<< バブルへGO!! | Main | ドリームガールズ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.02.17 Saturday author : なぎさ

タイヨウのうた



「私、死ぬまで生きるって決めたんだから!」

太陽に逢いたかった少女は、太陽に帰っていった。


公開当時のCMを見て、なんだか今イチかなぁ〜って思ってたんですが、実際に観たら良いじゃないですか〜♪
主人公の雨音薫(YUI)は、XP(色素性乾皮症)という病気を患っています。
太陽の紫外線に当ってはいけないという病です。
テレビで、実際の患者さんの日常を見たことがあります。
まだ幼い子供さんでしたが、夜しか外へ出られず、やむを得ず日中に外へ出る場合は、完全防備で紫外線シャットアウトの服を着ての外出しか許されないのです。

しかし正確には、この病気は紫外線を浴びることが危険なだけではなく、聴力や知能などの障害も伴い、日常生活にも支障が出るのだそうです。

本編での薫は、神経障害が発症したものの、それまでの彼女は健康な人と変わらないほど普通に生活ができていました。
ただ、太陽が出てる間は外へは行けないということを除いて。

難病ものには最近いささか食傷気味でしたが、これはなんだかすんなり観れました!

難病を抱えた薫でしたが、唯一の心の支えだった音楽というものが前面に出ていたことが心地良かったからだと思いました。

またねぇ〜、この薫を演じたYUIちゃんってカワイイの!
演技は・・・でしたけど〜。
福岡出身、1987年生まれのAB型。
ラストに流れた「Good−bye days」が良かったです〜♪

日の出と共に就寝し、日の入りと共に起床する毎日の薫。
そんな彼女が、密かに窓辺から見ていたのは、元気な高校生、藤代孝治(塚本高史)だった。

自分の人生に先が無いことを薄々感じていた薫は、人を好きになってはいけないと自分に言い聞かせていた。

それでも、人を好きになる気持ちは止められない・・・

踏み切りでの逆ナンパ。

ビックリ自己紹介。

彼からの「付き合ってください!」アプローチ。

そ・し・て

踏み切りでの キッス (*´=`*) チュッ☆

今回はねぇ、嫌いな岸谷五朗もお父さん役、良かったよ!

ただ、塚本高史って、どうなんだろ?
イケてるのかい?彼って。
私の中では、ちとビミョーなランクなんだが。。。

これ、1993年の香港映画『つきせぬ想い』の一応リメイクになるの?
ま、それは未観なんですが。

マギー扮するストリートミュージシャン、その名も「ダイナマイト山崎」の歌う「オレの名前はグローバル・スタンダード」って言うタイトルに笑ったわ!

でも、薫が歌ってるところへ他のストリートミュージシャンが来て、コラボしてたのはジーンときてしまいました。

ひまわりに囲まれた彼女。
太陽に向って歩いていけただろうな。
| 映画 《タ行》 | 16:44 | comments(8) | trackbacks(7) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:44 | - | - | pookmark |
COMMENT
良いでしょ、これ〜〜!
あの主題歌が公開当時耳から離れなくて
ずっと気になっていた作品なんです。
予想していた以上に胸にぐっとくるものがありました。
難病を扱うとどうしても暗く悲しく
涙もののエピソードになりがちなのに
これはそういうのとは方向が違いましたよね。
純粋にラブストーリーとして感動できました。
| ジュン | 2007/02/17 5:09 PM |
>ジュンさんへ
え〜もう良かったです!
そうそう、難病=お涙頂戴になりがちなところを、これはサラッと流していて、それでいて命の大切さとか、生きる事の苦しみ、生きていこうとする希望、などちゃんと描けていましたね。
YUIちゃんがかわいくて、それだけにこの役が一層悲しく感じました。
| なぎさ | 2007/02/18 5:27 PM |
こんちわ、なぎささん♪Kaichangです!\(o ̄∇ ̄o)ハーイ
YUIちゃんがめっちゃ可愛かったでしたね!あの踏切での逆ナンパする時の「好きなバナナは食べ物です!」ってセリフがインパクトありました(笑)。
あと僕は音楽が大好きでアーティストとしてのYUIも大好きです♪「Good-bye days」がまた良い曲で!純粋に良い映画でしたね。\(o ̄∇ ̄o)ハーイ
| Kaichang | 2007/02/28 12:39 PM |
>kaichangさんへ
こにゃにゃちは〜♪
私はYUIちゃんのことを全く知らなかったんです〜。
作品の中で歌った曲はどれも良かったですね!
ルックスもカワイイ〜☆
お涙頂戴っぽくなくて、それでいて命の大切さとか、希望とか、しっかり描かれて良かったです!
| なぎさ | 2007/02/28 3:55 PM |
こんばんは♪ なめ犬です。
先に沢尻エリカ&山田孝之のTVドラマの方を観てしまったのですが、やっぱり映画版の方がおもしろかったです。歌手YUIを起用しているから歌うシーンはアーティストの貫禄を感じます。死を前提でストーリーが進んでいくのですが、悲しい気持ちだけでなく、薫と孝治の純粋な愛をうまく表現していると思いました。薫が踏み切りで自己紹介する逆ナンパは、「おいおい」とツッコミを入れたくなりました。
| なめ犬 | 2007/03/10 12:08 AM |
>なめ犬さんへ
いつもありがとうございます!
私はドラマは観てなかったです。
そうですか、映画のほうが良かったですか。
YUIのセリフ回しには若干、素人っぽさが出てましたが、歌の部分はさすがに良かったですよね!
そうそう、「死」がテーマにあるものの、それほど悲しい作りにしてないところが好感持てました〜♪
逆ナンパは、ホントにそんなのアリかと思いましたね。
あんなに積極的だったのに、あの後は素に戻って控え目でしたねぇ。
| なぎさ | 2007/03/10 4:16 PM |
こんにちは!いつもありがとうございます!
この映画は、途中まで大丈夫だったのですが、
一気に決壊してしまいました。
映画館で見なくてよかった、、、
思いっきり、声出して、泣きました、、、
| 猫姫少佐現品限り | 2007/03/22 5:17 PM |
>猫姫少佐現品限りさんへ
こんにちは〜猫姫さん!
私も同じくです!
そんなに泣ける映画だとは思ってなかったので、意表を突かれましたよ。
主演のYUIちゃんの愛くるしさが一層悲しみを誘いました。
| なぎさ | 2007/03/23 8:38 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/509
TRACKBACK
2006年 監督:小泉徳宏   出演:YUI、塚本高史、岸谷五朗、麻木久仁子、通山愛里 「死ぬまで生きることに決めた」 自分の病気を知りその後の運命も受け入れた主人公薫の言葉。 力強く希望に満ちている。みんなに支えら
| BLACK&WHITE | 2007/02/17 5:10 PM |
ピュアな歌声が心に響き,じんわりと感動!
| Akira's VOICE | 2007/02/18 5:04 PM |
タイヨウのうた 2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一 うわぁ〜、、、こ
| 猫姫じゃ | 2007/03/22 4:57 PM |
 『彼女は、タイヨウに帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。』  6/17公開の「タイヨウのうた」の試写会に行ってきました♪涙腺の弱いあたしはやっぱりかなり(T-T) ウルウルきちゃいましたよ〜。でも、雨音薫(YUI)と藤代孝治(塚本高史)の淡いラブストーリ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/26 11:00 PM |
最後に窓から映る景色は、街並みと電車と遠く広がる海・・家族と歌と友人、一人ストリートミュージシャンで十分幸せ、でも、或る日目覚めた初恋の思い・・ XP(色素性乾皮症)を患う雨音薫(YUI)は、太陽を避けた昼夜逆転の生活で学校にも行けず、毎夜駅
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/01/03 2:42 AM |
タイヨウのうた   公式HP   詳細@yahoo映画 去年のうちにWOWOWで録画していたこの作品を鑑賞 初鑑賞だったがとても良かった XPって言う病気の事も初めて知ったし まぁ、何てったって“YUI”のかわいさ・素朴さその魅力にやられた〜 演技はまだ
| ミーガと映画と… -Have a good movie- | 2008/01/29 5:07 PM |
あらすじ太陽の光にあたれない“XP(色素性乾皮症)”という病気の薫(YUI)は、学校にも通えず、唯一の生きがいは夜の駅前広場で路上ライブをすることだった。そんなある日、彼女は孝治(塚本高史)という青年と出会い急速に親しくなっていくが・・・。感想数多く難病
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/04/07 9:56 PM |