<< 大災難 P・T・A | Main | 秘密と嘘 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.10.04 Tuesday author : なぎさ

どう思いますか?少子化って

ブログに夢中になるあまり、間食をしなくなって少し下っ腹がスッキリしました拍手
歯止めの利かない少子化で、もうすでに人口の減少が始まっています。
今や「結婚して一人前」「子供をもって一人前」なんていう社会通念が希薄になりました。
「少子化だから産んでください」と言われても産む側の女性にも、さまざまな事情もあるのです。

と、いうわけで私が2年ほど前から、携わっているのが「次世代育成支援」なんです。地域で「子育てサークル」を主催していた関係で、子育て支援課の方からお誘いがあり、「行動計画」策定から部会に出席させていただいていました。
今、国をあげて重要視している課題でもあります。

部会では、私のような一市民から市会議員や大学教授まで、有識者を交えて「いったいどうすれば、子供を産み・育てやすい環境ができるのか?」ということを、行政・学校・地域・家庭と多面的に話し合うのです。

私が思うに、「子育ては社会全体の責任」「社会の母性」という観点から「男性の子育て」をもっと社会が認めて欲しいものです。育児業」が母親一人の役割のような風潮じゃないですか?
女性が「育児休業」を取得するのさえ、はばかられる世の中で、男性が取得するなんて考えられないでしょショック
そんなことをしたら、「周りから異端視されて出世に響く」と、いうのが日本の社会風土ですよね悲しい

この「育休」取得も、職場によっては本当に大変みたいです。
自分がいない間、誰かがカバーしなくてはならず、反対に経営者側からすれば、一人抜けても他の人で補えるなら人件費削減となるわけです。
それで、やむを得ず出産を機に泣く泣く退社となるわけです。

それから、忘れてはならないのは、産みたくても産めない人もいるってことです。現在「不妊治療」にはほとんど保険が適用されないとか・・・。

私の場合は、晩婚で高齢出産だったため一人は産めましたが、二人目となると体力的に厳しかったので結局、現在、娘一人だけです。
妊娠後半に「妊娠中毒症」になり母子共に危険なこともありました冷や汗
普通分娩で産まれましたが、体中がむくんでホントにしんどい思いをしました赤ちゃん

そんな私に、近所のおばさんが私の顔を見るたび「一人っ子はかわいそうよもう一人産まないと!」・・・。会うたびコレを言うのです・・私に・・。
教えてください。「一人っ子」ってホントにかわいそうなのでしょうか?聞き耳を立てる
相手の状況などまるで無視した発言です。もし私が、子供ができにくい体質でやっと一人授かった、だからもう二人目は望めない、という女性なら本当に嫌な言葉であり悲しくなります。

こんなことを言う無神経な人は、どちらかというと若い人ではなく「おばちゃん」です!還暦を過ぎた以上の年齢の、しかも女性が多いです。
子育ての苦労を知ってるはずなのに・・・。悲しい

なんだか話が飛んじゃいましたが、この「次世代育成支援」については、今後も部会に出て進捗状況を見ながら、「子育て中」の母親として行政や企業に意見を述べていきたいと思っています。皆さんのご意見もお聞かせ下さい。聞き耳を立てる



| ダイアリー | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:43 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK