<< サッド・ムービー | Main | シリアナ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.11.13 Monday author : なぎさ

指定型バトン

『映画を観よう』のDさん

から頂いたバトンです!
記事UPするのがとても遅くなってしまいました。
Dさん ごめんね<(_ _)>


お題をバトンを回してくださった方が「指定」するというこのバトン。
Dさんは私の大好きな韓国俳優「チェ・ミンシク」さんをお題に選んでくださいました!
では、張り切ってまいりましょ♪


【ルール】

●回してくれた人からもらった「指定」を「」の中に入れて答えること

●また回す時その人に指定する事



☆最近思う「チェ・ミンシク」

そもそも私が韓国映画を本気で観るようになったのは、昨年の今ごろからです。
そうです!まだ韓国映画の初心者なわけです。
そんな私が貪るように韓国映画を観ていく中で、気になる俳優が登場しました!

その人こそが「チェ・ミンシク」オッパであります!

まだ彼の全ての作品を観たわけではありませんが
この人の持つ存在感、男気、ユーモア、役になりきるその俳優根性に引き込まれていきました。
恐らく彼は、今後歳を重ねるごとに、その円熟味を増し、ますます素晴らしい俳優になることは間違いないでしょう。

近頃は、ヨレッとした中年男性の役どころが多いようにお見受けしますが、これがまた良い味出すんですよねぇ〜。
パッと見は、イケメンでもなければ、背も差ほど高くもなく、その辺のアジョッシ(おじさん)に見えてしまいますが、出演作品をよ〜くご覧になってみてください。
まるで「スルメ」のように、噛めば噛むほどに、観れば観るほどに「味のある」俳優さんです!!!

早く彼の60代、70代の演技を観てみたいものです。

ちなみに彼は、まだ40代半ばなんですよねぇ〜。
「映画通」のviva jijiさんの情報によると、彼の奥さまとってもお美しいそうです。


☆この「チェ・ミンシク」には感動!

ミンシクssiに初めて出会ったのが『オールド・ボーイ』という作品でした。
これは強烈なインパクトを私に残してくれた作品となりました!

この時のミンシクssiは役柄に合わせてかなりダイエットしたとかで、頬がゲッソリしています。
しかもヘアースタイルもいつもの感じではありませんでした。

突然、何者かによって監禁され、長い年月をマンションの一部屋で生活させられた男が、開放されると同時に主犯の男に復讐を果たそうとする。
精神的にも肉体的にも極限状態の主人公をまさに熱演していました。

これで感動した私は、その後次々と彼の作品を漁ったわけですが、も〜、どれを観ても感動してしまいます。

『ハッピーエンド』という作品では、リストラの憂き目に遭い、妻には不倫されるという情けない中年のアジョッシを実に巧く熱演しました。

ラストで、カメラに背中を向けて座る彼の、なんとも哀愁漂うわびしい背中は、私の中の「エンディングNo.1」に輝いております。

このタイトルに反してハッピーなラストではないストーリーなのですが、これを「ハッピーの終わり」と受け留めるか、そのまま「ハッピーなエンディング」と観るかは、鑑賞した方が考えるという狙いがあったようです。

他にも今まで鑑賞した彼の作品は全てが感動させてくれるものが多いです。


☆直感的「チェ・ミンシク」

ひやぁ〜、これは難しい問題ですね。
どうお答えすればいいのやら・・・。

まず、彼は本国においてソン・ガンホ、ハン・ソッキュ、ソル・ギョングという韓国の名優たちと肩を並べる俳優さんだと思います。
チェ・ミンシクssiを含め、この俳優さんたちはいわゆる「韓流」と呼ばれるタイプの俳優ではなく、「イケメン」でもない。
しかし「役に入り込む」ということに関しては、4人とも凄まじいものを持っていらっしゃいます。

それは脚本選びの段階から始まっていると想像します。
一度、撮影に入ればかなりストイックに自分を追い詰めるタイプの俳優たちです。
その中でも、ミンシクssiは一番ではないかと思うほど「成り切り」タイプ。

それは自分をよく分かっているからでしょう。
どのように見せれば、自分がベストの状態でスクリーンに映るのかを「直感的」にご存知だろうと。
生まれながらにして「俳優の目」と「センス」を持ち合わせたような人。
それがチェ・ミンシクです!!!


☆こんな「チェ・ミンシク」はいやだ!

冴えない中年男役が多いのですが、冴えないままで終るという事は無く、どっかで輝いてくれるのも彼の良さです。

その「変わり様」が観たい私などは、初めから「カッコイイ」という彼はいやなのです!
「カッコ悪い」男を、いかに「カッコ良く」演じるか。これを極めて欲しい。


☆次に回す5人(指定付)

申し訳ないです。
これは5名様も回せない私です。
もしどなたかよろしければ『邦画』というお題でトライしてみてくださいませんか?

-------- コピペ用 -------------

☆最近思う「 」

☆この「 」には感動!

☆直感的「 」

☆こんな「 」はいやだ!

☆次に回す5人(指定付)


| - | 09:18 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 09:18 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささん

お忙しい中、ありがとうございました!!

チェ・ミンシクssiのことがまた少しわかりました♪
ほんと、この方ハンサムじゃないし背も高くないし、そこらへんにいるオジサン!という感じなのに良いですよねぇ〜〜〜〜〜

いよいよ『オールド・ボーイ』を見ようとレンタルしてきた私です!
| D | 2006/11/13 10:48 PM |
>Dさんへ
ありがとうございます!

なんだか、朝の出勤前に慌ただしくコメントを残してしまったので申し訳ないです。

おぉっ!いよいよ『オールド・ボーイ』いっちゃいますか?!
心地良い作風ではないので、鑑賞後はズッシリ心にくるかもしれませんのでお気をつけて♪

冴えないサラリーマンからチンピラまで、この方の演技の幅は素晴らしいです!
今後の御活躍にもさらに期待しています☆
| なぎさ | 2006/11/14 9:10 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
オンボロ教会の牧師のヘンリー(コートニー・B・ヴァンス)は、貧しい信徒たちを助けるために心身をすり減らす日々。クリスマスを前にやるべきことは山積みで、教会も存続の危機にある。妻のジュリア(ホイットニー・ヒューストン)は、夫を理解しつつもすれ違いの生
| 1-kakaku.com | 2006/11/13 2:42 PM |
王の男
| きーわーど・えくすぷれす | 2006/11/24 12:57 PM |