<< 眉山 | Main | パッチギ! >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.05.19 Saturday author : なぎさ

王の男



            王を笑わせなければ死刑に
 
     愛を知らない暴君、朝鮮国第10代国王・燕山君(ヨンサングン)
 
           固い友情で結ばれた二人の芸人
 
              の愛憎劇
   
芸に秀でたチャンセン(カム・ウソン)と、中性的な魅力のコンギル(イ・ジュンギ)は、男寺党(ナムサダン)と呼ばれる流浪芸人集団の一員だった。

両班(ヤンバン)と呼ばれる貴族たちにもてあそばれるコンギルを見ていられず、二人は都を目指して逃亡する。

そこで王を軽蔑する芝居をしたとして捕らえられた彼らは宮廷に連行され、王を笑わせることができなければ死罪と命ぜられるのだった・・・

本国では1300万人を動員する大ヒットとなった本作。
芸人チャンセンを熱演したカム・ウソンと、透き通るような「美貌」の持ち主コンギルを演じた話題のイ・ジュンギも素晴らしいが・・・

予想以上に目を引いたのが
希代の暴君、ヨンサングンの人物像に迫る渾身の演技が見事だったチョン・ジニョンが実に素晴らしい!
 
燕山君(ヨンサングン)という王は1476年に生まれ
8歳で皇太子になり
18歳で王位についた国王である。
実際に彼には少々、情緒障害があり、幼児性が強く、その時の気分で残虐な行為を繰り返していたようだ。

この当時、妓生(キーセン)という芸妓兼娼婦の役目を務める女性たちがおり
ヨンサングンはこれらキーセンと豪遊を重ねていた。

時代背景としては
『チャングム』をご覧になられた方には馴染み深く、まさに彼女とこの国王とは幾分か関わりがある。

ヨンサングンの母・ユン氏が1482年に毒殺される。
彼女はヨンサングンの実の祖母にあたる先王の母と、側室らによって毒殺されたのである。

チャングムの母は、その毒殺に関与した武官とチェ一族の陰謀を知ってしまったため殺害されてしまった。

話をこちらに戻すと・・・

このヨンサングンという王は、1506年にクーデターによって失脚。
江華島へ島流しされ、その2ヵ月後、死亡している。
幼い頃に母を亡くし、常に母性を求めていた彼はわずか30歳という若さでこの世を去った。
そして王の寵愛を受けた王妃・ノクス(カン・ソンヨン)は処刑されている。

そんな国王の人となりを、一瞬にして表現するかのような
玉座に座って能面のように氷ついた表情で芸人たちをにらみつけるジニョンの目が秀逸だった!

ソウル大出身のエリート俳優ジニョン。
普段の役作りは周到に準備をするタイプらしいが
「かつてない方法をとった」という彼は今回
「セリフも動きも、アドリブが多いと役に精気を与える」と言っていたそうだ。

また
カム・ウソンの「オルム」と呼ばれる綱渡りの芸は、もはやサーカス団員並みの身軽さだった!!!
しかし、あの芸は肛門と男性の「シンボル」が痛そ〜。。。
ジュンギらとともに演じた「トッペギ」という仮面舞劇は、けっこう笑えた!

韓国の俳優さんって、こういうところが素晴らしいですよねぇ〜。

      どこまでいっても芸人として生きようとする男たち

                 そして

                孤独な国王

          身分を越えた人間ドラマは圧巻でした。













 

| 映画 《ア行》 | 17:31 | comments(10) | trackbacks(13) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 17:31 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちはー^^
チョン・ジニョンssiってソウル大出身だったのですか!

この作品に関してはとにかくイ・ジュンギssi推しな
プロモーションがされていたように思いますが、
わたしも個人的に一番印象に残ったのがジニョンssi演じる燕山君でした。
もちろんジュンギssiもウソンssiもとても魅力的だったんですけどね ^^
| tamayuraxx | 2007/05/21 7:29 PM |
>tamayuraxxさんへ
こんにちは〜♪(*´▽`)ノ
そうなんですって!
ジニョンssiはソウル大出身のエリートらしいです。

主役級の二人を押しのけての存在感はさすがでしたよね!
公開された時から観たかった作品でした。
噂によると、私の好きなチャン・ヒョクssiがこの作品に出る予定だったのを、兵役ではずされたと聞きました。
どの役をする予定だったんでしょうねぇ。
カム・ウソンssiの役どころだったんでしょうかね。
ジュンギssiの中性的な魅力は素晴らしかったです!
あの流し目には、男性もクラクラするでしょうね〜(笑)
| なぎさ | 2007/05/22 8:51 AM |
なぎささま、こんにちは。TBさせて下さいね。
私は劇場鑑賞でしたが、とってもいい映画だと思いました。
役者さん、みなさん熱演でしたよね〜。
イ・ジュンギくんだけでも一見の価値がある!と思います。
ではでは、またです〜。
| 真紅 | 2007/05/24 1:15 AM |
>真紅さんへ
こんにちは〜♪
いつもありがとうございます!

ずっと観たかった作品だったので、やっと観れて満足でした〜。
最近は、韓国の「時代劇」にはまっております。

イ・ジュンギ君は初見でしたが、あの涼やかな目がとっても印象的ですねぇ。
カン・ドンウォン君でもできそうかなぁなんて思いましたが、やはりジュンギssiのほうがより中性っぽいですよね!
目を焼かれるシーンは、直視できなかったです。
この二人の友情って、どちらかと言うと「愛」ですよねぇ〜。
| なぎさ | 2007/05/24 8:52 AM |
なぎささん、こんにちは。
「リーピング」観る予定だったのに、コメントした瞬間に仕事入っちゃったー。でもゼッタイに観るね。

んで、「王の男」良かったです。
なんだか「テルマ&ルイーズ」を観終わったときと似たような気持ちになったよ。だって、あれはきっと2人にとって最後の演技になるだろうから。。。
音楽もよかったな。
| AnneMarie | 2007/05/25 12:27 PM |
>AnneMarieさんへ
あら〜、残念でしたねぇ。
観る気になってる時に限って、用事とか入っちゃうんですよねぇ。
今度こそ頑張ってみてくださいね!

>「テルマ&ルイーズ」を観終わったときと似たような気持ちになったよ。
そうだ!
ほんとですね!
「テルマ&ルイーズ」って大好きな作品なんですけど、どこが好きって、やっぱりラストで車ごとダイヴするあのシーン!!!
「王の男」のラストも、自分たちの結末が分かってて、最後の瞬間を楽しんでるってところは似てましたね〜。
どちらとも、あの潔さみたいな終り方がスカッとして良かったですよね!
| なぎさ | 2007/05/26 2:37 PM |
こんにちは♪ なめ犬です。
もう、王のチョン・ジニョンの熱演に圧倒されました。目の動きに特長があるのかなあ。主役のチャンセン(カム・ウソン)とコンギル(イ・ジュンギ)も素晴らしいのですが、王の存在感の方が凄すぎます。綱渡りの芸でのお股はホント痛そうですね。その点に関しては同じ男性だから余計に共感できます。
| なめ犬 | 2007/06/03 11:30 AM |
>なめ犬さんへ
こんにちは!

>目の動きに特長があるのかなあ。
きっとそうですね!
セリフが無くても「目」で演技できる俳優さんですよねぇ。
狂気迫る演技に目が釘付けでした。

>綱渡りの芸でのお股はホント痛そうですね。
あれは訓練で鍛えれば克服できるものですかぁ?
違いますよね。
女子でも、けっこうくるかもしれないです〜(笑)
| なぎさ | 2007/06/03 2:53 PM |
なぎささん、初めてお邪魔します。
TBさせていただきました。
この映画は私もすっかり楽しみました。
なぎささんの事実確認をしっかりされているレビューにすっかり感心してしました。
ヨンサングンの幼い頃の心の傷を思うと、痛々しいですね。
| fizz♪ | 2007/06/04 1:45 AM |
>fizz♪さんへ
はじめまして〜!
お越しくださってありがとうございますm(_ _)m

お褒めのお言葉、恐縮と同時に感謝です!
私も、この作品を鑑賞して興味が出たのでいろいろ調べて分かった事なんですよ。

韓国映画ってやはりチカラ強いですよねぇ。
最近の恋愛モノに少し食指が動かなかったのですが、こういう作品を観るとやっぱりいいなぁ〜って思いますよね☆

またいつでもお気軽にお越しくださいね(*^▽^)ノ
| なぎさ | 2007/06/04 8:46 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/552
TRACKBACK
英題:The King And The Clown 燕山君(ヨンサングン)という暴君な16世紀初頭の実在の王と、一座を逃げ出して漢陽の都にやってきた旅芸人というフィクション設定の、哀しみの愛憎物語 旅芸人一座で幼馴染の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/05/19 7:22 PM |
宮崎あおいとの共演が楽しみな、韓国一美男のイ・ジュンギ主演、…って、韓国一は、デュエリストのカン・ドンウォンじゃなかったの?
| 八ちゃんの日常空間 | 2007/05/19 11:48 PM |
{/kaeru_en4/}アジアセンターって、アジアのことなら何でも教えてくれるのかな。 {/hiyo_en2/}たぶんね。 {/kaeru_en4/}じゃあ、韓国のことも勉強できるのか? {/hiyo_en2/}たぶんね。でも、どうしたの、勉強嫌いのあなたがそんなこと言い出すなんて。雪でも降るんじゃ
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2007/05/20 8:45 PM |
 16世紀初頭、旅芸人のチャンセン(カム・ウソン)とコンギル(イ・ジュンギ)は、 漢陽の都で時の王ヨンサングン(チョン・ジニョン)と元妓生ノクス(カン・ソンヨン) との関係を皮肉った芝居で人気を博す。王に気に入ら
| 真紅のthinkingdays | 2007/05/24 1:13 AM |
2007年最初の映画は、「王の男」でした! ( → 公式HP  ) 出演:カム・ウソン 、イ・ジュンギ 、チョン・ジニョン 、カン・ソンヨン 上映時間:122分  16世紀の韓国の宮廷が舞台。 地方の旅芸人一座のチャンセン(カム・ウソン)と女形コン
| 映画でココロの筋トレ | 2007/05/25 12:22 PM |
中国では絶世の美女を「傾国の美女」と例えるそう。それなら、韓国でのコンギルは「王が滅びるほどの美女」…壮絶です。 史上最悪の暴君を笑わせなければ死刑…その時代、低い身分とされていた芸人だが市井の笑いを取るにはツボを得たテーマを選ぶ才覚が必要。その力..
| Have a movie-break ! | 2007/06/04 1:36 AM |
こんにちは!カンドン ウォン@カンドン ウォン情報バンクです。 韓国俳優 カンドン ウォンの動画です。日本の香取慎吾とまちゃみが出ている番組で「韓流スターベスト10」なるものをやっていました。カン・ドンウォンは10位で「恋人にしたい男No1」です^^カン
| カンドン ウォン@カンドン ウォン情報バンク | 2007/06/14 6:05 AM |
スマステ見ました?日本人が好きな男性韓流スターランキングなるものをやってましたね。どんな人がランクするのか興味津々で見てました。なんとカンドンウォンは10位
| カンドンウォンを応援するブログ | 2007/06/18 2:30 PM |
カン・ドンウォン出演の私たちの幸せな時間見ちゃいました。ヤフーのオンライン試写会に当たったので
| カンドンウォンを応援するブログ | 2007/06/22 1:44 PM |
●韓国俳優プロフィールカタカナ カム・ウソン 漢字 甘宇成 英語 Kam Woo-Sung 区分 俳優 生年月日 1970年10月1日 身長/体重 174cm/68kg 血液型 B型 趣味/特技 ビリヤード、映画鑑賞 学歴 ソウル大学東洋画学科 デビュー 1991...
| 韓国俳優大好き!韓国俳優ストーリー | 2007/06/30 7:22 PM |
 『それより奥は、見てはならない。』  コチラの「王の男」は、王が寵愛するモノを呼ぶときに使った呼び名「爾」と言う舞台劇の映画化で、韓国では1,300万人(国民の4人に1人)を動員したとされる12/9公開の映画なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪  
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/10/12 11:36 PM |
「王の男」って、どういう意味だろう? と思ってたら、そのまんまの意味でした(爆)。 コンギル役のイ・ジュンギが、美しいのなんの。 こりゃ男だって惚れるって。韓国版流し目王子(笑)。 いつの時代にも、愚王はおり。 そして愚王は愚王なりに、苦悩があ
| *モナミ* | 2008/01/29 8:50 PM |
カム・ウソン/王の男スタンダード・エディション/DABA-348 ¥3,990 韓国 2006年 カム・ウソン、イ・ジュンギ、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン、チャン・ハンソン、ユ・ヘジン、チョン・ソギョン、イ・スンフン 監督:イ・ジュンイク  脚本:チ
| 映画を観よう | 2008/08/30 4:44 PM |