<< 解夏 | Main | ダニー・ザ・ドッグ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.07.28 Saturday author : なぎさ

ダーウィンの悪夢



ナイルパーチという淡水魚をご存知でしょうか。

私は聞いたこともなかったのですが、「スズキ」として日本の店頭にも並んでいる白身の魚だそうです。


この魚をめぐって、今、アフリカのビクトリア湖周辺で起こっていることを捉えたドキュメント映画がこの作品なんです。

昨年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされ、日本では今年1月に公開されました。


このナイルパーチという魚
体長が2m、体重200舛發△訛膩燭竜なんです。
実はこの魚、もともとこの湖には生息していなかった。

約50年前、誰かがこの湖に放流したために急速に数が増え、この湖にいた魚たちが激減。
生態系が崩れてしまった。

環境も悪化。

地元民の貧富の差は拡大。

社会問題へと発展している。



それが、この魚の問題だけではなく、最も深刻な問題は・・・

この魚を買い付けにやってくる飛行機の中には、アフリカの紛争で使われる武器や弾薬を積んでやって来ているという疑惑。
これが問題なのです。



監督さんはこの方↓


フーベルト・ザウパー監督。
9年ほど前に、アフリカ・コンゴの内戦に関するドキュメンタリーを撮っていたときに、この題材に出あったらしい。

「これは魚の映画じゃないんです」
と、監督は言っていたそうですが、それは言われなくても分かりました。

約4年の歳月をかけて製作し現地を何度も訪れたという。
時には不当に拘束されたり、カメラを没収されたりしたことも。

この映画を作らせたくないと考える勢力があったからです。


とにかくですね
ナイルパーチの輸出業の実態から始まって
銃の密輸疑惑
ビクトリア湖周辺のエイズ問題
ストリートチルドレン
さらにはドラッグなどの社会問題などなど・・・

絶望的に見えてしまうんですよねぇ。
この国の未来ってあるのだろうかと。


仕事のある人はまだマシ。
病気で働けない人や、女性はもっと悲惨です。

夫を亡くした女性の多くは売春で生活しています。

もっと悲惨なのは、まだ幼い子供たちなんです。
親のいない孤児たちは、ストリートチルドレンとなり、
教育を受けるチャンスも無く路上生活の日々。
さらには年上の者からの性的虐待など、生きること自体が過酷です。

でももっと深刻な問題は、
彼らが「麻薬」代わりに吸っているモノ・・・
ナイルパーチの梱包材を火で溶かし、その煙を吸い込むのです。

嫌な「悪夢」から逃れるようにして吸い込むその煙は有毒で、そのまま死んでしまう子もいるそうです。


大人でも生きていくのは大変で、
ナイルパーチの切り身はヨーロッパや日本への輸出用。
地元の彼らが食すのは、加工した後の残骸

さらには、その残骸のカマ(頭)をも、切って油で揚げ内地で売るらしい。

も〜ね、この辺りはかなり衛生的にも最悪な状況でした。

こうした加工場の経営者は、どんどん利益を上げ裕福になっいていく。

反対に、社会から取り残された人々はギリギリのところを生きている。

この矛盾というか、格差ですよねぇ。
日本も「対岸の火事」のように客観視していられないほど、「格差社会」にもうなってますけどね。


でもねぇ、監督さんはこの絶望的な中に、大きな希望も映し出されてると仰るんですけども・・・。


ま、自分たちの今の生活って、こうした第三国の方々の犠牲の上に成り立ってるってことを改めて見せ付けられたと言うか。

いやぁ〜、これを観てですね、何か自分のできる事ってあるんだろうかと考えるわけですけども・・・。

悲しいかな、ないわけですよ。

こんな風にですよ、スーパーで並んでいる野菜や肉なんかも、その背景にはこのナイルパーチと同じ状況があるかもしれないです。


監督曰く
「これを観て自分も何かをしなければならないと感じていただけたら、そこにこそ<希望>があると確信します」


地球上で起こっている真実を知る機会になる作品だと思います。


| 映画 《タ行》 | 16:53 | comments(4) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:53 | - | - | pookmark |
COMMENT
コメントありがとうございました。
そうなんですよ「不都合な真実」と違ってこの作品はこちらからアクション取る事が何も無いんですよね、悲しいかな!
映画のおかげで知ることは出来ました、が、それだけでいいのかな?と悩まさせられました、、、、
| くまんちゅう | 2007/08/02 10:24 PM |
>くまんちゅうさんへ
こちらこそ、ありがとうございました!

>「不都合な真実」
これが、まだ未見なんですよぉ。
絶対観たい作品なので、こちらも是非鑑賞したいと思います!

>それだけでいいのかな?と悩まさせられました、、、、
そうなんですよねぇ。
結局はその国の政治とか経済の問題なんでしょうけど、そんな客観的な見方でいいのかなと思っちゃいますね。
と、言って、ナイルバーチを買うことをボイコットすることは、さらにあの国を苦しめる事になりますものね。
知ってしまっても何もできないジレンマが残りますねぇ。

| なぎさ | 2007/08/03 8:58 AM |
暑いですね。たまりません。そしてお久しぶりです。ブログの記事作成で皆さんのところにこまめにお邪魔できなくてまとめてです。先に「ヒトラー最後の12日間」ではお疲れ様。どっと疲れますよね。ましてや楽しければ気を取り直しても起こるけど、思いテーマではね…。でこちらも凄かったですね。資本主義経済のまさに縮図ですね。「ナイロビの蜂」もこうしたアフリカの現実にたいする痛烈な批判がありますものね。こういう映画は敏感でありたいですね。遅ればせながらです。リンクさせていただきましたね。これからも宜しく♪
| シュエット | 2007/08/06 1:22 PM |
>シュエットさんへ
おはようございます!
毎日、暑い日が続きますね。
夏が苦手な私は、ジーッと夏が終るのを耐える(笑)のみです〜。

まず最初に、幣ブログをリンクしてくださってありがとうございますm(_ _)m
ウィークデイは仕事なので、なかなか記事UPも、皆さんのところへもお邪魔できない私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします♪

さてこの作品ですが、地球上の国の中には、私などが知ることもできないいろんな問題を抱えた国々があるものだと、また改めて感じさせられました。
ところがそれを感じても、じゃあ自分に何ができるかとなれば・・・何にもできないんですよねぇ。
こういう作品って、穿った見方をすれば、「あ〜、こんな貧しい国もあるんだぁ。こんな所に生まれなくって良かった〜。かわいそうに・・・。」って自分を優位に実感することだってできるわけですけども・・・。

『ナイロビの蜂』も観ました。
アフリカの犠牲の上に私たちの繁栄があるんじゃないかと・・・そんな気にもさせられましたね。

いずれにしても、こういう作品もまず観ることが大切ですよね!
映画ってほんと勉強になりますよね!
| なぎさ | 2007/08/07 8:56 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/588
TRACKBACK
シネマライズで公開された直後くらいに朝日新聞だったかな?この作品の内容が映画評ではなくて社会問題として記事になってました。そこには「ダーウィンの箱庭」と呼ばれる生物多様性の宝庫のビクトリア湖がナイルパーチという肉食の外来魚によって固有種が絶滅の危機に
| カノンな日々 | 2007/07/28 9:49 PM |
気になっていたドキュメンタリー映画「ダーウィンの悪夢」を見てきました。最近ドキ
| Wilderlandwandar | 2007/07/31 10:11 PM |
恐ろしい話だった。悪夢のよう、まさに・・・。真実がどこにあるか、こういった恐るべきドキュメンタリーには、必ずといっていいほど、それを覆すような意見も出てくるだろう。だが、それほどに、ここで描かれている物語は、残酷で、・・・だが、非情である世界全体を
| レザボアCATs | 2007/08/02 7:54 PM |
「ダーヴィンの悪夢」2006年  ★★ アフリカ発のドキュメンタリー映画。製作はアメリカ陣。 ヴィクトリア湖に放たれた外来魚が巻き起こす悪夢を追ったドキュメンタリー。 その外来魚=ナイルパーチはヨーロッパや日本に輸出される高級な魚で、ナイルパー
| とんとん亭 | 2007/09/24 6:01 PM |
色白の鈴木(誰?)にナイルパーチって本名があったなんて...。 ダーウィンの悪夢 デラックス版posted with amazlet on 07.12.05ジェネオン エンタテインメント (2007/07/06)売り上げランキング: 1241...
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2007/12/05 4:54 PM |
原題:Darwin's Nightmare かつて"ダーウィンの箱庭"といわれたアフリカ最大の湖"ヴィクトリア湖"、いまや肉食魚ナイルパーチが異常繁殖、もはやナイルパーチさえ滅びる悪夢が・・・ ヴィクトリア湖は多種多様な生物の宝庫だったという、
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/12/18 1:05 AM |