<< 火宅の人 | Main | 蛇イチゴ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.04.01 Sunday author : なぎさ

子ぎつねヘレン



いやぁもぉ〜これは、ずるいよねぇ!

動物&子供がメインってことで、泣けないはずないも〜ん。。。


ヘレンの「おかあさん」になった少年太一クン!
この子って可愛いルックスじゃないんだけど、そこがまた泣かせるんだよね。

映画に出てたこの子ぎつねって、どうやって見つけたんでしょ。
このお話しは実話だそうですが、目も見えない、耳も聴こえない、それにニオイも分からないという野生のキタキツネ。

野生のキタキツネには、エキノコックスという寄生虫がいるらしいんですよね。
それが人間に感染すると悪影響を及ぼすらしいです。

北海道の大自然と、障害のある子ぎつね、そして母親と離れて暮らす少年の物語。

太一君(深澤嵐)のお母さん律子(松雪泰子)は、シングルマザーでカメラマン。
希望してた仕事の依頼がきたことで舞い上がって、太一君を獣医の幸次(大沢たかお)に預けてとっとと一人で海外へ。

「お母さんの幸せは太一の幸せ!」とかなんとか言いながら、息子がよく知りもしない男性に預けて仕事に行っちゃう母親ってどうなんだろ。

幸次は、ぶっきらぼうだが悪い人ではなかったのが救いだった。
最初、美鈴(小林涼子)は、彼の妹かと思っていたら、娘だったんだ!

野生動物にとってニオイが分からないというのは致命的なこと。
食欲が無く、日に日に痩せていくヘレン。

太一の手厚い看護が功を奏し、ヘレンは体重を増やして手術に耐えられる体になる。

しかし・・・。

太一君は誠心誠意ヘレンの世話をしました。
それは絶対にヘレンにも通じているはず。

近頃は小動物をいじめたり殺したり、しかもその様子をネット上に流すという、人間とは思えないような行動に走る人がいます。

また、飼っていた動物が病気になったとからと捨ててしまう人も・・・。

かと思うと、崖に取り残され救出された犬を飼いたいと大勢の人が殺到したり。

動物を飼うということは、同時にその子の命も預かるということ。
私は今までに二匹の犬を飼って最後を看取ったわけですが、病気になって苦しむ愛犬を見るほど辛いことはないです。

特にヘレンは盲目で声も出せない。

本編の中で「辛い」という字に一本足すと「幸せ」という漢字になると幸次が太一に話す場面がありました。
これと同じのが最近観た映画の中であったという記憶が・・・確か『雪に願うこと』だったかな?

辛い思いを乗り越えた向こう側には幸せがあるのかもしれませんね。
ヘレンの世話をすることで太一君も成長したことでしょう。
動物やいろんな生き物に対して、慈しみの心を子供の頃から育てたいですね。

| 映画 《カ行》  | 15:37 | comments(4) | trackbacks(5) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:37 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは〜!お邪魔しま〜す!またまた北海道ネタで申し訳ないですが、そう!キタキツネって可愛いですが恐ろしい病原菌を持ってるんですよ〜!エキノコックスに感染したら肝臓がやられてしまうそうです!なんせ、潜伏期間が10年位かかるそうで、富良野の友達の所は毎年、市からの無料検査があるそうです!滞在中は野良犬の様に札幌の町にも出没しておりました! そして、北の大地の人にはキタキツネはけして触ってはならぬ!とよく言われましたっけ!この間、TVでやってましたね!3重苦のヘレン・ケラー版、動物編かな?見ようか、どうしようか迷ったのですが…。最近、動物もんには、すっかり弱い私です…。
| 姫路の妙子 | 2007/04/01 5:38 PM |
>姫路の妙子さんへ
おぉぉぉーっ!
そ、そんなに怖い病原菌だったのねぇ。
知らなんだぁ〜!
こういうことって、身近にいない動物だから全くそういう知識ないもんねぇ〜私なんか。
潜伏期間が10年ってのも驚きです!
しかも札幌でも出没するなんてぇ!
近頃は野生動物も生息地にエサが無くって街に下りてきたりするのでしょうかね。
いやぁー貴重なお話しありがとね妙ちゃん♪
そそ、これ先日TV放映してたのを録画して観たんです。
私もね、独身の頃には泣けなかった子供ネタにめっきり近頃は弱いんです。
それに加えてこれは動物も絡んでますから・・・。
でもね、思ったより号泣でもなかったですよ。
ヘレンが幸せだったってことが分かるからでしょうかねっ!
| なぎさ | 2007/04/02 8:31 AM |
おはようございます、なぎささん♪Kaichangです!\(o ̄∇ ̄o)ハーイ
この映画は映画館で鑑賞したんですけど、観客で映画の真っ最中に終始、大声で叫んで、めっちゃうるさい変な人がいてまったく映画に集中出来なくて、悲しかったです。(T_T)
その客のせいで映画を観た気になれなくて、ガッカリして帰宅しましたよ!
| Kaichang | 2007/04/02 9:30 AM |
>kaichangさんへ
おっはよ〜ございます!
それはいけませんよね!
許せな〜い(怒)
マナー違反ですよ。
そんな人は映画館で観るべきではないですねぇ。
でも、いるんですよねぇそういう輩がっ!
予告が始まってるのにまだ喋ってるヤツとか、本編始まっても喋ってるのもいるけれど・・・携帯鳴らす人、レジ袋かなんか知らないけどガシャガシャ音立てる人、咳ばっかしてる人(家で寝ててって感じ)で、そういうオーバーリアクションを平気でする者たち。。。
一人でも劇場にいたら興ざめだよねぇ〜。
せっかくお金払って、貴重な時間を費やしてもそういう無神経な人のために映画に入っていけないのは辛いよね!
kaichangさんのお気持ちよ〜く分かりますよ。
| なぎさ | 2007/04/03 8:37 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/529
TRACKBACK
以前見た「奇跡の人(以前の記事)」コレまじ良かったですよ。 この壮絶さはキツネ相手にないだろと思ってたら教えてたね、太一君w 子ぎつねヘレンposted with amazlet on 07.03.24松竹 (2006/08/30)売り上げランキング:
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2007/04/01 5:00 PM |
「子ぎつねヘレン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:大沢たかお、松雪泰子、深澤嵐、小林涼子、田波涼子、阿部サダヲ、吉田日出子、藤村俊二、他 *原作:竹田津実『子ぎつねヘレンがのこしたもの』 感想・評価・批評 等、レビューを含む
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/04/02 7:05 AM |
動物看護師の資格の取り方を紹介しています。
| 動物看護師の資格について | 2007/04/03 3:54 PM |
ペットの犬、ポメラニアンや柴犬、亀についてもお伝えします。ペットたちの自慢の特技、技も紹介します。
| 我が家のペット | 2007/04/03 4:46 PM |
 『忘れない。小さなヘレンがのこした、大きな贈り物。』  ってなワケで北海道を舞台に目も耳も鼻も不自由な幼いキタキツネを育てる少年と家族の絆を描く感動の物語。。。3/18にいよいよ公開されるコチラの映画の試写会に行ってきましたぁ〜♪  もうこの映画は何
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/03 9:58 PM |