<< 虹の女神 Rainbow Song | Main | ただ、君を愛してる >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.11.03 Friday author : なぎさ

7月24日通りのクリスマス



夢みる夢子さんのシンデレラ・ストーリーってとこでした。。。

ちょっと酷評になりますが・・・

監督の村上正典と、脚本家の金子ありさ『電車男』でも組んだコンビ。
『電車男』の女性版だから主演が中谷美紀ってことなのかぁ。
監督がTVドラマ出身なので、全体的にやっぱりTVドラマ止まりになってしまってるような。

それにしても、この手の役なら中谷美紀がせんでもええんとちゃう?
1/3あたりで、も〜お腹いっぱいになってしまいました〜。

髪はボサボサ、服装は地味、漫画ヲタクの本田サユリ(中谷美紀)なんだけど、ちょっと努力すりゃ、すーぐキレイになってたし・・・。
そりゃ、基がキレイなんだからそんなにチカラ入れずとも美しくなれるわけで・・・。

そこはいいとして、『嫌われ松子の一生』であんなに女優魂ゼンカイだった中谷美紀が次に選んだのがこれとはねぇ。

でね、そのサユリがずーっと恋焦がれてきた相手が先輩の奥田聡史(大沢たかお)なわけなんですけど、彼の仕事が照明デザイナーという華やかなんだかどうだか分からないような職業です。

だったらね!
ほら!もっとラストの見せ場でライティングもっと工夫せにゃ!!!


二人が見つめあうバックにあった光りのオブジェが、ぜんぜんキレイでも幻想的でもないのよねぇ。
あそこは大事なシーンでしょ?!
カメラアングルも平凡だし。。。
ベタだけど、いっそキスする二人の周りをグルグル回っときゃ良かったのにぃ!

ちなみに、大沢たかお自体は、嫌いでもないし好きでもない俳優です。

『虹の女神』に出てた上野樹里ちゃんと小日向文世さんも出てたよ。
思い切ってサユリの役は、樹里ちゃんくらいの歳の女優がしたほうが良かったんじゃない?
で、また、小日向さんがサユリのお父さんで、その彼女がYOU扮する海原和子というつかみ所の無い女性。
ほいでもって、サユリの弟・耕治が、中国と日本のクォーター、阿部力君なんだね。
とにかくこの家族が現実味の無い家族です。

全てがマンガチックな登場人物なんですが、その中でも今回、一番目を引いたのはサユリの幼なじみ芳夫を演じた佐藤隆太です。

できればラストで、彼と結ばれて欲しかったくらいです!

原作は吉田修一
長崎出身の彼が、長崎をポルトガルのリスボンに見立てて書いた作品。
リスボンのコメルシオ広場でロケも敢行しています。
もちろん長崎のオランダ坂や、眼鏡橋、グラバー邸なども舞台となっていました。

そして、所々に入るイラストレーションは「キャンディーキャンデイー」のいがらしゆみこさんです!

コメディーとしてもそれほど笑えず中途半端だったかなぁ。

主人公のサユリの年齢設定が幾つか分からないけれど、それほど若くなさそうなので、そろそろ白馬に乗った王子様を期待せず現実を直視したほうが懸命かと・・・。
普通は有り得ない結末。

ただし、妄想するのは良いわ〜♪
私も妄想は大好き!!!


コロッケパンが美味しそうだったのと、エンディングのが歌う「ファーストクリスマス」の曲は良かった〜♪

あっ!そうそう!
このタイトル長いでしょ。
チケット買うときは「7月24日通り」だけでOKよ!

| 映画 《ハ行》 | 15:27 | comments(10) | trackbacks(48) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:27 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは。
どうも最後まで漫画的なお話で・・・
映画でなくても、2時間ドラマでもいいんじゃないか?とか、何で中谷美紀なのか?とか思ってしまいました。
実は、その次に「デスノート後編」を見たので、印象が極めて薄くなってしまい・・・(苦笑)

| カオリ | 2006/11/04 1:59 PM |
こんばんは☆
『涙そうそう』以来ご無沙汰しております〜。

女優なんて所詮もとが綺麗なわけですから
冴えない役やったってどこかキラキラしてるわけでして(笑)

恋すると綺麗になるといいますが、ラストのツリー前のシーン
中谷美紀のアップ、なんか不細工じゃありませんでした?
あれもライティングのせいなのでしょうか?笑

まぁ、長年の憧れが聡史を選ばせたのでしょうが
佐藤隆太が可哀想・・・
かわいそ過ぎて場内明るくなっても思い出して泣いてました。

>白馬に乗った王子様を期待せず現実を直視したほうが
ワタクシも肝に銘じます(´∀`;A
| お嬢 | 2006/11/04 10:33 PM |
>カオリさんへ
こんにちは〜カオリさん♪

>映画でなくても、2時間ドラマでもいいんじゃないか?
ほんと、ほんと!!!
映画にするまでもないような作品でしたよねぇ。
あ〜っ、『デスノート 後編』は私も観たいんです!
前編も観て、なかなか面白かったので!
先日、日テレで前編の放映してましたよね。
劇場で観た私としては、「そりゃないよ〜」って感じでしたけど。。。
| なぎさ | 2006/11/05 2:31 PM |
>お嬢さんへ
こんにちは〜(*^▽^)ノ゛

>中谷美紀のアップ、なんか不細工じゃありませんでした?
実は私もこれは感じました!
メリハリ付ける意味でも、変身後のサユリをもっと美しくするべきじゃないかと思うんですけど、あまりキレイには感じませんでしたよね〜。
この中谷美紀って不細工でした!(´qp`*)
『嫌われ松子』の時の彼女、キレイだったのに・・・。

サユリはずーっと聡史を見てきたんでしょうけど、サユリのことを本当に分かってくれているのは、佐藤隆太演じる芳夫だったと思うんですけどねぇ〜。
やっぱり良い男のほうへ行っちゃったってわけですね!

いえ〜、女性ならやっぱり幾つになっても王子様をどこかで期待しちゃいますよね☆
恥ずかしながらアタシもそうでしたヾ(^▽)ゞ
結婚前まではそれでも何とか王子様に見えた旦那・・・。
今じゃ〜ドラえもんにしか見えましぇ〜ん(ノ〜^;)

| なぎさ | 2006/11/05 2:41 PM |
こんばんは♪
『電車男』の制作チームのロマンティックコメディと言いながら笑うよりも心温かくなる感じでした。監督の影響もあると思いますが、TVドラマ止まりになってしまってる点は同感です。コメディとして笑いを提供しているのは劇団ひとりとYOUが目立ちました。でも劇団ひとりがストーリーに関係なさ過ぎているのが笑えます。YOUの「たまにはお茶漬けも食べたくなるのよ〜」って小日向さんがかわいそすぎるよ。主役の二人よりも、多くの脇役陣たちが大活躍している気がしました。その点は『電車男』と似ている気がしますね。
| nameinuuuu | 2006/11/10 10:05 PM |
>nameinuuuuさんへ
いつもコメントありがとうございます!
私はこの作品、ダメでした〜。。。
この二人の恋愛に全然入っていけなかったです。
2時間ドラマでよかった気がします。
劇団ひとりは頑張ってましたね!
彼、『嫌われ松子』でも存在感ありましたし。
YOUのポワ〜ンとした役どころもユーモアありましたね!
>主役の二人よりも、多くの脇役陣たちが大活躍している気がしました。
これ、同感です!
| なぎさ | 2006/11/11 4:43 PM |
こんばんはケントです。TBお邪魔します。
中谷美紀は、どんな役でもこなせるオールマイティー女優になりつつありますね。
お父さん役の人とYOUの漫才風演技も楽しかった。リスボンに行きたいなと言う気持ちにさせられた一本でした。
パラパラマンガは、ちょっぴりノスタルジックで切なかったです。
| ケント | 2006/11/19 10:04 AM |
>ケントさんへ
こんばんは!
中谷美紀、頑張ってますよね!
『嫌われ松子』以後、何か開眼したように「女優」になりましたよね。

小日向さん(お父さん)って、存在自体がホワ〜ンとしてて良いですよねぇ。
YOUのマイペースな役も可笑しかった!
あのパラパラまんがも、いがらし先生が描かれたんでしょうね!
| なぎさ | 2006/11/19 6:21 PM |
コメントありがとうございました。

>それほど若くなさそうなので、そろそろ白馬に乗った王子様を期待せず現実を直視したほうが懸命かと・・・。

まさに!その通りです。ボサボサの髪もドジぶりも痛々しかったです。
「電車男」でも、マドンナにするには年齢が・・・と思いましたが、これもそうですね。
| km_achin | 2007/12/25 11:09 PM |
>km achinさんへ
こちらこそ、ありがとうございます♪

なんかねぇ、ほんと痛々しい彼女の役柄でしたねぇ。
この前作『嫌われ松子』が良かっただけに、今作はちょっと残念だなと思いました。
| なぎさ | 2007/12/26 8:27 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/448
TRACKBACK
満 足 度:★★★★★★  (★×10=満点)  監  督:村上正典 キャスト:大沢たかお 、       中谷美紀 、       佐藤隆太 、       上野樹里 、       阿部力 、       劇団ひとり 、他 ■ストーリー■  サ
| ★試写会中毒★ | 2006/11/03 5:29 PM |
大沢たかお&中谷美紀の豪華共演でお届けするロマンチックコメディ『7月24日通りのクリスマス』11月3日公開。原作は吉田修一の『7月24日通り』(未読)。長崎をリスボンに見立てるプチ腐女子なサユリは、妄想で王子様ランキングなんてつけちゃって現実と向き合えない。
| APRIL FOOLS | 2006/11/04 12:49 AM |
 王子様ランキングの第4位に甘んじてしまったホセ・ロドリゲス。1位はやっぱりアンソニーなのか、それともテリーか・・・
| ネタバレ映画館 | 2006/11/04 10:31 AM |
それなりに面白いですが、一味足りないです。 ダサダサ女のサユリ(中谷美紀)が、初恋の人聡史(大沢たかお)を、振り向かせることが果たして出来るのか。ボサボサ頭に眼鏡、「
| skywave blog | 2006/11/04 10:02 PM |
「7月24日通りのクリスマス」 邦画ではめずらしく、ロマンティック・コメディに挑戦したんですよね。 クリスマスという時期、謎のポルトガル親子を登場させたり、 イケメンの頭には王冠を書き足したり、 映像は頑張っていて、それなりの雰囲気は楽しめた。 弟・
| わたしの見た(モノ) | 2006/11/04 10:04 PM |
クリスマスには、告白しよう。告白する?◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆妄想ならワタクシだって負けてません是非、お友達になりましょう♡  冴えない女の子であるはずのサユリなんだけど演じる中谷美紀が可愛いので、どういじって
| カフェ☆小悪魔 | 2006/11/04 10:23 PM |
(10月24日@TOKYO FMホール) 今日は「デスノート」プレミアと重なっていた上、六本木ではゲスト付きの同作品有料試写会が行われていたため、TFMホールは出足遅め。(雨だったのもありますが)まだ完成披露後間もない試写会なのに2/3くらいの入りだったでしょうか。
| WAKOの日常 | 2006/11/05 8:24 AM |
{/kaeru_en4/}あー、ポルトガル料理でも食べたい気分だな。 {/hiyo_en2/}ポルトガルのリスボンが出てきた「7月24日通りのクリスマス」を観たからでしょ。 {/kaeru_en4/}図星だ。 {/hiyo_en2/}渋谷ならこのお店ね。マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ。ポルトガルの
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2006/11/05 8:50 AM |
日劇2で一昨日公開になった「7月24日通りのクリスマス」を観てきました。 妄想の恋に憧れているが恋愛には億劫。 本物の恋を探して奮闘する姿を描いた純愛ラブコメディー映画。 シンデレラのように変貌する主人公・小百合は、 「嫌われ松子の一生」や「電車男」など話
| ナナシ的エンタメすたいるNet | 2006/11/05 1:00 PM |
恋や現実から逃避し、自分の住む長崎の街をポルトガルのリスボンだと妄想しながら暮らす女の子。そんな彼女が、誰もが恋したくなる季節に、ちょっぴり恋する勇気をもらい、憧れの先輩との息がとまる様な恋を夢見て奮闘します。
| 映画・DVD blog | 2006/11/05 2:19 PM |
キッツイ、この映画キッツイです。悲しい結末であることは誰もが知っているでしょう。でも、その結末に至るまでにあの日3001年の9.11に何が起きていたのか?ハイジャックされた飛行機の中で唯一機、目標地点を外して墜落したユナイテッド93便の機内でどんな事が起きてい
| カノンな日々 | 2006/11/05 6:17 PM |
初日のお昼の回だというのに何故かガラガラ。チネチッタでも大きいキャパの500席弱ある箱が割り当てられているのにたぶん30人も入ってなかったんじゃないかな?あとで劇場スタッフの方とお喋りしてるときに聞いたら今日は「木更津キャッツアイ」と「デスノート」がスゴ
| カノンな日々 | 2006/11/05 6:18 PM |
昨日は、どの映画にしようか迷いましたが、「デスノート」は前編でかなりがっかりさせられたので、パス。 「手紙」も暗そうな感じだったので、笑える映画かなと思い、「7月24日通りのクリスマス 」を選択。 スクリーンは、大きめのスクリーンだったけど、お客
| いいかげん社長の日記 | 2006/11/05 7:03 PM |
文化の日、イオン下田TOHOシネタウンでの文化人気取り映画ハシゴ観、1本目は「手紙」を観てメチャメチャ泣いてしまった訳ですけれども。こうい
| 欧風 | 2006/11/05 7:46 PM |
≪ストーリー≫ 生まれ育った長崎で単調な毎日を送るOL・小百合は、妄想の中でポルトガルのリスボンに暮らし、出会う男性に“自分だけの王子様ランキング”をつけて退屈な日常をやり過ごしている。そんな彼女にとって、唯一の自慢は、超美男子の弟・耕治だけ。にもかか
| ナマケモノの穴 | 2006/11/05 8:30 PM |
「今週の王子様ランキング」 いがらしゆみこの「アモーレアモーレ」(本物)の王子様、ホセ その舞台となるポルトガルのリスボン、「7月24日通り」 お姫様の履く様なきれいな白い靴 クリスマスまで1か月 そして、王子様ランキングに輝き続ける大学時代からの思い人
| no movie no life | 2006/11/06 10:22 AM |
7月24日通りのクリスマス@シネマイクスピアリ 「937週連続週間王子様ランキング1位」 「やっぱり笑った方がかわいいよ」少女漫画では太古の昔?からある台詞。でも大沢王子から言われたら〜!そりゃーバックに一気に花が咲いちゃいます。中谷さん、巻き髪に
| 駒吉の日記 | 2006/11/06 3:35 PM |
 『7月24日通りのクリスマス』』※舞台挨拶付試写会 監督:村上正典(「電車男」) 出演:中谷美紀 大沢たかお 佐藤隆太 劇団ひとり 「7月24日通りのクリスマス」ビジュアルブック 公式サイト ◇阿部力(つよし)さ
| Cold in Summer | 2006/11/06 3:41 PM |
妄想のリスボン(実は長崎)を舞台に、ダメな私の恋が始まる! クリスマスには、告白しよう。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/06 11:42 PM |
07年1月から全米放送開始となるTVドラマ「24」第6シーズンの予告編がインターネットに登場した。 「24」ファンにとってはたまらない、新たなシーズンへの期待をあおる内容となっている。 ただし、この予告編は第5シーズンの結末にふれているので、まだ見終えてい
| 瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ? | 2006/11/07 3:29 PM |
主演の二人に入り込めなくて,眠たいラブストーリー。
| Akira's VOICE | 2006/11/07 4:06 PM |
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2006年11月3日 配給:東宝 監督:村上正典 出演:大沢たかお,中谷美紀,佐藤隆太 鑑賞日:2006年10月30日(試写会) ニッショーホール(座席数742) 【ストーリー】 生まれ育った長崎で単調な毎日を送るOL・サユリは
| CINEMA DEPOT's BLOG | 2006/11/07 10:11 PM |
じみ〜なファッションにバッサバッサの髪、そして、ずり落ちる黒ぶちのメガネ。生まれ育った長崎で、単調な毎日を送る市役所勤めの目立たない女の子、サユリ(中谷美紀)は、妄想の中でポルトガルのリスボンに暮らし、出会う男性に“自分だけの王子様ランキング”を
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2006/11/08 8:14 PM |
『7月24日通りのクリスマス』鑑賞レビュー! クリスマスには、告白しよう。 その日わたしは リスボンの7月24日通り(実は長崎西通り)で 彼に出会った....。 けなげで一途で ちょっぴりドンくさい 上質なロマンティック・コメディ 『
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/11/09 12:46 AM |
    『7月24日通りのクリスマス』   ダメな私の、はじめてのクリスマスがはじまる。   『DEATH NOTE the Last name』を観た後なので結構疲れてました。 大丈夫か?、ちょっとでもツマらなきゃ寝ちゃうぞ!なんぞと観る気40%くらいのテンションで望んだで
| 唐揚げ大好き! | 2006/11/09 5:19 AM |
11月7日(火) 今回は早速映画を見た所から入る。 長くなるかもしれないので。 午後6時40分、渋谷シネタワーに到着。 4階の劇場に入ると…… 意外にもガラガラ。 20人もいるかいないか。 して、作品は………… ストーリー、俳優、撮影その他効果等、 個
| CHEAP THRILL | 2006/11/09 9:52 AM |
今日は某テレビ局のサイトで当選した 『7月24日通りのクリスマス』の試写会に行ってきた。 《私のお気
| しましまシネマライフ! | 2006/11/12 11:31 AM |
これはまるで少女漫画の世界だよね、『電車男』製作チームによるクリスマス・ラブストーリーというキャッチコピーは、なんとも一抹の不安を抱かされた・・ サユリ(中谷美紀)は長崎で市役所勤めの地味で冴えない女の子、自分の住む町をポルトガルのリスボンとダ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/11/13 1:47 AM |
クリスマスまで、あと一ヶ月と少し。 クリスマス商戦もヒートアップするなか、今年こそは彼氏とクリスマスを迎えたい!! そんなどこにでもいる女性のごく当たり前の願いを、妄想一杯・暴走も少々一緒に描いたハートフルな作品『7月24日通りのクリスマス』 クリスマス
| Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ | 2006/11/16 10:21 PM |
要領が悪く、地味で目立たない女性の恋愛物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/11/18 9:57 AM |
クリスマスには、告白しよう。     ■監督 村上正典 ■脚本 金子ありさ■原作 吉田修一(「7月24日通り」新潮社刊)■キャスト 中谷美紀、大沢たかお、佐藤隆太、上野樹里、劇団ひとり、YOU、小日向文世、佐藤隆太、川原亜矢子、沢村一樹□オフィシ
| 京の昼寝〜♪ | 2006/11/18 12:11 PM |
★★★☆  とにかく音楽が良い。それもロマンチックで、夢のある曲ばかりだ。 そして風景が良く似合う。港があり、銅像があり、そして坂が多い。とかく長崎は、ポルトガルのリスボンに似ているのだ。  その長崎に住む主人公サユリは、ブスでドジな少女マンガオタクで
| ケントのたそがれ劇場 | 2006/11/19 10:02 AM |
今秋樹里ちゃん第4弾!今回は完全な脇役。 クリスマス向けの大本命の和製ロマンティック・コメディ。やっとハッピーエンドだ。
| 八ちゃんの日常空間 | 2006/11/22 5:07 AM |
期待値:65%  大沢たかお 中谷美紀主演映画。 ザ・クリスマスムービー。 恋してます! 予告編:ホ
| 週末映画! | 2006/11/23 12:20 AM |
クリスマスには、告白しよう。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:村上正典 出演者:大沢たかお/中谷美紀/佐藤隆太/上野樹里/阿部力 時 間:108分 [感想] 久しぶりに人が死なない日本映画を観た気がするわ。 正直、微妙な感じだったのよね。 映画じゃなく
| ひるめし。 | 2006/11/23 4:39 PM |
 評判の悪い作品だったのでみるのをためらわれましたが、スケジュールが合ったので遅まきながらでかけました。  まあ、それほど悪い作品ではありま
| シネクリシェ | 2006/11/25 8:12 AM |
 クリスマスには、告白しようガンバ〜レサユ〜リ先週の木曜日、支援の仕事でE・Mさんとこの映画を鑑賞しました。場所は三条河原町の東宝公楽で・・・。祝日でしたが、お客さんも少なくて、ゆったり鑑賞いくつか映画を紹介したら、これがいいとのことでした。彼女もこん
| ?? | 2006/11/26 10:35 PM |
俳優の大沢たかお(38)とシンガー・ソングライターの広瀬香美(40)が協議離婚したことが27日、サンケイスポーツの取材で分かった。 2人は平成11年3月に結婚。二枚目人気俳優と“冬の女王”の異名を誇ったヒットメーカーの電撃婚は世間をアッと驚かせたが
| 流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場 | 2006/11/28 1:48 PM |
俳優の大沢たかお(38)とシンガー・ソングライターの広瀬香美(40)が協議離婚したことが27日、サンケイスポーツの取材で分かった。 2人は平成11年3月に結婚。二枚目人気俳優と“冬の女王”の異名を誇ったヒットメーカーの電撃婚は世間をアッと驚かせたが
| 瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ? | 2006/12/01 11:07 AM |
出演 大沢たかお、中谷美紀、佐藤隆太、     上野樹里、劇団ひとり ほか 長崎
| いろいろと | 2006/12/01 10:18 PM |
女優中谷美紀が映画「自虐の詩(あいのうた)」(堤幸彦監督)に主演する。原作は漫画家業田良家によるベストセラー4コマ漫
| 好むと好まざるとにかかわらず | 2006/12/03 8:28 AM |
サユリ(中谷美紀)はポルトガルのリスボンに暮らしている…というのは妄想で,本当は生まれも育ちも長崎. 市役所に勤めながら,出合った男性に「王子様ランキング」をつけていた. 現実の恋愛には興味も無く,妄想を膨らませていた. クリスマスを1ヵ月後に控えた
| オレメデア | 2006/12/13 10:09 AM |
名前:大沢たかお ひらがな:おおさわたかお カタカナ:オオサワタカオ 生年月日:...
| イケメンズ館 | 2006/12/20 1:58 PM |
宣伝である程度の内容は想像していましたが、あまりにもその通りでちょっと残念。少し「嫌われ松子」とかぶるものの、あそこまでぶっ飛んでないので中途半端。“憧れの王子様”を取るか“気付けばいつも傍にいた人”を取るか…少女漫画などにありがちな内容なので、ベタ
| Tokyo Sea Side | 2006/12/26 12:50 AM |
デザイナー (漫画)}『デザイナー』は、一条ゆかり原作の少女漫画作品、及びそのドラマ化作品である。集英社『りぼん』(集英社)1974年2月-12月号に掲載された。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article-
| あのドラマに夢中! | 2007/07/30 12:29 PM |
あらすじ長崎の市役所に勤めるサユリ(中谷美紀)は出会う男性に“自分だけの王子様ランキング”を付けて妄想する退屈な日常を送っていた。そんなある日、ランキングトップ独走中のあこがれの先輩である聡史(大沢たかお)に再会し・・・。感想今度は、電車女!?村上正
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2007/11/21 11:48 PM |
<ストーリー> 市役所勤めのサユリ(中谷美紀)は、地味で平凡な自分へのコンプレックスからか、生まれ育った長崎をポルトガルのリスボンであるかのような妄想にふけることも日常茶飯事で、愛読する少女漫画に登場する王子様を理想に掲げ、現実の恋愛になんぞ興味なし
| まぁず、なにやってんだか | 2007/12/25 11:03 PM |
7月24日通りのクリスマス’06:日本 ◆監督:村上正典「電車男」「1リットルの涙」(TV)◆出演:大沢たかお/ 中谷美紀/ 佐藤隆太/ 上野樹里/ 阿部力/ 劇団ひとり/ 川原亜矢子/ 沢村一樹/ YOU/ 小日向文世 ◆STORY◆市
| C'est Joli | 2008/11/04 1:38 PM |