<< 三年身籠る | Main | HERO >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.09.09 Sunday author : なぎさ

ヒストリー・オブ・バイオレンス



昨年でしたかねぇ公開されてたの。

正直、もっと展開があるのかと思いきや...意外とストレートな話しでした。


監督がデヴィット・クローネンバーグ
う〜ん、この人の作品は『ザ・フライ』くらいしかちゃんと観たことないです。


主演がヴィゴ・モーテンセン
この人の作品も、ちゃんと観たのはこれが初めてのような気がします。

この人、観てると・・・この人↓と重なる

『ビバリー・ヒルズ』のディラン・マッケイこと なだぎ武

「どぉしてぇ、なんでぇ、重なるのぉ」(byキャサリン)
「ぅん〜、いやぁ〜、なんだか分からないが似てるだろ」(byディラン)


善良な市民であり、良き父親であり、真面目な食堂の経営者のはずが・・・

ある日、トム(ヴィゴ・モーテンセン)の店に男二人が来て銃を突きつけたことから、トムの生活は一変する。

幸いにもトムが勇敢に立ち向かい、客や従業員には怪我もなく事なきを得た。


かのように思えたが、その後もフォガティ(エド・ハリス)という男が店に来て、再びトムは強迫されることに。


この人は本当は誰なのか?
次第に夫への不信をつのらせる妻のエディ(マリア・ベロ)。

やがて家族の崩壊へと。


もしかすると、トムという人物は記憶障害か、人格障害かなにかで、過去が思い出せないでいるのかなと思ったのですが。


単に、過去を伏せてただけだったんですよね。


だからタイトルも含めて、そのままのストーリーでした。


これ、同名コミックの映画化だそうです。
でもね、非常にていねいに撮られた作品でしたねぇ。
ゆっくりと、じっくりと、描かれていて、とても観やすかったし、時間的にも96分という尺はちょうど良いですね!
最近はやたらと長い映画が多いじゃないですか。
2時間越えはザラですもんね。
でも1時間半くらいのほうが集中して観れますね、私は。

監督のクローネンバーグはいつもほぼ同じクルーとお仕事をされてるそうなので、その辺の気心がお互いに分かっているからこそ、こういうゆったりした作品ができるんでしょうね。


ラストで、再び家族の元へ帰ってきた主人公・トムを、家族は一言も何も言わずに迎え入れるんです。

このラスト、台本にセリフが一言も無かったそうなんです。
監督は「3ヶ月も一緒に撮影をしてきたんだから、自分たちの気持ちで演じてください」みたいな意向だったそうです。

それぞれの思いでセリフのないエンディングを演じられたようですが、それがとっても印象に残りました。

逆に何か一言でもセリフがあったら嘘っぽくなってたでしょうね。

俳優陣も良かったです。
エド・ハリスウィリアム・ハートの悪役。
奥さん役のマリア・ベロがまたエロティックで良かった!
バスローブを着てのサービスショットもありましたよねぇ。
これ「R−15」だったんですね。


夫が、家族が、どんな過去を背負っていたとしても・・・
それを受け入れることができるだろうか。


意外と夫の過去なんて知ってるようでほんとのところ知らないもんなぁ。。。


     ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

           「今日のつぶやき」

            もう見ましたか?

         キムタクと堤真一さんのCM
      電気屋さんでの会話をコメディっぽくしたもの

     最近キムタク、やたらと露出度多いですよねぇ。

         CMだけでもかなり出てるし・・・
        ラジオのCMにも声で出演してたりと・・・

     ま、それも全て『HERO』のためなんでしょうけども。

     なんですかぁ、アンアンで14年連続のナントカだそうで。

    『踊る〜』の興収を抜きたいと意気込んでおられるようですね。

      かなりチカラ入れてるようだし、興収抜くんだろうなぁ。

         『武士の一分』は観に行きましたが
         『HERO』は多分、観ないかも...
            TVも見てなかったし。
| 映画 《ハ行》 | 15:53 | comments(10) | trackbacks(9) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:53 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささん、こんばんは〜!
丁度、自分とこの記事アップしたところでこちらを拝見したら「HERO」の事が書かれていたものでお邪魔します_(._.)_

自分もドラマちゃんと観てなかったし、まして取り立ててキムタクファンでもないですけど、これが中々結構面白かったですよ(笑)
たしかに、あの過剰なCM、テレビ出演はウザイですけどねぇ…も、ウンザリ(´д`)
| Sur | 2007/09/09 9:09 PM |
>Surさんへ
Surさん おはようさんで〜す♪

おっ!もう『HERO』ご覧になられたのですね!!!

>これが中々結構面白かったですよ(笑)
面白かったですか。
ドラマ全然観てなくっても話についていけそうなんですかね。
キムタク扮する主人公の名前も読めないんですけど。。。(恥)

なんですか、ビョン様の出演時間がたったの5分らしいですね〜。
(興味ないと言いつつ情報は聞いてますよね・・・あたしって)

私ね、基本的にキムタクに、なんの魅力も感じない人なんですよねぇ。
なんで世間が彼に、あのように色めき立つのか分からないです。
日本にはキムタクしかおらんのかと思ってしまいますよねぇ。
福山さんは好きなので許しますけどもネッ!

でも、家では尻にひかれてそうですよね。

Surさんのレビューを拝見して観た気分になろうかな〜♪
| なぎさ | 2007/09/10 8:33 AM |
マリア・ベロがなかなか良かったですねぇ。見ている間中、重苦しくて胸につかえた感じでした。
そうそう、これ以上長いとダレちゃうかなぁというところでしたが脚本も良かったのでしょうね。TBさせてくださいませ。
| J美 | 2007/09/10 12:10 PM |
スッパ〜〜ンと96分、モタクタせずに1時間半あまり、
一気に観れたでしょう!^^

さすがクローネンバーグ、「蝿男」のドロドログッチャン
も撮れるし、こういうクールなサスペンスもいける。
ダンディな上に、エロい場面、リキ入れて撮る監督
だすなぁ〜〜〜ガッハッハッハ〜〜〜!!^^
| viva jiji | 2007/09/10 5:30 PM |
>J美さんへ
コメ&TBありがとうございました〜♪

マリア・ベロさん、以前に『アサルト13』とかいう作品で拝見しただけでしたが、今作の彼女、やつれた感じがセクシーでした!

>これ以上長いとダレちゃうかなぁというところでしたが脚本も良かったのでしょうね。
ですよね!
あれで主人公の過去をダラダラと引きずられていたら間延びしたと思うんですけど、そこは簡潔にまとめていて観やすかったです。
このあたりは監督さんのセンスを感じますね!!!
| なぎさ | 2007/09/11 8:43 AM |
>viva jijiさんへ
いつもありがとうございます〜♪

この作品へのviva jijiさんのレビュー楽しみだなぁ〜。
後ほどお邪魔しますね!

>スッパ〜〜ンと96分、モタクタせずに1時間半あまり、
一気に観れたでしょう!^^
最近、2時間越えの作品がザラにあるでしょ〜。
感情移入できる作品ならまだしも・・・もうこの辺で勘弁してよと言いたいものもあるんですよねぇ。

>ダンディな上に、エロい場面、リキ入れて撮る監督
だすなぁ〜〜〜ガッハッハッハ〜〜〜!!^^
いやはや、ほんとそうだすなぁ〜。
あのS○Xシーンなんか、かなりなもんでしたからねぇ。
あんな...ねぇ、階段で...みたいな(爆)


| なぎさ | 2007/09/11 8:49 AM |
こちらにも。
えー今ごろ知りました。
台本にセリフが一言も無かったなんて〜へぇ。
自分の親がこんなんだったら・・・かっこいいなぁ(笑)
| ゆかりん | 2007/09/12 3:25 PM |
>ゆかりんさんへ
こちらへもありがとうございました〜♪

>台本にセリフが一言も無かったなんて〜へぇ。
そうらしいですよ。
後は自分たちで考えて演技してくださいってことだったらしいですが、撮影が終ってもみんなで涙が止まらなかったとか・・・。
すっごい感情移入されてたんでしょうね。

あのお父さん強そうで頼もしいけど、家の庭先であんなに人が死ぬなんて嫌ですねぇ〜(笑)
| なぎさ | 2007/09/12 4:15 PM |
ディラン=ヴィゴ

私にとっては数いるハリウッドスターの中でも
セクシーさで言ったらかなり上位に食い込むヴィゴがディランとは・・・(爆)

ラストの無言の食卓は緊張感漂ってましたね。
ドキドキしながら成り行きを見守りました。
| ジュン | 2007/09/22 6:08 PM |
>ジュンさんへ
どうもすみましぇ〜んジュンさん!!!
なんでか、私の中ではこんな風に観得てしまって。。。(恥)

このラストはなかなか後に効いてきました〜。
ヘンなセリフが無いのが秀逸でしたよね!
| なぎさ | 2007/09/23 5:20 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/609
TRACKBACK
木村拓哉主演映画「HERO」見てきました 本日公開、木村拓哉主演映画「HERO」を早速見てきました。 『これはいい映画だったなぁ』が映画を見終わって感じました。 映画のスケール感は正直あまりありません。 ドラマも特別編もなんかいも繰り返しみてしまったからでしょ
| 木村拓哉主演映画「HERO」映画・試写会・画像情報 | 2007/09/09 5:24 PM |
 コチラの「ヒストリー・オブ・バイオレンス」は、「イグジステンズ」のデヴィッド・クローネンバーグ監督のR-15指定のサスペンス映画です。  タイトルの通り、結構暴力的なシーンが多いのですが、心理描写もなかなか見応えのある作品です。しつこいようだけど、「
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/09/09 10:50 PM |
避けられない暴力の罪。 ヒストリー・オブ・バイオレンス  2005年 アメリカ 監督 デヴィッド・クローネンバーグ 冒頭より不穏な空気が流れまくりです! R−15指定なんですね、この作品。 血も暴力もベッドシーンもありで、目を背けたくなる
| みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories | 2007/09/10 12:10 PM |
お毒味役の主人公が貝の毒に当たり、失明。お城勤めが出来なくなる。そこへ、上司が「困ったことがあったら、屋敷に来なさい」と妻に言い寄る・・・・。もうこのあたりからもうストーリーが読めてきますよね。
| 映画や本を淡々と語る | 2007/09/10 12:48 PM |
『A HISTORY OF VIOLENCE』公開:2006/03/11製作国:アメリカ/カナダ監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス、ウィリアム・ハート、アシュトン・ホームズ、ハイディ・ヘイズ、ピーター・マクニール、スティーヴ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/09/12 3:19 PM |
【ヒストリー・オブ・バイオレンス】 ★★★ DVD ストーリー インディアナ州の田舎町で小さなダイナーを経営するトム・ストール(ヴィゴ・モー
| りらの感想日記♪ | 2007/09/16 3:57 PM |
【A History of Violence】2005年/アメリカ 監督:デビッド・クローネンバーグ  出演:ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス、ウィリアム・ハート 小さな田舎町で幸せに...
| BLACK&WHITE | 2007/09/22 6:01 PM |
あらすじインディアナ州の田舎町。そこでトム・ストール(ヴィゴ・モーテンセン)は妻と2人の子供たちと幸せな生活を送っていた。ある夜、トムが経営するダイナーで、2人組の強盗に襲われるがトムは一瞬の隙をついて、鮮やかに強盗を射殺した。一夜にしてヒーローとなっ
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/03/21 9:50 PM |
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』を観ましたある事件をきっかけに夫の過去を巡る黒い疑惑が浮上、平穏だった一家が暴力と罪の渦に呑み込まれていくさまを、リアルでショッキングな暴力描写とともに綴る衝撃のサスペンス・ドラマです>>『ヒストリー・オブ・バイオレン
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/10/26 11:30 PM |