<< レッド・ドラゴン | Main | 恋する神父 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.10.16 Monday author : なぎさ

交渉人 真下正義



内容はともかくさぁ〜

こんなの知らなかった・・・脇線と、通称:線引屋!!!

『踊る〜』シリーズのスピンオフ作品。
スピンオフとは、ある物語の主人公以外の登場人物を主人公にした新しい作品のこと。

織田裕二亡き後撤退後、フジとROBOTと東宝と、そしてスカパーまで巻き込んで、まだまだ引っ張っているこのシリーズである。

クリスマス・イヴの夜に、何者かが地下鉄に爆弾をしかけた!
しかも犯人は「クモE4」という試験車両を、遠隔操作で自由自在に走らせ捜査をかく乱していく。
警視庁から送られた交渉人の真下は、犯人とのやり取りで事件を未然に防ごうとするが・・・。

まぁね、この犯人がしかけた爆弾の理論はこの際何も申すまい。
コンサートのシンバルに反応して爆破する・・・て、言われてもねぇ。

ほんで、あの試験車両をどこでどうやれば、あんな遠隔操作ができるねん・・・とかね。

わからんことだらけ!!!

も、これらは置いとくとして
過密ダイヤというのが話しに出てきましたねぇ。
昨年、起こったJRの列車脱線衝突事故を思い出しました。
あの事故現場は私の住む所からも近くて、犠牲になれらた方の中には地域の方も含まれていました。
あの事故の原因として一説には、過密ダイヤとも言われていましたね。
事故から1年以上たった今日も、あの事故での犠牲者だった彼の後を追って自殺されたという女性の訃報がニュースで流れていました。

冒頭に上げた線引屋というのは、ダイヤ編成担当者のことで、緊急時などに臨時ダイヤを立てる専門の方がいるのです。
驚いたのは、そのやり方です。
本編では金田龍之介さんが演じていましたが、パソコンなどのハイテク機器を使うでもなく、定規を引いてまさに線引き!!!
アナログ的な手法で仕事をこなしていく人でした。
このダイヤがわずかでも重なってしまえば、電車は衝突し大事故につながります。

もう一つ、脇線です。
軍事的な理由や、政治家の緊急避難用に設けられた、営業以外の正規のルートではない路線があるというのです。
ほんとにあるんでしょうか?!

本作には地下鉄と駅構内がよく出てきます。
ところが東京では、こうした撮影許可が下りず、撮影はおもに札幌市、さいたま市、横浜市、大阪市、神戸市、そして福岡市の地下鉄でされたそうです。
その中でも、横浜市と神戸市の市営地下鉄は全面協力態勢だったとか。

後半、5000人のコンサートホールが標的になっているという展開になっていくわけですが、あれ全部エキストラだよね?!
それと指揮者が西村雅彦だったけど、指揮がヘタ!
先日観たチェ・ミンシクさんのほうがよっぽどソレらしかった。

ユースケはやっぱり『UDON』の香助みたいな能天気な役のほうが合ってるなぁ。
寺島進さん、いつ見てもファンキーだし。
柳葉さん、いつ見ても奥歯喰いしばりすぎだし。
國村隼さん、いつ見ても顔が固まってるし。
孝太郎クン、いつ見てもボンボンで可愛いねぇ〜。

こんな一大事な時に、時々シラ〜ッとした「笑ってよ」的なセリフが入ってたけど、あれいらねぇ〜。

それから、何かと言えば「勘です!」て・・・。
これほど大規模な捜査陣引いといて、最後は「勘」かよ〜。
この映画作ったのも「勘」だったってわけかぁ。



| 映画 《カ行》  | 14:44 | comments(4) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:44 | - | - | pookmark |
COMMENT
TB&コメントありがとうございました♪

なぎささん
ナ〜イス ツッコミ♪

あまりにも突っ込みどころ満載すぎて、突っ込めなかった私ですが・・・
いや〜、途中まではなかなか見せてくれていましたので、最後には「うっ!」となりました(苦笑)

でも・・・やっぱり見ちゃいそうです、スピンオフシリ〜ズ!
| D | 2006/10/16 7:27 PM |
こんばんは〜^^
んふ、うちは旦那がコレ気に入ってだいぶん前に観ました。
深く考えずに観れて、まぁおもしろかったかな〜
よくよく考えるとおかしいけどね(笑)
ユースケじゃないとあかんわけでもないしねぇ、ファンの方ごめんなさい。ほんなら誰がえーか?!わからんですが、笑。
昨夜、お店でお別れ会してくださったんです、ありがたいことですね*^^*
| いくし | 2006/10/16 7:32 PM |
>Dさんへ
Dさん、私も・・・これに懲りずにスピンオフ作品観てしまいそう(´qp`*)
さっそく今度『室井慎次』の放映ありますよね!
やっぱり本広監督と亀井さんのプロデュースとなれば、興味が湧きますよねぇ。
なかなか商売うまいからぁ〜♪
| なぎさ | 2006/10/17 2:55 PM |
>いくしさんへ
ユースケ・サンタマリアという人は、演技が巧いのかヘタなのか・・・。
ヘタウマってとこですかね。
誰でも出来そうな演技だけど、実は彼じゃないとできないって感じで。
普段のオチャラケ能天気な彼とは全く違う面を出しているのは確かですよね。
『UDON』の彼は、ほぼいつもの等身大って雰囲気でした!

ところで、いよいよ「お別れ会」も終って、あのお仕事とはさよならしたんですねぇ。
1年間だけとは言え、いろんな経験もされて、いろんな事があったと思います。
ご無事で任期を終えられたこと本当に良かったですね!
しばらくは「穴」があいたような日が続くでしょうが、また英気養って次の「何か」へ向って前進されることをお祈りしています。

あっ!ここへも遊びにいらしてくださいね♪(*^▽^)ノ
| なぎさ | 2006/10/17 3:03 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/436
TRACKBACK
監督:本広克行 主演:ユースケ・サンタマリア 寺島進、小泉孝太郎、柳葉敏郎、水野美紀 石井正則、國村隼 八千草薫、西村雅彦、金田龍之介 公開:2005年 5月7日  日本 あの男”を主人公にした番外編 テレビ、映画ともに絶大な人気を博している 「踊る大
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/10/16 4:28 PM |
先日、友人と「交渉人 真下正義」の話になった。
| 取手物語〜取手より愛をこめて | 2006/10/16 4:57 PM |
交渉人 真下正義 スタンダード エディション ¥4,050 日本 ユースケ・サンタマリア、寺島進、小泉孝太郎、國村隼、柳葉敏郎、水野美紀、石井正則、金田龍之介、八千草薫、高杉亘、松重豊、西村雅彦、甲本雅裕、遠山俊也 監督:本広克行 『踊る大走査線
| 映画を観よう | 2006/10/16 7:31 PM |
「踊る大捜査線」スピンオフ作品。地下鉄を乗っ取られ地下鉄路線の全体が大混乱っ。そして犯人が、交渉の窓口として真下くんをご指名。その真下くん大活躍(なのか?)のお話。←はやっ(笑) 「踊る大捜査線THE MOVIE 2」の後のお話。今回は謎の黒い地下鉄がいきなり路
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/10/22 10:21 PM |
【内 容】クリスマスイブ、警視庁の真下(ユースケ・サンタマリア)は雪乃(水野美紀)とのデートを楽しみにしていたが、室井管理官(柳葉敏郎)から呼び出される。 何者かに地下鉄の実験車両を乗っ取られ犯人が交渉人として真下を指名してきたという。 早く解決しデ
| もんもん日記 | 2006/10/24 2:49 PM |
 改めましてこんばんは!ってなワケで「踊る」シリーズ3本立てのラストを飾るのはコチラです。2で警視庁初の交渉人となって湾岸署にやって来た真下警視が、主役の「踊る」シリーズのスピン・オフの記念すべき第1弾でもありますね。  で、2の直後から始まって、1年
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/04/28 9:33 PM |