<< ラン・ローラ・ラン | Main | 春が来れば >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.10.10 Tuesday author : なぎさ

ワールド・トレード・センター



2001年9月11日

あの日、世界は人間の悪と善を同時に見た



静かな始まりでした。
いつものように、いつもの1日が始まろうとしていました。
それはジョンとウィルにも、いつもの1日にすぎませんでした。

ストーリーに著しく触れていますことを御了承ください。

本編開始から間もなく、主人公であるジョンとウィルは倒壊したビルの下敷きに・・・。
救助へ向う途中でした。

その後は、二人とも瓦礫の下に埋もれたまま、かろうじて顔が出ているだけ。

生き地獄とは、まさにこのことだろう。
いつ、また倒壊するやもしれない。
また、近くで火災が発生し、そのままの状態で焼死する恐れもある、という生きた心地がしない状態に二人は置かれてしまった。

この映画化のきっかけとなったのは、プロデューサーのデボラ・ヒルが、たまたま目にしたジョンとウィルの新聞記事だった。
彼女はジョン・カーペンターの作品で知られるプロデューサーだったが、この映画の完成を待たずに他界した。

実際に、この事故に遭ったジョン・マクローリンと、ウィル・ヒメノの両氏が本作の原案ストーリーを担当している。
二人は「事故当時のことが忠実に再現されないなら、映画化はしないで欲しい。」と願っていた。

彼らは港湾局警察(PAPD)というのに所属している。
このPAPDという聞きなれない警察機関は、ニューヨークとニュージャージーにあり、1600人の警ら隊、特殊部隊も保有。
職務はWTCの管理、埠頭、空港、鉄道、バス発着所、橋、トンネルが管轄となる。
ちなみに空港は、ジョン・F・ケネディ国際空港、ラガーディア空港と、ニューアーク・リバティ国際空港の3箇所である。
これらの空港では、彼らは消防業務も担当するらしい。
だから、警察官で消防士で救命士なのです。
この映画では、PAPDからの全面協力を頂いたそうです。

その二人の想いをそのまま映像化したオリバー・ストーン監督。
今回は、政治色を一切排除した形となっている。
しかも、あの忌まわしいテロ事件の中で、この二人だけにスポットライトを当てて切り取っている。
他の事は、この作品からは語られていない。
いずれ、ブッシュ大統領から見た「9・11」を描きたいとも仰っているようですが。

LAに巨大セットを組み、タワーは1/2、敷地は1/16の大きさで再現された。
二人が生き埋めになるシーンの撮影には、あらゆる角度からでも撮影できるように、宙吊りの卵のようなものを作ったそうだ。
ホコリがひどい現場では、日本製のマスクを使用したらしいが、精度が良すぎて声がこもってしまい聞き辛かったので、結局なしで撮影を続けたそうだ。
ラストシーンでは、50人もの実際の警察官をエキストラに起用。

プロダクション・デザイナーはジョン・ローエンス
撮影監督には、クリスマス映画『シャーロットのおくりもの』を控えたシーモス・マクガーベイ
音楽はあの『Ray/レイ』のクレイグ・アームストロング
そして、脚本には女性新進作家のアンドレア・バーロフを起用。

ところで、オリバー・ストーン監督は有名な親日家。
先日「めざましテレビ」で、彼の作品のエンドロールには、奥さまの名前の前に「naijyo no kou」(内助の功)とあったらしい。
そのくらい親日家であり、奥さまを大事にされているとか。
この映画のエンドロールも、目を皿のようにして見てましたが、見つけることはできませんでした。

ジョン役のニコラス・ケイジは、頬がコケてましたねぇ。
コメディ色のものから、シリアスものまで、彼の演技には安心感があります。
今作は、ほとんどが瓦礫の下なので、動作で演じることができません。
表情と声だけの演技で泣かせてくれました。

もう一人の主人公、ヒメノ役のマイケル・ペーニャ
この方『クラッシュ』で鍵屋をしてましたね。
過酷な状況下でもユーモアを忘れず、前向きな姿に涙しました。

ジョンの妻ドナには、マリア・ベロ
この人『アサルト13』で、ちょっとエロいドクター役だった人!
全然、雰囲気が違うので驚きました。

ヒメノの妻には、マギー・ギレンホール
事故当時、奥さんは妊娠5ヶ月の身重の体だったんです。
ヒメノ氏は生まれてくる子供のためにも生きようと必死でした。

他にも、スティーヴン・ドーフ、フランク・ホエーリーらが共演。

真実というものは、派手さも無く、淡々としていて、こうも静寂なものなのかと実感しました。
それでいて、悲しみでもなく、同情でもない、心地良い涙が溢れ出す。


あの日、二人が・・・そして、そこにおられた全ての方々が何を目にして、何を感じたのか
映画館でぜひ、この惨劇を体感してみてください。

<世界貿易センタービル>
建設期間 1966年〜1973年
高さ 417m 110階
述べ床面積 約148,600
設計者 ミノル・ヤマサキ アントニオ・ブリッティオッチ




| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 15:30 | comments(44) | trackbacks(99) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:30 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちわ。なぎささん!あっしゅで〜す。
音響がすごかったですねぇ。
これは映画館でないと体験できなかったと思います。
奥さんに、君がいたから命がつながったって言った時目に溜まっていた涙が一気に零れ落ちたのを覚えています。
人間愛っていいですねぇ。一生に一度でいいから愛する人にこう言われたら、どんなに幸せなことでしょう。言われてみたいぃ〜。
| あっしゅ | 2006/10/10 4:51 PM |
こんばんは、なぎささん♪

ジョンの妻ってアサルト13のドクターだったんですか!? 全然印象が違いますね〜。気づかなかったです(笑)

さてさて、映画の感想ですが、よかったですね〜。今の世の中嫌なこともたくさんありますけど、それでも人間っていいものだと思わせてくれる、そんな作品でした〜。
| りら | 2006/10/10 11:02 PM |
このテロ事件が起きた当時、新婚旅行中でした。
旅先のホテルのテレビでCNNニュースを見ていたのですが、聞こえてくる言葉はもちろん日本語じゃないので何が起きたのかしばらく理解出来ずに画面を凝視しておりました。
はっきり確実に画面に写されていることが現実のモノだとわかった時は気を失いそうになりました。
幸い、旅行先はアメリカではなかったので直接の影響はないかと若干安心はしましたが、帰りの飛行機はかなり怖かったです。
その翌年とさらに何年後と、数回アルカイダが関係しているテロ組織による爆破テロが起きたバリ島に行っていました。。。
| ヨッシー | 2006/10/10 11:49 PM |
私は今朝UPしました。
TBさせていただきました。

純粋に感動できましたよ!

いい映画を観た!と大きな声で言いたいです。

オリバー・ストーンはまだまだやってくれてますよ。
画面にパワーと勢いがあったし素晴らしい演出でしたよね。
全体的に暗い色調なのでTVではあの臨場感(特に閉じ込められている箇所など)はちょっと体感、無理ですね。

轟音とともに崩れ落ちるあのシーン、凄かったですね〜〜!
それとあの高さのビルを黒っぽい服装の人が1人、まっさかさまに落ちてゆくさま、それが音もなにも無く、手前の警察官の後ろに・・・。息を飲みました。

後半、ダレるか心配でしたが何の何の。
ずっと緊迫感が持続する演出が効を奏しました。


| viva jiji | 2006/10/11 7:22 AM |
こんにちは♪
前半早々と二人が埋もれた状態になって、どうやって後の時間を持たせるのかと思っていましたが、ちゃんと二人のバックボーンをシッカリ見せてくれましたね。
政治色を排除した描き方もまたアリなのでしょう。
その監督によって語り口、切り口が違うのがとても興味深いです。
| ミチ | 2006/10/11 8:52 AM |
>あっしゅさんへ
こんにちは〜♪
主人公ジョン夫妻は、少し冷めてしまった夫婦だったんですよね。
でもお互いを思いやる気持ちはしっかりあって、この事故を通してそれに気づいたという部分が素晴らしかったです。
私もね、夫からこんな言葉をかけてもらえたなら、今さらながら幸せを感じられると思いましたねぇ。
言葉に出すって大事なことなんですよね!
| なぎさ | 2006/10/11 2:05 PM |
>りらさんへ
そうなんですよ〜!
あの奥さん役の方、『アサルト』のきわどいドレス着てた女医さんですよ〜(´qp`*)
全くイメージ違いますよね!

このテロを起こしたのも人間だけど、命がけで救出に向った人たちも同じ人間なんですよね。
そう考えると、人間の「善と悪」って表裏一体なんでしょうか。
考えさせられる映画でした。
| なぎさ | 2006/10/11 2:09 PM |
>ヨッシーさんへ
え〜っ!新婚旅行中でしたか?!
いろんな意味で記憶に残ったでしょうね。

このテロ後に、アメリカは報復に出ましたよね。
結局、憎しみが、更に大きな憎しみを生む事になったあのイラク戦争。

でも、本作では一切そうした怨みも、敵対心も、ましてや報復についても語られてはいません。
あくまでも中立的に描かれていると言ってもいいかもしれません。
それだけに、観ていていろんな思いがこみ上げてくる気がします。

バリでも悲惨なテロがありましたね。
自爆テロなんて卑劣な行為を、止めようがないのも現実ですね。
人間って愚かな生きものです。
と同時に、素晴らしい生きものでもあるのですね。
| なぎさ | 2006/10/11 2:18 PM |
>viva jijiさんへ
ありがとうございました!

そうそう、人が落ちて行くのを見ました!
事故直後はあのように、たくさんの人間が降ってきたそうですものね。
それはそれは地獄絵図のような惨劇だったと想像します。

O・ストーン監督、本来ならば風刺の効いた「毒」のあるカラーにしたかったのかもしれませんが、こんなに真っ向からありのままを描かれると、フィルターをかけず、そのままを受け入れることができました。

あえて「悪」を描かなかった今作が魅力的でした。
| なぎさ | 2006/10/11 2:27 PM |
>ミチさんへ
そうですよねぇ〜。
社会派ストーン監督が、切り取った純粋な人間ドラマだからこそ納得できたのかもわかりませんね!
実際に起こった出来事だからこそ、犠牲になられた方の数だけドラマがあると思うので、今回は、ピンポイントでスポットを当てて描いたことに共感できました。
また違う角度からのストーン監督作品も観てみたいです!!!
| なぎさ | 2006/10/11 2:32 PM |
こんばんは〜^^。ご無沙汰しています。じゃんじゃん観て、書かれてますね!
私は7日の退任式をすませてあとはお店のお別れ会を残すばかりー。
最後のスピーチは涙声になってしまいました・・・。
なんだかんだ言って 恵まれていました。
今日なんて行って何をしたかというと
近所にできたスーパーの視察を店長と一緒に。
その後クリーンタイム&イオンデーのクリーン活動。
お弁当食べて店長や統括とダベリングして終了。
でも最後まで提案を出し続けていきたいと思っています♪
| いくし | 2006/10/11 8:32 PM |
初めまして。「気まぐれ961部隊!」のコレコ(仮)と申します。
「ワールド・トレード・センター」のTB、ありがとうございました。こちらからもTBさせて頂きましたので、よろしくお願いします。
この作品、同じく『9.11』のテロを題材にした「ユナイテッド93」とはだいぶ違った雰囲気の作品で、少々驚きました。
ビルが崩れ落ちる映像や轟音は、さすがに迫力を感じましたし、瓦礫の下に埋もれてしまうシーンは、まるで自分も一緒に閉じ込められたみたいで恐怖を感じました。
こんな状況で生き延びることができたなんて、本当に奇跡としか言いようがありませんね。
このような悲劇が、二度と起こりませんように・・・。
| コレコ(仮) | 2006/10/11 10:11 PM |
こんばんは!
>今回は、政治色を一切排除した形
これに一番驚きました(^^;
裏9.11は時期尚早という思いがあったのかも
しれませんが、今回はこれで良かったです。
マリア・ベロ、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
では、チアガールのコスプレやってましたよ(^^;
| カヌ | 2006/10/11 10:18 PM |
最近、音楽やりだしたら映画見る時間がなくなってしまいました。
この映画は、前売り券買っちゃったから必ず行きます。
見てきたらまた感想書きますね。
| かつ | 2006/10/12 1:15 AM |
なぎささん、こんにちは!
TB、コメントどうもありがとうございました。

興味深い記事、よまさせていただきました。
あの5年前の出来事がリアルに再現されていましたね。
崩れ落ちるシーンは衝撃でしたよ・・・

今日のニュースで知ってみえると思いますが、
NYでヤンキースの選手が飛行機を操縦中、誤ってビルに突っ込んで事故死したことにとてもショックを受けてます。。。
同僚でもある松井秀喜のファンなので、人事とは思えなくてね...
この映画観たばかりなので、戸惑ってもいます_ _;

| アイマック | 2006/10/12 12:56 PM |
>いくしさんへ
おぉぉ〜っ!いくしさぁ〜ん♪
お久しぶりです(*^▽^)ノ
10月に入って、そろそろ退任の時期だなぁ〜って思っていました!
もうカンパニーでの「退任式」は終ったのですね。
1年間の提案はいかがでしたか?
お疲れさまでした!
退職後もしばらくはいろいろ目に付いたりする「職業病」になるかもしれませんが、後は「御意見たまわりカード」に記入ってことになりますね。
この後も、どちらかでお勤めは続けるのですか?
いくしさんなら、いろんな事ができそうですよね!
いくしさんにとって素敵な1年になったことと思います。
しばらくは、カラダも頭脳もしばしお休みされて、また新しい何かにチャレンジしてくださいね(=´◇`=)
よければ幣ブログへも、また遊びにいらしてくださいね〜☆・〜:*。〜・:*゜





>コレコ(仮)さんへ
こんにちは!
残念ながら『ユナイテッド93』は未観なのですが、あちらは賛否両論ありましたねぇ。

本作は、あえてストーン監督のカラーを抑えていたことが功を奏したと言える作品になっていましたね。
そうそう、瓦礫に埋もれるシーンは、ほんとにホコリが立ち込めてきそうで、自分も埋もれたような錯覚に陥りました。
それでも生存されたお二人!
人間のチカラって本当に素晴らしいのですね!
| なぎさ | 2006/10/12 1:15 PM |
>カヌさんへ
こんにちは♪
へぇ〜!マリア・ベロっていろんな役するんですねぇ。
題材が重いし、現実に起こったことなので、映像化するにもいろんな角度からのアプローチがあったと思いますが、今回はあえてこの方向からの描写で、私も良かったと思いました。




>かつさんへ
そうだぁ!
かつさん、最近は音楽のほうでお忙しいのですよね!
私もねコレ、前売り買ってたんですよ。
ロウソク貰いませんでした?!
薬指ほどのロウソクと、ロウソク立てが付いた前売り券でしたね(´qp`*)
レビューUPされたら、またお邪魔しますね♪
| なぎさ | 2006/10/12 1:21 PM |
>アイマックさんへ
ありがとうございま〜す!アイマックさん♪

ところで、驚きました!!!
今朝、TVで見てその事故のことは聞きましたが、ヤンキースの選手だったとはヾ(@◇@;)ゞ
まさか今、この作品の公開中にタイミングよくこんな事故が起きるなんてねぇ。
世の中何が起きるかほんとに「一寸先は闇」ですよね。

今作は、描きたいことが多々あったでしょうが、ストーン監督があえてこの路線で観客に訴えたかったこと・・・激しくテロを非難しなかった分、余計に悲惨さが伝わった気がしました。
| なぎさ | 2006/10/12 1:27 PM |
初めまして!TBありがとうございました(^O^)実は9/11のテロ事件のちょうど1年前に同じ場所にいたので、世界貿易センターが崩れていく様子は本当にショッキングでした。あの夜映像を見て朝まで震えが止まらないほど!政治色0な作品ですが、その代わり家族愛・仲間愛などが生きる力となっていく様を深く掘り下げていて賛否両論ある中で私はとても感動してしまいました。最初から最後まで泣きっぱなしでした(笑)また、遊びに来ます(^O^)
| 古夢 | 2006/10/12 4:19 PM |
はじめまして。
TBありがとうございました。

あの日、何気なくつけたテレビには信じられない映像が映し出されていました。
悪い冗談かと思ってすぐテレビを消して、思い直してまたすぐつけました。
事実が映画を越えてしまった瞬間でした。
あの映像の下では、このようなことが起こっていたのですね。
政治的なことを一切出さなかった分、事実の重さと悲惨さと少しの希望が胸に深く届きました。
| チョコ | 2006/10/12 6:20 PM |
初めまして、こんばんは。TBありがとうございます。仰るように政治色はありませんでしたね。現場での人々が、どんなに必死だったか…。二人が助かったのは、本当に奇跡のようです。キリストのペットボトルには参りましたが。(^^;)
| あかん隊 | 2006/10/12 9:03 PM |
>古夢さんへ
えーっ!!!あそこにいらっしゃったのですか?
1年前とは言え、あの場所におられた古夢さんとしては、いろいろ感じられたでしょうねぇ。
ストーリーは、あの二人に絞られていて私も感動しました!
恐怖が押し迫ってくるような映像にも驚きでした。
また遊びにいらしてくださいね♪
| なぎさ | 2006/10/13 2:36 PM |
>チョコさんへ
そうでしたねぇ〜、あの日は朝からいきなりあの映像が目に飛び込んできて・・・。
まるでハリウッド映画のワンシーンのような惨劇に、これが現実に起きている事と認識するのに時間がかかったほどでした。
きっとあの事故に遭われた方の数だけいろんなエピソードがあるのでしょうね。
二度と繰り返さないためにも、こうして映画として描いていって欲しいと思いました。
| なぎさ | 2006/10/13 2:39 PM |
>あかん隊さんへ
あーっ!そうそう!
キリストが夢の中で出てきてましたね☆
日本人なら、お釈迦様か三途の川が見えたりしてたかも・・・。
不眠不休で「闘った」人たちがいたことを、改めて記憶に留めておきたいですね!
| なぎさ | 2006/10/13 2:41 PM |
なぎささん、こんにちは!
ラストシーンの警察官は本物の警察官だったのですね!
>真実というものは、派手さも無く、淡々としていて、こうも静寂なものなのか
当事者にしかわかりえない体験を
映像で体感させてもらったという感じがしました。
人が落ちてくるのもビックリでしたが
紙が飛び散る様もすごかったです。
実際にこうだったんだろうなぁと思いました。
まさにあの日が蘇るような映画でしたね。
| あさこ | 2006/10/13 3:54 PM |
TBどうもです。

ちょっと物足りないという書き方をしてしまいましたが
題材が題材なだけに
オリバーストーン監督ももてあましたような。

たとえば、2人を助けるのに
たくさんの人の善意があったとして。
あんなにたくさんのひとで1つの担架をリレーする
ヒマがあったら瓦礫の下を探したれよとか、

神の啓示があったからって救出にむかった
軍曹がなんで武器もってイラク戦争に参加すんねんとか・・・。

どんな描き方をしてもそれは9・11の一部分で
きっといくつ見ても納得はしないんだろうなと。
全部真実で、でも
アカデミー賞最有力っていう宣伝も
それはちゃうやろっていう思いがあって、
いっぱいいっぱい
なんか違うよってのがひっかかってしまいました。
| Ageha | 2006/10/13 4:50 PM |
>あさこさんへ
あさこさん こんにちは(*^ー^)ノ
はい、あのラストシーンでは多くの実際にあの場に携わった方々がエキストラで出ていたそうです。

黒い人影が落ちて行きましたよねぇ。
あれは実際の映像でしょうね。
あの紙吹雪のように舞い落ちる白い紙・・・。
オフィスで使われていたものが、あんな風にヒラヒラと飛んでいるのを事故当時もカメラに写っていましたね。
本編の中では人工的に降らしていたのでしょうが、撮影後の掃除が大変だっただろうなぁ〜なんて不純な見方をしてた自分がいました(ノ〜^;)
| なぎさ | 2006/10/14 4:34 PM |
>Agehaさんへ
こちらこそ ありがとうございました!

Agehaさんの関西弁でのコメント、いつものように冴えてますよね(*^ー^)b

言われてみれば、まだあの下に人がいるかもしれないと考えると、「探したれよ!」ってなりますね(´qp`*)

私はあの元海軍兵ってのが「胡散臭い」とずーっと思ってたんですが、実際にああいう人がいたんですよねぇ。

>なんか違うよってのがひっかかってしまいました。
Agehaさんのこの気持ち、分からないでもないです〜。。。
| なぎさ | 2006/10/14 4:40 PM |
初めまして、なぎささん。 長文失礼します。
この「WTC」は賛否両論が大きいと聞きますね。私はDVDで鑑賞予定ですが、ストーン監督なので問題提起をするのかと感じてました。10日まで貴重な生還者のロドリゲス氏が来日していました。(リンク参照)

日本では話題になってませんが、「なぜツインビルが簡単に崩壊したのか?」という疑問などが、米国で活発に再検証されているのをご存知でしょうか? 「爆薬による計画的な制御破壊」がツインタワー崩落の原因であると説明する、9/11 TRUTHシンボル映画「Loose Change=ルース・チェインジ」が人々を啓蒙。ディラン・エイブリー監督(22歳)の作品が世界中で旋風を巻き起こしています。日本でも何とか10月末にDVD発売。「ネット無料配信」も決定したそうです。

これを観ると「9・11映画」の捉え方が根底から変化するかもしれません。「ルース・チェインジ」=「ルースチェンジ」の反響の大きさなど詳しくは下記BBSの「9月21日」を。↓ これがNHKも教えてくれない9月11日のNYの4分デモ動画。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv

尚、投稿内容やリンク先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/idx/?mycategory_id=31024
http://8136.teacup.com/empire/bbs
| White・Rabbit | 2006/10/15 10:39 PM |
初めまして。
TBありがとうございました。
色々な意味で難しい題材を扱った映画ですが、時がある程度経ったら、また新たな切り口で描かれていく事もあるかもしれませんね。
静かに心に響く映画だったと思います。
| hyoutan2005 | 2006/10/15 10:53 PM |
>White・Rabbitさんへ
こんにちは!
コメントありがとうございました<(_)>

とても興味深いコメントに驚きました。
>「なぜツインビルが簡単に崩壊したのか?」
ということについてです。

>「爆薬による計画的な制御破壊」
もし、このことが本当なら、とても恐ろしいことではありますね。

私はもう一つ疑問に思うのは、あの事件でWTCと同じく被害を受けたペンタゴンについては、ほとんど何も語られないということです。
国家機密を最優先してのことなのでしょうが。

「世界の警察」を自負しながらも、「あの国」では都合が悪くなれば「口封じ」に出る、ということが過去の事件でも証明されていますよね。

謎がまだまだありそうですね。
| なぎさ | 2006/10/16 1:55 PM |
>hyoutan2005さんへ
ありがとうございました!
そうですねぇ〜、これから先、何年かして再度、また違った視点で描かれていきそうな題材ではありますね!

今作は、事件から4年というまだ日の浅い段階での映画化ということで、これで良かったと私も思いました。
| なぎさ | 2006/10/16 1:58 PM |
なぎささん、こんにちは♪
「ユナイテッド93」よりも観やすかったです。誤解されそうな言い方で恐縮です。
それでもいつもなら全部食べちゃうポップコーンを半分食べることができませんでした。(私にしてはビックリのことなんです)
たくさんの方に観てもらいたい映画ですね。
| AnneMarie | 2006/10/19 1:05 PM |
>AnneMarieさんへ
こんにちは〜♪
そうそう私この『ユナイテッド93』が未観なんですよ〜(ノ〜\*)
見たかったのですが、近くのシネコンでは上映がなくて、なにせ、「お金も無いけど、時間はもっとない主婦」の私・・・。
遠くの劇場へ足を運べないのが残念です。。。

ところでAnneMarieさんは、ポップコーンつまみながら鑑賞ですね♪
映画観ながらのポップコーンって、また格別に上手いよね!
キャラメル味も良いけど、やっぱ塩分気にしながらもオーソドックスなのが最高ですよねぇ。

で、私のいつもの鑑賞スタイルは
小さいペットボトルにスポーツドリンクを入れたものを座席のホルダーに置いてっと。
バッグの中にはいつもノンシュガーののど飴を持参。
それを口に入れて、無くなったらホルダーのドリンクを飲む、しかもトイレを気にして少しだけチビチビと。
で、またのど飴・・・みたいな感じです。

おっと、そうそうこの映画の話ししなくっちゃ!
真実だけを切り取った人間ドラマでしたね。
これからも、この題材はもっと映画化されていくでしょうね。
| なぎさ | 2006/10/19 2:44 PM |
私もポップコーンは塩味派ですv(=∩_∩=)
のど渇いても長い上映時間の場合はトイレが心配で
ドリンクがあまり飲めませんよね。
だからポップコーンも自粛気味・・・

それにしてもこちらに貼られている画像の生々しさといったら・・・
燃えて崩れ落ちるタワーを全世界の人が目撃したんですよね。
この作品も胸の苦しくなる映像の数々でした。
| ジュン | 2006/10/20 1:06 AM |
>ジュンさんへ
映画館で観る映画鑑賞は、私たちにとって至福の時ですよねぇ〜(人´ー`*)
そんな時、トイレに行きたくなって席を立てば、せっかくのシーンが抜け落ちてしまう・・・。
これはとっても残念なこと!
できるならば2時間以上の上映時間であっても、最後までじっくり鑑賞した〜い!!!
だから、私は水分を控えます。
特に鑑賞前には、利尿作用のあるコーヒー、紅茶、日本茶も含め飲まないようにしています。
夏は適当に汗にも出ますけど、冬はどうしても「近く」なりますからねぇ〜。
あらら、トイレ談議になってしまいましたね(´qp`*)

本作ですが、事件のあったあの日は、どのチャンネルもこの映像でしたね。
まるで映画の一場面の、特殊撮影としか思えないような光景でした。
あってはならない事が現実に起こった瞬間でした。
この事件は、これからも形を変えて映像化されていくでしょうね。
| なぎさ | 2006/10/20 1:29 PM |
はじめまして。TBありがとうございます☆

>ジョンの妻ドナには、マリア・ベロ。
この人『アサルト13』で、ちょっとエロいドクター役だった人!

そうか〜気が付きませんでした。なかなか面白い映画でしたけど。

本作は淡々としていて、ひたすら哀しい映画でした。
オリバー・ストーンの次作も楽しみです。

| たまさん | 2006/10/21 7:07 PM |
>たまさんへ
こちらこそ お出でいただきありがとうございました!

そうなんですよ〜あの奥さん役の人と『アサルト13』のあの人が同一人物とは・・・(ノ◇^;)ゞ
女優さんっていろんな意味でスゴイですいよねぇ!

真実だけを、そして彼ら二人だけに焦点を置いた作品でしたよね。
きっと、また別の角度からの『WTC』も見せてくれることでしょう。
| なぎさ | 2006/10/22 3:07 PM |
こんばんは。お久しぶりです!ずっと更新していなかったもので(笑)

監督の作品であり、タイトルが「ワールドトレードセンター」ということで、おそらく政治色ある作品だろうと勝手に思っていたら驚きました。今回は政治的なものを描かず、あの日、あの惨劇に巻き込まれた人々(家族)に焦点を当てた作品にしたのは意外でした。

あの惨劇を生み出したのも人間であるが、二人を命がけで救助したのも‘・・希望’を生み出したのも人間である。ということが描かれていた作品だなと思いました。
| rain | 2006/10/29 1:54 AM |
>rainさんへ
こんにちは〜♪
私も先週から職場を変えたので、時間がめっきり減ってしまい更新もままならない状態なんです〜。
お互い忙しい時はマイペースで続けていきましょうね!

さて、この映画は重いテーマではありますが、今回は真実だけを切り取って映像化していましたね。
とってもリアルな映像には驚きました!

「希望」の光りを手に出来たあのお二人でしたが、救助にあたった多くの人たちの思いも伝わってきました。
悪を起こしたのも人間。
善を広げたのも人間。ってことですね。
| なぎさ | 2006/10/29 11:50 AM |
観てきました。
二人の生還者とそのごく近しい人のみに焦点を絞っている点がよかったと思います。
あの海兵隊員はかなりうさんくさかった(笑)
妙に善は善に、悪は悪に描くハリウッド映画とはちがってグレーな部分もダークな部分もちゃんとかいてたと思いますよ。
人間の本質に迫ってたと思う。
| しゅぺる&こぼる | 2006/11/08 7:34 AM |
>しゅべる&こぼるさんへ
ご覧になられたのですね!
そうそう、とってもリアルに忠実に描いていたのに、あの海兵隊員だけがウサン臭いのよねぇ〜ヾ(^▽)ゞ
監督の私情を押さえ込んでいて、生還者の姿とその家族の苦悩がよく描かれていましたね!
「君がいたから助かった!」みたいな感謝の言葉を夫から言われてみたいと思った私で〜す♪
| なぎさ | 2006/11/08 8:50 AM |
こんにちは♪
どうしてかタイミングが合わなくて劇場まで観に行けませんでした。やっぱり大きなスクリーンで観るのとは感じ方も違うのでしょうか・・・
二人に焦点を当てたのはいいのですが、周りの状態があまり描かれてなくて緊張感が伝わったきませんでした。
DVDだとだめなのかな、、、
| ゆかりん | 2007/03/13 1:48 PM |
>ゆかりんさんへ
こんにちは〜♪
タイミングが合わなくて見逃す映画ってありますよねぇ。
これは、やはり劇場ですと、嫌でもあの大音響の効果音と、スクリーンの映像に、ビルが崩れる一瞬は固唾を呑んでしまいました。
エピソード的には、ゆかりんさんの仰るように、極端に彼らの部分だけにスポットを当てているため、肩透かし的な感じは否めないですよね。
| なぎさ | 2007/03/14 3:35 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/432
TRACKBACK
『ワールド・トレード・センター』鑑賞レビュー! 勇気そして生還??これは、真実の物語 『ワールド・トレード・センター』 2006年10月7日より全国超拡大ロードショー 製作国?アメリカ ビスタサイズ/ドルビーデジタル 上映時間?129min
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/10/10 4:00 PM |
              評価:★10点(満点10点) 2006年 129min 監督:オリヴァー・ストーン 主演:ニコラス・ケイジ マイケル・ペーニャ マギー・ギレンホール    マリア・ベロ 【あらすじ】20
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/10/10 4:48 PM |
テロの主題は弱く,社会派ではないものの, 犠牲者を悼む気持ちに溢れ, 悲劇を見つめる眼差しは力強い。
| Akira's VOICE | 2006/10/10 5:36 PM |
【ワールド・トレード・センター】  2006/10/7 ストーリー 2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察の
| りらの感想日記♪ | 2006/10/10 10:58 PM |
ニコラス・ケイジが扮するジョン・マクローリン・・・『ダイハード』の主人公の名前の由来もここからだというのは全くのデマです。
| ネタバレ映画館 | 2006/10/10 11:42 PM |
2001年9月11日。 ニューヨーク、マンハッタンにあるワールド・トレード・セン
| 犬も歩けばBohにあたる! | 2006/10/11 12:27 AM |
飛行機がビルに突っ込む、大きな影。 予告で見たときはぞわっとした。。。
| 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α | 2006/10/11 3:39 AM |
「ワールド・トレード・センター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ、ジェイ・ヘルナンデス、他 *監督:オリバー・ストーン 感想・評価・批評 等、レビューを含
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/10/11 5:51 AM |
人間がいかに安易な先入観に 陥りやすいか、まっこと 自分自身を振り返ってみても 後悔と赤っ恥の大合唱である。 どうか、どうか、今回の オリバー・ストーン監督の 「ワールド・トレード・センター」、 北海道は札幌に住む映画キチガイの viva jijiおばさん
| 映画と暮らす、日々に暮らす。 | 2006/10/11 7:10 AM |
映画館にて「ワールド・トレード・センター」 大惨事から奇跡的に生還した男たちの実話を元に、オリバー・ストーン監督が9.11を描く。 生粋のニューヨーカー、ストーン監督らしく、明けて行く2001年9月11日の朝のNYの描写が美しい。カーラジオから流れる♪♪太陽が昇
| ミチの雑記帳 | 2006/10/11 8:49 AM |
2001年9月11日。奇蹟の生還。
| 悠雅的生活 | 2006/10/11 11:56 AM |
映画『ワールド・トレード・センター』の試写会に行った。 まず冒頭に「これは9.
| いもロックフェスティバル | 2006/10/11 2:02 PM |
監督:オリバー・ストーン CAST:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ 他 2001年9月11日、同時多発テロにより崩壊した貿易センタービルに突入した警察官、ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)は、瓦礫の下敷き
|  **Sweet Days** | 2006/10/11 2:26 PM |
ワールド・トレード・センター試写会@東商ホール 「早く戻って 子供たちの所へ 私のもとへ」 「ユナイテッド93 」に続き、9.11を題材にした映画。 正直もっとプロパガンダ的映画ではないかと思ってたのですが、WTCに生き埋めになった警官とその家族、救助
| 駒吉の日記 | 2006/10/11 3:42 PM |
「ワールド・トレード・センター」文京シビック大ホールで鑑賞 あの広い会場がほぼ満員。観客の注目度の大きさがわかります。 ただ、私はオリバー・ストーンがちょいと苦手。説教くさいノンフィクションをドラマ仕立てに作り上げる、必ず眠くなるのです。今回も2時
| てんびんthe LIFE | 2006/10/11 4:30 PM |
2006年53本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「プラトーン」「7月4日に生まれて」のオリヴァー・ストーン監督作品。9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話を映画化。9.11米国同時多発
| しょうちゃんの映画ブログ | 2006/10/11 5:55 PM |
?¿???Ū??ä?????????Ū?å???
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/10/11 8:46 PM |
あのイラク戦争の発端となった、(因縁の)『9.11』のテロ事件から5年が過ぎました・・・。 こちらは、崩壊した『世界貿易センタービル』に生き埋めになった、勇敢な警察官の物語です。 『ワールド・トレード・センター (WTC)』 本日公開初日!例によって朝一番の上
| 気まぐれ961部隊! | 2006/10/11 9:22 PM |
「ワールド・トレード・センター」ストーリー2001年9月11日、港湾警察署から応援で現場へ向かったのは巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウイル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)他数十名。ワールド・トレード・センターへ駆けつけた港湾警察署員
| 映画好き集れ!! | 2006/10/11 9:28 PM |
9.11のテロ事件で人命救助のためにワールド・トレード・センターへ入った港湾警察の2人の物語。「ユナイテッド93」も同じく9.11の話ですが、機内の出来事はあくまでも推測の域を出ていないのに対して、こちらは脚色されてるところはあったにしろ、実際に生き残
| the borderland  | 2006/10/11 10:01 PM |
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年10月7日 配給:UIP 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ,マイケル・ペーニャ,マギー・ギレンホール 鑑賞日:2006年10月7日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 2001年9月11日、
| CINEMA DEPOT's BLOG | 2006/10/11 10:27 PM |
「ワールド・トレード・センター」は5年前の9・11でテロの標的になった貿易センタービルに救出に向かった警察官の奇跡の生還を描いたノンフィクション作品である。ユナイデット93同様やはり未曾有の事態に目の当りにして事実を語られているだけにその生死の境目を
| オールマイティにコメンテート | 2006/10/11 10:54 PM |
「ワールド・トレード・センター」 2006年 米 ★★★★★ 私が想像していたものとは若干違いましたが、それでも充分に感動 させていただきました! 同時多発テロ・・・・おぞましい記憶は ワールド・トレード・センター (以後WTC)に、突っ込む
| とんとん亭 | 2006/10/11 11:14 PM |
この作品は、2006年9月11日に起こったテロ、瓦礫の中に埋まって助かった当時の湾岸警察官・二名を主人公にした話です。 本日、本国の公開初日にあわせて日本でも初お披露目ということで、映画コメンテーターとしてかなり古株で有名な(結構好き)クロ子さん司
| 紫@試写会マニア | 2006/10/12 12:43 AM |
World Trade Center(2006/アメリカ) 【劇場公開】 同じ9.11を扱った「ユナイテッド93」とは違うアプローチからの作品。 監督はオリバー・ストーン。 崩壊したビルから奇跡的に生還した警察官二人。 これは実際に助け出された二人の体験に基づいてます。 彼らになに
| 小部屋日記 | 2006/10/12 12:35 PM |
瓦礫の下の閉塞感に気が狂う思い...。 __たった20人が瓦礫の中から救出された、その18番目と19番目のケースを描く。
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2006/10/12 1:42 PM |
 「ワールド・トレード・センター」の感想(ネタバレ)  巨匠オリバー・ストーン監
| 胡蝶の夢 | 2006/10/12 4:09 PM |
2001年9月11日 米国同時多発テロ  崩壊したワールド・トレード・センター。 映画の中に見るニュースで見たあの映像。 瓦礫に埋まる2人の警察官。 同じ時の流れの中で無事を祈る家族。 どちらにもとてつもなく長く感じ
| 映画館で観ましょ♪ | 2006/10/12 4:20 PM |
 この映画、ニコラス・ケイジが嫌いだと見るのは辛いのです。私ですか?嫌いです・
| eclipse的な独り言 | 2006/10/12 4:46 PM |
試写会で観てきました。 監督は「アレキサンダー」「プラトーン」の  オリバー・ストーン。 政治的なものがあるかと思っていたら、 それはなくて、 救助に行ったものがまた救助される といったストーリーで、 家族愛、人間愛が 描かれていました。 襲撃の後の、す
| 花ごよみ | 2006/10/12 5:43 PM |
2001年9月11日、ニューヨークの朝はいつもと同じように始まった。街が目覚め人々が動き出した頃、悪夢は起こった。ワールド・トレード・センターに飛行機が衝突したのだ。原因はなんなのか。この想像を絶する惨事の中で自分が何をすべきなのか。誰にも分からない
| ビター☆チョコ | 2006/10/12 6:21 PM |
「ワールド・トレード・センター」WORLD TRADE CENTER/製作:20
| 映画通の部屋 | 2006/10/12 7:29 PM |
(久々の1日に4本、という暴挙に出た。その1本目) 奇跡の生還。各地からのボラン
| cococo | 2006/10/12 9:04 PM |
あの日、世界は恐ろしい悪を目撃した。 しかし2人だけは見た。尊い何かを―― 勇気そして生還 これは、真実の物語である。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/10/12 9:54 PM |
【2006年10月7日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】※ノン・フィクション系 【観た場所:T−JOY東広島】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}
| 琴線〜心のメロディ | 2006/10/12 11:35 PM |
2001?911 AM8:45 ΰ?顢礦??.... īΥ?塼??Υ?Ĵ?? ?ο??λ????? ä??????ä塼Τ{/hiyo_ang1/}Τ餤Ф?{/goo/}{/kaminari/} Ф?Ĥ?"???????ä?? κ???Ĥ???ΤΤ?????ä??貽 Ρ???å93{/fuki_osusume/}?? ?å???ν??"??ä"? ??????????????ä???Ĥ? ??
| 我想一個人映画美的女人blog | 2006/10/12 11:51 PM |
満 足 度 :★★★★★★★ (★×10=満点)  監  督 :オリヴァー・ストーン キャスト :ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、マリア・ベロ 、スティーヴン・ドーフ 、他 ■ストーリー■   2001.9.11
| ★試写会中毒★ | 2006/10/13 12:07 AM |
2001年9月11日、 ワールド・トレード・センターを襲った悲劇。 あれから5年・・・。 2機のジェット機により崩壊した ツイン・タワーの瓦礫の下から 奇跡の生還を果たした実在の人物を、 『JFK』、『ニクソン』の 巨匠オリバー・ストーン監督が描く感動作!
| 映画とはずがたり | 2006/10/13 2:55 AM |
オリバーストーン監督作品ってことで。 しかも題材が題材なだけにものすごく話題になってて。 風化させてはいけない出来事がある。 そしてこの瓦礫の中へ、身の危険も顧みず 救出に向かった勇気ある男たちがいた・・・。 その事実は語り継ぐべきものだとは思ったけど・
| ペパーミントの魔術師 | 2006/10/13 9:08 AM |
今日は、試写会のため有楽町へ。 観たのは、「ワールド・トレード・センター」。 完成披露の試写会だったらしく、 平日の昼間だというのに、会場はいっぱいでした。 9.11テロの際に、 救出のため出動し、生き埋めになった警官の物語(実話)。 絶望感と闘いな
| 藻、たくさんの日々。 | 2006/10/13 9:18 AM |
(3から) 午後11時前に新宿グランド座を出て、 新宿プラザへ。 『ワールド・トレード・センター』の11時50分の回を見る。 巨匠・オリバー・ストーンが描いた9・11事件は実にリアリティ。 主演はニコラス・ケイジ。 助演は『クラッシュ』での好演が記憶に新
| CHEAP THRILL | 2006/10/13 9:54 AM |
あまりにシンプルな映画だったので「どこかで深読みせねばならなかったのか?」と悩
| とっさの絵日記 | 2006/10/13 3:54 PM |
2001?911840???塼?Υ???2ĤΥ??????11????å175?? ???PAPD?Υ??????Τ?ν??????Τ???λ???Ĥ?Τ??ŪĤä??β??????ä?ġġ ?????? - goo ?? ???Ū????????????å??????Τ??? ???äΤ?????åΡ?Υ????? 餳??9.11???Υ???ä??ä褦???????????9.11????
| シャーロットの涙 | 2006/10/13 5:44 PM |
なんとも切なく、やりきれない。テーマソングが頭の中を流れて離れない。そして、ただただ無言になってしまう、そういう映画。
| Ĺ???????? | 2006/10/13 7:38 PM |
ワールド・トレード・センター’06:米 ◆監督:オリバー・ストーン「アレキサンダー」「JFK」◆出演:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール/マリア・ベロ ◆STORY◆2001年9月11日朝、世界貿易センターに民間機が激突。港湾局警察官のヒメノ
| C'est Joli | 2006/10/13 8:10 PM |
≪ストーリー≫ 2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行、人命
| ナマケモノの穴 | 2006/10/13 10:19 PM |
「ワールド・トレード・センター」 実話なので、面白いとか面白くないとかっていう感想はありませんが。 想像していたのと、ちょっと違っていました。 もっと、事件全体を描いていると思っていたものだから。 ストーリーは、1機目の旅客機がビルに突っ込んだ直後
| ふしぎ翼宿 | 2006/10/14 12:13 AM |
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 129分 監督 オリヴァー・ストーン 脚本 アンドレア・バーロフ 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、 マリア・ベロ 、スティーヴン・ドー
| タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 | 2006/10/14 5:31 AM |
先日観た『ユナイテッド93』に引き続き、9.11を扱った本作。 崩落したワールド・トレード・センターから奇跡的に救出された、2人の港湾警察官とその家族に焦点を絞って描かれた作品で、テロを描いたというより、被災者の救出劇といった感じ。 前半のワールド・ト
| honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2006/10/14 9:38 AM |
オリバー・ストーン監督作品はちょっと苦手です。 いつもゴリ押しメッセージが多い印象があるんですけど、 911に実際にあった事実を再現したこの作品は、いい意味で ストーン監督らしくない印象。 期待してなかった分、なかなかいいと思いました。 先日公開
| It's a Wonderful Life | 2006/10/14 2:31 PM |
? ??????? ??? ?ΤΧ??Τ褦?Τ????褦?? Υ??å???Υ????ä????Ĥθ?ΰ?ä ????????? ???Ф??Υ??????äľ??????ι礭????????????????ΤΤ??´?Τ??? ???ι???ζ??????Τεä??Х?????????????????ä??ΰ?α??С?????? Х????????????????????Υ
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2006/10/14 3:24 PM |
ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マリア・ベロ マギー・ギレンホール 出演 2001年9月11日 ニューヨークの朝 港湾局警察官の巡査長ジョン・マクローリンは 各警察官に朝の指示を与えた まもなく上部からの指令により 部下を引き連れダウンタンの世界貿易
| travelyuu とらべるゆう MOVIE | 2006/10/14 7:26 PM |
☆ワールド・トレード・センター☆(2006)オリヴァー・ストーン監督ニコラス・ケイジ・・・・・・・・・・ジョン・マクローリンマイケル・ベーニャ・・・・・・・・・ウィル・ヒメノマギー・ギレンホール・・・・・・・・アリソン・ヒメノマリア・ベロ・・・・・・・・
| ぷち てんてん | 2006/10/14 8:58 PM |
9・11から丸5年が経った9/11の今日、某新聞サイトで当選した 『ワールド・トレード・センター』
| しましまシネマライフ! | 2006/10/14 11:19 PM |
「ワールド・トレード・センター」★★★☆ ニコラス・ケイジ主演 オリヴァー・ストーン監督、2006年アメリカ 悪夢が現実になった日。 その日もNYは変わりなく朝を迎え、 人々は同じ一日を過ごすはずだった。 「9.11」 この映画は救出された2名の警官
| soramove | 2006/10/15 12:57 AM |
試写会にて鑑賞してきました。マギー・ギレンホールの出演作をまともに観たのは初めてなんですが、弟のジェイク・ギレンホールによく似てますねー。 2001年9月11日…ハイジャックされた2機の旅客機がニューヨークの世界貿易センタービルに激突した。ジョン・マクロ
| 三度の飯より映画好き | 2006/10/15 9:58 PM |
『ワールド・トレード・センター』(2006年・アメリカ/129分)公式サイト〜もうひとつの、9・11〜今年、映画『ユナイテッド93』の公開で、私たちは、5年前のあの日の出来事の記憶を呼び覚まされた。あの運命の朝、偶然旅客機に乗り合わせた人々の逆らいよ
| ひょうたんからこま | 2006/10/15 10:47 PM |
2006.10.07の劇場公開初日のナイトショウ(0:10〜)で見てきました。 川崎チネチッタの一番でかいスクリーンだったけど、 夜中にしては、けっこう入ってました。 主演はニコラス・ケイジ。 予告で何度も見てたけど、彼だと気づいたのは、つい最近。 役になりきっ
| ひらりん的映画ブログ | 2006/10/16 3:26 AM |
【ネタばれ無し】 友人に誘われ、映画ワールド・トレード・センターを見てきた。  →オフィシャルサイト あまり期待していなかったせいもあってか、途中までは全然おもしろくなかった。 これなら、以前TBSで放送していたドキュメントドラマの方がよっぽど面白か
| 日常の穴 | 2006/10/16 8:58 AM |
ï?Ĥ?ä? ????ä? Х??? ?????餤?????ä ???????? ?????????? Τ???? 2001?911θ9?Υ?????å? ι???塼?ΤΥ? Ĥī?????塼?? ï???ΰ???ä?ī ξ??γ? ???? ¿ο??äΤΤ?¤İ??ä ?ä?Τ??????????? ??ä ζ???ǵ??塼????η???? ?ä
| ON THE ROAD | 2006/10/16 5:47 PM |
今日は友人のMさんと 映画&ランチ 以前から注目のこの作品 私は映画やドラマを見るとき あまり情報は耳に入れないようにしています なので今回も勝手にストーリーを想像 目にしていた画像は 救出に向かうニコラス
| blueberry muffin | 2006/10/16 9:30 PM |
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  惨劇の中の・・一筋の光と多くの闇  
| カリスマ映画論 | 2006/10/17 11:35 PM |
書きたい事が色々在り、記事にするのが遅れてしまったのだが、公開2日目に観て来た「ワールド・トレード・センター」に付いて書いてみたい。 この作品は先月観て来た「ユナイテッド93」同様に、5年前に起こったアメリカ同時多発テロを題材にしている。「ユナイテッ
| ば○こう○ちの納得いかないコーナー | 2006/10/18 3:28 PM |
鑑賞日:06.10.13 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  今でも鮮烈に脳裏に焼きついている「9.11アメリカ同時テロ」。 あれから5年が経ち、あの悲劇を基に制作された映画が今年、相次いで公開された。 本作品は、最も犠牲者が多かったニューヨーク、
| けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ | 2006/10/18 10:27 PM |
倒壊したワールド・トレード・センターの地下から生還した2人のお話。 「ワールド・トレード・センター」を観ました・・・・ ( →公式HP  ) 出演:ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、マリア・ベロ 、スティーヴン・
| 映画でココロの筋トレ | 2006/10/19 12:25 PM |
監督:オリヴァー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ 9.11の同時多発テロで崩壊してしまったワールド・トレード・センター。 あの日大惨事を目の前にして何
| BLACK&WHITE | 2006/10/20 1:06 AM |
『ユナイテッド93』に続き9.11 が テーマの映画である本作を観てきました。
| たまさんのHR/HM シネマカフェ | 2006/10/20 8:12 PM |
「ワールド・トレード・センター」を観に行ってきました。予告を観ただけで涙が出てしまったので、前から観てみたいと思っていたんです。 数名が救助されても、犠牲になった人が多すぎて、「助かってよかった」という気にはとてもなれませんでした。 瓦礫の中に閉じ
| まぁず、なにやってんだか | 2006/10/20 9:51 PM |
監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール 評価:77点 公式サイト (ネタバレあります) 2001年9月11日、アメリカ同時多発テロによってあのWTCが崩れ落ちていったときに、私はどっかの
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/10/21 11:28 PM |
???¤?? ?2006? ?? ?ġС? б?????????????? ?129? [] ???餬 ?Υ????????褫ä?????ää? ???ΰ???ää? ??ä??ä???з????????äΤ? ??????ä?????ä???ä? [?] ????Ρ??δĤäо? [?] С?ĺ??? ??б????Υ??8mm ????б??å ? ?å???? ***
| ひるめし。 | 2006/10/22 4:23 PM |
8月11日アメリカ公開  映画は公開初日に見るものだ。 少なくとも、公開3日以内には見たい。 客層が全く違う。 本当に、その映画を見たい人だけが集まっているから、独特の雰囲気と熱気に包まれる。 「ワールド・トレード・センター」を公開初日...
| シカゴ発 映画の精神医学 | 2006/10/27 2:41 PM |
 ユナイテッド93に引き続き9・11事件を描いた作品ワールド・トレード・センターを見てきました。
| よしなしごと | 2006/10/28 3:17 PM |
出演■ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ 監督■オリバー・ストーン <ストーリー>  2001年9月11日午前8時40分過ぎ、港湾局警察官のジョン・マクローリンは世界貿易センタービルに旅客機が激突したとの情報
| enjoy! MOVIE☆LIFE | 2006/10/29 2:10 AM |
 民主党シンパであるはずのオリバー・ストーン監督ということもあって、9.11テロへの政府の対応に対しなんらかの異議を述べるような作品になるの
| シネクリシェ | 2006/11/06 6:06 AM |
9.11同時多発テロで標的となった、NYの世界貿易センタービル。崩壊したビルに生き埋めになった警官2名。彼らを救うには… アメリカの悲劇「911」を題材としたこの映画。あなたの感想をお聞かせください。
| 共通テーマ | 2006/11/07 11:45 PM |
まだ薄暗い午前3時29分、一人支度をして出かけるのが、 ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ) ニューヨークPAPD港湾警察勤続21年のベテランサージ(班長) 妻を起こさぬようにそっと抜け出す。 子どもたちの寝顔を見る。 いつもと変わらぬ日常、
| 愛情いっぱい!家族ブロ! | 2006/11/08 7:31 AM |
アメリカ同時多発テロが起きて、早くてもう5年が過ぎましたね。 あの日、私は何をしていたのだろうと思い出すと、ちょうどバイトをしていました。 店舗内のテレビを見ていると、ビルに飛行機が突っ込む映像が…なんともいえない衝撃的な映像でしたよね。 当初、何かの
| 東京消防庁を目指す!!消防官への道 | 2006/11/17 11:32 PM |
9・11から5年。 まだその時の記憶は生々しく、テロ事件をテーマにしていることも
| はらやんの映画徒然草 | 2006/11/20 11:54 PM |
救出活動に参加して生き埋めになった警官たち。その警官である夫の帰りを待つ家族。職業間を越えて生き埋めの人の救出活動を行う、消防官、警察、海兵隊たち。ストーリーは単調でしたが、それぞれの思いが伝わってくる感動ドラマがスクリーン越しに・・・
| 子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ | 2006/12/03 11:03 PM |
アイドルに関らず、世界で活躍する女性を取り上げ紹介していく
| 芸能界☆インターナショナルアイドル | 2006/12/04 2:09 PM |
9.11アメリカ同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から 奇跡的に生還した2人の警察官の実話を映画化。 主演はニコラス・ケイジとマイケル・ペーニャが ワールド・トレード・センターに閉じ込められた警官を演じ、 絶望的な状況下でも生き抜こうと
| 噂の情報屋 | 2007/01/15 8:54 PM |
WTCの崩壊で生き埋めになった警官2人の救出劇!! 勇気そして生還――これは、真実の物語。 ↑DMM↑ ?Amazon 公式 ?予告 オススメ度★★★★☆ お気に入り度★★★☆☆ 2006 アメリカ 実話 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケ
| ☆.。.:*Addict*:.。.☆−映画ヲタCome on!!− | 2007/03/06 8:43 PM |
『WORLDTRADECENTER』公開:2006/10/07製作国:アメリカ監督:オリヴァー・ストーン出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、ジェイ・ヘルナンデスその後、あの家出少女はどうしたのでしょう。  
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/03/13 1:14 PM |
ワールドトレードセンターのDVDを買いました。アメリカ同時多発テロが起きて、早くてもう5年が過ぎます。 今でもビルに飛行機が突っ込む映像が頭の中に鮮明に覚えています。なんともいえない衝撃的な映像でし...
| 東京消防庁採用試験を斬る | 2007/04/04 11:22 PM |
ミノル・ヤマサキミノル・ヤマサキ(Minoru Yamasaki、1912年12月1日 - 1986年2月7日)は、アメリカ合衆国の建築家。ワシントン州シアトル出身の日系人|日系二世。ニューヨークのニューヨーク世界貿易センタービル|世界貿易センタービルの設計者の1人。日系の近代建築家
| 建築 | 2007/04/08 10:45 PM |
「プラトーン」や「7月4日に生まれて」「アレキサンダー」などの作品で知られる米社会派監督オリヴァー・ストーンが、2001年の9・11同時多発テロを題材に映画化したヒューマン・ドラマ「ワールド・トレード・センター」(2006年・米)。この映画は崩壊した
| シネマ・ワンダーランド | 2007/04/18 2:40 AM |
ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション/ニコラス・ケイジ ¥3,268 Amazon.co.jp WORLD TRADE CENTER アメリカ 2006年 ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ
| 映画を観よう | 2007/05/21 5:54 PM |
ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション (HD-DVD) ¥4,935 Amazon.co.jp (DVDレンタル@2007/10/07) 原題 WORLD TRADE CENTER 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 129分 監督 オリヴァー・ストーン
| ミーガと映画と… -Have a good movie- | 2007/10/10 10:52 AM |
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督オリヴァー・ストーン ネタバレあり
| プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2008/01/23 1:19 PM |
あらすじ2001年9月11日、港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウイル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)らは、同時多発テロの被害を受けたワールド・トレード・センターへ駆けつけた。マクローリンとヒメノら5人はビルの
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/03/10 9:27 PM |
『ワールド・トレード・センター』を観ました9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話ドラマです>>『ワールド・トレード・センター』関連原題:WORLDTRADECENTERジャンル:ドラマ上映時間:
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/05/06 11:52 AM |
 『勇気そして生還―これは、真実の物語。 いま語り継ぐべきなのは ”悲劇”の中に差し込んだ”希望”の光・・・ 支え合って生きること― 人間のあるべき姿を呼び覚ました感動超大作』  コチラの「ワールド・トレード・センター」は、9.11同時多発テロをオリヴ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/05/07 8:40 PM |
WTCの崩壊で生き埋めになった警官2人の救出劇!!
| ☆.。.:*Addict*:.。.☆ Cinema Review | 2008/09/17 11:16 PM |
勇気そして生還――これは、真実の物語。
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2009/09/11 1:43 PM |
9.11同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターを舞台に、大惨事から奇跡的に生還した男の姿を描く実話を基にした感動ドラマ。監督はオリバー・ストーン、キャストはニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール他。 <あらすじ> 2001
| Yuhiの読書日記+α | 2009/09/16 11:22 PM |
World Trade Center 2006年:アメリカ 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・シャノン、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、マギー・ギレンホール、ジェイ・ヘルナンデス、マイケル・ペーニャ 2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニュー
| mama | 2009/10/13 4:36 PM |
_______ | _______臉_
| How to get rid of cellulite | 2013/10/07 7:09 AM |
_______ | _______臉_
| how to improve vision | 2013/10/15 5:24 AM |
_______ | _______臉_
| cpa boca raton | 2013/11/03 7:57 AM |