<< ニコラス・ケイジのウェザーマン | Main | いつか読書する日 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.06.20 Wednesday author : なぎさ

舞妓Haaaan!!!



      「金払たら、なにしてもかまへんねん」(悦)
  ひゃ、くぅ、え〜、ちょ、も、どんだけ、あかんって。。。

おもろすぎるやんかいさぁぁぁぁーーーーっ!!!

ま、騙された思て、一回観てみて〜な。
いきなりから「つかみOK」ですから。

これはDVD欲しいくらいです。
だってね、これ観たら元気出ますもん♪

例えば、タンスの角に足の小指を打ってしまった時とか
自転車のサドルを盗られてしまった時とか
道歩いてて、側溝にミュールのヒールが挟まった時とか
お昼に食べたほうれん草を歯に付けたまんまで職場の人と喋ってしまってた時とか
トイレで拭いた後のティッ・・・

もういいよ! も〜いいよぉ!

いやそやからやね、
そんな落ち込んだ時、嫌なことがあった時に観たら元気が出るっちゅう映画ですわ。

観客を泣かせるより、笑わせるほうが難しいと思うんですけど
こんなに映画で可笑しかったのは記憶にないくらいでした。
きっとお家鑑賞やったら声出して手たたいて笑ってたと思うくらい。

いや、もぉね、阿部サダヲは予告から面白いと思ってたんですけど
彼は期待を裏切りませんでしたね〜。
あの「リアルブリーフ」の白さが目に眩しかったぁ。
ずーーーっとテンション頂点で演じてます!

で、ねぇ、この人が意外やったのが堤真一です!
この人って本当はこういうこともできる、コテコテ関西人俳優なんやねぇ〜。
今までそんなに食いつくような魅力を感じませんでしたが、
このプロ野球選手・内藤喜一郎役を、も、地でいってたんとちゃう?
もっすごい素敵やったんです!!!
なんかいっぺんに好きになりました(爆)

彼、西宮出身やね。
どおりで関西弁をドスを効かせて巧いこと喋ってました。

阿部サダヲは関東出身なのに巧かったなぁ。
この人って劇団大人計画の主宰者・松尾スズキに、最初は顔色が悪かったので「死体写真」って芸名を付けられるところだったらしいね。

実は私、宮藤官九郎の作品っていっても、今までそんなに真剣に観たことがなかったんです。
以前、昼ドラで斉藤由貴が主演のドラマをチラ見した程度で、ほんとは『木更津キャッツアイ』も観たことなかったんです。

監督の水田伸生とはTVでもコンビを組んでたようなので、気心知れてて、配役もバッチリで、題材も「舞妓」ってことや、全部が巧く融合したんでしょうね。

ストーリーは、も、単純明快なのでな〜んの予備知識もいりません。

そそ、これが遺作となったのが故・植木等さんです。
西陣織りの社長役で一瞬でしたが、貫禄の出演をされてました。

他にも、お茶屋のおかみ役で吉行和子、真矢みき
下足番・木場勝己(『UDON』の親父)
きみちゃん(阿部サダヲ)の勤める鈴屋食品社長で伊東四朗
上司役・生瀬勝久
同僚・大倉孝二、キムラ緑子(『パッチギ!』のオモニ)。
医師役でちょこっと出てた北村一輝も、かなり壊れたキャラでした。
あと、「七班、七班」と言いながら走り回ってた学生役で、ラストのオチにもなってたのが山田孝之

でね、きみちゃんのことがどうしてそんなにまでも忘れられないのかがよく分からないOLの富士子役・柴崎コウをはじめ、舞妓または芸妓役で出てたのは京野ことみ、酒井若菜小出早織
あの白塗りの顔って、誰もが綺麗になれるわけじゃないねぇ。

小出早織という子は初めて観たんですが、まあ若いからそれなりに可愛かったかな。
コウちゃんも良かったし、京野ことみも綺麗だった。

けど、酒井若菜だけはちょっとなぁどやねんと。
堤真一とツーショットで笑ってた画像なんて、「小梅太夫のほうが綺麗とちゃうんかい」と思ってしまいました。

この映画の中できみちゃんが考案したカップラーメン。
食べる人が自分で好みの具をチョイスして食べられるという優れモノ。
その名も「あんさんのラーメン」!!!

これコンビニで発売してるそうですね。

あ〜、腹筋使って笑った後はな〜んかスッキリ!

お、そうそう、ウチのブログは「一見さんもいらっしゃ〜い♪」なので。

お、それから「a」は四つで「!」は三つやね!




| 映画 《マ行》 | 14:43 | comments(28) | trackbacks(64) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:43 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささん、いつもどうもですm(__)m

グンゼパンツのサダヲちゃんはじめ、個々のキャラは面白かったですが、ストーリーがちょっと・・・
なんか最終的にサダヲVS真一って感じでグダグダになってたのが残念です。
でも、おもしろかったですがね。

>小出早織
京都の出身だからキャスティングされたかどうかはわかりませんが・・・
「帰ってきた時効警察」や「ケータイ刑事 銭形雷」に出てますね。

>あんさんのラーメン
”あんさん”という言葉が耳から離れません・・・(^▽^;)


ps:
tbは後ほど遅らせていただきます。
| よゆぽん | 2007/06/20 4:57 PM |
なぎささん、こんばんはです_(._.)_

実はまだこの映画観てないんですけど、なんか個人的に苦手そうな映画なんでスルーでいいかなぁと思ってたんですが、今こちらを拝見したらちょっと素直に観てみたくなってしまいました(笑)

うーん、楽しそうですねぇ。関西弁もいい感じで(笑)
| Sur | 2007/06/20 9:47 PM |
お久しぶりですぅ。

そんなに面白かったのですかぁ。
それは見に行ってみるべしですね。
なんか私の友人もエキストラで出ているらしいし^^。

なぎささんのレビュー読んでるだけでも面白そうだもん。
| かつ | 2007/06/21 12:12 AM |
堤さんは今までこんな関西人の役なかったから新鮮、この役、コウちゃんが一番堤さんの地に近いと言ってました。そんな地の彼を見てみたいかも。インタビューでこんな奴はおらんやろ!と言ってたけど。
| 甚平 | 2007/06/21 1:01 AM |
>よゆぽんさんへ
よゆぽんさん こんにちは〜!
こちらこそ、いつもお世話になっております。

ラスト近くで、ガラッとしんみりしたシーンもありましたねぇ。
で、最終的には
>サダヲVS真一
でしたわね!

>小出早織
そうなんですかぁ、京都人なんですね。
ドラマでは観たことなかったので、彼女の素顔がわからないのですが、芯の強そうな駒子役はピッタシでしたね!

「あんさん」って独特の響きがある言葉ですよね〜。
実際に使ってらっしゃる方には、お目にかかったことないですけど。
このラーメンって、なかなか画期的ですよね♪
| なぎさ | 2007/06/21 8:35 AM |
>Surさんへ
Surさん お越しやすぅ〜m(_ _)m

Surさんはこの手の作風は好みじゃないですか?
いや、ほんと、マジでバカバカしいんですけど、たまにはこういうスカッとしたおバカ映画を観て、劇場内の観客がポイントごとに一緒に笑えるのってなかなか良いなぁ〜って感じました!
今年公開された『バブルへGO!』は、ほとんど笑えなかったし、先日の『大日本人』も・・・。
やっぱり映画的にはクドカン脚本のこちらのほうがダンゼン面白いですね。

「京ことば」や「関西弁」のオンパレードで、しかもネイティブ関西人が多く出てらしたので違和感はないです。

ちょっとストレス発散にはなったかなぁと思います!
| なぎさ | 2007/06/21 8:43 AM |
>かつさんへ
おぉぉ〜、かつさ〜ん♪
おはようさんです!

>私の友人もエキストラで出ているらしいし^^。
ひぇっ!ほんまですか?!

お話しじたいは、「そんなアホな」みたいなストーリーですが、スカッと笑いたいという気持ちで観れば、期待に応えてくれた映画だったと思います。
まず、阿部サダヲがコメディアンとしては一級じゃないでしょうか。
それに輪をかけたように、はっちゃきれた堤真一のコメディアンぶりも秀逸でしたし!
意外と知らなかった「お茶屋さん」の話など見方によっては興味がわきますよ〜♪
関西人なら一層笑えるツボがあると思うので、かつさんよければ是非!
| なぎさ | 2007/06/21 8:49 AM |
>甚平さんへ
こんにちは!

>この役、コウちゃんが一番堤さんの地に近いと言ってました。
ほんとですか!
そうなんだぁ〜。
堤さんって、いつもクールでちょっときどったような役が多かったでしょ。
『ALWEYS』あたりはちょっと砕けた感じでしたけど、それでも今作ほど魅力的ではなかったものですから。

>インタビューでこんな奴はおらんやろ!と言ってたけど。
ウフフ・・・と言いつつも、かなり楽しそうに演じてましたよねぇ。
これでしばらくは「堤萌え」できそうです!
コメントありがとうございますぅ!!!
| なぎさ | 2007/06/21 8:53 AM |
なぎささま、こんにちは。面白かったですね〜。
私もクドカンマニアってわけではないのですが(キャッツ私も未見です)、水田監督のドラマ『ぼくの魔法使い』はめちゃくちゃ面白かったんですよ!
堤さんファンでもあるので、彼の映画はなるべく劇場で観るようにしてるんですよ。素敵でしょ?大好きなんですー。
『Always』続編の予告も観られてうれしかったです!ではでは〜。
| 真紅 | 2007/06/21 10:20 AM |
こんにちは♪
先日はコメント不具合でお手数おかけしました。
この映画、頭つかわず笑える映画でした。
時間があったらもう一度観たいな。
ところであんさんのラーメンは食べましたか?
私、コンビニ行脚してるんですが、どうしてだかめぐり合えないんですー。早く食べてみたい。
| AnneMarie | 2007/06/21 12:20 PM |
こんにちわ♪
これ、面白かったですねぇ。
途中からサダヲvs真一になっちゃって、
あれれ?とか思いましたけど、それでも
面白かったです♪
かなり濃い〜ので、好き嫌いはあるでしょうけど(笑)

あっ、「あんさんのラーメン」発売されているんですね。
あんまり、コンビニに行かないので知らなかった…。
まだ、あるのかなぁ。
| 耕作 | 2007/06/21 1:46 PM |
こんばんわん!なぎささん♪

ボクもハマっちゃったよぉ〜!
面白かったぁ〜!
阿部サダヲってこんなに面白い人だったんだねぇ〜!知らんかった!

最初から最後までハイテンション!確かに元気を出したいときに観るべき映画でしたね!ボクもDVD欲しいぃ〜!
| あっしゅ | 2007/06/21 9:42 PM |
こんばんは☆
クドカン絡みの作品は好きなので面白かったです。
阿部サダヲのハイテンションはいつものことだけど、堤真一のこういう役もいいですね。
「あんさんのラーメン」はちゃんと発売されてたんですね。こちらでは見かけません(泣)
| ゆかりん | 2007/06/21 9:49 PM |
>真紅さんへ
おはようさんどす〜♪

>堤さんファンでもあるので、彼の映画はなるべく劇場で観るようにしてるんですよ。素敵でしょ?大好きなんですー。
うわぁ〜、真紅さんもお好きだったんですね!
うんうん、ほんと彼の魅力に今まで気づいてなかった私がバカでした。。。
イイ〜♪
彼、今年でもう44歳なんだよねぇ。
普通なら完全におっさん化してるでしょうが、この方は違うよねぇ。
『ALWAYS』も楽しみになりそうです〜☆
| なぎさ | 2007/06/22 9:02 AM |
>AnneMarieさんへ
おはようございます〜♪

>時間があったらもう一度観たいな。
私も!
もう一度、あの笑いに包まれたいです!

「あんさんのラーメン」ほんとにどんなものか実物が見たいし、食べてもみたいですねぇ。
やっぱり「かやく」は京都工場ですかね(笑)
| なぎさ | 2007/06/22 9:05 AM |
>耕作さんへ
おはようございます!

>かなり濃い〜ので、好き嫌いはあるでしょうけど(笑)
そうですよねぇ。
それでも劇場で皆が一緒に笑えるって良いですよね!
映画でここまで笑わせるって、すっごいパワーだと思います。

「あんさんのラーメン」は、まだお見かけした事ないですが関西の方が売ってる確率高いのかな?
興味ありますね。
| なぎさ | 2007/06/22 9:08 AM |
>あっしゅさんへ
おはようさんどすえ〜♪

>阿部サダヲってこんなに面白い人だったんだねぇ〜!知らんかった!
そ、私もここまでコメディアンだったとは知らなかったです。
こういう俳優さんは日本映画にとって「宝」ですよねぇ。

少々の落ち込みは、これを観れば吹っ飛びそうですものね!
| なぎさ | 2007/06/22 9:10 AM |
>ゆかりんさんへ
おはようございま〜す♪

>堤真一のこういう役もいいですね。
ですよね!
いつもちょっと気取ったような役柄が多かったし、私生活でも結構、女優あらしみたいに聞いてたんで、「コイツ」とかって思ってましたけど、普段はこういう人みたいですねぇ。
しかも今年で44歳と聞いてビックリです!

「あんさんのラーメン」食べてみたいですよね。
具をチョイスできるなんて画期的ですよね!
| なぎさ | 2007/06/22 9:13 AM |
こんにちは!なぎささん☆

そうなんですよねー
ヤなこともすっぱりさっぱり忘れて笑えるから元気になれますよね!
こういう映画いいですよね〜☆
ワタシも二度三度見たいと思いますー!

| こべに | 2007/06/23 3:00 PM |
>こべにさんへ
こんにちは〜♪

>ヤなこともすっぱりさっぱり忘れて笑えるから元気になれますよね!
なります!なります!
笑いで癒されるというか、あまりにも痛快映画でサッパリしますよねぇ。
「笑う」って良いことですものね!
「泣ける」映画ももちろん良いけど、こういう完全無欠のお笑い映画も必要ですもんね☆
| なぎさ | 2007/06/24 4:05 PM |
こんにちは。

本当に面白かったです〜。
見終わって、明るい気分で元気になれました。

阿部さんはもちろん、堤さんのはじけ方も良かったですよね〜。
| hito | 2007/06/27 10:14 AM |
>hitoさんへ
こんにちは〜♪

映画でこれだけ笑えるって凄いパワーですよね!
また明日ッからガンバロって思えるような明るい作品でした。

そそ、堤さんの弾けっぷりはサイコーでした〜♪
| なぎさ | 2007/06/27 1:19 PM |
こんにちは〜
「あんさんのラーメン」って、売ってるんですね!?食べてみたーい。
| カオリ | 2007/06/30 5:13 PM |
>カオリさんへ
こんにちは〜♪
売ってるらしいですよ!
映画で観てた時から、「ほんとにあったら売れるかも」って思ってましたけど・・・。
これを観たら気になりますよねぇ。
| なぎさ | 2007/06/30 5:57 PM |
これそんなに面白いんですか!?
私、あんまり笑いに思いっきり飛びついてる作品って敬遠してしまうたちなんですけど、この記事読んで観たくなりました!!!!!!
確かに、この前敬遠していたクドカンの「真夜中の弥次さん喜多さん」を観たら、なんで今まで観なかったんやろぉ??って思うほど面白かったデス!!!!!
この作品も観ようかな☆
てか、堤真一って西宮出身なんですねぇ★
なんか、ドスのきいた関西弁しゃべられると一気に惚れてしまうの分かるー!!!!!!!!!
あぁー!!観たくなってきたー!!
| addictm | 2007/06/30 8:59 PM |
>addictmさんへ
これはね、ほんまに面白かったですよ!
笑いについては厳しいはずの関西人が、私を含めかなり笑ってましたからねぇ。
劇場内に、一斉に笑声が響くってスゴイことですよね。

>クドカンの「真夜中の弥次さん喜多さん」
これは私、未観なんですよ。
こちらの作品は、合う人と合わない人が極端に別れたようですね。
こちらがダメだった人も、この『舞妓Haaaan!!!』は笑えたというレビューの方が多かったようです。

そそ、本作の堤真一にズッキュンとなってしまった私(笑)
今までの彼にないキャラでしたよ!
| なぎさ | 2007/07/01 2:22 PM |
なぎささん、これ最高でしたよね〜〜
笑いに厳しい関西人がかなり笑っていた
というなぎささんのコメント見てさらに笑ってしまいました。
私も劇場でこんなに声出して思い切り笑ったの初めて(*^m^*)

阿部サダヲっていい年ですよね?
なのに修学旅行生の姿が違和感なくてもう最初から
ツボにはまりっぱなしでした。
掲示板でのやりとりも爆笑ですよね。
後半は鬼塚VS内藤のわけわからないバトルに。
何がやりたいんだ!?と思ったけど理由なんてもう何でもよくなってきましたね。
| ジュン | 2007/07/18 11:59 PM |
>ジュンさんへ
これはもう自分の中ですでに今年の「ベストお笑い映画」になってますねぇ!
阿部サダヲさんって、これまでも脇役で観てきましたが、さほど印象に残らなかったような俳優でした。
それがいきなりこのテンションで!!!
も、すっかり彼にハマってしまって♪

後半は、「どこまで行くの?」って感じでしたが、完全にクドカンワールド炸裂で、乗っかっちゃってました!!!

>笑いに厳しい関西人がかなり笑っていた
そ〜なんです!
松ちゃんの映画でも聞けなかった笑い声が劇場内に響いておりましたぁ☆
| なぎさ | 2007/07/19 8:50 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/568
TRACKBACK
阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本の、面白そうな香りがプンプンするハイテンションおバカコメディー『舞妓 Haaaan!!!』を楽しみに観てきました。 ★★★★★ おバカコメディーの枠で観るなら、★4.5個も当たり前な面白さ。 真面目に観るとキツそうだけど、俺はずっと笑
| そーれりぽーと | 2007/06/20 3:21 PM |
舞妓はんだよ全員集合! 公式サイト 脚本:宮藤官九郎、主演:阿部サダヲによる、京都の舞妓を題材としたコメディ映画。監督はこれが『花田少年史』に続いて二作目の劇場映画となる水田伸生。 京都への修学旅行がきっかけで舞妓属性に目覚め、舞妓と野球拳をする
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2007/06/20 3:31 PM |
節度と品を保って遊びましょう。
| Akira's VOICE | 2007/06/20 3:35 PM |
監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎  CAST:阿部サダヲ、柴崎コウ、堤真一 他 STORY:京都でお茶屋遊びをする事が夢の舞妓オタクの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願叶って勤め先の京都支社へ転勤となる。しかし、「一見さんお
| Sweet* Days** | 2007/06/20 4:10 PM |
舞台挨拶の回を外したにもかかわらず大混雑でした。予告編観てただけでかなり笑えたんで期待できるんではないあと思ってましたが、いやはやこんなに笑えるとは!!
| B級パラダイス | 2007/06/20 6:47 PM |
舞妓はーん!!! “はーん”の部分はどのくらい伸ばして発音したらいいのでしょう。 ■映画「舞妓Haaaan!!!」 公式サイト ■舞妓Haaaan!!! (シネマトゥデイ) ■DVD:舞妓Haaaan!!! (出演 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ) 脚本はクドカンこと宮藤官九郎の
| THE有頂天ブログ | 2007/06/20 9:10 PM |
個人的にクドカンの作品は観た限りドラマも舞台もだったが (・・・っと思ってましたが「GO」「タイガードラゴン」は良かったなぁ) 今回の舞妓Haaaan!!!は最初〜最後まで単純に笑えおもしろかったです   阿部サダヲサイコー   亡き植木等さんのセリ
| happy♪ happy♪♪ | 2007/06/20 10:27 PM |
待望のフリーパスゲット。タダ観1本目は、楽しみにしていた「舞妓 Haaaan!!!」 やりすぎの感がする、ドタバタ・おバカ・エンタメムービーです。素直に笑い、楽しみました。面白かったです。
| 八ちゃんの日常空間 | 2007/06/20 10:27 PM |
クドカンについてはあまりよく知らず・・・クドカン作品はテレビ・舞台・映画どれもちゃんと観たことがないのです。 阿部サダヲさんは結構好きです。。 この映画、映画館ではかなり前から予告編やっていて、あまりのしつこさに?どうしても映画を観たくなってしまっ
| future world | 2007/06/20 11:16 PM |
  『舞妓Haaaan!!!』   男の究極の夢。 それは・・・<<舞妓はんとの野球拳!!!>>   やっぱりこう云うおバカ映画は劇場で観るべきですね。 自分だけじゃなく周りから聞こえてくる笑い声で、また相乗効果をうんで自分が笑っちゃうみたい
| 唐揚げ大好き! | 2007/06/21 6:03 AM |
 修学旅行で舞妓と出会い、寝ても醒めても舞妓一筋、夢は舞妓との野球拳という サラリーマン鬼塚公彦(阿部サダヲ)。京都支社へ転勤となり、念願のお茶屋デビュー が果たせると意気込む。公彦に振られた富士子(柴咲コウ)は
| 真紅のthinkingdays | 2007/06/21 10:04 AM |
すっごく評判いいんだもん。 ということで「舞妓 Haaaan!!!」を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ 上映時間:120分  お茶屋遊び未経験だけど熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ
| 映画でココロの筋トレ | 2007/06/21 11:32 AM |
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 120分 監督 水田伸生 製作総指揮 三浦姫 脚本 宮藤官九郎 音楽 岩代太郎 出演 阿部サダヲ 、堤真一 、柴咲コウ 、小出早織 、京野ことみ 、 酒井若菜 、キムラ緑子 、大倉孝二 、生瀬勝久 、山田孝之 、須賀健
| タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 | 2007/06/21 1:47 PM |
「舞妓 Haaaan!!!」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ、酒井若菜、キムラ緑子、生瀬勝久、大倉孝二、山田孝之、須賀健太、北村一輝、Mr.オクレ、日村勇紀、植木等、木場勝己、真矢み
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/06/21 3:00 PM |
というわけで観ました超ハイテンションmovie☆ 『舞妓Haaaan!!!』です☆STORY:中学の修学旅行で京都を訪れた鬼塚公彦(キミちゃん)は迷子になったところを舞妓に助けられそれ以来、舞妓しか愛せない、男になってしまう。そんな中、勤めている食品会社の京都支社への
| あかねのたわごと☆本日記 | 2007/06/21 4:18 PM |
【映画】舞妓 Haaaaan!!!やばい!やばすぎる!こんなに笑ったの久しぶりです。まず日常ではありえないんだろうけど、喜劇というものの醍醐味が凝縮されてます!【映画】「舞妓ハーン」・・・・・・本当に最高です!!!まだ見てない方は映画館へ今すぐGO!!クドカン
| きーわーど・えくすぷれす | 2007/06/21 8:07 PM |
どこまでハイテンション!?こんなヤツ初めてみた!ウザい奴だけど、すごぉぉぉぉ〜いっ!!!                               評価:★9点(満点10点) 2007
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2007/06/21 9:22 PM |
【2007/06/16】06/17鑑賞製作国:日本監督:水田伸生脚本:宮藤官九郎出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ鬼塚公彦は東京の食品会社で働く平凡なサラリーマン。ただひとつ普通じゃないのは、修学旅行で京都を訪れて以来、熱狂的な舞妓ファンだと
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/06/21 9:44 PM |
全編、主演の阿部サダヲさんのテンション高くって楽しめます。 クドいの通り越して、
| はらやんの映画徒然草 | 2007/06/22 8:35 AM |
京都は日本の宝どす。
| ひるめし。 | 2007/06/22 3:52 PM |
結構、面白かったです。 東京にある食品会社で働く平凡なサラリーマン、鬼塚公彦は、修学旅行で京都を訪れて以来、熱烈な舞妓ファンで、「お座敷で、舞妓と野球拳をする」ことを夢見ていました。そんな公彦が、ある日、舞妓のいる街、京都の支社に転勤(左遷)するこ
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2007/06/22 8:44 PM |
舞妓Haaaan!!!は、ドラマ「ぼくの魔法使い」の監督・水田伸生 と脚本・宮藤官九郎が仕掛ける超ハイテンション・コメディ。 阿部サダヲ演じる公彦は「舞妓さんが好き」で 「内藤に負けたくない!」一心で、とんでもない “偉業”を次から次へと成し遂げていくが・・
| youtube動画WEB | 2007/06/23 12:48 AM |
底抜けの面白さ!ばかばかしすぎるし、テンポは滑っていない! さすが、クドカン(鬼塚の携帯登録にもきっちり名前が出てましたね)
| 今日感 | 2007/06/23 1:03 AM |
? 舞妓Haaaan!!!  6/7(木)@よみうりホール 監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎 出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、伊東四郎、生瀬勝久、Mrオクレ、北村一輝、日村勇紀、 他 主題歌:グループ魂に柴咲コウが「お・ま・え ローテンションガ
| シュフのきまぐれシネマ | 2007/06/23 3:04 PM |
舞妓Haaaan!!! (出演 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ) 2007年6月16日 劇場初公開 公式サイト: http://www.maikohaaaan.com/index.html 新宿バルト9 スクリーン8 H-21 2007年6月19日(火)10時50分の回 ゴウ先生総合評価: A-   画質(ビスタ): A-
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2007/06/23 3:21 PM |
京都を堪能できる映画かと思ったら、ロケ地は近所だった・・・
| ネタバレ映画館 | 2007/06/23 10:51 PM |
☆舞妓Haaaan!!!☆(2007)水田伸生監督宮藤官九郎脚本阿部サダヲ・・・・・・・・・・・・・・・・鬼塚公彦堤真一・・・・・・・・・・・・・・・・・・・内藤貴一郎柴咲コウ・・・・・・・・・・・・・・・・・大沢富士子(駒富士)小出早織・・・・・・・・・・・・
| ぷち てんてん | 2007/06/23 11:09 PM |
クドカンの(とどうしても書いてしまう)舞妓Haaaan!!!を見てきた。 鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、鈴屋食品のサラリーマン(!?)で熱狂的舞妓ファン。念願の京都支社への転勤で、念
| Schicksal | 2007/06/24 2:58 PM |
阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウに脚本宮藤官九郎。 これ以上何を望むというのでしょうか? あらすじを簡単に 高校の修学旅行以来、舞妓に憧れ続ける鬼塚公彦。 東京本社から念願の京都支社に転勤となったが、お茶屋はもちろん「一見さんお断り」。 お茶屋常連の社長に、
| お父さん、すいませんしてるかねえ | 2007/06/24 6:14 PM |
あのクドカンが、アベサダをメインに、コウちゃんをブス扱いして、キテレツに撮っちゃった、「舞妓Haaaan!!!」を観てきました。 「スモーキンエース」の時に若干好評だった(勝手な解釈)比較レビューで書いてみたいと思います(手抜きではナイ!です)。 主人
| 紫@試写会マニア | 2007/06/24 9:56 PM |
『舞妓Haaaan!!!』初日2日で興収2億超! 阿部サダヲの全国縦断舞台挨拶決...
| 今日のニュース | 2007/06/25 12:28 PM |
脚本:宮藤官九郎 監督:水田信生 出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ 「鬼塚公彦は東京で食品会社に勤める会社員。ただ・・熱狂的な舞妓オタク。修学旅行で舞妓さんに出会って以来の夢だった御茶屋遊び、念願かなって京都支社に転勤となった。しかし、一見さんお
| 日々のつぶやき | 2007/06/26 11:41 AM |
感動度[:ハート:]         2007/06/16公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】水田伸生 【脚本】宮藤官九郎 【
| アンディの日記 シネマ版 | 2007/06/26 12:14 PM |
□作品オフィシャルサイト 『舞妓Haaaan!!!』□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、吉行和子、小出早織、伊東四朗、生瀬勝久、北村一輝、真矢ミキ、植木等、■鑑賞日 6月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの
| 京の昼寝〜♪ | 2007/06/27 8:40 AM |
期待値: 79%  クドカン脚本のドタバタコメディー。 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野
| 週末映画! | 2007/06/29 12:58 AM |
★★★★★★★☆☆☆ http://www.maikohaaaan.com/i
| mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 | 2007/06/30 12:25 PM |
クドカンは苦手だったけど、これはイケた。 サラリーマン鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、高校の修学旅行で舞妓に出会って以来、「舞妓しか愛せない男」になってしまった。「舞妓と野球拳」をするのが彼の夢。念願かなって京都に転勤が決まり、付き合ってた彼女富士子(柴
| no movie no life | 2007/06/30 5:12 PM |
阿部サダヲさんを初めて拝見したのは、「踊る大捜査線」第9話。 事件にはなりませんでしたが、青島刑事を刺してしまうという役。 いかにも何かやりそうという、怪しい目つき(笑)。 後にわかった阿部サダヲというふざけた芸名(笑)のこの人が、 10年後メジャー映画
| 「ボブ吉」デビューへの道。 | 2007/07/01 2:10 AM |
流出したブートキャンプ動画はコチラのサイトで見れます
| ビリーズブートキャンプの全動画が流出!今なら誰でもビクトリー! | 2007/07/03 11:18 PM |
「舞妓Haaaan!!!」★★★ 阿部サダヲ、柴咲コウ主演 水田伸生 監督、2007年(120分) 笑いの要素を過剰の一歩手前あたりで うまく抑えた良くできた映画だ。 舞妓さん大好きと公言する主人公の バカバカしい、くっだらない映画、 だから笑うつもり
| soramove | 2007/07/04 9:40 PM |
(2007/A110/S57)←今年通算110本目の鑑賞。 今週公開作は、週刊誌で★印が多かった「ゾディアック」も注目だけど・・・ 予告編見て、こりゃ面白そーーーーっ・・・て感じてたので、この作品を最初に。 この作品が初主演作の阿部サダヲとか・・・ 脚本が、宮藤官
| ひらりん的映画ブログ | 2007/07/06 12:49 AM |
 半年も前からいろいろな映画館では何回も予告編が流されていた作品ですが、低俗なドタバタ喜劇という印象しか受けず観る気も起きませんでした。  しかしながらくり返し見ているうちに、テンションの高さが尋常で
| シネクリシェ | 2007/07/07 6:05 PM |
とにかく面白かったです!割りと混んでいたコトもあり、場内では普通に爆笑している人が多数でした。 熱狂的な舞妓ファンを演じる阿部サダヲがハマり役です。あのテンションの高さはすごいです。堤真一も柴崎コウもとても良かった。生瀬勝久は個人的にかなりツボです☆
| Tokyo Sea Side | 2007/07/09 10:57 AM |
7月12日(木)◆499日目◆ う〜〜〜ん、なぜかこれをチョイスしてしまった。 クドカンの脚本、苦手なのに見てしまった。 時々、面白い所もあるが、 阿部サダヲ、テンション高過ぎ。 見てるこっちが恥ずかしくなる。 それに鬼塚(阿部サダヲ)がプロ野球選手
|            | 2007/07/15 8:04 PM |
≪ストーリー≫ 鬼塚公彦は東京の食品会社で働く平凡なサラリーマン。ただひとつ普通じゃないのは、修学旅行で京都を訪れて以来、熱狂的な舞妓ファンだということ。そんな公彦に転機が訪れる。念願の京都支社に転勤が決まったのだ!死に物狂いで仕事して、最高峰の壁「
| ナマケモノの穴 | 2007/07/15 8:17 PM |
2007年 監督:水田伸生  出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ、真矢みき、伊東四朗 舞妓をめぐる騒動、笑いどころが満載! ここまで退屈しないテンションの高い邦画は久しぶり。 どんな睡
| BLACK&WHITE | 2007/07/18 11:50 PM |
★★★  純日本風のおバカ映画。昔流行った「こまわり君」風味の、超ナンセンスマンガそのものである。主演の阿部サダヲって、一体何者なのだろう。もうハチャメチャで羞恥心ゼロのやたら騒々しいオタクという感じだ。       本業のカップ麺開発のあと、舞妓遊び
| ケントのたそがれ劇場 | 2007/07/21 8:13 PM |
鬼塚公彦の夢は舞妓はんとの野球拳   7月9日、東宝公楽にて鑑賞。熱烈な舞妓ファン鬼塚公彦を阿部サダヲが演じる。脚本は工藤官九郎、今回は「一見さん、お断り」という神秘のベールに包まれた《舞妓の世界》を描く   主演は3人の超豪華メンバーだ &n
| 銅版画制作の日々 | 2007/07/31 10:53 AM |
舞子Haaaan!!! 2007年   水田伸生 監督  宮藤官九郎 脚本阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 京野ことみ 酒井若菜 キムラ緑子 生瀬勝久 大倉孝二 山田孝之 須賀健太 北村一輝 Mr.オクレ 真矢みき 吉行和子 伊東四朗 植木等 ほらね、やっ
| 猫姫じゃ | 2007/07/31 11:21 PM |
 『京都は日本の宝どす。』  コチラの「舞妓Haaaan!!!」は、6/16公開になった人気脚本家の宮藤官九郎が"舞妓"の独特な世界を描いたオリジナル脚本によるスピーディでハイテンションなコメディなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪先週「パイレーツ・オブ・カリビ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/09/27 10:56 PM |
監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎 出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ、酒井若菜、キムラ緑子、生瀬勝久、大倉孝二、山田孝之、北村一輝、真矢みき、吉行和子、伊東四朗、植木等 評価:94点 公式サイト た、楽しい。 これぞエンタ
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/12/24 10:59 PM |
教えられました… 人間、なせばなる! お茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦は、念願の京都支社への転勤が決まる。恋人の富士子を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、「一見さんお断り」の壁にぶつかってしまう。しかし、会社
| じゅずじの旦那 | 2008/01/28 1:17 PM |
〜〜 京都は日本の宝どす。〜〜数ヶ月前から 公開を楽しみに待ちまくった作品で、その期待に100%応えてくれた映画どすぅとにかく、面白いっ 初めから最後まで大笑いしまくったが、面白いだけではなく、泣かせる所もちゃんとあってジーンとしたり、感動したり、そ
| HAPPYMANIA | 2008/02/01 3:38 AM |
ビックスモールンの小さい方じゃないよ「舞妓haaaan!!!」をレンタル。 阿部サダヲさんの独壇場! めちゃめちゃだけど、笑いました。 近いうちにTV放映があるんだとー?ちょいショック。 ↓ランキング参加中。プリーズ、ポチッとな。 人気ブログランキング
| 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」 | 2008/02/13 1:47 AM |
いやぁ、好きなことへの執念って、すごいね(笑)。 仕事で結果を出したらお茶屋に連れてってやるとの社長の言葉に、 挫けるかと思いきや(そこで挫けちゃ映画そこで終わっちゃうけど)。 お茶屋で舞妓はんと野球拳をしたい!という欲求のためだけに、 ひたすら
| *モナミ* | 2008/07/30 8:41 AM |
舞妓Haaaan!!! 監督 水田伸生 出演 阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ     小出早織 京野ことみ 酒井若菜     伊東四朗 吉行和子...
| Blossom Blog | 2008/08/31 12:51 PM |
舞妓フリークの主人公。しかし、そこは一見さんお断りの世界。野球拳を舞妓としたいだけなのに…。
| ゼロから | 2008/09/01 6:28 AM |
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・水田伸生 ネタバレあり
| プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2008/09/01 7:00 PM |
舞妓Haaaan!!!は先週29日の地上波でして 30日の午後から鑑賞も阿部サダヲは面白かったよ 内容は修学旅行で迷子になりに助けられて鬼塚が の大ファンになり京都に転勤から色々と展開だね 鬼塚がサイト荒らされた張本人の内藤に張り合って 鬼塚が
| 別館ヒガシ日記 | 2008/09/01 8:37 PM |
『舞妓Haaaan!!!』を観ました人気脚本家のクドカンこと宮藤官九郎が“舞妓”の世界を舞台に書き下ろしたオリジナル脚本で華麗に贈るドタバタ・コメディです>>『舞妓Haaaan!!!』関連ジャンル:コメディ上映時間:120分製作国:2007年・日本監督: 水田伸生出演:阿部サ
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/09/04 11:44 PM |
あらすじお茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願の京都支社への転勤が決まる。恋人の富士子(柴咲コウ)を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、「一見さんお断り」の壁にぶつかってしまう。しかし、会社の社長がお
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/12/24 6:57 AM |
宮藤官九郎脚本の、舞妓と野球拳をするという夢をかなえるため、人生のすべてをかける男の姿をハイテンションに描いた作品。監督は水田伸生、キャストは阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、伊東四朗他。 <あらすじ> お茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞
| Yuhiの読書日記+α | 2009/11/15 11:26 PM |
京都は日本の宝どす。
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2010/01/26 9:50 PM |
本日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}から夜勤のピロEKです。今日からもお仕事は忙しいと聞いております…少し不安です{/face_hekomu/} 昨日は夕方から先日亡くなった友人の実家に行ってきました。 その前に訃報を聞いた別の亡くなった友人とは違い、今回は亡くなった
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2010/05/05 8:50 AM |