<< ハチミツとクローバー | Main | 眉山 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.05.13 Sunday author : なぎさ

ブレイブストーリー



フジTVが、日テレにがっつり対抗意識を燃やして製作したファンタジーアニメ。

10億円の製作費を費やして完成した本作でしたが
興行収入は16億円に留まったようです。

フジTVが目指す
「日テレとジブリ」のような最強タッグにはならなかったようですねぇ〜。
いつものように原作は未読で鑑賞。

なんですか原作のほうは、かなりの長編大作のようですね。

ミステリー作家の宮部みゆきさんの小説が基になっているんですってね。

原作では、ずいぶんと凄惨な描写もあったようですなぁ。

映画では子供に考慮してか、そういったシーンは可能な限り削除されたり、変更されていましたな。

そうですなぁ〜、『ゲド戦記』のような・・・
     ・・・『千と千尋の神隠し』・・・のような感じもせんではなかったかな。。。

言いたいことはよく分かるんですよ。

「運命を変えられるのか?」
「運命を変えるためには何が必要か?」


ワタル少年の成長を通して描いているんです。

が、しかし
何かが足りない・・・これ!という決め手が無い。

原作ではもっと壮大なドラマが繰り広げられていたのでしょうが

映画では、なんとなく「当たり障りの無い」ようなストーリーになってしまっていたのではないでしょうか。

ん〜、この感想、宮崎吾朗氏の『ゲド戦記』を観た後にも似た状況。

言いたいことは分かるけど、ズンと心に突き刺さってこない。

映像は、もう近頃ではピクサーさんのもの凄いリアル映像に目が慣らされてっから
正直、スゴイ!という感動までには至らなかったっすねぇ。

ですが、声優人は頑張っていたんではないでしょうか!
特に、松たか子のワタル!
少年のハツラツさがとっても出ていましたよ!!!

樹木希林さんの「オンバ」
伊東四朗さんの「ラウ導師」
大泉洋さんの「キ・キーマ」
柴田理恵さんの「ユナ婆」
そいから、ウエンツ君の「芦川ミツル」もなかなかでした☆

ただ、常盤貴子の「カッツ」は、本職さんに任せるべきでしたね。

人生にはいろいろあるけど、それでも「家族」を失うってことは
とっても辛いこと。

そして、人生の旅路に立ちふさがる「壁」があったとしても
乗り越えられない「壁」は無いと勇気を持つこと
大事だね。

    ☆★☆〜・∴゜*゜∴・〜☆★☆〜・∴゜*゜∴・〜☆★☆〜・∴゜*゜∴・

           今日は「母の日」でしたねぇ。
           ママさんブロガーさんのみなさん!
        何かサプライズな出来事がございましたでしょうか?

              我が家では今日
       6才の娘からカーネーションの花束をもらいました!
             メッセージを添えて
 
       我が子からこんなふうにプレゼントしてもらえるなんて・・・

              ありがとう♪
           生まれてきてくれたことに感謝

        
 

| 映画 《ハ行》 | 17:35 | comments(6) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 17:35 | - | - | pookmark |
COMMENT
自分の子供に、プレゼントもらえるとかウレシイですよねぇ★
私には、そんな日が来るのかしら?????
全然、想像がつきません★笑★
親には、プレゼントとメッセと手料理を作ってあげましたよ★
親は一生尊敬なのでぇ★
てか、この作品TVでこの前やってましたよねぇ?????
途中で消しました★ワラ★
なんか、もひとつ感があったのでぇ・・・・・
同じアニメなら「時をかける少女」のほうが、胸に迫るものがたくさんありました★
| addictm | 2007/05/13 11:23 PM |
>addictmさんへ
おはよ〜♪
そうなんですよ〜、私もね我が子から母の日に何かしてもらえるなんて子供を産むまでは想像もつかなかったっす!
ところが、いつかはやってくるものですなぁ〜。
addictmさんも、きっと来ますよ!!!
そして、実際にその時が来ると・・・
メッチャ嬉しいんですよぉ〜♪

addictmさんも、しっかり親孝行なさってるじゃないですかぁ〜。
さぞかしお母様は嬉しいと思いますよ。
そっかぁ〜、手料理かぁ〜、いいなぁ〜。
ウチの娘は、まだ料理はできないなぁ。
でもいつか娘の手料理を食べてみたい!!!

で、この映画。。。
うん、addictmさん途中で消して正解かも(笑)
『時をかける少女』まだ未観なんですよねぇ。
リストに入れておきますっ☆
| なぎさ | 2007/05/14 8:32 AM |
私はチラッと観ただけですが、あっさりしてましたね。
メッセージ付きのお花ですか!あらステキ〜。子供が一生懸命考えて書いたものっていいですよね。落書きでさえ残しておきたいと思ってしまいます!でも我家は母の日サプライズはなかったです。へぇ〜そうだったの?で終わってしまいました・・・
| J美 | 2007/05/14 12:11 PM |
なぎささん、こんにちは。
上のコメントのaddictmさんもいうように「時をかける少女」メチャ良かったですよ〜。僕も昨日見まして。
ブレイブ、ゲドが話題だった2006
年度アニメでしたが以外にも「時かけ」がツボでした。
ブレイブストーリーはくだらないゲーム(ぞくにいうクソゲー)アニメでした。絵柄はかわいかったですがw

母の日、娘さん6歳にして花束!?
お嬢さん、えらいなぁ。
| motti | 2007/05/14 5:30 PM |
>J美さんへ
そうなんですよねぇ。
子供目線で描こうとしたことが、結果的に中途半端な感じになっちゃってました。。。残念です。

前日から娘は計画してたようで
「母」という字を漢字で書いてました。
でも「カーネーション」の「シ」が、どう見ても「ツ」にしか見えなかったのですが、それすらも感動でした!
しっかりと携帯のカメラに収めました〜♪
ウチの子もこれがいつまで続いてくれるのやら・・・です(笑)
| なぎさ | 2007/05/15 8:46 AM |
>mottiさんへ
こんにちは〜!mottiさん☆
そうなんだぁ〜『時をかける少女』って良い作品なんですねぇ。

>(ぞくにいうクソゲー)アニメでした。
分かる気がしますぅ。
原作の宮部さんってゲームがお好きらしいですね。
これがゲームになると知って喜んでたそうですが。
私はゲームは全くしないのでどのようなものか分からないですが、ゲームとしてもイマイチなわけですね(笑)

6才の娘なりに考えてくれた母の日プレゼントでした。
仕事で疲れイライラしたりして、子供にあたってしまうようなダメ母ですが・・・。
娘の気持ちに泣けてしまいました。
| なぎさ | 2007/05/15 8:53 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/550
TRACKBACK
ジブリ美術館とはなんぞやと言う人は参考にしてください。ジブリ美術館のことなら任せてください。
| ジブリ美術館 | 2007/05/14 9:07 AM |
鑑賞に堪えるだけの哲学不足。 良くも悪くも子供向けなんだよなぁファンタジーというもは。 ファンタジー映画ブームを再考させられます。 ブレイブ ストーリー 特別版posted with amazlet on 07.01.04ワーナー・ホ
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2007/05/14 5:20 PM |
宮部みゆきって、ミステリー、時代物、そして、ファンタジーと本当に多才な方ですね。 「レベル7」以来、すっかりファンになったので、文庫になったもの(時代物以外)はなるべく読むようにしてます。どの本もストーリーはもちろんですが、登場人物の何気ない仕草が
| the borderland  | 2007/05/15 12:43 AM |
小学校1年生の息子を床屋さんに連れていくと「どうされますか?」と聞かれます。「短くしてください」というと「坊ちゃんでいいですか?」と言われ、いつも坊ちゃん刈りになってしまします。他の髪型にしたいのですが髪形の名称ってあるんでしょうか?前髪はこんな感じ
| 子供の髪型 | 2007/05/29 4:40 PM |