<< どろろ | Main | 幸福な食卓 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.01.31 Wednesday author : なぎさ

幸せのちから



逆境をバネに再起した男!

ウィル・スミスなのに、ジ〜ン。。。


主人公クリス・ガードナーってほんとに不運というか、間の悪い人間っていうか、なんかねぇ観てて「あらら」とか「おいおい」って感じることばかり。

まず、売れると思った骨密度を測る医療機器。
ところが1980年代は不景気で、彼の想像に反してちっとも売れない。

なのに、彼はずーっとこの医療機器を片手に病院へセールスに周るわけ。
ちょっと見、これがミシンに見えてしまうんだけど、
途中で盗まれたり、落としたり・・・。

自宅に帰れば、疲れた顔のパートナー(奥さん)のリンダ(タンディー・ニュートン)がお金が無いことでイライラしてる。
税金が払えない。
なのに、駐禁で罰金が請求される。
家賃も払えない。

それでも、高い医療機器は依然として売れない。

友達に貸したお金も返してもらえない。
会社の面接日に、駐禁の罰金を延滞したために一晩、留置されるクリス。
そのために大事な面接に、普段着で赴くはめに。

極めつけは、パートナーのリンダが出て行ってしまう。

そんな状況下でも、5歳になる一人息子だけは手放さなかった。
それは、クリス自身が28歳まで実の父を知らずに育ったから。

こうして、家も、奥さんも、仕事も無くしたクリスが、大きな賭けに出た!!!

それは
6ヶ月間無給の研修を受けて、合格者1名の超難関の入社試験を受けること!!!

実在の人物をモデルにした本作。
本人だけなら、どんな事にも立ち向かっていけるかもしれないけれど、まだ5歳の息子を抱えてのホームレス生活は見ていて痛々しかった。

両親の離婚だけでも心を痛めているだろうに、毎日、寝る所も無い生活を強いられた5歳のクリストファーを思うと、ついつい自分の娘と重ねてしまい胸が痛かった。

毎晩の寝床を確保するために、教会に並ばなければならず、道に大事なフィギュアを落としたクリストファーが泣くのを、クリスが叱りながらバスに乗った時は、本当に可哀相で涙が・・・。

とうとう行く所が無くて、駅のトイレで過ごすことになった親子にも涙止まらず。

どんな時も健気に振舞う息子・クリストファー役を見事なまでに演じきったのは、ウィル・スミスの実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス
彼はコネではなく、オーディションでこの役をゲットした。
ウィルの息子と分かったのはその後だったらしい。
さすが俳優のDNAが流れているだけある!
何気ない親子の会話が、実の親子だけに、とてもほほえましく映っていた。

原題は『the PURSUIT of HAPPYNESS』。
そう「HAPPINESS」が正しい綴りだが、本作でチャイナタウンにある託児所の壁の落書きにはこのように間違って綴られていた。
アメリカ独立宣言をもじったもの。

80年代の話なので、当時大流行したルービックキューブや、音楽なども懐かしい。

それにしてもアメリカほどの超大国が、その日の生活にも事欠く者から無理矢理、税金を徴収したり、未成年者がいるのに福祉はいったいどうなっているのかと疑問に思った。

もし息子が熱でも出したなら、クリス自身も会社には行けないし、そういう意味ではまさに綱渡り的な賭けだった。

この親子のようなどん底崖っぷちな人がいる反面、優雅にセレブな生活を満喫している人々もいる。
日本でもなりつつある「格差社会」の様相だ。

それでもこの作品の主人公のように、アメリカには失敗した者でも復活できるアメリカンドリームがまだあるような気がする。
日本では、失敗した者への敗者復活は難しい。

これねぇ、最終的にクリスは合格して良かったんだけど、もし、もし、ダメだったら・・・どうなってただろ?

ま、この人は基本的に心がタフそうだし、粘り強そうだから、なんとかしただろうけど。

あ、リンダ役のタンディー・ニュートンって『クラッシュ』にも出てたけど、この人の母親ってジンバブエの王女なんだって!

真面目にやってりゃ、いつか実がなり花が咲くこともあるかなぁ〜、って「生きるちから」を貰った作品でした!



| 映画 《サ行》 | 16:19 | comments(20) | trackbacks(44) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:19 | - | - | pookmark |
COMMENT
俺も今の日本の格差社会とつい見比べてしまいました。似てるんですよね^
日本もかなりやばいかなぁ・・・
| kossy | 2007/01/31 6:38 PM |
>kossyさんへ
小泉政権でのツケとでも言えるでしょうか、この「格差社会」は今後の日本で益々広がっていくことでしょうね。
金持ちはどんどんセレブな生活を満喫し、その反面ほとんどの人は日々の生活もキュウキュウになっていく。
このピラミッド型の日本社会をこの映画を観て想像してしまいました。
| なぎさ | 2007/02/01 8:18 AM |
こんばんみ、なぎささん!Kaichangです♪\(o ̄∇ ̄o)ハーイ
この映画は試写会で観に行ってきました。ちょうどウィル・スミスが来日してて、舞台挨拶を同じ日にしてて、僕が行った会場と違う会場で舞台挨拶をしてたみたいです。
この映画はラストの採用された瞬間のウィル・スミスの表情で一気に涙が込み上げてきましたよ!隣に座ってたマダムがその瞬間から鼻水をすすり始めたので、感動する瞬間はみんな一緒なんだなぁって思いましたよ。
| Kaichang | 2007/02/01 6:27 PM |
こんにちは!
。。。どういう理由でTBの表示が怪しい文字に。。。(汗)

タンディの母親が王女なんですか!
スゴイですねぇ〜今回の彼女の演技は上手かったと思います。だから奥さんの行く末が気になりました。あれっきりなのかなぁ〜
| 由香 | 2007/02/01 6:40 PM |
>kaichangさんへ
おっはよ〜♪kaichangさん!
ひえ〜っ!ウィル・スミスともっとも接近した試写会だったのですねぇ。
彼って親日家でもあるけど、「良い兄ちゃん」って感じの人柄がにじみ出てますよね!
今回はコメディー色はなく、演技で魅せてくれた作品でしたよね。
まだ幼い息子との貧困生活には、涙なしでは観れませんでした〜(ノ〜\;)
ラストの人ごみに紛れて小さくガッツポーズする彼が印象に残りました!
| なぎさ | 2007/02/02 8:42 AM |
>由香さんへ
ごめんなさい<(_ _)>
なんだか原因は分からないのですが、時々TB頂いた方に、このような文字化け反応になってしまうのです。
TB先の記事リンクはできておりますので、どうぞご勘弁を。

で、タンディー・ニュートンってそういう母親を持っているらしいですよ。
本作では、いかにもやつれた彼女の表情が、なんとも切なかったですねぇ。
この後、主人公のクリスは富豪になったんでしょ〜。
奥さん、玉の輿に乗り損ねたね!
人生って分からないものですね。
| なぎさ | 2007/02/02 8:47 AM |
「格差社会」で掴んだアメリカン・ドリームは株屋になることって、やっぱり納得いきません。
他にも、色々とひっかかってしまいまして・・・。
| aq99 | 2007/02/02 11:06 PM |
こんにちは(^_^)
この映画を見て感動しました。
途中でストーリーの流れがうまくつかめないところがあったものの、
「幸せ」について考えるきっかけになりました。
ルービック・キューブや電話番号の暗記など、
ちょっとしたことから幸運を引き込んでいったところも、
実話というのが信じられないほど素晴らしいストーリーでした。
| 晃弘 | 2007/02/03 3:34 PM |
>aq99さんへ
今じゃこのクリスさんって、立派な勝ち組ですよね。
この時代の初心を忘れずに仕事に取り組んでおられるのでしょうかね。
| なぎさ | 2007/02/03 5:42 PM |
>晃弘さんへ
>「幸せ」について考えるきっかけになりました。
それは言えてますね!
生活はドン底でも、クリスという人は心まではドン底じゃなかったでしょうね。
息子の存在が大きかった!
そうそう、電話番号をメモするものすら家には無かった様子でしたね。
自慢じゃないですが、私には暗記できませ〜ん。。。
| なぎさ | 2007/02/03 5:45 PM |
クリストファーがけな気でしたね〜。
地下鉄のトイレで一夜をすごす場面もさることながら、思わずもらい泣きしそうな場面がそこかしこにあって。
ラスト近くに夜のファミレスで他の家族が幸せそうに笑ってる場面がありましたよね。
その時に、その様子を羨むのではなく、一緒に楽しそうに笑っているクリストファーを見て、なんて、いい子なんだ! とまた泣きそうになりました〜。
| りら | 2007/02/04 1:41 PM |
>りらさんへ
クリストファーに泣かされましたねぇ〜。
ファミレスのシーン、対照的な家族を映すことで、一層悲しみが増幅されました。
彼ももう今は大人になられているでしょうが、この時の辛さはトラウマになっていないでしょうかね。
| なぎさ | 2007/02/04 4:56 PM |
こんばんは!
観てきましたよー。

幸せの追求という原題の方があっているかなあ。
真実の話というのが、すごいですね。
クリスのがむしゃらさは、日本人には真似できないというか
アメリカという国だからこそ実現できたのかも。

ウィル・スミスとジェイデンくんの親子、すてきな共演でした♪
息子の存在は大きかったですね!
| アイマック | 2007/02/07 12:01 AM |
>アイマックさんへ
こんにちは〜アイマックさん♪
そうですねぇ〜、あのやり方は「ザ・アメリカン」でしたね。
日本では通用しないことのほうが多いでしょうね。
でも彼のバイタリティには脱帽でした!
基本的に「楽観主義」と言うかポジティブシンキングの人なんでしょうね。
普通なら自殺を考えるかも。

この撮影の時、ジェイデン君はゲームに夢中で撮影はそっちのけだったとか。
ウィルはこの映画が今までの自分のキャリアの中で最も素晴らしいものになったとコメントしてましたね。
| なぎさ | 2007/02/07 8:57 AM |
こんにちは、ケントです
TBお邪魔します
皆さん絶賛の嵐なので、描きにくいのですが、いつも泣き上戸の僕が一粒の涙も出ませんでした。
金金金のテーマに共鳴出来なかったのと、妻の心情を理解使用としない夫にイライラしたのかもしれません。
| ケント | 2007/02/12 10:30 AM |
>ケントさんへ
映画は観た方の数だけ感想があるのですから、人と違った感想でも当然のことですよね。
奥さんも気の毒な人でしたね。
そんなに悪い奥さんではないようだったのに・・・。
売れない機械の在庫が家に溢れてたら、きっと私でもイライラしたに違いないです〜。
| なぎさ | 2007/02/12 11:04 AM |
こんにちは☆
ウィル・スミスの息子が可愛かった〜でも名前長い、、、
んー私はすごく感動したというとこまではいきませんでした。
テレビですでに感動してたからかもしれませんが。
でもフィギュアを落としたシーンはすごく悲しかった〜。
| ゆかりん | 2007/07/30 12:50 PM |
>ゆかりんさんへ
こんにちは!

>んー私はすごく感動したというとこまではいきませんでした。
そうなんですよ〜。
私もね、想像してたよりかは感動が少なかったような気がします。
どうしてかなぁ。

>でもフィギュアを落としたシーンはすごく悲しかった〜。
あれはねぇ〜、もう絶対に涙を誘いますよね!
ウィルの息子さん、これから俳優として活躍するのかなぁ〜。

| なぎさ | 2007/07/31 8:45 AM |
なぎささん、お久しぶりです。
フィギュアを落としたシーンは、子を持つ親ならあの気持ちは痛いほどよくわかりますよね〜。すごくいいシーンでした。

ウィルの息子さんは、素性を隠してオーディションを受けていたのですか?!
てっきり初めから決まっていたのだと思ってました。演技が上手で驚きです。
これから本格的に俳優さんになるのでしょうか、楽しみですね。
| shake | 2008/04/21 12:13 AM |
>shakeさんへ
あぁ〜shakeさん!
こちらこそご無沙汰しちゃってます(ノ〜`*)

えぇあのフィギュアのシーンにはジーンとくるものありましたよね。

ウィルの息子さん・・・オーディションで選ばれたみたいですよ。
やはり親のDNAでしょうね!
娘さんも『アイ・アム・レジェンド』に出てました。
でも親がビッグだとその子供ってなかなか大成しないってのもありますよねぇ。
| なぎさ | 2008/04/21 9:09 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/500
TRACKBACK
夢を支えるのは身近な存在!
| Akira's VOICE | 2007/01/31 5:39 PM |
骨密度測定器があの値段だったら安いぞ・・・probably
| ネタバレ映画館 | 2007/01/31 6:35 PM |
 君がいるから。君と生きていきたいから。
| 悠雅的生活 | 2007/01/31 6:40 PM |
「幸せのちから」 2007年 米 ★★★★★ 文句なしにいいです。 私、こういうお話大好き。 あのヒョーキンなイメージが強いウィル・スミスが何処までやってくれる んだろうか? あらすじも大方わかってしまっている(予告でね^^)期待と不安が入り 混
| とんとん亭 | 2007/01/31 10:07 PM |
趣味の一つが映画鑑賞で、これ迄に数多くの作品を観て来た。読書傾向が濫読派ならば、映画に関しても”濫観派”と言って良く、ホラー物以外は食指が動くままにジャンルを問わず観まくっている感じだ。そして困った事に、所謂”B級作品”や”ニッチ作品”と称される物も
| ば○こう○ちの納得いかないコーナー | 2007/02/01 1:28 AM |
Ķ???21???Τ???å??ä??????????μ???Υ???????Υ?Хåstory????ŵΥ???????????????????ï??ä??ΰ????¤???ä???Ĥ???Ф?????塼??Ф?©???????????21????褫æ?????Ф?????comment?21???Ĺ???ä???μä?Ť?ΤΤ褦??????????????????ä?2?βä???
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/02/01 6:36 PM |
「幸せのちから」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ウィル・スミス、タンディ・ニュートン、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、他 *監督:ガブリエレ・ムッチーノ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラッ
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/02/01 8:21 PM |
結局、株かよ! 「この子には、父親が必要なんだ〜!」とウィル・スミス親父が力説しますけど、母親も必要なんとちゃうんか〜〜!! このお母ン、虐待母でもないし、家事放棄母でもないし、むしろ稼ぎの悪い父親のため過労の被害にあってるやん! 支払いをきちんとして
| 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記 | 2007/02/02 11:05 PM |
? 『幸せのちから −the PURSUIT of HAPPYNESS−』 ? 全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない―― ? ? うわぁぁぁん!!、みんな貧乏が悪いんやぁぁぁ!(泣き) そして、期待しすぎた自分が悪いんやぁぁぁぁ!(嘆
| 唐揚げ大好き! | 2007/02/03 8:52 AM |
幸せのちから (出演 ウィル・スミス) 原題: The Pursuit of Happyness (2006) 2007年1月27日 日本初公開 公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/ ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン8 G-24 2007年2月1日(木)9
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2007/02/03 3:52 PM |
私にとって久々の洋画 この映画「幸せのちから」に関する予備知識がほとんど無いまま見たため,映画の最後になって,実話をもとにしたストーリーだと知って驚いた --(前日たくさんのアクセスありがとうございました)-- 「dff.jp クリックで救える命がある」 こ
| オレメデア | 2007/02/03 3:55 PM |
父親としての不甲斐無さを感じ地下鉄のトイレの中で涙を流すシーンはウイル・スミスのアクションスター脱却への第1歩を感じさせる名場面。しかしながら主人公に感情移入できずに涙がこぼれなかった…。意外。
| 八ちゃんの日常空間 | 2007/02/04 11:20 AM |
【幸せのちから】 ★★★★ 2007/02/03 ストーリー 1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は高級医療機
| りらの感想日記♪ | 2007/02/04 1:33 PM |
ホームレスから億万長者へとアメリカン・ドリームを体現した男、クリス・ガードナーの実話の映画化「幸せのちから」物語・セールスマンのクリス(ウィル・スミス)は仕事が思うようにいかず、妻に出ていかれアパート
| 映画雑記・COLOR of CINEMA | 2007/02/05 2:52 PM |
the PURSUIT of HAPPYNESS (2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督 :ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス/ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス/タンディ・ニュートン/ブライアン・ホウ/ジェームズ・カレン/カート・フラー 父と息子のサバイ
| 小部屋日記 | 2007/02/06 11:53 PM |
「幸せのちから」を観てきました〜♪ サンフランシスコに住むクリス(ウィル・スミス)、全財産を投資して買った骨密度測定器を病院にセールスする仕事をしていた。大ヒットすると思った商品だったが、売れ行きはさっぱり、日々の暮らしにも困っていた。ある日、株の
| 観たよ〜ん〜 | 2007/02/07 9:10 PM |
これは主人公クリス・ガードナーのサクセスストーリーではないクリスが子どもとともに全財産21ドルから立ち上がった、実話に基づいた作品である。。幸運の女神から見離され、すべてを失ったガードナーが唯一愛する息子を手離すことは出来なかった。サンフランシスコの片
| ?? | 2007/02/10 1:30 PM |
幸せのちから 監督 ガブリエレ・ムッチーノ 出演 ウィル・スミス  ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス  タンディ・ニュートン  ブライアン・ホウ  ジェームズ・カレン   カート・フラー 2006年 ?骨密度測定器を売り歩く仕事を
| <花>の本と映画の感想 | 2007/02/10 7:33 PM |
「人間万事塞翁が馬」という故事成語がある(ちなみに「人間」は「じんかん」と読み、人間のことでなく世間一般のことを指す)が、このサクセス・ストーリーはそもそも骨密度測定器を購入するという大馬鹿なことを起こさなければ、成功には繋がらなかったとと、逆に買わな
| 利用価値のない日々の雑学 | 2007/02/11 5:48 PM |
★★★  妻に愛想をつかされた黒人男性が、幼い息子と二人で貧困を乗り越えてたくましく生きてゆく姿を描いたお話である。そして実在の証券王クリス・ガートナーのサクセス・ストーリーでもあるのだ。 主演のウィル・スミスがアカデミー主演男優賞にノミネートされて
| ケントのたそがれ劇場 | 2007/02/12 10:24 AM |
 昨日娘(小6)と二人で、映画「幸せのちから」を観てきました。 「実話を元に作られた映画」、ということと,「ウィル・スミスの実の息子との共演」、といことにも興味があったのです。息子さんがすっごく可愛かった!  感動した〜[:ぴかぴか:]という一言ではなん
| 無敵の北京ウォーカー!! | 2007/02/12 9:31 PM |
ウィル・スミス父子が共演を果たした、実在の人物の半生を描く、ヒューマンドラマ!! この手は、離さない。−全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。− ? 公式 ?予告 オススメ度★★★★☆ お気に入り度★★★★★ 2006 ア
| ☆.。.:*Addict*:.。.☆−映画ヲタCome on!!− | 2007/02/14 10:02 PM |
「幸せのちから」を観ました。この映画は1980年代のサンフランシスコでホームレス状態から億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーと言う人のエピソードを基に描いた作品
| Cinema Chips | 2007/02/17 12:15 PM |
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない──
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/02/18 10:26 PM |
幸せのちからオフィシャルサイト 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス ジェイデン・スミス タンディ・ニュートン ブライアン・ハウ 内容: 1981年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療
| 獅子の手帳 | 2007/02/19 12:58 PM |
 ウィル・スミス親子共演の幸せのちからを見てきました。
| よしなしごと | 2007/02/22 10:56 PM |
ウィル・スミスが実子と共演したことでも話題のこの映画。実話ベースの感動サクセスストーリーなのでハッピーエンドになるのは目に見えていますが、その過程が見物です。とても前向きで健気な子供思いの父親は、観ていて応援したくなります。その父親がどん底の一夜に涙
| Tokyo Sea Side | 2007/03/20 12:57 AM |
監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ホウ、ジェームズ・カレン 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 頑張っても頑張ってもうまくいかないときも
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/04/01 2:53 AM |
久々に泣きました。80パーセントの人が感動して涙した話です。あなたにも伝えたくて、トラックバックしました。泣きたくない人は見ないでください。もし不要な場合は消去してください。ありがとうございました。
| 2ちゃんねる 泣ける 話 | 2007/04/08 12:01 AM |
ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた 実在の人物クリス・ガードナーの半生を基に描いた作品。 ガブリエレ・ムッチーノが監督を務めています。 これまでアクション作品での活躍が多かったウィル・スミスが 人生の最も困難な時期を愛する息子
| 噂の情報屋 | 2007/05/30 8:02 PM |
メン・イン・ブラック2◇02年、米。トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス。異星人の監視組織MIBの捜査官コンビが地球を救って5年、MIB本部が凶悪な宇宙人に襲われた。今やMIBのトップクラスのエージェントになったコンビの1人は、引退した元相棒とともに凶悪な宇宙
| 映画村 | 2007/06/17 12:25 AM |
【THE PURSUIT OF HAPPYNESS:2007/01/27公開】製作国:アメリカ監督:ガブリエレ・ムッチーノ出演:ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ホウ1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/07/30 12:47 PM |
あらすじ骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるクリス(ウィル・スミス)は大儲けを見込んで買い取った機器を思うように売ることができず、家賃や税金を払えない状態に陥ってしまう。妻のリンダ(タンディ・ニュートン)にも去られた彼は証券会社の
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2007/11/03 5:04 PM |
今回紹介する映画は、ウィル・スミスと実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスが競演したことでも話題だった『幸せのちから』です。 映画のストーリー 1981年サンフランシスコ、新型医療機器のセールスマンのクリスは妻と息子クリストファーの3人暮ら
| ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介 | 2007/12/09 8:05 AM |
 『この手は、離さない── 全財産21ドルから立ち上がった 父子の、実話に基づいた感動作。』  コチラの「幸せのちから」は、1/27公開になったウィル・スミス親子共演の実話をモトにしたハート・ウォーミングなサクセス・ストーリー映画なのですが、早速観てきち
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/12/26 9:27 PM |
誰でも「そうなりたい!」と強く願えば、それは叶う…。 もちろん、棚ボタで幸せが降ってくるわけではなく。 必死に生きて、必死に求めて。 それも闇雲に走り回るだけではなく、 遠回りをしてもいいから、目標を見失うことなく、 行き詰ったとしても、がむしゃ
| *モナミ* | 2007/12/30 5:42 PM |
原題:The Pursuit of Happyness アメリカ独立宣言の「幸福の追求」は、"The pursuit of happiness"、この映画では託児所の"Happyness"・・実話を実の親子で共演する涙と感動のストーリー・・ 1981年のサンフランシスコ、クリス・ガード
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/04/20 6:20 PM |
幸せのちから2006年度・米・117分 THE PURSUIT OF HAPPYNESS ■監督:ガブリエル・ムッチーノ ■出演:ウィル・スミス、タンディ・ニュートン、ジェイ伝・クリストファー・サイア・スミス、ブライアン・ホウ 「もっと時間が欲しい、もっとお金が欲しい」って、時
| シェイクで乾杯! | 2008/04/21 12:27 AM |
2006年 アメリカ 監督: ガブリエル・ムッチーノ 主演: ウィル・スミス   ■ストーリー 1981年のサンフランシスコ。 高級医療機器のセールスマンのクリスは、 妻と5歳の息子と暮らしている。何
| 映画DVDがそこにある。 | 2008/04/27 9:20 PM |
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督ガブリエレ・ムッチーノ ネタバレあり
| プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2008/05/02 3:02 PM |
幸せのちから THE PURSUIT OF HAPPYNESS 監督 ガブリエレ・ムッチーノ 出演 ウィル・スミス ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス アメ...
| Blossom Blog | 2008/05/24 5:51 PM |
ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いた感動作。監督はガブリエレ・ムッチーノ、主演はウィル・スミス。実の息子のジェイデン・スミスとの親子共演でも話題になった作品。その他のキャストは、
| Yuhiの読書日記+α | 2009/03/13 12:46 AM |
THE PURSUIT OF HAPPYNESS 2006年:アメリカ 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ブライアン・ホウ、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン 1980年代、サンフランシスコ。妻と5歳の息子と3人で暮らしていた高級医
| mama | 2009/03/20 3:06 PM |
ホームレスから億万長者となり、アメリカン・ドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を事実に基づきながら描いた感動のヒューマン・ドラマ「幸せのちから」(原題=幸福の追求、06年、米、117分、コロンビア映画配給)。この映画は格差社会の米
| シネマ・ワンダーランド | 2009/04/04 12:13 PM |