<< カラオケバトン | Main | 男たちの大和 YAMATO >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.04.11 Wednesday author : なぎさ

雨あがる



巨匠 黒澤明が残した夫婦の絆

こんな佇まいの奥さんになれたらいいけど、なかなかそうはいかないんだよねぇ。

ついつい夫に言ってしまう。。。「あんたぁ!何してんの!」
剣術に優れた腕を持ちながらも「出世」には縁遠く、世渡りベタな素浪人・三沢伊兵衛(寺尾聡)。
そんな夫に文句一つも言わずに陰で支える妻・たよ(宮崎美子)。

物語はこの夫婦を軸に、藩主のお殿様から一般の市井の人々まで彩られている。

この三沢という人物
平民の前でも殿に接する時にも態度に裏表が無く、嘘がなく、親切で常識があり、よく気が付く、それはそれは「出来た人」なのです。

ところが得てしてこういう人物っていうのは、正直過ぎることが「仇」となり、出世街道からは著しく弾かれてしまうという欠点がございますねぇ。

たよという奥さんは、武士の妻だけあって我慢強く、いつも凛として構えています。
不甲斐無い旦那に何も言わず、ただじっと見守り続けます。

山本周五郎の短編小説を基に、黒澤監督が最後まで映画化を夢見て脚本を書き上げたという作品。
その黒澤監督の助監督として28年間師事した小泉尭史が初メガホンを取り師匠の想いをスクリーンに表現しました。

黒澤監督は「見終わって晴々とした気持ちになるような作品にすること」と願っていたそうです。
監督へのオマージュがそこかしこに散りばめられていました。

主演の寺尾聡は、優しさと強さを兼ね備え、柳の木のような柔軟性を持つ浪人の役をさり気なく演じていました。
素浪人になった今までの経緯を殿に語って聞かせた話は面白いです!

藩主の殿様には三船敏郎のご子息、三船史郎
はりのある声はお父さんを彷彿とさせ、豪快で奔放なお殿様を悠々と演じています。

三沢の妻たよ役の宮崎美子の奥ゆかしさもかなり良かったです!

この人!松村達雄さんが出てることで締まって見えます!

道場主・辻月丹には仲代達矢
殿の奥方に壇ふみ
殿の側近、権之丞に吉岡秀隆、石山に井川比佐志です。
宿場の客おきんには原田美枝子

長雨が降り続いた後の晴天のように爽やかで、いろんなものを雨が流してくれたのではないかと思えるような清清しさです。




| 映画 《ア行》 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:12 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/534
TRACKBACK
「黒澤明の軌跡」というタイトルでテアトル新宿が6月2日から黒澤明監督作品の28作品を一挙上映するそうです。黒澤明監督と言えばどれがお勧めかを映画評論家の前田有一が教えてくれました。
| ニュースですYO! | 2007/05/14 5:26 AM |
古典映画 黒澤明映画 団塊シニアの映画情報山本周五郎は私のすべてです。個人的なことですみません。息子に周五の名(さすがに郎までは・・・)をいただき、娘にシヅ・ウノの名をいただき、愛犬にサブまでいただいています。山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚...
| 黒澤明「赤ひげ」 日本映画1965年 ベスト1 | 2007/06/08 10:33 PM |
日本映画 黒澤明監督 赤ひげ 1965年山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』を、黒澤明監督が「日本映画の危機が叫ばれているが、それを救うものは映画を創る人々の情熱と誠実以外にはない。私は、この『赤ひげ』という作品の中にスタッフ全員の力をギリギリまで...
| 古典映画 黒澤明 赤ひげ | 2007/06/14 11:24 PM |
古典映画「日本のいちばん長い日」 8月15日天皇玉音放送「日本にもう戦う力なぞは・・・」(石黒農相)「天皇および日本国政府は連合国司令官にサブジェクト・トゥするとなっておりこれは隷属であり絶対受諾など出来ません!」(畑中少佐)「戦争が継続...
| 古典映画 黒澤明の弟子岡本喜八監督作品 | 2007/06/19 9:39 PM |
団塊世代の皮切り寺尾聡の優しさ寺尾 聰(てらお あきら、1947年5月18日 - )は、日本の俳優、歌手、ベーシスト。神奈川県横浜市出身。俳優・宇野重吉の長男。サングラスをかけ、ニヒルな表情がトレードマーク。和光学園、法政大学第二高等学校、文化学院卒業。石原...
| 団塊世代のタレント俳優編 寺尾聡 | 2007/06/30 3:19 PM |
 コチラの「雨あがる」は、小泉堯史監督&寺尾聰&吉岡秀隆って「博士の愛した数式」トリオの映画です。  山本周五郎の同名短編小説を基にした故・黒澤明監督の遺稿で、黒澤作品の助監督も務めた事もある小泉監督の監督デビュー作なんだそうです。  江戸時代中期
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/10/29 11:03 PM |