<< ワールド・トレード・センター | Main | NOEL ノエル−星降る夜の奇跡− >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.10.12 Thursday author : なぎさ

春が来れば



観る度に素敵度がアップする人だわ〜

チョアヨ〜(人´I`*) チェ・ミンシクssiに萌え♪


いわゆる韓流スターじゃないけれど、

イケメンじゃないけれど、

それでも素敵!!!

韓国の名優であることは間違いなし!

衝撃的だった『オールド・ボーイ』の後に撮影された本作。
日本では2006年3月25日に公開された。

熱い男を演じる一方で、『ハッピーエンド』のようにヨレヨレの情けない男も演じ分ける事が出来るのがミンシク・オッパ。
本作では、夢半ばで挫折し、人生の歯車が空回りしているような中年男を、等身大で演じてます。

ヒョヌ(チェ・ミンシク)はトランペッターだが、目指す交響楽団へも入ることができず、恋人ヨニ(キム・ホジュン)も彼から遠ざかって行った。

ヒョヌは募集のあった、江原道(カンウォンドー)にある炭鉱の町、道渓(トゲ)の中学校へ、吹奏楽部臨時講師として赴任する。(江原道はソウルより東部の地域)

かつては名を馳せた部であったが、人口の減少などにより部員が少なくなり寂れていた。
今度の大会で入賞しなければ部は廃部となる。
しかし今の現状では、必ず入賞できるとも言い切れないヒョヌ。

それでも夢や希望を持って大会に臨むのだった。

本作でトランペットを吹くミンシクは、寝る時と食事以外はトランペットをずっと放さず練習に明け暮れたそうです。
この人なら実際に演奏しているだろうと思って観ていました。
楽器だけじゃなく、ブラスバンドの指揮も実に見事でした!
本当に彼はなんでもそつなくこなしてしまう俳優さんです。

炭鉱の町と言えば先日の『フラガール』が、町の再生をかけた人間ドラマを描いていましたね。
更に、炭鉱+ブラスバンドと言えば・・・そう『ブラス!』でしたね。
状況は全く違いますが、今作は差ほど劇的にも、感動的にも描かれてはいないのです。

実に淡々と、そしてこのヒョヌという先生は、熱血漢のある先生でもなく、かといって情熱が全く無いわけでもなく、生徒たちに愛情をさりげなく注いでいる。
先生と生徒のベタベタした師弟愛を描いているわけではないのに、子供たちがこの先生をどれほど好きかが伝わってくるのです。


とても自然体で奇をてらわない作り方は、監督のリュ・ジャンハ『八月のクリスマス』の助監督をしていたことでもわかります。
あの作品の監督ホ・ジノ氏とリュ監督とは、お互いにインスパイアされる仲なのです。
『八月〜』も大好きな私には、こちらの作品も当然ながら胸に響きました!

ここに出てくる生徒達のほとんどは、素人同然の子役たちだったそうです。
その中でも唯一、祖母と暮らす少年ジェイルを演じたイ・ジェウン君は、韓国を代表する名子役。
『殺人の追憶』『大統領の理髪師』を経て、最近作は『グエムル 漢江の怪物』に出演していました。
ミンシクは、彼らとの撮影が良かったと感想を述べています。
演じることよりは、むしろ純粋でいることが大事だと彼は言う。

余談ですが韓国映画を観ていると、アルミの鍋でインスタントラーメンを作って食べるシーンがよく出てきますよね。
あれがな〜んだかとっても美味しそうなんですよね!
だから韓国映画を観た後は、いつもはほとんど食べないインスタントラーメンが無性に食べたくなります。

原題は『花咲く春が来れば』となっているが、「花咲く」という限定された言葉が省略されている分、春のイメージが膨らむ気がします。

挫折した一人の音楽家が、古ぼけた町でそこに住む人々の暮らしに触れるうち、彼の心の中の氷がゆっくりと溶け出す。
落ちこぼれだと思っていた人生が、じつは近くで見守る多くの人に支えられていることに気づく。

春の訪れとともに彼は少しずつ前へ歩き出す。




| 映画 《ハ行》 | 12:59 | comments(8) | trackbacks(9) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 12:59 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは、なぎささん♪Kaichangです!
この映画は試写会で観ましたよ♪すごくあったかーい映画でしたよね。所々笑いありで。あの先生が作曲したトランペットの曲は単調なんですけど、とても心地よい曲で良い曲でしたよね。ジェイルが先生の元恋人の前で先生作曲の曲を浜辺で吹くシーンとか感動しました。過剰に泣かせるっていう映画でなくて心を和ませる映画でしたよね♪
| Kaichang | 2006/10/13 10:51 AM |
>kaichangさんへ
こんにちは〜♪
ほ〜んと?!試写会で鑑賞されたんですか!
私も上映期間中に観たかったのですが、何分、時間の無い主婦ですので、近くのシネコンへ行くのが精一杯で、遠い劇場までは足を伸ばせないのが口惜しいです(ノ〜\;)
kaichangさんは韓国映画もお好きですか?
とってもベタな展開だったり、大事な人がすぐ死んじゃったりすること多いですが、そんな「ベタさ」も含めて私は好きなんですよねぇ。

そうでしたね!
あの曲が素敵でした〜♪
お母さんに電話したヒョヌが「最初からやり直したい」って本音を語るところも良かったし!

>過剰に泣かせるっていう映画でなくて心を和ませる映画でしたよね♪
ほんと!ほんと!
泣かせ映画になっていないシンプルさが良かったです。
| なぎさ | 2006/10/13 3:05 PM |
こんばんは。
チェ・ミンシクは何やっても、魅せてくれますね〜
ソン・ガンホと並んで大好きな韓国俳優です(^^)
ダメ男の話は好きなんだけど、彼が演じるとまた味わいありますね〜
| カヌ | 2006/10/14 1:32 AM |
>カヌさんへ
こんにちは〜カヌさん♪
そうなんですよねぇ〜。
ミンシクさまは素晴らしいです!!!
そうですねぇ〜ガンホさんも、これまた名優です!!!
こんな俳優、日本にはなかなかいないって気がするんですよね。

カヌさんは、ミンシクssiの『ハッピーエンド』はご覧になられましたか?
あの作品の彼も、かなりのダメ男!
ラストに見せた哀愁たっぷりの彼の背中が私は大好きです〜☆
| なぎさ | 2006/10/14 4:57 PM |
『ハッピーエンド』題名は聞いたことありますが
未見です。ダメ男と聞いたら、観なくちゃ(^^;
| カヌ | 2006/10/15 2:02 AM |
>カヌさんへ
ぜひ、ご覧になってみてください!
あのミンシクもかなりのヨレヨレ男なんです。
妻の不倫、更にはリストラに遭った男性の苦悩が伝わってきます。

ミンシクさんって、40代半ばですよねぇ〜。
今後、もっと歳を重ねた彼の「いぶし銀」の演技が楽しみですよね!
| なぎさ | 2006/10/15 10:45 AM |
よかったです!!
もう、本当にこの方大好きですわ♪

ジェイル君はやはり『大統領の〜』の子だったのですね?
いいですねえ〜

チェ・ミンシクssiは『パイラン』で気になった役者さんですが、いいです!!うんうん
| | 2006/10/29 9:20 AM |
>Dさんへ
観られたのですねDさん!
良かったでしょ〜♪
ミンシクさんって、ダメ男をさせたらピカイチ!!!
若くないぶん哀愁のある演技ができる俳優さんですよね。
Dさんは『オールドボーイ』はご覧になりましたか?
あのミンシクオッパは、また違った一面を観られますよ。
そうそう『パイラン』も素敵でした。
けっしてイケメンでもないし、背もそれほど高くないけど、カッコ良いんですよねぇ〜(人´I`)
これからもミンシクssiの作品は観ていきたいですね!
| なぎさ | 2006/10/29 11:54 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/433
TRACKBACK
原題:花咲く春が来れば(??? ?? ??) イ・ヒョヌ(チェ・ミンシク)はオバサン相手のカルチャー教室でクラシック音楽を指導している。交響楽団のトランペッターになる夢も破れ、かつての恋人ヨニからは「結婚するかもしれない」と告げられる。 ヒョヌ...
| 韓国映画好き | 2006/10/12 2:53 PM |
人生に落ちこぼれた音楽家と、廃部寸前の中学校吹奏楽部の生徒たち。 夢が叶えられなくたっていいじゃないか! 心にも春は必ずやってくるんだから。
| KAOMEAブログ版 | 2006/10/12 9:41 PM |
「春が来れば」 「連理の枝」 「ピアノを弾く大統領」 「大統領の理髪師」
| Akira's VOICE | 2006/10/13 6:27 PM |
韓流ブームの亜流ぐらいには乗っていたのですが、最近、韓国映画観るのはめっきり減ったんですよね。でもチェ・ミンシク、ソン・ガンホ、チョン・ジヒョンの作品は観たい、最近はそこにぺ・デゥナも入るな。これはチェ・ミンシクが出てないと見逃していただろうという作
| the borderland  | 2006/10/14 1:26 AM |
『春が来れば』DVD 監督・脚本:リュ・ジャンハ 出演:チェ・ミンシク 、キム・ホジョン 、チャン・シニョン 、    キム・ガンウ 、ユン・ヨジョン 、イ・ジェウン 、チャン・ヒョンソン 2004年/韓国/126分 おはなし Yahoo!映画交響楽団のトラン
| Rabiovsky計画 | 2006/10/15 10:53 PM |
春が来れば デラックス コレクターズ エディション ¥3,582 韓国 チェ・ミンシク 監督: 脚本: 音楽: 【ストーリー】 イ・ヒョヌ(チェ・ミンシク)はトランペッターだが、今は市民講座の音楽講師をしている。一緒に暮らしていた恋人ヨニ(
| 映画を観よう | 2006/10/31 8:50 AM |
週刊誌で韓流スターを見ました!
| 韓流スターって・・・? | 2006/11/07 3:03 PM |
『春が来れば』(韓題...꽃피는 봄이 오면...花咲く春が来れば) チェミンシク/キムホジョン/イジェウン/ユンヨジュン他出演! junsanga的評価 ★★★★☆(4つ...) 【1】しんみりと観客の心に訴えてくる...うーん良
| 韓ドラのたまり場 | 2007/01/11 2:44 PM |
『ホジュン』の出演者&スタッフが勢ぞろいし、2日間にわたって放送された特別番組「ホジュン〜その輝かしい栄光」をすべて収録!
| ホジュン 宮廷医官への道 特別版 予約受付中  【amazon】 | 2007/03/02 6:37 PM |