーっと、はっきり言って、この役にキアヌが出なくてもよかったんじゃないのーーーぉ?って言うのが第一にあります。
誰かへの義理で引き受けたのかなぁ〜。
監督とか脚本家に、昔お世話になったから。。。な〜んて思ってしまうような役どころでした。

夫を事故で亡くし、3人の息子達と細々と暮らすアニー(ケイト・ブランシェット)には‘天性に備わった能力(ギフト)’があった。
それは透視できる霊脳であった。
アニーはそれを活かし、町の人たちの心の支えになってあげていたのだった。
ある日、ジェシカ(ケイティ・ホームズ)という女性が失踪した。
ジェシカの父親は、アニーの霊感で娘を探してほしいと依頼する。

‘ギフト’って‘プレゼント’的な意味合い意外に、神様からの‘贈り物’ということで‘生まれ持った能力’のことを示す言葉だと以前、聞いたことがあります。
主人公アニーの霊視能力がまさしく‘ギフト’なんですね。

K・ブランシェットは『ヴェロニカ・ゲリン』で、芯の強い女性を演じてましたが、この作品では自分の能力に恐れと不安を抱くどこかか弱い女性に扮していました。
K・ブランシェットって、雰囲気がエマ・トンプソンのような感じがする。。。のは私だけ?

共演者がすごい!びっくり
さっき言ったK・リーブス、オスカー女優ヒラリー・スワンク、今あのトム・クルーズと幸せ満開のケイティ・ホームズ
グレッグ・ギニアでしょ、ほんでもって少し前に亡くなったマイケル・ジェッタと豪華なこと!

監督があのサム・ライミ。
シャロン・ストーン『クイック&デッド』はライミ監督の中で私の1番好きな作品です。
あーー!そー言えばその作品もすっごい豪華な出演陣だったわっ!
この監督さんは「ハリウッド俳優が出たい!」と言わせる人なのかしら〜?

ご賛同頂いた方、ひとつお願いいたします↓クリック♪
| 映画 《カ行》  | 16:28 | comments(12) | trackbacks(10) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:28 | - | - | pookmark |
COMMENT
むふふふ、キアヌ、結構ありますよね「何で選んだん?この仕事。」てことが。キアヌらしいというかなんというか・・・。

予告だと結構おどろおどろしい感じになっていたんですけどイザ観てみるとそうでもなくて、可もなく不可もない映画、なのかなぁ・・・

K・ブランシェットって色んな顔がありますよね〜。そういった意味ではE・トンプソンと共通してるのかも。。
| ヨッシー | 2005/11/08 10:26 PM |
ヨッシーさん ども!
えーえー、キアヌ・リーブスってちょっと‘ユニーク’ですなぁ。その昔、モヒカンの変形みたいな髪型してた頃があっり、相変わらず‘ホモ疑惑’も付きまとってますねぇ。

怖くなるよ〜、次はほんとに怖いよ〜。。。?で、終わっちまった!みたいな映画でおましたわ。

色んな顔ありますね、ブランシェット。ちょっとクールビューティな美しさも兼ね備えてて。
| なぎさ | 2005/11/09 10:28 AM |
なぎささん、コメント、TBありがとうございます。
やはり思うことは同じですね。
・・・キアヌはなぜこの作品に出たんでしょう。
私も見直すことはないと思います(笑)
| ゆかりん | 2005/11/10 8:35 PM |
ゆかりんさん コメント&TBありがとうございます!!
キアヌの出演は謎ですね〜。
これからもよろしくお願いします(^^
また遊びに行きますねっ♪
| なぎさ | 2005/11/10 10:07 PM |
はじめまして。
豪華な俳優さんを使っていたわりには、こじんまりした映画でしたね。
幽霊の顔が恐かったです(^^;

ミッション・クレイオパトラもこちらもTBさせていただきますm(_ _)m ペコリ
| ベル | 2005/11/26 5:29 PM |
>ベルさんへ
はじめまして ようこそ!
コメント&TBありがとうございました!

もっと怖いのかと、ある意味ワクワクしながら観てましたが、若干、肩透かしの感が残る映画でした〜。

私もそちらへお邪魔いたしますね♪
| なぎさ | 2005/11/27 4:58 AM |
これにはヒラリー・スワンクも出てたりして
なにげに豪華出演陣の映画でしたね。
ケイト・ブランシェットは今まで見た映画どれも別の顔を見せてくれて
すごく楽しませてもらえる女優さんです。
この作品で共演していたジョヴァンニ・リビージとの作品
「ヘヴン」ではえっ!?と思うようなヘアスタイルになっちゃって
女優魂を感じました^_^;
| ジュン | 2005/12/19 10:21 PM |
>ジュンさんへ
コメント&TB頂きありがとうございます!

そうでしたね、H・スワンク出てましたぁ。
彼女も観るたび違う人になってます。
と、いってもまだ数は多く観てませんが『ボーイズ・ドント・クライ』なんて、「性同一性障害」の役で男の子になってました。
この人も女優魂すごいですよね〜。

J・リビージって死んでから助けに来た男性ですよね。
『ヘヴン』ってまだ未観なので観てみたいですね。

ホント、K・ブランシェット女優魂全快です!
| なぎさ | 2005/12/20 6:44 AM |
そういえば、好きな女優さんの記事で盛り上がったことがあまりないですね・・・私。

でも、ケイト・ブランシェットは別格!!
あの吸い込まれるような演技に毎回ノックアウトされています。

この作品でも、どこか浮世離れしているような雰囲気、おどおどしているかと思えば、妙に力強かったり・・・
さすがだな〜と思いました。
ジョバンニ・リビシいい役者さんですね。迫真の演技で圧倒されました・・・
| D | 2006/05/31 8:38 AM |
>Dさんへ
そうですねぇ〜!
Dさんとは長いお付き合いなのに、それは無かったような・・・。

ケイト・ブランシェットって、とても透明感のある女優さんですよね!
私も好きです〜♪
『ヴェロニカ・ゲリン』で見せた強い精神力と、弱い女性の部分を併せ持った主人公の役なんて、ほ〜んとに素敵でした☆

『ギフト』では、滑って転ぶシーンでパンチラもありましたね!
ジョバンニ・リビジがまた良い味のある俳優ですよねぇ。
脇役なのに記憶に残る人!
| なぎさ | 2006/05/31 4:05 PM |
こんにちは!
びっくりの豪華キャストでしたねー!!
キアヌにも驚かされましたが、わたしもこの役は彼じゃなくてもよかったんじゃないかと思いましたよ。
サム・ライミ監督作品って、「スパイダーマン」しか知らないんですけれど、「クイック&デッド」面白そうですね、こんどチェックしてみます。
| shake | 2006/09/23 5:53 PM |
>shakeさんへ
こんにちは〜(*^ー^)ノ
そうそう、これ、なぜキアヌ出ていたのでしょう?
監督か製作側になにか「借り」でもあったのでしょうか・・・って思いたくなるくらい彼でなくても、という配役でしたね!

サム・ライミ監督作品では、『クイック&デッド』私は好きです。
西部劇モノですが、あのシャロン・ストーンがカッコ良いガンマンになってました〜(人´▽`)♪
| なぎさ | 2006/09/24 2:51 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/62
TRACKBACK
人の運命を見ることができる女性が、町で起こった失踪事件を解き明かすお話。 キアヌちょっとしか出てこないじゃんっ。 しかもイケてな〜いっ(笑) でも似合ってない役どころもいいかもーーっ えっ?  ・・・です。 ストーリーはよくある感じだしとくに
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2005/11/10 8:26 PM |
アミューズソフトエンタテインメント ギフト (2000)     出演 ケイト・ブランシェット (アニー・ウィルソン)     ジョヴァンニ・リビシ (バディ・コール)     キアヌ・リーヴス (ドニー・バークスデール)     ケイティ・ホ
| ベルの映画レビューの部屋 | 2005/11/26 5:29 PM |
この映画を手に取ったきっかけはケイト・ブランシェットです。 ちょうど1週間前に見た【耳に残るは君の歌声】のローラ役が 妙に記憶に残って違う作品も見てみたいなぁと思ったの。
| BLACK&WHITE | 2005/12/19 10:10 PM |
【ギフト】 ■製作年度:2000年 ■製作国・地域:米 ■上映時間:111分 ■監督:サム・ライミ ■出演:ケイト・ブランシェット  ジョヴァンニ・リビシ     ヒラリ
| 夏の香りのする秋に読む童話 | 2006/03/24 9:50 PM |
『ギフト』*TV ギフト 監督:サム・ライミ(「シンプル・プラン」) 出演:ケイト・ブランシェット(「ロード・オブ・ザ・リング」「トロイ」)    キアヌ・リーブス(「コンスタンティン」)    ヒラリー・スワンク(「ミリオンダラー
| Cold in Summer | 2006/05/25 4:29 PM |
アミューズソフトエンタテインメント ギフト アメリカ 2000年 ケイト・ブランシェット、キアヌ・リーブス、ヒラリー・スワンク、ジョバンニ・リビシ、ケイティー・ホームズ、グレッグ・キニア 監督:サム・ライミ 脚本:ビリー・ボブ・ソーントン、トム
| 映画を観よう | 2006/05/31 8:50 AM |
The Giftとは、『特別の能力』を意味するのだとか。 ホラー、サスペンス、ミステリーって、ちょっと欲張りすぎたかも。
| シェイクで乾杯! | 2006/09/23 6:01 PM |
ギフト ジョージア州にある小さな町。 人の運命を見抜く“超感覚(ギフト)”を持ったアニーはここで占い師をして3人の子どもと細々と暮らしていた。 ある日、この町で失踪事件が発生。 失踪した娘の父親がアニーに協力を依頼して来きた。 監督/サム・ライミ
| 紅梅日記 | 2007/09/07 10:46 PM |
サスペンス洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。yahoo動画で配信していた「ギフト」見ました。 あらすじ:『ダークマン』のサム・ライミ監督が描くサスペンススリラー。人の運命を見抜く能力“ギフト”がある女性占師・アニーは、町で起こった失踪事件を占うこ
| ホラー映画って呪怨が怖いの? | 2008/09/15 11:43 AM |
不思議な霊感「ギフト」を持つ女性が殺人事件に巻き込まれていくスリラー。監督はサム・ライミ、出演はケイト・ブランシェット、キアヌ・リーヴス、ヒラリー・スワンク、ジョヴァンニ・リビシ、ケイティ・ホームズなど。 <あらすじ> 3人の子供を女で一つで育ててい
| Yuhiの読書日記+α | 2008/10/08 11:15 PM |