<< 69 sixty nine | Main | トランスフォーマー >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.08.13 Monday author : なぎさ

卒業



この『卒業』
ダスティン・ホフマンのではないのです。

2003年に公開された、内山理名の映画初主演作。

堤真一さん目当てでレンタルしたのですが・・・


おおおぉぉぉぉお〜、これは儲けモンの1本でした!!!


画像を探したのですが、全然なくって...


赤い傘を挟んで立つ男女。

男性は心理学講師の真山悟、41歳、独身。

女性は彼の講義を受けてる女子大生、杉田麻美、19歳。

この二人の関係はねぇ、親子なんです!

ひえぇ〜、そんなん言うていいのん・・・と思うでしょ。
これね、ネタバレじゃなくって、ここをあらかじめ知っておいて観たほうが素敵なんですよね♪


本編の中では一切、素性を明かさない娘の麻美。

彼女だけが真山が父親だと知っている・・・。


このねぇ堤さん演じる真山という男性がねぇ
不器用で、無口で、見た目もパッとしない、ま、中年というにはいささか若いですが、
イケテないおっさんなわけです。

大学で講義する時も、ほとんどの学生が寝てたり、メールしてたりと、そんな感じです。
それもそのはず、彼の講義は黒板に向ってひとり言喋ってるみたいなんですよね。

そんな彼ですが、結婚を前提にした彼女、泉(夏川結衣)がいるんです。

それがまたこれ、
彼女に対してもはっきりしないというか
彼女の親に会うことも引いてるというか

彼女との待ち合わせにも、彼は毎回遅れてしまうんです。
そんな彼を泉は、親が子供をなだめるように・・・
「大丈夫!あなたは待ち合わせがうまくないだけなの。」と・・・。

いや、いや、こんな男でいいのん?
いや、あんたもはっきり言うべき事は言わんと!


などと、この真山という男に少々イライラさせられながらもですね

そこへ父親への秘めた想いを抱いて、麻美が積極的に近寄って来るわけですよコレ!

真山にすれば、この麻美という生徒は単なる「生徒の一人」にしか過ぎず・・・

なんでそんなに自分に関心を持って近寄って来るのかがわからない。


自分に気があるのか?
いや、生徒と講師がそういう関係になっては・・・っていう、真面目な彼はそこに悩むわけです。


けど、そんなことはおかまいなしに麻美はどんどん彼に近づきます。


最初は、学校の帰りに雨が降って、傘の無い真山に傘を差し出した麻美がきっかけでした。

この映画ってね、まぁ〜、よぉ〜雨が降るんです。
季節は冬ですよ。
1月ですよ。
梅雨でもないのに・・・雨、また雨、え?また降ってるやん雨・・・くらいに。


19年間、一度も会ったことのない父娘。


それでも真山は、彼女の母親に対しても、彼女自身のことも、けっして忘れてはいなかったんです。


不要なセリフを極限までそぎ落としたようなシンプルさ。

そして音楽が効果的で素敵なんですねぇ〜。
どっかで聴いたことのあるピアノのメロディーライン・・・
あぁぁぁ〜、『博士の愛した数式』に流れてたような・・・

一番素敵だったのは
真山と麻美が、卒業式を終えて、公園で再会するシーン。

静かに流れるのは「THE WAY WE WERE」

そう、バーブラ・ストライサンドの『追憶』

その曲を、鈴木博さんという男性が静かに染み入るように歌い上げるんですねぇ。

で、でねっ、その時、麻美が真山に言うんです

     「先生と私は、永遠なんだよ。」


この「永遠」の意味・・・ですよね!

「お父さん」とは言わない、「娘です」とも最後まで名乗らない。

ただ「永遠」なんだと・・・

いつしか雨が雪に変わって・・・

ここでね、私、泣けてしまいました。

なんかね、内山理名って好きな女優さんではないけど、この役にピッタリだったんですよね!
父親の陰を慕いつつも、けっして踏み込まない。
それでいて、父親が自分と母親のことをどう想っているのかを確認したい。

そうしているうちに・・・
いつしか彼女は真山に恋心を・・・

そんな彼女のですねぇ、揺れ動く心が伝わってきましたね〜。

監督は長澤雅彦さん。
彼の作品は、これが初めてでしたが、他の作品も観てみたくなりました。

これも多分、単館上映だったと思うんですが、ひっそりとこういう良い作品と巡り合えたら得した気分ですね〜。

今日まで仕事なんですが、これで頑張れるかなと。

では、行って参ります!!!






| 映画 《サ行》 | 08:56 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:56 | - | - | pookmark |
COMMENT
本文と関係ないけど。
お仕事お疲れさま。明日からお休みですか?今日も暑いです。ご自愛ください。
| シュエット | 2007/08/13 9:40 AM |
なんや〜きのうからシュエットさんと私、交互になぎささんチへ
オジャマッコしてるみたい!♪

これ私も密かにお気に入りよ!^^
予告編が素敵でね〜、公開時、観ましたわ〜。
雰囲気がとってもいい作品。
へんにベタベタしてなくて、静か〜にシットリした気持ちで
画面に見入る、いいよね〜^^
あの男性が歌った追憶、あれを用いたセンスも素敵!

堤真一の「MONDAY」もし未見でしたらおススメします。
本作のイメージとは大いに違いますが・・・(笑)
| viva jiji | 2007/08/13 8:33 PM |
なぎささま、こんにちはー♪
↑↑お姉さま方の後にコメント失礼します。
おおおお〜〜〜、この映画すっかり忘れておりました!
堤さん、役の幅が本当に広いですよね〜。この映画は冴えない男でしたが、上手く演じてはったと思います。
それから、viva jijiさまのご意見に私も一票。
『MONDAY』の堤さんサイコーに好きです!
ではでは〜。
| 真紅 | 2007/08/13 10:33 PM |
>シュエットさんへ
やっと昨日からお休みです!
と言っても3日間しかないので、有意義に過ごさないともったいないなと。
猛暑日の続く毎日ですがシュエットさんもお気をつけて♪
| なぎさ | 2007/08/14 1:32 PM |
>viva jijiさんへ
お暑ぅございます〜。
シュエットさん、viva jijiさんチでよくお見かけしておりました。
最近、光栄ながら私のところへも遊びにいらしてくださってます〜。

>これ私も密かにお気に入りよ!
ほんと?!
viva jijiさんもお気に入りでしかぁ〜♪
嬉しいなぁ〜♪
いいよねぇこの作品!!!
私ね、これ観てから、あの曲が、頭の中をグルグルと・・・仕事の時も、お風呂入ってても、昨晩は『トランスフォーマー』観てても・・・ヘビーローテーションしてますよ(爆)

>堤真一の「MONDAY」
ええぇ〜、これれもねお聞きしてかから即レンタル予約に入れてマス!!!
これも楽しみです〜☆
| なぎさ | 2007/08/14 1:38 PM |
>真紅さんへ
真紅さんもviva jijiさんチへ行かれてるのですねぇ。
私とviva jijiさんは、私のブログ開設直後からのお付き合いで、ご贔屓さんの中では最も長いお付き合いをさせてもらってます。

>堤さん、役の幅が本当に広いですよね〜。
ほ〜んと!
この人って、いろんな役ができるのだと改めて実感しましたねぇ。
この冴えない講師の役も、堤さんだから素敵でした〜♪
なぜ女子大生たちが無視するのか・・・もったいない(笑)

>『MONDAY』の堤さんサイコーに好きです!

うわぁ〜、真紅さんもかなりオススメですね!
早く見たいなぁ。
| なぎさ | 2007/08/14 1:45 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/595
TRACKBACK