<< 憑神 | Main | 39 刑法第三十九条 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.06.30 Saturday author : なぎさ

シュレック3(日本語吹き替え版)



          あの全身緑は「青汁の飲みすぎ」
          って、言ってるのは誰だ〜い?

             「あたしダヨ!」



フルCGアニメ技術の進歩というのは、も、すっごいですよねぇ。

一瞬、実写に観えてしまうほど高度な技術。

この『シュレック』シリーズも、1作目からわずか6年の間に著しい進化をしてますね。
その要因となったのが、ドリームワークスが密接な提携を結んだという
プロセッサメーカーのAMDと
IT大手のHP

これによって、よりリアルな作品に仕上がっているらしいんです。

そんな難しい技術的なことは、じぇんじぇん分からない私ですが。。。

今まではキャラクターの髪型には制限があったそうです。
リアルに動かす、またはなびかせるといった作業にはとても複雑なコンピューター処理が必要であったと。

それが今作では、この提携の成功によって見事に描かれていました。

で、このAMDの高度なコンピューター処理で実現可能となった迅速化は競争上の利点をも、もたらしたといいます。

例えば
ドリームワークスが3年サイクルで新作を出しているのに比べて
ピクサーは依然として5年サイクルだということです。

今後のドリームワークス新作ラインナップとして
『Bee Movie』(11月2日公開)
『Kung Fu Panda』('08春公開)
『マダガスカル続編』('08秋公開)

この調子でいけば、3年も待たずに『シュレック4』も観れることでしょう。

ま、肝心の感想ですが
いや、ほんとええ〜話です!!!

ストーリーに関しては
ドリームワークスの共同創設者兼CEOのジェフリー・カッツェンンバーグ氏曰く
「優れたストーリーを語ること」と明言されているように

主人公である緑色のブサイク怪物であるシュレックを通して、不器用だけど誠実に生きる姿を子供だけじゃなく大人にも納得できるように描かれていますよねぇ。

その醜い怪物に絡んでくるたっくさんのキャラクターたちの存在感が心憎いほど愛くるしい〜♪

もともとがおとぎ話の主人公だったり、悪役だったり、脇役だったりするキャラばかり。

今回もフィオナ姫を中心に王国を守るために結成された「プリンセス5」に、眠れる森の美女、シンデレラ、白雪姫、髪長姫。
この髪長姫っていうのは「ラプンツェル」のお話しに出てくるお姫さまだね。

         「自分の夢は自分でつかむもの!」

           と、いうのが今作のテーマ。

おとぎ話では悪役だった登場人物たちも、本当は幸せになりたかったということまでが分かってしまうから面白い!

そして大望のベビーも誕生して、いよいよシュレックはパパに!!!

一国の国王という重責よりも、自分らしく生きていきたいというブサイク怪物のシュレックの成長した姿が見て取れます。

ま、これも子供と一緒だったんで日本語吹き替えで鑑賞したんですがね。
藤原紀香は、イイですよねぇ〜。
彼女、吹き替え巧いわぁ。

けど、やっぱりハマちゃんがねぇ〜。
も、あきらめて観てますけど。

長ぐつをはいた猫は『2』からの竹中直人さん。
この人も器用だよねぇ。
もともと声質が良いもんね!

ドンキー役の山寺宏一さんはプロだから問題ナシ。
いえ、も、この人の存在なしでは引き立ちません!

でね、今回お姫さまたちを、こうした人たちがやってました。

完全に両端のオアシズは引き立て役。。。
それでも紀香だけは、キャメロンにも引けをとりませんなぁ〜。
ほ〜んまにナイスバディーでんなぁ。

いや、それがねぇ、声が明らかに分かったのは光浦(as髪長姫)だけ。
後は、あんまり特徴が無い声だからか違和感もなかったけど、特にどうということもなし!

シュレックとフィオナ姫のキスシーンって、このシリーズでよく出てきますよね。
そのキスシーンの吹き替えでキャメロンは、いつも自分の手の甲にしたり、エアーキッスで雰囲気を出してるらしいです。

キャメロンは、アーサー役のジャスティン・ティンバーレイクと「共演」してますが、アフレコはそれぞれ一人ずつでしてるらしいですねぇ。

実は今日の映画鑑賞は、珍しく一家で出かけました。
「K−1のビデオ観てるぅ〜!」と夫は主張するも、娘と私に強引に引きずられ映画館へ。

しかも朝イチの回。

9時前に着いたのに、すでに列が・・・。

そう、昨日から『ダイハード4.0』も公開!

これは、これからこっそり一人で鑑賞しに行くとして・・・。







| 映画 《サ行》 | 17:14 | comments(10) | trackbacks(29) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 17:14 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささーん!!!!!!!!!!!
ご無沙汰いたしました!!!!!!!
のぞきに来てくれていたなんてウレシイ限りデゴザイマス!!!!!!!
マイペースに更新していくのでこれからもヨロシクデス☆
シュレックは一応観てるんですけど、TVまでスルーしてしまいそう・・・・・
ダイ・ハードは確実観に行きますけどねぇ★
てか、のりかは本間キレイ!!!!
何故!?陣内なのー!!!!!!!
| addictm | 2007/06/30 8:53 PM |
なぎささん☆
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

o(^▽^)oキャハハハ
あの全身緑は「青汁の飲みすぎ」
笑える〜〜やっぱなぎささん、面白いわぁ〜〜。
シュレックは1もまだ観てないので追いかけて観なきゃ^^(←アニメを観ず嫌いなんです)
ところで、勝手ながらバトンをお持ちしました。
既にやっていたり、これは、(´ヘ`;) う〜ん・・・と思ったらパスしちゃって全然構いませんので宜しくお願いしま〜〜す♪チュ(゜・^*)
| とんちゃん | 2007/07/01 8:33 AM |
>addictmさんへ
こんにちは〜♪
行ってましたよ〜addictmさんチへ!!!!!
あれ〜どうしちゃったんだろう?って心配してたんですよ。
お元気そうで良かったです☆
そうそう、お互いにアクセクせずにマイペースで参りましょ♪

私もね、『1』『2』とTVで済ませていましたが、やっぱりスクリーンの大画面となれば迫力ありますよねぇ。
ブログを始めてからですねぇ、アニメを映画館で観るようになったのは。

やっぱ、紀香ってキレイよね〜♪
華があるっていうか。
横に立つ男性がシュッとした長身で素敵な方だったらもっと引き立つのになぁって思っちゃうよね!(笑)
| なぎさ | 2007/07/01 2:12 PM |
>とんちゃんへ
こんにちは〜(*^▽^)ノ

『シュレック2』はね、ちょうど先日TVで放映してたので、前日に観てから映画館へ行ったのですよ。

シリーズものって、どうしても順を追って観ておかないと付いていけなくなりますよねぇ。

さて、バトンですね!
了解しました☆
挑戦してみますね〜♪
| なぎさ | 2007/07/01 2:16 PM |
こんばんわ!またまたお邪魔いたしますぅ〜!

観てきました、この作品も!

ところどころで面白いシーンもたくさんあって、しかもCG技術がすごいですよねぇ〜!まるで本物みたいだったぁ〜!

4,5もあるみたいですよ!シュレックが人間に戻れるのはいつになるんでしょうかねぇ〜♪
| あっしゅ | 2007/07/03 11:28 PM |
>あっしゅさんへ
あっしゅさんもご覧になられましたか〜♪
CGアニメは数々あれど、これは押さえておきたい作品ですよね!!!

>CG技術がすごいですよねぇ〜!まるで本物みたいだったぁ〜!
そうそう!
このCG技術の発展の陰にはかなり熾烈な競争があるようですねぇ。
もう、こうなってはどこのCGがどうのと優劣つけれないですものね。

>4,5もあるみたいですよ!
やっぱり〜♪
シュレックの今後が気になる所ですね!



| なぎさ | 2007/07/04 8:46 AM |
こんにちは♪

笑えてストーリーもきちんとしていて解りやすく楽しめました!

声優さん、エンドロールで見て全然解らなくてビックリでした!教えて頂いてありがとうございます〜。
写真のオアシズ・・お気の毒です〜ドレスがあまりにも似合ってない・・
| hito | 2007/07/04 9:44 AM |
>hitoさんへ
こんにちは(*^▽^)ノ

このキモカワキャラに魅了されるのが『シュレック』シリーズですよね!

>写真のオアシズ・・お気の毒です〜ドレスがあまりにも似合ってない・・
ほんと〜そうよねぇ(笑)
きっとそのままお笑いキャラで採用になったんでしょうね。
映画の中だけでも「姫」になれて得した気分だったでしょうね!

| なぎさ | 2007/07/04 3:10 PM |
なぎささん、こんにちは。
家族で映画館に行かれたのですね!
それはお嬢さんも喜んだでしょう^^
我が家は娘にせかされてDVD鑑賞でしたが、娘も喜んでみていましたよ♪

今回はプリンセス軍団に笑わせてもらいました。
私、三浦さんの声さえも気付きませんでした^^;
| ミカ | 2007/11/12 8:53 AM |
>ミカさんへ
ミカさん こんにちは〜♪
そぉなんです。
家族で映画なんて滅多にないことなんですが、この時はたまたま。
はい、もぉ娘のテンションはアゲアゲでしたぁ!!!

でもでもお家でDVD鑑賞も良いですよねぇ。
お嬢さんのリクエストだったんですね♪

いつ観ても女性たちが強いですよね。
また続編、あるのでしょうか。
| なぎさ | 2007/11/12 9:09 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/572
TRACKBACK
今まで作られたアニメ海賊、及びアニメ空賊の代表的なものについてDVDを紹介しています。 たまには昔に戻って、ご家族一緒に楽しまれたらいかがでしょうか?
| アニメ海賊 | 2007/06/30 8:00 PM |
「シュレック3」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):シュレック(マイク・マイヤーズ/浜田雅功)、フィオナ姫(キャメロン・ディアス/藤原紀香)、ドンキー(エディ・マーフィ/山寺宏一)、長ぐつをはいた猫(アントニオ・バ
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/07/01 7:01 AM |
監督:クリス・ミラー 声の出演:マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィー、キャメロン・ディアス、アントニオ・バンデラス 評価:66点 公式サイト (ネタバレあります) ストーリー 遠い遠い王国で幸せに暮らしているシュレックとフィオナ。しかし、フィ
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/07/01 9:18 AM |
シュレックに,セレブは似合わない。
| Akira's VOICE | 2007/07/01 12:03 PM |
監督 : クリス・ミラー 出演 : マイク・マイヤーズ  /キャメロン・ディアス /
| MoonDreamWorks★Fc2 | 2007/07/01 5:36 PM |
1&2を観てるもので公開されるとやっぱり観たくなっちゃいますよね。朝一番は日本語吹替版なのでそれを外して行ってきました。
| B級パラダイス | 2007/07/01 5:39 PM |
シュレック大好き!ってワケじゃないけど 完成披露試写会に行ってきました〜★ 明日から、全米で公開! 『シュレック』は2001年アカデミー賞長編アニメーション賞受賞{/kirakira/} 『1』『2』も劇場で観てたけど『3』までやるとは正直、もういいよぉ!って感じもし
| 我想一個人映画美的女人blog | 2007/07/01 7:30 PM |
シェアブログ1572に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  いい言葉だよね。「ハッピー・エンドを守るため」って。 『シュレック3』(日本語吹き替え版) "SHREK THE THIRD" 2007年・アメ
| 【待宵夜話】++徒然夢想++ | 2007/07/02 2:02 AM |
こちらは試写会で配られたお面の写真。 最初、団扇かと思っていたら、目の部分が穴を開けれるようになっていて、耳の下にゴムを通す小さな穴が開いている。 はっきり言って、コワイよ。
| That's the Way Life Goes | 2007/07/02 3:08 PM |
フルCGアニメーション『シュレック』のシリーズ第3弾です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2007/07/02 9:13 PM |
映画 『シュレック3』がついに登場! アカデミー賞に輝く、全世界No.1大ヒットの最強アニメーション待望の第3弾! おとぎの国の未来をかけた、笑いと希望のファンタジー・アドベンチャー
| 映画DVD情報ナビ | 2007/07/02 11:19 PM |
絵本作家ウィリアム・スタイグが創造した緑の怪物、シュレックの活躍を描く、シニカルなパロディアニメの第三弾。 相変わらずギャグ満載だが、パロディのネタとしてはそろそろ出尽くした感があり、映画のとんがり具合も、シュ
| ノラネコの呑んで観るシネマ | 2007/07/03 12:06 AM |
1は劇場で見ましたが、2は見逃してしまいました。先日放映されていたテレビでも見逃してしまったのです・・ でも、甥っ子を連れて3は観にいってきました〜 「フィオナ姫の父カエルの国王がご逝去。後継ぎに・・と言われるが自分は向いていないと逃げるシュレック
| 日々のつぶやき | 2007/07/03 9:07 AM |
おとぎの国の”お世継ぎ騒動”大勃発! ってか、内容的にどんどんぬるくなってきているのは気のせい???                               評価:★6点(満点10点
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2007/07/03 10:02 PM |
映画「シュレック3」に関するトラックバックを募集しています。
| 映画専用トラックバックセンター | 2007/07/04 12:38 AM |
シュレック 3 原作: Shrek the Third (2007) 2007年6月30日 日本初公開 公式サイト: http://www.shrek3.jp/site/ 新宿バルト9 スクリーン3 E-14 2007年7月2日(月)16時35分の回 ゴウ先生総合評価: B-   画質(ビスタ): A-/B+   音質(SR
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2007/07/04 11:43 AM |
2007年48本目の劇場鑑賞です。映画の日に観ました。字幕版を観ました。クリス・ミラー監督デビュー作品。おとぎの国を舞台に、緑の怪物シュレックとその仲間たちの冒険をパロディ満載で描く人気ファンタジー・アドベンチャーのシリーズ第3弾。今回は王位継承をめぐり、
| しょうちゃんの映画ブログ | 2007/07/04 11:48 PM |
おとぎの国に”お世継ぎ騒動”!?
| ひるめし。 | 2007/07/06 2:39 PM |
子どもと一緒に吹替え版へ―【story】幸せな新婚生活を送っていたシュレック(濱田雅功)とフィオナ姫(藤原紀香)。しかし父王ハロルドが病に倒れ、二人は王位継承者になってしまう。沼での静かな生活を望むシュレックは、もう一人の王位継承者アーサー(橘慶太)を探
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/07/08 12:47 PM |
先日TVでO.Aされた『シュレック2』を観て、簡単に復習しておいたのが効を奏したのか、ストーリーにはすんなり ってか、そもそもそんな必要がなかったって話も。。。 『シュレック』といえばこれまでのアニメと違ってブラック・ユーモアで笑わせてくれるのが魅力だっ
| honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2007/07/08 10:14 PM |
とにかく映像がキレイ! 技術は確実に進歩しています。 ...とは言っても3秒の映像の作成に一週間かかるとのコト。 リリコ姉さんじゃあないけれど 拝みながら観なくちゃいけない気になります。 お話の方は... お父さ
| 映画館で観ましょ♪ | 2007/07/13 9:27 AM |
≪ストーリー≫ 幸せな結婚生活を送っていたシュレックとフィオナ姫。そこへ病気に伏せていたフィオナの父・ハロルド国王の容態が悪化したとの報が入る。見舞いにきたシュレックにハロルドは次期国王になるよう頼むが、王様になんかなりたくないシュレックは大慌て。王
| ナマケモノの穴 | 2007/07/14 2:31 PM |
台風でハリポタ先行上映に行けなかったので。。。 先日見た映画を。。。 これって、吹き替え版はダメだったみたいですね。 いや~藤原紀香だし~ 絶対吹き替え版だと思ったんだけど。。。 ちょっと うとうとしました。。。。 この場面は面白かったから♪ 笑
| ちわわぱらだいす | 2007/07/14 4:56 PM |
大ヒットシリーズアニメの3作目。 3Dのアニメも凄くリアルだけど、 声優やってる俳優さんたちが、有名どころで面白いのも魅力。
| ひらりん的映画ブログ | 2007/07/24 1:28 AM |
 『おとぎの国のバトル・ロイヤル! 次の王様は誰だ!?』  コチラの「シュレック3」は、アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した「シュレック」シリーズの6/30公開になった最新作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  アメリカでは、アニメ映画史上
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/09/25 11:42 PM |
シュレック3 SHREK THE THIRD 監督 クリス・ミラー アメリカ 2007
| Blossom Blog | 2007/11/12 8:51 AM |
病に倒れた国王から、後を継ぐように遺言されたシュレック。しかしそんなのは絶対に無理だと、ドンキーや長靴をはいた猫と一緒にもう一人の王位継承者アーサーを探す旅に出発。一方、王位乗っ取りに執念を燃やすチャーミング王子は、おとぎ話の悪役たちを唆し「遠い遠い
| 【徒然なるままに・・・】 | 2007/12/16 4:05 PM |
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督クリス・ミラー ネタバレあり
| プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2008/08/07 3:35 PM |
あらすじ遠い遠い国のお姫様フィオナと、幸せな結婚生活を送っていたシュレック。だが、病に倒れた国王ハロルドの容体が悪化しておとぎの国の未来を託されることに。しかし、沼の我が家でフィオナとの静かな暮らしを望むシュレックは、王位継承者がもう一人いることを聞
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/09/25 10:56 PM |