<< 守護神 | Main | バブルへGO!! >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.02.12 Monday author : なぎさ

スカーレットレター



こんなに迫真の演技をしながらも、イ・ウンジュさんは今作を最後にこの世を去りました。

彼女がなぜそれを選んだのかは誰にも分からないけれど、ストーリーとオーバーラップしてしまい、鑑賞後はもの悲しさでいっぱいになってしまいました。
タイトルの『スカーレットレター』は、1850年ナサニエル・ホーソーンの小説「緋文字」(原題 スカーレットレター)からきている。

いけない事と知りながらも、友人の夫との関係を断ち切れないジャズ歌手のカヒ(イ・ウンジュ)。

妻を愛しながらもカヒとの関係も終わらせることができない刑事のギフン(ハン・ソッキュ)。

二人の関係を知りながらも耐える妻・スヒョン(オム・ジウォン)。

そこに写真館の店主殺害事件を絡めてある。

しかし!この映画は、これらの構図だけでは終わらない複雑な関係が隠されている!

こういうところ、韓国映画独特の手法。

しかも演じる俳優が素晴らしい!!!

ハン・ソッキュ・・・島田紳助ではないですよ。
観る度、似てると思うんですが、この人は巧いねぇ。
『八月のクリスマス』の、どこにでもいるような平凡なカメラ屋の店主から、北の工作員、はたまたこんなギラギラした刑事までこなせてしまう。

地味目ながらも、その妻を演じたオム・ジウォンも、今まで観た『トンケの蒼い空』『美しき野獣』の女性とは全く違った角度から演じていて、しかも少し妖艶でもある。

今作でお初にお目にかかったのが、写真館の未亡人を演じたソン・ヒョナだ。
かとうれいこ松嶋菜々子を足して割ったようなルックス。
ちなみに、かとうれいこって最近見ないなぁと思ったら、プロゴルファーと結婚して、実質は引退してるみたいですね。
このソン・ヒョナも、つわもの俳優を向こうに回して存在感を光らせていた。

でも、やはり一番はこのイ・ウンジュだった!
大胆なシーンも体当たりで演じ、「この役がこなせたから後はどんな役でもできそうだ」と語っていた直後の自殺だった。
この作品での彼女の最後が、あまりにも壮絶だったことも、撮影が終っても役から抜け切れずにいた要因だったのかもしれない。

先日、やはり韓国の女優、チョン・ダビンさんが自殺の疑いがある死を遂げた。
彼女の作品は、キム・レウォンと共演したドラマ『屋根部屋のネコ』しか観ていないけれど、とっても明るくて前向きな女の子を活き活きと演じていた姿が忘れられない。

役に成り切るあまり、そこから本来の自分に帰ることができないほど、現実と映画の中の人物とが交錯してしまうことも俳優なら誰しもあるのかもしれませんね。

この映画は、イ・ウンジュさんの死をもって、更に重さを増したようにも感じられてしょうがありません。



| 映画 《サ行》 | 17:47 | comments(14) | trackbacks(5) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 17:47 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんは♪ なめ犬です。
本当に俳優たちが素晴らしいです。刑事のギフンにハン・ソッキュ、愛人のカヒにイ・ウンジュ、妻のスヒョンにオム・ジウォン、写真館の未亡人で事件の容疑者であるソン・ヒョナ。サスペンスを中心にしてラブストーリーの要素をうまく融合させている印象がありました。ギフンを中心に三人の女性たちとの絡みが細かく描写されていて、人間の心理をうまく表現されていました。
やっぱりイ・ウンジュには、もっと活躍してもらいたかったから残念です。
| なめ犬 | 2007/02/13 12:46 AM |
>なめ犬さんへ
こんにちは〜♪
前から観たかったのですが、やっと観れたんです。
あまりにも濃い内容で、ちょっと後を引きました。
特に、車のトランクに二人が入ったところから・・・。
それに、あんな意外な展開だったのにも驚きです!
イ・ウンジュさん、良い作品を残されましたね。
これからだったのに、本当に残念です。
| なぎさ | 2007/02/13 8:52 AM |
こんばんは〜。

劇場で観ました。
記事にはしていませんけど
実はこの作品、凄く好きです!
もっと評価されていいと思うけどな〜。
そうです、トランクのあたりからトンデモナイ展開に
なりましたね〜。
ヒロインの方、存在感のあるいい女優さんでした!
「マイ・ブラザー」にも出演なさっていましたよね?
| viva jiji | 2007/02/15 9:23 PM |
>viva jijiさんへ
こんにちは〜!
これは後でもの凄い尾を引くインパクトのある映画でしたねぇ。
そうです、イ・ウンジュさんは『マイ・ブラザー』で、チャン・ドンゴンを支える彼女役で出てました!
とびきり綺麗な女優さんではないけれど、雰囲気のある人でしたよね。
特に遺作となった本作の演技には真に迫るものありましたよね。
私も、もっと評価されてもいいと思うような秀作だったと思います。
韓国映画は、「難病もの」だけではありませんものね。
| なぎさ | 2007/02/16 8:54 AM |
こんばんは。ご無沙汰しています。
好きな俳優の一人、ハン・ソッキュさんと、話題の女優イ・ウンジュさんが出ているということで、1年くらい前に見ました。
初めはもっと、嫌な感じの映画かと思っていましたが、そんな事もなく(最後はちょっとショッキングでしたが)
皆さんの演技の上手さに引き込まれとても印象に残った作品です。

「良い人」の印象の強いハン・ソッキュさんが、ちょっと嫌な男を演じるのも良かったですが、
何より、イ・ウンジュさんが良かったです。歌のシーンも印象的。
年を重ねていった時の彼女の演技を見てみたかった気がします。
| aki | 2007/02/18 11:30 PM |
>akiさんへ
akiさん こちらこそご無沙汰しています<(_ _)>
コメントとTBをありがとうございました!
作品を選び抜いて出演されるハン・ソッキュさんですから、この作品も素晴らしいわけですよねぇ。
私も、写真のイメージから、何故か敬遠していたのですが、実際に観たらば、なんとも言えない雰囲気に引き込まれました。

『八月の〜』の温厚な写真屋店主などの役が似合う彼が、この作品ではどちらかと言えば嫌な男性でしたが、さすがですねぇ巧く演じられていました。

私も、イ・ウンジュさんは、歳を重ねた演技を観たかったです。
| なぎさ | 2007/02/19 8:50 AM |
なぎささん、お久しぶりです。
最近、映画な〜んも観ていないかつです。
この映画の衝撃は凄かったですね。
もう一度観ますか、といわれたら観たいと思いつつ、躊躇してしまいそうです。
どの俳優さんも素晴らしい味を出していました。
私のところから古い記事をTBさせてもらいます。
| かつ | 2007/02/26 12:15 AM |
>かつさんへ
こんにちは〜かつさ〜ん♪
お忙しいようですねぇかつさん!
映画1本観るのも、2,3時間は必要ですものね。
私も仕事休みの日しか観れないのが寂しいです。

そうそう、この作品はもう一度鑑賞するにはちょっと勇気が要りますね!
韓国映画にはそういうの多いです。
凄く印象に残っても、再観賞となると二の足を踏むような。。。
これもインパクトが強すぎました!
ただ俳優さんたちの渾身の演技、特に主演のお二人には引き込まれました。
TBありがとうございました☆
| なぎさ | 2007/02/26 8:42 AM |
なぎささん、こんばんは。
仰るとおりです。 主演のお二人の演技には凄い引力を感じます。
映画を観てこれだけ疲労感が残る映画も珍しいかも知れませんね。

それから、私のblogにもコメントありがとうございました。私のblogは今トラブッていて私のコメントを受け付けてくれないのでこちらでお礼を書かせていただいています。それから、TBを受け付けていないのは、この記事だけ集中的にスパムの攻撃を受けたためです。ごめんなさい。困ったものです。
| かつ | 2007/02/27 11:27 PM |
>かつさんへ
後を引く映画ってありますよねぇ。
鑑賞後、なんだかその映画のことばかり考えてしまう・・・そんなことが。
この作品はほんとにそんな感じでした。

管理者側のコメントを受け付けないというのは、ちょっと困りますね〜。
スパムに関してはお気持ちよ〜く分かります!!!
私もその被害にかなりさらされました。
ここのところ少し治まっていますが、周期的に狙い撃ちされるようなので、またいつ来るかと不安はぬぐえません。
楽しく更新して、こうしてブロガーの皆さんと「お話し」したいのに、こうした輩のせいで、気分が悪くなったり、腹立たしく思ったりするのってホント悲しいですよね。
お互いスパム被害などにめげず、頑張りましょうね!
| なぎさ | 2007/02/28 8:50 AM |
最後の、なぎささんの力強いお言葉、なんか嬉しいです。
そそ、めげたりせずに頑張りましょう!
| かつ | 2007/03/01 1:14 AM |
>かつさんへ
ここのとこ、またHな動画なんかのTB被害が増えつつある私です〜。
片っ端から削除しちゃうのにねぇ。
よくコリもせずに送信してくるものです。
サーバーさんにも、スパム防止の機能はあるんですが、どういうわけかそれも余り役には立たないという現状です。
でも!そうです!負けずに、めげずに、頑張りましょね!
かつさん&私に・・・ファイティン♪ 
| なぎさ | 2007/03/01 8:32 AM |
は〜い、ファイティン(^^)¶
| かつ | 2007/03/02 1:33 AM |
>かつさんへ
かつさ〜ん、コッチョンハジマ〜♪
ケンチャナヨ〜!
コメント、コマオヨ☆
アンニョ〜ンヾ(^◇^)ノ゛
| なぎさ | 2007/03/02 8:33 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/507
TRACKBACK
キフンを「嫌なヤツ」と腹を立てるのは、まだ若い人。「ふ〜ん、こんなもんだよね」と思う人は、年齢を重ねた人かも?そんな事を、ふと思ってしまいました。
| 華流→韓流・・・次は何処? | 2007/02/18 11:33 PM |
『スカーレットレター』DVDで観ました。原題は『????:朱紅文字』(2004年
| 口惜しいけれど韓流かつ | 2007/02/26 12:17 AM |
スカーレットレター ジャケット写真を見て、男前な島田紳助と小島可奈子が出演してる映画かと一瞬思った。 イ・ウンジュって、小島可奈子に似てないすかね。 動いてるとこ見たら、あんまり似てなかったけど、 この写真はけっこう似てるんじゃないすかね。 まあ
| カフェビショップ | 2007/03/14 10:01 PM |
スカーレット・レター イ・ウンジュ さんのご冥福をお祈り致します。 ハン・ソッキュ という役者さんの見た目が、趣味じゃないのです、、、なんか、すごいオッサン、、  うぅぅ、、ごめんなさい、、、 なんて言うのか、、、刑事物サスペンス+三角関係、浮気
| 猫姫じゃ | 2007/04/14 10:14 PM |
 コチラの「スカーレットレター」は、デミ・ムーア主演で映画化もされたナサニエル・ホーソーンの「緋文字(スカーレット・レター)」をモチーフに描かれたミステリアスでエロティックな韓国のR-15指定のサスペンスです。  主演は、「接続〜ザ・コンタクト〜」、「
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/30 9:30 PM |