<< 16歳の合衆国 | Main | ハッピーフィート >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.03.07 Wednesday author : なぎさ

パフューム ある人殺しの物語



あんなに怒り心頭だった人でも魅了されてしまうって・・・

ど、どんな匂いなん?

「ボールド」とどっちがいい匂いなんやろぉ〜♪

これねぇ、とにかく観たかった映画でした!
1500万部も売り上げたという原作は読んでおりませんが、監督があのトム・ティクヴァと聞いて気になっていたのです。

いやぁ〜、なんとも不思議な映画です!
私もすっかり、あの香水の魔法にかかってしまいました。

まず、ジョン・ハートのナレーションで淡々と物語は進んでいきます。
のっけから、臭そうなパリの魚市場の風景。
人々は、こ汚い服装、地面はドロドロ、腐りかかった魚。
どこからか悪臭が鼻をついて臭ってきそうなほど、忠実に再現された美術に驚きです。

それだけじゃない!
そんな環境で産み落とされる、主人公ジャン=パティスト・グルヌイユの誕生シーンは必見です!!!
これで「ツカミ」はOK☆
あとはトム・ティクヴァの描く「香りの世界」へ漂ってしまいます。

「あんたは麻薬犬か!」と言わんばかりの、恐るべき嗅覚を持って生まれたグルヌイユ(ベン・ウィショー)。
彼の、香りに対する執念たるやおぞましいほどです。

そのグルヌイユを演じたのは、監督から絶賛されたベン・ウィショー
って誰?

私はお初にお目にかかりました。
この役には白紙の状態の俳優が欲しかったという監督。
彼はまさに「誰かに成りきれる、でも誰でもない」俳優だった。
私は好きなタイプではないけれど、この役にはピッタリだったと思う。

でね、そのグルヌイユが、赤毛の女性から漂う香りに魅せられて、最初の殺人を犯してしまうんです。
夢中で彼女の衣服を剥ぎ取って、体のニオイをクンクン嗅ぎ出すんですが、その様子がもの凄くセクシーなんですねぇ〜。
いわゆるセックスシーンではないのだけど、体に触れないギリギリのところまで鼻を近づけてニオイを嗅ぐ仕草がエロティッ〜ク♪

テレビで芸能人が「○○さんってイイ匂いがする」ってよく言ってるでしょ〜。
あれって、どんなイイ匂いなんだろ?
いい香りって、思わず引きつけられることありますよね。
風に乗って、スーッと流れてくるイイ香りの女性とすれ違ったりしたら、後を付いて行きたくなりますもん・・・って、私はおっさん化?!

はいはい、そんなこたぁ〜どーでもいいですが

最も映像化しにくい「香り」を題材とした本作。
その目に見えない、表現しにくい題材を、役者の演技と、見逃してならないのは「音楽」でも表現できているというところがこの映画の素晴らしさです!

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が、初めて手がけた映画音楽。
これを聴けただけでも儲けモンです♪

結末は絶対に明かせませんが、終盤のセンセーショナルな映像には、ちょっと笑ってしまいそうでした。
グルヌイユが調合した魅惑の香りに、処刑場に詰め掛けた群衆が思わず、その場で○○○を始めるんですから。。。(´qp`*)ウプププ

「くださ〜い!」(←『愛ルケ』で聞いたね)

この場面には、ヨーロッパの有名舞踏団「ラ・フラ・デルス・バウズ」が全面協力し、750名がスッポンポンです〜♪
映ってなさそうな、ズーッと向こうの人も、しっかり演技してましたからねぇスゴイです!
アレって、演じてる途中に、ちょっとでも「素」に戻ったら、逃げ出したくなるでしょうね。

処刑間際、グルヌイユは最初の殺人で命を奪った女性のことを思い出すのです。
それは「愛」とも言えない、人に愛されたことも、愛したこともなく生きてきた一人の男の歪んだ愛情表現であったかもしれません。

「香り」によって人々に幸福をもたらしてきたグルヌイユ。
しかし彼が立ち去った後、残された人々は悲惨な最期を遂げます。

その一人、調合師でグルヌイユの師匠だったバルティーニ。
ダスティン・ホフマンが演じます。
彼の鷲鼻は、香水を嗅ぎ分けるにふさわしい。

グルヌイユが最後に魅了された香りの持ち主、それはローラ(レイチェル・ハード=ウッド)という香水の聖地・グラースに住む裕福な商人の令嬢だった。

偶然にも、走る 走る 走る 赤毛のローラ!!!

父親役アラン・リックマンの、大切な一人娘を奪われた瞬間の名演技も言うことナシ!

犬だけが真実を見ていた・・・。

ラストは、やっぱり香水だけに
           「蒸発」したんでしょうかねぇ。

PG−12でお子さまは観れませぬ。







| 映画 《ハ行》 | 15:34 | comments(26) | trackbacks(59) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:34 | - | - | pookmark |
COMMENT
めっちゃ観たい作品デス★
私も、ものすごく匂いフェチなので゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
また、観たらTBさせてもらいますねぇ★
| addictm | 2007/03/07 4:15 PM |
>addictmさんへ
こんにちは♪
なんだか摩訶不思議な映画なんですけど、面白いんですよ〜これが!
addictmさんは「匂いフェチ」ですか〜。
私も匂いには敏感なほうですね。
特に、キライな煙草の臭いには拒否反応でます。
匂うはずのないスクリーンから、香りが漂ってきそうですよ!
| なぎさ | 2007/03/07 4:20 PM |
なぎささま、こんばんは〜♪
これ、面白かったですね!!
私も、エレベーターで一緒になったいい匂いの女性のあとを思い切りついていきたくなるタチです♪
それはもう思いきりくんくんします。へんてこりんな映画でしたが、妙なユーモアもあってよかったです〜。
| 武田 | 2007/03/07 6:33 PM |
こんばんは♪
ホントに不思議な作品でしたね。妙に匂いに敏感になりながら観てましたよ。
グルヌイユ役の俳優さんはピッタリでしたね。私も好きなタイプではないですけど^^;
香水だけに蒸発!うまい!!

私も匂いには敏感な方で香水は気分が悪くなるのでダメなんですが、彼は犬並みの嗅覚には参りました(笑)
| ゆかりん | 2007/03/07 7:26 PM |
>武田さんへ
こんにちは〜♪
そうでしたねぇ〜ちょっと変わった映画でしたが、私も面白いと感じましたし、作品として完成度も高くて堪能できました!
おっ、武田さんもイイ香りの女性には、付いて行きたくなるですかぁ!
香水ベタベタじゃなく、ほのか〜にシャンプーの香りとかしちゃうと、この映画じゃないけど、うっとりしちゃいますよね☆
そう考えると、「匂い」って不思議なチカラがあるんですねぇ〜。
| なぎさ | 2007/03/08 8:37 AM |
>ゆかりんさんへ
こんにちは〜♪
匂いまでもがスクリーンから出てきそうな錯覚になるほどの映画でしたよね!
グルヌイユの嗅覚なら、いろ〜んな匂いが気になってしょうがないでしょうねぇ。
隣の家のおかずの匂い、犬猫の糞尿の臭い、遠くから来る焼き芋屋の匂い、煙突から出る煙の臭い。。。
あ〜、こんな鼻だったらノイローゼになっちゃいそうですね!

私もキツイ香水の匂いはダメですねぇ。
こればかりは、人の好みがありますものね。
自分はイイ匂いと思ってても、付けすぎは禁物ですよね。
この映画は好きな作品になりました!
| なぎさ | 2007/03/08 8:43 AM |
なぎささま、こんにちは。TBさせて下さい。
この映画、私は裸の数のわりに(笑)官能性は感じなかったんですよ。
最初に殺めてしまった赤毛の少女を思い出す場面は切なかったですね〜。
彼が愛を知っていたら起こらなかった悲劇なのに・・。
『愛ルケ』の「下さ〜い」が気になって仕方ありません(笑)
ではでは〜。
| 真紅 | 2007/03/08 5:02 PM |
こんばんは。
そっか、赤毛つながりのラン・ローラ・ランなんだ!
ジョン・ウー監督の鳩のように赤毛もしくはローラは、この監督の定番になるのかな(^^;
| カヌ | 2007/03/08 10:31 PM |
>真紅さんへ
おはようございます〜♪
裸、たっくさん出てきましたねぇ。
その割りに、全然いやらしくなかったですね。
芸術性が高いってことなのでしょうか。
一つ間違ったら、とんでもないエロエロ作品になるところですが、その辺はさすがトム・ティクヴァ監督ですね!
この主人公は、実に悲しい人でした。
誰からも愛されない、誰も愛せないってこんなに悲しいことなんだと分かりました。
『愛ルケ』のこのセリフは、欲望のままに発せられる言葉だったです〜。
| なぎさ | 2007/03/09 8:30 AM |
>カヌさんへ
おはようございま〜す♪
赤毛で、走ってるってことで、これは監督の「狙い」だったのかと思ったんです。
でも、原作が赤毛の女性だったようですね。
あの赤毛が映像のアクセントにもなって、とても魅惑的に表現されてましたよね〜☆
| なぎさ | 2007/03/09 8:33 AM |
なぎささん、こんにちは!
私は原作を読んでから映画を鑑賞しました。
映画は原作の雰囲気を損なうことなく映像化されていたと思います。
でも。。。どっちにしろ不気味な話ですよね〜
750人のスッポンポンは、あ〜〜〜見えてる〜〜〜なんて思って目がクギ付けになりました(笑)
| 由香 | 2007/03/09 9:15 AM |
>由香さんへ
こんにちは!
原作を読まれたのですね!
ラストが原作とは少し違った表現なんですよねぇ。
雰囲気は損なった無かったですか。
私も、この雰囲気は嫌いじゃないです〜。
スッポンポンの大群は壮観でしたね!
なのにビミョーに大事な部分は映ってなかったですよね。
編集で相当、神経使ったでしょうね(笑)
| なぎさ | 2007/03/10 4:12 PM |
こんにちは。

久々に「映画、観た!!」
っていう感慨がありましたね〜。

存命中、誰一人として温かい声をかけられなかったグルヌイユ・・・。

これほどまでに辛口で過酷な物語なのにあのラストの収め方の豊穣さと躍動感。

私は鑑賞直後に感じたグルヌイユへの哀しみよりも、時間が経つにつれて・・・

この映画は「人間賛歌」なんだ!

そう思っています。

TBさせていただきました。
| viva jiji | 2007/03/11 7:53 AM |
>viva jijiさんへ
こんにちは。
原作はいつもながら未読でしたが、内容を知ってものすごく観たかった作品でした!
実にセンス良く描かれていたと思います。
>この映画は「人間賛歌」なんだ!
なるほど〜。
そういう角度で捉えることもできるのですね。
この映画は、観た人の数だけテーマが広がりそうですよね。
私も、この映画は好きです!
| なぎさ | 2007/03/11 5:07 PM |
なぎささん、こんばんはTBお邪魔します
なんだか異様な感じのする映画でしたね。スクリーンからも、悪臭や快楽の臭いが漂っているかのようです。凄い映画ですが、カタルシスは得られないでしょうね。グルヌイユの末期は、生まれた地で土に還ったと解釈しています。もともと彼は生まれ得ぬ人だったわけですから・・神の世界?に戻ったのでしょうか。
| ケント | 2007/03/11 7:16 PM |
>ケントさんへ
こんにちは〜ケントさん!
いつもTBありがとうございます☆
これねぇ〜、良い香りだけじゃなく冒頭のシーンなんか、かなり臭そうな臭いも漂ってくるんですよね。
グルヌイユという男性って、実に不思議な人間でしたね。
香りをつむぎ出すためだけに生まれてきたような人でした。
類稀なる嗅覚を持ちながらも、そのことが災いともなった人でした。
自分の目標を達成した後、心残りなく土に還ったみたいでしたね。
なんだか後引く映画でした!
| なぎさ | 2007/03/12 11:07 AM |
>終盤のセンセーショナルな映像には、ちょっと笑ってしまいそうでした。
これは僕も、っていうか大多数の人はそうだったのではないでしょうか。でも、あまりにも「マジ」な壮健さに、芸術的芳香漂う感覚に昇華いたしました!
重厚な雰囲気でラストはファンタジー!これ良い意味で見事な落差なのでは?
| motti | 2007/03/15 4:44 PM |
>mottiさんへ
そうですよね!
あそこまで本気で取り組まれたら、これはもうれっきとした芸術となることがよく分かりました!
いい感じの裏切りだったラストには、なぜか「やられた!」と思っちゃいました。
| なぎさ | 2007/03/15 5:51 PM |
こんばんは、なぎささん♪

>「ボールド」とどっちがいい匂いなんやろぉ〜♪

のっけから、この言葉に笑ってしまいました。なぎささんも「ツカミ」はOK♪ですね(笑) それにしても、何ともいえない映画でした〜。結構登場人物はクセのある感じで、アラン・リックマン演じる父親が唯一マトモな人って感じ(^_^;) でも、このお父さんがスネイプ先生?なんだよな〜と関係のないことを考えたりしてました(笑) そうそう、ベン・ウィショー ”レイヤー・ケーキ”に出てましたよ〜。
| りら | 2007/03/16 11:02 PM |
>りらさんへ
こんにちは〜りらさん☆
「ボールド」のこと、分かってもらって嬉しいです〜♪
洗濯洗剤のCMなのに男性しか出てこないという、性別の枠を飛び越えたあのCMは画期的でもありますよね!
ってなことはいいとして・・・本作はちょっと不思議な感覚の映画でもありましたねぇ。
そう言えば、アラン・リックマンが唯一マトモだったかもですね。
あら!『レイヤー・ケーキ』に!
それはまだ未観なんですが、ダニエル・クレイグ主演の作品ですよね。
チェック入れときます!
| なぎさ | 2007/03/17 4:46 PM |
こんばんは〜♪
ダスティン・ホフマンは鼻の大きさがキャスティングの決め手だったんでしょうねぇw
さておき、匂いを“見せる”工夫が見事でしたね。クライマックスは、下手するとコントにも見えなくなかったですが^^;
| たお | 2007/03/30 2:07 AM |
>たおさんへ
こんにちは!
たおさん、パソコンの具合はいかがですか?
D・ホフマンの立派なお鼻は、この映画にもってこいでしたもんね!
そうなんですよねぇ〜、これってコントと芸術性の紙一重って感じでした。
>匂いを“見せる”工夫
これはホント素晴らしかったと思います☆
| なぎさ | 2007/03/30 8:31 AM |
大切な娘を殺されてしまった父親までもが
あの場面でグルヌイユに平伏してしまうなんて・・・
彼だけはそれはないんじゃないかと思っていたので愕然。。。
本当にどんな香りだったんでしょうね。
私も香水好きなのでこれとっても興味あるんです。
でも観ている最中全く香りの想像もつかなくて
どんな匂いなのーーー!?と今でも気になって気になって。
| ジュン | 2007/08/20 12:41 AM |
>ジュンさんへ
>大切な娘を殺されてしまった父親までもが
あ〜、そうでしたよね!
烈火のごとく怒ってたのにもかかわらず、手のひらを返したように・・・。
ほんと、それってどんな香り?って興味津々になりますよね。
でも、香りって人によって感じ方が違いますよねぇ。
自分には良い香りでも、人には不快な臭いってことも・・・。
こんなに誰もが腑抜け状態になってしまうような「香り」って本当にあるんでしょうかね。
でもこの作品、なんか好きでしたよ!
| なぎさ | 2007/08/20 8:47 AM |
なぎささん、こんにちは。
本当に不思議な映画でした。
人々を魅了する香りって、どんなものなんでしょうかね?
赤毛のフェロモンはすごいのかな〜?
なんて思ってしまいました。
| ミカ | 2007/10/31 3:14 PM |
>ミカさんへ
ミカさん こんにちは〜♪

>本当に不思議な映画でした。
でしたよねぇ。
なんだか絵画を観ているような映像美と、お話しもファンタジーのような・・・・現実との境のような。

>赤毛のフェロモンはすごいのかな〜?
どうなんでしょうねぇ。
赤毛の女性って魅力的なのかしら?
この映画の雰囲気は好きでした♪
| なぎさ | 2007/11/01 8:25 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/515
TRACKBACK
それは昨日まで、人だったもの。 映画「パフューム」オリジナル・サウンドトラック ストーリーは、下記公式HPを参考にしてください。一応自分の読書感想もあります (*v.v)。 http://perfume.gyao.jp/ http://ameblo.jp/miruyomu/entry-1002325941
| みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories | 2007/03/07 4:17 PM |
監督:トム・ティクヴァ 原作:パトリック・ジュースキント 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン、カロリーネ・ヘルフルト他 「全世界で大ヒット」っていう原作を幾人もの映画監督が獲りあってようやく映画
| 映画ダイエット | 2007/03/07 4:31 PM |
750人が全裸で絡み合う 映画「パフューム」!
| 750人が全裸で絡み合う 映画「パフューム」! | 2007/03/07 5:18 PM |
先日見た「マリー・アントワネット」と同じ時代のフランスを描きながら、この映画には華やかな香りも色めいた香りもない。あるのは、ただ、暗く薄汚れた空気のみ。「香水」と言う、装飾の最後を飾る優美な物が題材でありながら映画から漂ってくるのは腐ったドブのような
| 見取り八段・実0段 | 2007/03/07 5:58 PM |
CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい
| Sweet* Days | 2007/03/07 6:04 PM |
『PERFUME: THE STORY OF A MURDERER』 2006年ドイツ・フランス・スペイン 初見。フランス語じゃないのですね・・。 随分前に、原作を立ち読みしようとして挫折したのですけど。どんな展開かわからない分、ラストまでしっかり見入ってしまいました。 見終わってか
| 終日暖気 | 2007/03/07 6:31 PM |
『PERFUME:THESTORYOFAMURDERER』公開:2007/03/03(03/03)製作国:ドイツ/フランス/スペインPG-12監督:トム・ティクヴァ原作:パトリック・ジュースキント    『香水ある人殺しの物語』(文藝春秋刊)出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/03/07 6:39 PM |
『パフューム』鑑賞レビュー! それは、昨日まで人だったもの。 −ある人殺しの物語− スピルバーグ スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化! 原作は、45ヶ国語に翻訳され全世界で 1500万部以上の売り上げを記録 世
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2007/03/07 7:55 PM |
「パフューム ある人殺しの物語」 2007年 独/仏/米 ★★★☆☆ 18世紀のフランス。 人並みはずれた、嗅覚を持った孤児の男がいた。1738年 実の母親には、産み落とされた直後殺される寸でのところを助けられた のだが孤児を(母親は絞首刑)
| とんとん亭 | 2007/03/07 8:03 PM |
Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders(PERFUME: THE STORY OF A MURDERER) [TOHOシネマズ錦糸町/SC1/レイトショー] 公式サイト 『その香りに、世界はひれ伏す。』 平日というのに、レイトショーとは言え、結構人入っていました。やっぱ話題作なんです
| 八ちゃんの日常空間 | 2007/03/07 8:53 PM |
「パヒューム ある人殺しの物語」の紹介です。約750人の一糸まとわぬ男女が絡み合う史上最大規模のラブシーンがあります。
| パヒューム ある人殺しの物語 | 2007/03/07 11:07 PM |
人殺し…物騒だなぁ。とビビリながらも「観てよかった」という感想が多いので観ることにしたよ。 ということで「パフューム ある人殺しの物語」 ( → 公式HP ) 出演:フリオ・フェルナンデス 、アンディ・グロッシュ 、サミュエル・ハディダ 、マヌエル
| 映画でココロの筋トレ | 2007/03/07 11:37 PM |
750人が全裸で絡み合う 映画「パフューム」!
| 750人が全裸で絡み合う 映画「パフューム」! | 2007/03/08 12:05 AM |
鼻よすぎ。 監督:脚本:音楽  トム・ティクヴァ 出演  ベン・ウィショー  アラン・リックマン  ダスティン・ホフマン 他 見る前は不安でした。ただのキワモノじゃないかって。 上手く作られてて、面白かったですね。 「ハンニバル ライジン
| PLANET OF THE BLUE | 2007/03/08 1:22 AM |
原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ 赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった 冒頭いきなり衝撃的なシー
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/03/08 2:57 AM |
製作年度 2006年 製作国 ドイツ/フランス/スペイン 上映時間 147分 監督 トム・ティクヴァ 製作総指揮 フリオ・フェルナンデス 、アンディ・グロッシュ 、 サミュエル・ハディダ 、マヌエル・マーレ 、マーティン・モスコウィック 原作 パトリック・ジュ
| タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 | 2007/03/08 6:36 AM |
? 『パフューム −ある人殺しの物語−』 ? その香りが欲しい――。 あまりにも純粋な動機から彼は、 少女達の命を摘み取ってゆく。   18世紀のパリは本当に臭かったらしい。 だって道路に糞尿を捨てたんだよ。 下水道も無い石畳の上に人糞がヌチャ〜と捨て
| 唐揚げ大好き! | 2007/03/08 6:40 AM |
けっこうな触れ込みに期待を膨らませ鑑賞『パフューム -ある人殺しの物語-』3月3日公開。汚臭漂う18世紀パリで産み捨てられたグルヌイユ。彼は、遠く離れた匂いも嗅ぎ分け、どんな香りも記憶し、再現できる超人的嗅覚の持ち主だった。ある日彼は、かつてない香りを放つ
| APRIL FOOLS | 2007/03/08 10:11 AM |
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
| 悠雅的生活 | 2007/03/08 10:42 AM |
血の流れない「ハンニバル」  香りの生存証明。
| Akira's VOICE | 2007/03/08 10:51 AM |
東京フィルの生演奏付き試写会。 ゲストの芸人さんのパフォーマンスでアロマが流れ、 映画のタイトルにふさわしい、香つきの鑑賞となりました。 原作は、世界45カ国で1500万部も出版された大ベストセラーで スピルバーグやスコセッシが映画化権を切望したそうだ。
| 映画、言いたい放題! | 2007/03/08 1:35 PM |
750人もの全裸男女が一斉に睦み合うテレビCMが話題を集めて
| ネット社会、その光と闇を追うー | 2007/03/08 3:20 PM |
「香りを捉えたい!」18世紀、悪臭漂うパリで生まれ落ちたジャン=バティスト・ グルヌイユは、どんな匂いも嗅ぎ分ける嗅覚の持ち主。その類稀なる才能により、 香水商バルディーニに弟子入りし香水作りを学んだグルヌ
| 真紅のthinkingdays | 2007/03/08 4:54 PM |
レクター博士のような狂った主人公が活躍する、サスペンス色の強い作品と期待していましたが、思わぬところでトンデモ系の映画に出会えました。ウーロン茶と思って飲んだら、気の抜けたコーラだった感じですかね。変わった映画を観たい方は、必見だと思いますよ。ヨメさ
| the borderland  | 2007/03/08 10:13 PM |
映画を観る前に原作を読んでみた。良い意味でも悪い意味でも匂い立つ小説、世界45ヶ国で1500万部を売り上げた驚異のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』は、どう映像化されるのか―【story】18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子どもが産み捨てられる。名
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/03/09 9:12 AM |
*ネタバレ注意(一応)  (然しながらにあの予告を創った人間のセンスを疑う)      映像美を増幅させる音楽に酔う。  予告で使われているあの曲にさえも引き込まれてしまう。  匂いと臭いの違いを本当に実感させられた。    孤独で哀れな男の、究極の
| 今しかないこの瞬間が総て | 2007/03/09 9:58 AM |
公開される前から気になっていた映画、『パフューム ある人殺しの物語』を観てきました。 主演のベン・ウィショーはいい味を出してました。かなり怪しい青年になりきっていましたね、笑。もちろん映像から香りはしてき
| ERi’s room | 2007/03/09 11:00 AM |
香りはしないのに観てるだけで「うわー嫌な感じだなあ」と思いその香りがなんとなく脳裏に浮かぶ・・・冒頭でそんな風に思いました。
| B級パラダイス | 2007/03/09 9:56 PM |
???MOVX?????18Υ??档???Ĥ??θ????=???????硼?????ð??νΤ??ε?????¤?Τ??Τ??ξ?Υ?????????μ?ν?Ť?ä?ðŪ???????褦 ???ΰ????ã?????äðŪ????λ?????ä???????ä?Τ13Ф??ä??????ο?????λŻ??????塢???ä??γã???? ?γι????Υ??????
| ?? | 2007/03/10 5:39 PM |
今日、公開された作品で楽しみにしていたのが「パリ、ジュテーム」とこの作品。邦画の新作もたぶん観には行くけどイマイチ気分が乗ってません。特に予告編でモンゴルの英雄が日本語を気張って喋ってるのには引き気味です(笑)。 出演はその他に、ダスティン・ホフマン
| カノンな日々 | 2007/03/10 11:38 PM |
《パフューム ある人殺しの物語》 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画
| Diarydiary! | 2007/03/10 11:39 PM |
この原作が世に出たのが1985年。 はじめて私がこの本を近所の図書館で手にしたのは 12・3年前でしょうか。 おそらく、それから、5回は借りて読んでいると思います。 とにかく、凄い本!としか言いよ
| 映画と暮らす、日々に暮らす。 | 2007/03/11 7:41 AM |
★★★☆  ある天才調香師が、究極の香水を調合するまでの、数奇な運命を描いた作品である。 彼は天才というより、超人的臭覚を持つミュータントといったほうがよいかもしれない。そして悪臭漂う吐きだめ地獄から這い上がり、恍惚の香を求める狂気の男でもあった。  
| ケントのたそがれ劇場 | 2007/03/11 7:16 PM |
Perfume: The Story of a Murderer(2006/ドイツ) 【劇場公開】 監督・脚本・音楽: トム・ティクヴァ 出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン /アラン・リックマン /レイチェル・ハード=ウッド /アンドレス・エレーラ /サイモン・チャンドラー /デ
| 小部屋日記 | 2007/03/11 11:44 PM |
     いい香りと官能的な匂いは根本的に違うんだろうな〜 原作は世界的なベストセラーのようだけどを読んでいないので、 これは映画からのみ受けた感想。 まず、オレはこの映画を観た人の映画の感想よりも、 「この映画を観た人が想像した【究極の香水】の香りは
| ON THE ROAD | 2007/03/12 12:49 AM |
 究極の香水とは、なんと媚薬のことだったとは……。  とにかく結末がお粗末。そこに至るまではなかなかダークな雰囲気の秀作かと思いきや、最後の
| シネクリシェ | 2007/03/13 4:05 AM |
2007年17本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督作品。ある“香り”にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆り立てられていくさまを緻密かつ緊張感みなぎる映像で綴る。
| しょうちゃんの映画ブログ | 2007/03/14 2:10 PM |
 ドイツ&フランス&スペイン  サスペンス&ドラマ&歴史劇  監督:トム・ティクヴァ  出演:ベン・ウィショー     ダスティン・ホフマン      アラン・リックマン      レイチェル・ハード=ウッド 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で
| 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2007/03/14 3:37 PM |
匂いフェチ!変態!猟奇! その実態は無垢なる天使!? 思いっきりお鼻をクンクンするとこの時期、花粉で"にほひ"どころじゃなかったりして!?
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2007/03/15 4:36 PM |
 18世紀のパリに産み落とされた赤子は悪臭立ち込める魚市場で、生み捨てられた。    奇跡的に助かった彼グルヌイユは、その産声で母を子殺しの罪で死へといざない。また、歴史に残る嗅覚の持ち主でもあった。  あらゆるものを嗅ぎ分け、遠い先
| とにかく、映画好きなもので。 | 2007/03/16 12:27 AM |
【パフューム ある人殺しの物語】 ★★★★ 2007/03/15 ストーリー 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とさ
| りらの感想日記♪ | 2007/03/16 10:51 PM |
パフューム ある人殺しの物語'06:ドイツ/フランス/スペイン ◆監督:トム・ティクヴァ「ラン・ローラ・ラン」◆出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 、アンドレス・エレーラ 、サイモン・チャンドラー
| C'est Joli | 2007/03/18 2:47 AM |
オフィシャルサイト 2006ドイツ 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/アラン・リックマン/ダスティン・ホフマン ストーリー:18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長し
| SSKS* | 2007/03/18 9:04 PM |
  監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン 「18世紀のパリ、町じゅうに悪臭が立ちこめていた。上流階級の間では香水がもてはやされていた。ジャン=パティスト・グルヌイは天才的な嗅覚を持って産み落とされた。周りに敬遠されなが
| 日々のつぶやき | 2007/03/20 3:30 PM |
犬の嗅覚はやっぱりスゴイよ・・・。あれ? そんなテーマの話じゃなかったでしたっけ?失礼しました。 数か月前からかなりオシャレ映画イメージのポスターを 見かけてましたが、実際観てみると・・なるほど映像も重厚で ダスティン・ホフマンも出ているし、 音
| It's a Wonderful Life | 2007/03/21 7:25 PM |
監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) ダスティン・ホフマンが香りの調合士役に選ばれたのはやはりあの大きな鼻のせいだろ
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/03/24 6:21 PM |
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな
| Subterranean サブタレイニアン | 2007/03/30 2:06 AM |
井上夢人さんの小説で「オルファクトグラム」という作品があります。 視覚の代わりに
| はらやんの映画徒然草 | 2007/04/01 2:00 PM |
3月6日(火) またしても、朝、日記の更新ができなかった。 ちょっとした手違いで書いていた文を消してしまった。 精神的にダーメジをくう。 仕事はこの日もスムーズに。 寒さがやわらいできた分、いくらかやりやすい。 午後6時前に終業。 神谷町駅か
| CHEAP THRILL | 2007/04/08 11:41 PM |
スピルバーグ、スコセッシが奪い合った、史上最もセンセーショナルな結末を持つ禁断のベストセラー、遂に完全映画化!! 究極の香りが誘う未曾有の衝撃に,世界はひれ伏す オススメ度★★★☆☆ お気に入り度★★★★★ 2006年 ドイツ サスペンス/ラブ
| ☆.。.:*Addict*:.。.☆−映画ヲタCome on!!− | 2007/04/09 2:55 AM |
【YouTube(ようつべ)で無料動画】今回のYouTube無料動画は750人のラブシーンで話題騒然のパフュームからの衝撃的な映像です。→パフューム・750人の衝撃ラブシーンメイキング映像かなり、異様な映像です。一部憶測では、CG合成なのでは?という声もあった...
| YouTube(ようつべ)で無料動画@YouTube(ようつべ)で無料動画を見倒す! | 2007/04/13 11:48 PM |
満 足 度:★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:トム・ティクヴァ キャスト:ベン・ウィショー       ダスティン・ホフマン       アラン・リックマン       レイチェル・ハード=ウッド       アンドレス・
| ★試写会中毒★ | 2007/05/06 9:41 PM |
【PERFUME】2006年/独・仏・スペイン 監督:トム・ティクヴァ  出演: ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド 悪臭漂う魚市場で産声を上げたグルヌイユ。 人
| BLACK&WHITE | 2007/08/20 12:37 AM |
 『それは、昨日まで人だったもの。 究極の香りが誘う未曾有の衝撃に、世界はひれ伏す。』  コチラの「パフューム ある人殺しの物語」は、パトリック・ジュースキントの世界的ベストセラー小説の映画化で、3/3公開になったPG-12指定のサスペンス映画なんですが、
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/08/30 12:18 AM |
お~どっかでみたことあるオッチャン(失礼)やと 思ってたら スネイプ先生やないですか。(↑画像左側) その嗅覚で探偵とかしたらよかったのに。 警察とかにこういうひといたらものすごく活躍できたのに。 でもそんなの関係ね~そんなの関係ね~。 ハイ、オッパッピ
| ペパーミントの魔術師 | 2007/10/05 1:52 AM |
パフューム ある人殺しの物語 PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 監督 トム・ティクヴァ 出演 ベン・ウィショー ダスティン・ホフマン     アラン・リックマン レイチェル・ハード=ウッド ドイツ フラン
| Blossom Blog | 2007/10/31 2:59 PM |
パフューム ある人殺しの物語 監督 トム・ティクヴァ 出演 ベン・ウィショー.レイチェル・ハード=ウッド.アラン・リックマン.ダスティン・ホフマン 2006年 18世紀のパリ。悪臭立ち込める魚市場で産み落とされたグルヌイユは、臭覚がずば抜けて発達
| <花>の本と映画の感想 | 2008/03/11 9:42 PM |
究極の香りが誘う未曾有の衝撃に,世界はひれ伏す
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2009/10/06 1:40 PM |
PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 2006年:ドイツ 原作:パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語」 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウ ...
| mama | 2011/04/03 1:19 PM |