<< もしも昨日が選べたら | Main | 解夏 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.07.22 Sunday author : なぎさ

シュリ



良いよねぇ〜♪この画像♪
左がハン・ソッキュさんで、右がチェ・ミンシクさんです。

韓国映画が日本で初めてヒットした、1999年の『シュリ』でございます。

まだ「韓流」ブームが巻き起こる以前の映画。

数年前にも観たんですが再観しました。

以前見た時は、私、韓国俳優さんなど全然知りませんでした。
で、今回観て、「うぅわぁ〜、ソン・ガンホ細ぉ〜!」とか
「やっぱりハン・ソッキュって島田紳介に似てんなぁ〜」とか
「おぉぉ〜、ミンシクさん、ベレー帽が素敵♪」などとハッキリ分かった次第です!

で、ねぇ、観てる時に、北の女スナイパー、イ・バンヒ
韓国諜報部員ユ・ジュンウォン(ハン・ソッキュ)に近づき、彼と婚約した北の諜報部員イ・ミョンヒョン
サナトリウムで療養中の本物のイ・ミョンヒョン
この三人が同一人物だと自分では理解してたんですけど・・・

観終わって調べたら
婚約者のイ・ミョンヒョン
サナトリウムで療養中のイ・ミョンヒョン
キム・ユンジンという女優さんが演じてるのに・・・

スナイパーのイ・バンヒパク・ウンスクという女優が演じてるんですよぉ〜。

な、なんで?

少なくとも、この婚約者と、スナイパーのイ・バンヒとは同一人物でないとおかしいのんと違いますのん?

北のスナイパーを知らずに愛してしまった韓国の諜報部員の悲恋とちゃいますのん?

私の理解不足?
あぁぁぁ〜なんか分けがわからんよ〜になってきました。


それとですねぇ、タイトルにもなってる「シュリ」というのは朝鮮半島に流れる川に生息する淡水魚なんですね。

ところがストーリーの中で出てくる魚は「キッシング・グラミー」という魚。
「つがい」で飼育し、片方が死ぬと、もう片方も弱って死んでしまうという魚なんだそうです。

これは、諜報部員のコンビであるジュンウォン(ハン・ソッキュ)と、ジャンギル(ソン・ガンホ)を現しています。

そしてジュンウォンと婚約者のミョンヒョンのことも。

さらに広げて考えれば南北に裂かれた半島の悲劇をも表現していると受け取れます。

こんなに重要なキーワードとなってる魚なのに・・・
タイトルは「シュリ」なんですねぇ。


今作でチェ・ミンシクさんは、北の精鋭部隊の狙撃手なんですね。
『ブラザーフッド』でも北朝鮮の上官役でしたね。

こういうね、憎たらしい役も似合うんですよね。


ということで、危機的状況が身近にある国のこういう設定の映画は、おのずと説得力がありますわね。
| 映画 《サ行》 | 16:39 | comments(8) | trackbacks(2) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:39 | - | - | pookmark |
COMMENT
シュリ観ました。韓流ブームの前に観たんで今は内容も半分以上忘れてますけど当時???だったのを覚えています。
なんでこんな影の薄い人が主役?と思いました。
ハリウッド映画ばかり観ていた私にはなかなか面白いとは感じられませんでしたけど、今は韓国ではベテラン俳優さんなのにねぇ。
ちなみにキム・ユンジンは海外ドラマのロストに出てますよね。
大出世です。
| toto | 2007/07/23 10:50 AM |
こんばんは。私もなぎささんと同じように思ってました!婚約者とスナイパーは同一人物じゃないの??
HDに撮ってる「シュリ」観かえさなければ!
ご近所さんでしたのに、お会いすることなく去っていく私をお許しください(^^;ブログではこれからもよろしくです。
| カヌ | 2007/07/23 9:44 PM |
突然のカキコすみません。いつもROMってるおおねこといいます。
(ブロガーじゃないもんで…)

>少なくとも、この婚約者と、スナイパーのイ・バンヒとは同一人物でないとおかしいのんと違いますのん?

えーとこれは、イ・バンヒが南に潜入して、最初に下宿していた家の娘さんが、済州島で療養していたキム・ユンジン演じるイ・ミョンヒョンなんですね。

で、イ・バンヒは命令遂行のために、日本で整形をして彼女と同じ顔になり、名前もいただいたわけです。
イ・バンヒそのままだと面が割れてるからハン・ソッキュ演じる情報部員(?)には近づけませんよね。それでそういう手段をとった、ということではなかったかと。
うまく説明できてるか自信ないですけど(^^;)

は〜、シュリですか…懐かしいです。韓国映画のスゴさに目覚めたのはこの作品でしたよ。
それがまさか「韓流ブーム」なんて思いもしませんでした。
| おおねこ | 2007/07/23 10:16 PM |
>totoさんへ
おはよ〜 totoちゃん♪

>なんでこんな影の薄い人が主役?と思いました。
ウヒャ!これ、ほんとそう思った!!!
ハン・ソッキュ地味ぃ〜やもんねぇ(爆)
でも、なんか良いのよね、この人の醸し出すフツーの雰囲気がぁ。

>ちなみにキム・ユンジンは海外ドラマのロストに出てますよね。
お!これまたマニアック情報をありがとう♪
そうなんだ!
なんかね、今作の彼女ってメイクがこの時代の韓国女優さん皆同じに見えるんですよねぇ。
眉毛クッキリで、口紅は輪郭描いてからどす黒い赤に塗りつぶしてる・・・。
当時は流行った化粧なんでしょうね。
素顔の方が絶対、キレイなはずなのに。
| なぎさ | 2007/07/24 8:45 AM |
>カヌさんへ
そうそう、つい先日、深夜枠で放映してたでしょ。
某ローカル局で!

カヌさんの転勤を知って寂しいです。
きっと「あの辺にお住まい」だと想像していました。
TOHOプレックス仲間としては悲しいですよ〜。
でも、こういう時、ネットは良いですね!!!
離れたという感覚なくお付き合いできますので♪
これからも現実的には遠くなってますけど、近いお友達としてよろしくお願いしま〜す☆
| なぎさ | 2007/07/24 8:50 AM |
>おおねこさんへ
おおねこさん!
ようこそお出でくださいましたっ!!!
しかも、私の頭の中の「?」を、見事に解決してくださったことに感謝です♪
な〜るほど!そうだったんですねぇ。
それで話のつじつまが合いました!!!
なんかスッキリと朝から「アハ体験」できたようです☆

>韓国映画のスゴさに目覚めたのはこの作品でしたよ。
私もね、確かこれを観た時は、力強い描き方に魅了された覚えがあるんです。
でも、この後、本格的に韓国映画に「入門」するまでには時間がかかりました。
今でも私の中では韓国映画はまだブームです♪
ありがとうございました!
またお越しくださいね!
| なぎさ | 2007/07/24 8:55 AM |
なぎささん お久しぶりで〜す

なつかしいですね
改めて見ると新たな発見があったりして 面白かったりしますよね
私はパク・ヨンウがあの気持ち悪い部下と同一人物だったとは 想像もしていませんでした
私も見た〜い!

ちなみに私は「ロスト」はリタイアしちゃったけど キム・ユンジンなかなかいいらしいですよ
| ぴょん | 2007/07/25 3:53 PM |
>ぴょんさんへ
あら〜ホントご無沙汰しております!!!
立ち寄ってくださって嬉しいですよ♪

今、観ると懐かしい感じしますよねぇ。
>パク・ヨンウがあの気持ち悪い部下と同一人物だったとは 
う〜んと、パク・ヨンウがわかりませ〜ん。。。
よく出てる俳優さんでしょうか。
なんか後で知ったのですが、てか出てたことすら気づかなかったんですが、キム・スロも出てたらしいですねぇ。

韓国女優さんもやっぱりアメリカを目指すんですね〜。

また遊びに来てくださいね!!!
| なぎさ | 2007/07/26 8:34 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/586
TRACKBACK
原題:Swiri あなたがいないと私も・・そうなるかも知れない・・キッシンググラミー、つがいの片方が死ぬと寂しさに耐えられなくて、飢え死にまでして後を追う・・。 シュリ(swiri)というのは、淡水と海水を自由に泳ぎまわる魚だという。朝鮮半島の38度線の
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/07/22 6:46 PM |
ハン・ソッキュ、韓国のベテラン俳優である。初めてハン・ソッキュを見たのは、初めてテレビで韓国映画を見た「シュリ」の中でである。あの「シュリ」という韓国アクション映画自体が、自分にとっては非常に衝撃的で、アクションといえばアジアでは香港映画という先入観
| 大韓映画帳 | 2007/09/04 1:54 PM |