<< 拝啓、父上様 | Main | ラッキーナンバー7 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.01.13 Saturday author : なぎさ

イン・ハー・シューズ



対照的な姉妹の生き方探し

ん〜、良いですねぇ。
こういうタイプの映画って近頃少なくなってきたような感じがしますもん。

「姉妹」って良いよね!
私は弟しかいないので、姉妹って憧れる。
この映画の二人みたいにケンカもするだろうけど、いろんな話しもできるんだろうなぁ〜、なんて。

その点、姉と弟なんて寂しいもんです。
特に、お互い結婚して家庭を持ったら、なおさら話すことなんてなくなります。
時間的にもですが、なんだか気まずくなって。。。

この映画に出てくる姉妹は、全くタイプの違う姉妹です。
ケンカして姉のローズ(トニ・コレット)の家を追い出された妹・マギー(キャメロン・ディアス)。

この妹が、色んな面でだらしない。
本人は能天気にその日暮らしをエンジョイしているが、実は彼女、「学習障害」のコンプレックスを持っている。
そんなこともあってか仕事も続かない。
なのに男にモテる!

それとは正反対に、姉のローズは弁護士。
世間的には認められたステイタスがあるけれど、容姿と恋愛に自信がない。

どうしてこうも姉妹であっても違いがあるのかねぇ。

そんな姉妹と重要なかかわりをつなげていくのが、死んだと聞かされていたはずの祖母エラ(シャーリー・マクレーン)だった。

そしてもう一つ、姉妹にとって重要なカギとなる母の「死」の真実。

タイトルにもあるように、本作では「靴」がそれぞれのキャラクターの心情をうまく表現するアイテムとなっている。

キャリアを持ちながらも、どこか自信のないローズは、落ち込んだ時、自分をなぐさめるために「靴」を買い、クローゼットの奥にブランド物のハイヒールをコレクションしている。
彼女はコンプレックスや寂しさに耐えながら生きていたことがわかる。

そんな姉の靴をこっり履いて外出したり、店頭の靴をながめてはいつも自分に合った靴を探しているマギー。
それはまるで、自分の居場所を探しているように思える。

ローズの結婚を知り、白いウェディング・シューズを贈る祖母のエラは、二人の子を残して亡くなった娘の死について、ずっと自分のせいだと苦しみ続けていた。

反発しながらも、お互いをどこかで許せてしまう、それは血の繋がった姉妹だからだろう。

最初は履きにくい靴もだんだん自分の足に合ってくるのと同じに
失敗を繰り返して自分の居場所を見つけていくものだというメッセージが込められているのでしょう。

登場人物に自分を重ね合わせながら、共感できた作品でした。



| 映画 《ア行》 | 16:27 | comments(14) | trackbacks(9) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:27 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんは、なぎささん♪
この作品って姉妹の関係がよいですよね。最後のシーンは感動しました〜。
| りら | 2007/01/13 8:24 PM |
私もなぎささんと同じで弟が一人。
姉妹がいたらどんなふうだったんだろう・・・って
これを見てしみじみ感じてしまいます。
すごく心に残るいい作品でした。
見るまでは全然期待も何もなかったの。
それが去年観賞した中ではベスト3に入れてもいいくらいの
感動を私に与えてくれましたよ。
| ジュン | 2007/01/13 10:30 PM |
こんばんは、なぎささま、
UTFへのコメントありがとうございました。
本日cookieが無効になってしまう、という不具合を修正し、テンプレートを更新しましたので
大変お手数ですが再ダウンロードをお願いしたいと思います。
内容に関係のないコメント失礼致しました。
| タカコ | 2007/01/13 10:33 PM |
>りらさんへ
そうですよねぇ〜。
やっぱり姉妹って良いなぁと思える作品でした。
あのおばあちゃんとの関係も素敵でしたね!
| なぎさ | 2007/01/14 4:35 PM |
>ジュンさんへ
ジュンさんも弟さんですか。
ウチもね、仲が悪いわけじゃないのですが、特別に何か話すってことも最近は特に減っちゃいました。。。
ちょっと寂しいです。
この作品ってドッカンと感動するタイプではないけれど、ジュンさん仰るようにしみじみとして良いですよね♪
| なぎさ | 2007/01/14 4:37 PM |
>タカコさんへ
ありがとうございました!
早速、再ダウンロードいたしました。
これでCookiが使えて便利になりました〜♪
このテンプレが気に入っているので嬉しいです。
感謝します!
| なぎさ | 2007/01/14 4:39 PM |
こんばんは!
これいい映画でしたね。
出てる女優さんも旬の人たちだし、
設定も現代なんだけど、LAコンフィデンシャルの監督だからか、古きよき香りを感じました。
シャーリー・マクレーンの存在感が大きいのかもしれませんね。
それぞれの悩みが交差して共感し、
喜べる佳作だと思いました。
あ、申し遅れましたが、今年もよろしく!!
| しゅぺる&こぼる | 2007/01/14 9:18 PM |
>しゅぺる&こぼるさんへ
こんにちは!
そうでしたねぇ。
派手な作品ではないですが、登場人物たちに共感できるストーリーでした!
靴と彼女たちの人生を絡めていたのもナイスでしたよね♪
は〜い!私こそ今年もよろしくです〜☆
| なぎさ | 2007/01/15 9:06 AM |
キャメロン・ディアス大好き!
これは観なくてはっ!
視聴したらまたコメントいたします。
ちなみに今月キャメロンは交際中のジャスティン・ティンバーレイクと破局しましたね。
ジャスティンのMVにスカーレット・ヨハンソンが主演し彼女のセクシーなゴリ押し誘惑に負けたそうですよ。
よりにもよってキャメロンは大のスカーレット嫌い。過去の因縁があるそう・・・どんな因縁だ?
それもふまえてこの映画を鑑賞します。
| toto | 2007/01/15 8:40 PM |
>totoさんへ
うっひゃ〜っ!
またもやスカーレットの「エジキ」になった男がいましたか!!!
この「おなご」は、とにかく尻が軽いっちゅ〜か、相手を選ばんというか、なかなかの女ですよ。
有名な話では、エレベーターの中でベニシオ・デル・トロとやっちゃってたって話し!!!
男好きするタイプの女性なんかなぁ〜。
キャメロンのほうが絶対、性格も良さそう♪
キャメロンのキュートさ全開だよ〜♪
ぜひ観てみて〜totoさん☆
| なぎさ | 2007/01/16 8:48 AM |
なぎささん、こんにちは。
私、この映画すごく好きです。
今年に入って、一番最初に見た映画だし
昨年見た中で1番好きな作品でした^^
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
| ミカ | 2007/01/16 3:49 PM |
>ミカさんへ
ミカさん こんにちは〜♪
なぜこれを劇場で見逃しちゃったのか後悔しましたよ〜。
キャメロン可愛いし、コレットも素敵だし!
お二人とも女性からみても素敵ですよねぇ。
こちらこそ、今年も仲良くしてくださいね♪
| なぎさ | 2007/01/17 8:56 AM |
はじめまして。流れに流れてやってきました゚。+(*´д`)/~~
この作品ゎ派手な展開やドキドキするアクションゎないけど、なにか日常的で身近に感じられますよねd(*>(ェ)<)Йё☆
あたしゎ姉妹で下に弟もいますが、たしかに、姉妹っていぃです。普段何も感じない存在でも考え直してみると姉妹って何かあったときにすがりたくなる存在なんですよねぇヾ(。・ω・)人(・ω・。)ノ
喧嘩して『もぅ口聞かない!!』って思っても一時間もたたなぃうちに話し掛けたくなるんです(-公- ;)笑

この作品、姉妹の切っても切れぬ縁をよくあらわしてるなぁ〜と思います(o^_^o)ヾ

さすがに姉の恋人とキャメロンが寝たときゎ『え〜』と思いましたけど。
あ、キャメロンが詩を朗読してあげてたおじぃさん……いなくなったときちょっと悲しかったです。あの時に、いままで世の中を楽観的に歩んでた妹が¨人間ゎ有限だ¨と感じたんだろぅと思います。
いろんな意味がこめられたなかなかお目にかかれない作品でよかったです(▼´Д`▼)v
| トムトム | 2007/03/05 8:36 PM |
>トムトムさんへ
よ〜こそ〜♪
お出でいただきました!
拙いブログではございますが、お気軽にお越しくださいませ☆

さて、本作ですが、トムトムさんの仰るようにドラマティックな展開はないものの、なぜか引き込まれるストーリーでしたよねぇ。
姉妹っていいですよね〜ん♪
憧れてしまいます。

そうそう、キャメロンがお世話していたあの老人のベッドが空きになっていたのがショックでしたね。
いろんな角度から感じられるいい作品だったと思います。
| なぎさ | 2007/03/06 8:35 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/491
TRACKBACK
【イン・ハー・シューズ】 ★★★  2005/11/7 試写会             ストーリー  周りが羨むスタイルと美貌を持ちながら、
| りらの感想日記♪ | 2007/01/13 8:23 PM |
牧伸二のCD/
| = 音凾 = | 2007/01/13 9:08 PM |
 2005年12月3日 『イン・ハー・シューズ』観賞レビュー! 原題 In Her Shoes 2005年/アメリカ/カラー/130min 配給:20世紀フォックス映画 11月12日より有楽座他全国公開中 ★スタッフ★ 監督?カーティス・ハンソン 製作?リサ
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2007/01/13 10:19 PM |
【IN HER SHOES】2005年/アメリカ 監督:カーティス・ハンソン   出演:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン 特別な思いもなくただ何となくレンタルして見たものが 思いがけずいい内容だ
| BLACK&WHITE | 2007/01/13 10:27 PM |
原題:In Her Shoes Just a little・・・この映画、地味に地味に少しずつ少しずつジワジワとハートに食い込んでくる。"ぴあ"で90点以上を付けているのも、なるほど頷ける。 高校出てから10年の妹、ナイスバディだが定職のないマギー(キャメロン
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/01/13 11:54 PM |
キャメロン・ディアス主演 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン イン・ハー・シューズ わたしはキャメロン・ディアスといえば いまだに「マスク」が最高!!」と思ってしまう。 あのコメディエンヌぶりはほんといいです。
| 愛情いっぱい!家族ブロ! | 2007/01/14 9:21 PM |
イン・ハー・シューズ IN HER SHOES 監督 カーティス・ハンソン 出演 キャメロン・ディアス トニ・コレット    シャーリー・マクレーン アメリカ 2005
| Blossom Blog | 2007/01/16 3:50 PM |
 『私たちは何度もすりむいて、自分だけの”靴”をみつける。』  靴のサイズ24.5cm、DNA、子供時代の悲しい思い出  それ以外に全く共通点のない姉妹  この姉妹に自分を重ねられない人は、いないだろうと観ていて思いました。  キャメロン・ディアスが演じる
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/01/23 8:45 PM |
私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける。 【関連記事】 「イン・ハーシューズ」壁紙
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2010/01/23 2:16 PM |