<< プルートで朝食を | Main | 21グラム >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.05.27 Sunday author : なぎさ

アイ,ロボット



2035年の近未来には
       ロボットもウィンクしちゃいます♪ウッフン

ニューズウィーク誌によると
「超高額なギャラに見合うだけの実績の持ち主」ランキングで
ウィル・スミスが堂々の第一位に輝いたそうな!
今、最もノッてる俳優かもしれない。

今作ではロボット相手に大活躍のウィル!

家庭用にも普及したロボットたち。
ますます女性も男性も結婚しなくなって、少子高齢社会へまっしぐら!
最近のは「SF」と言っても遠い遠い先のお話じゃなく、私たちでも生きているだろうというくらいの、ちょっと先の時代設定が多いですよね。

これもそう
あと30年ほどすれば、こんなロボットが一家に一台いて、家事全般、他にもなんでもやってくれるという時代が実際にくるかもしれない。

このロボットたちは「ロボット三原則」という、「人間には危害を加えない」とする保険のようなものをインプットされていて、安全に忠実に人間たちに仕え、共存している・・・はずだった。

ところがロボットの生みの親とも言える、ロボット工学の第一人者ラニング博士(ジェームズ・クロムウェル)が、ロボットによって殺害されるとういう事件が起こった!

サニーというロボットが博士を殺害したと疑惑をかけられる。
ところが取調べでサニーは「それでもボクはやってない」と主張します。

ハイテク嫌いなスプーナー刑事(ウィル・スミス)は、事件解明に向けて動き出す。

「ロボットに殺人罪は適用しない」
ま、そうでしょうねぇ。
それも怖いけど、ネットで殺人依頼をして、わずかな報酬でそれを実行してしまう人間はもっと怖い。

さて、このストーリーなのですが
この手の近未来SFって、すでに出尽くした感があって、コレという新鮮味が無いような気がしました。
直接ハンドルを握らずとも走行可能なクルマだとか
超超高層なビル群とか
不思議な形の電話やら

もちろんCGの技術は素晴らしいのですが・・・。

『ターミネーター』を初めて観た時のドキハラはなくなってしまいました。

それにしてもウィル・スミスの鍛え上げられたカラダは美しかったですねぇ。

普通、こういう設定ならあるんじゃないかと思える
ロボット心理学カルヴィン(ブリジット・モナハン)との想定内恋愛が無かったことは良かったです!
| 映画 《ア行》 | 16:27 | comments(6) | trackbacks(10) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:27 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんは〜。いつもありがとうございます。「アイ,ロボット」は現存する2番目に古い記事です(笑)
プロフィールとして残しているのが一番古いので、観賞記では1番目の記事です。
単なるアクションと思いきや、やられちゃいました。サニーのウィンクに!
| 八ちゃん | 2007/06/06 6:50 PM |
>八ちゃんさんへ
こんにちは!

>「アイ,ロボット」は現存する2番目に古い記事です(笑)
過去記事って、改めて読み返すと懐かしいですよねぇ。
ブログ初心者の頃の初々しさが出てって!

さてこの映画ですが、近い将来こんな有能なロボット君が開発されて、一般人でも購入可能になる日がくるのかなぁって想像しました。

>サニーのウィンクに!
まさに!
ロボットにウィンクされた日にゃ〜、もう、ゾクゾクしちゃいますよね♪
| なぎさ | 2007/06/07 8:28 AM |
この作品は、ストーリーが面白いとかじゃなく、ウィルがかっこよすぎでもう一度観たくなる!!!!そんな作品デスネェ★
TBしとくのでまた観てください★
| addictm | 2007/06/30 9:39 PM |
>addictmさんへ
これはねぇ、内容的には私はダメでした〜。
そう!あのウィル・スミス主演なのに、もう少しなんとかならなかったかと。
TB感謝です♪
| なぎさ | 2007/07/01 2:37 PM |
上で書かれている人がいますが
私もこの作品、何が一番良かったって・・・
それはもうウィル・スミスの身体!(爆)
全体のバランスがとてもきれいなんですもの〜〜
で、筋肉もついていて・・・ってそんなとこばかり見ている私なので
これを見た後ウィル見たさに続けて2作品観ましたよ♪
| ジュン | 2008/04/13 4:37 PM |
>ジュンさんへ
こんにちは〜♪

>それはもうウィル・スミスの身体!(爆)
あぁ〜、これはそうですよねぇ。
『アイ・アム・レジェンド』でもそうでしたね!
ウィルサマの鍛えられたカラダはさすがハリウッド俳優です。
日頃はストイックにコツコツとカラダを作っているのでしょうね。
食べ物なんかも気をつかってそう。

>これを見た後ウィル見たさに続けて2作品観ましたよ♪
なるほど〜"一人ウィル祭り"開催ですね♪

| なぎさ | 2008/04/14 8:36 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/557
TRACKBACK
2035年のシカゴで謎の死を遂げた博士。 捜査する刑事の前に,サニーと名乗るロボットが現れる。
| Akira's VOICE | 2007/05/27 6:04 PM |
「アイ,ロボット」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 出演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、チー・マクブライド、アラン・テュディック、ジェームズ・クロムウェル、他 監督:アレックス・プロヤス 感想・評価
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/05/28 2:42 PM |
これは面白い!予告編の期待を裏切らなかった。去年、何度も映画館で目にした予告編。最初観たとき、衝撃が走ったのを今でも覚えている。 久々に「観たい!」と思った予告編だった。ウィルスミス自体、あまり好きではないが、SF作品としてはアクションあり、ミステリー
| 八ちゃんの日常空間 | 2007/06/06 6:47 PM |
アイ,ロボット    う〜、、いい!! 最初のところで、その後の展開、予想できるんだケド、最後は、じ〜っと、息をのんで、見てしまいました。 人のために、自己を犠牲にするロボット。あたし、こういうの、弱いんだぁ、、うぅっ、、ってなっちゃう。ロボ
| 猫姫じゃ | 2007/06/13 3:54 PM |
テクノロジーの暴走と人間の存在の意味を問う、知的かつ壮絶なアクション・エンタテイメント大作!! ルールは破られた、未来は守れるか。 オススメ度★★★☆☆ お気に入り度★★★★★ 2004 アメリカ SF 近未来 監督:アレックス・プロヤス 出演:
| ☆.。.:*Addict*:.。.☆−映画好き 映画ヲタCome on!!− | 2007/06/30 9:41 PM |
ウィル・スミスのSF映画の中で、これは結構好きーDVDを持っていて・・・かなりの回数観てま〜す。【story】2035年のシカゴ。ロボットは人間の日常生活に欠かせない存在となっており、人間とロボットの共存は三原則によって守られていた。一、ロボットは、人間に危害を加
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/02/08 6:14 PM |
【I,ROBOT】2004年/アメリカ 監督:アレックス・プロヤス  出演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、アラン・テュディック、ブルー...
| BLACK&WHITE | 2008/04/13 4:34 PM |
ルールは破られた、未来は守れるか。
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2009/09/19 8:03 AM |
 『ルールは破られた、未来は守れるか。』  コチラの「アイ,ロボット」は、「アンドリューNDR114」の原作者でもあるSF小説界の巨匠アイザック・アシモフの短編集「われはロボット」をモティーフにしたSFアクション・ミステリーです。  この映画にも登場する「ロ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/11/18 9:18 PM |
自動床ふきロボット【ブラーバ】がすごい
| ブラーバ違い | 2015/04/16 10:41 AM |