<< タナカヒロシのすべて | Main | ワールド・トレード・センター >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.10.09 Monday author : なぎさ

ラン・ローラ・ラン



とにかく、ローラが走る 走る 走るぅ!!!

恋人マニ(モーリッツ・ブライブトロイ)を救うため、ローラ(フランカ・ポテンテ)はベルリンの街を駆け抜ける。

マニは裏金の運び屋。
ある日、ボスの10万マルクを失くしてしまったから、さぁ〜大変。
12時までに金を作らなければ殺される・・・。
残された時間は、たった20分。

98年の作品。
当時、結構話題になっていましたね。
パワフルな映像と、疾走するジャーマン・テクノの融合により生み出された新感覚のエンターテイメント映画。

結末が3つ用意されていて、わずかなタイムラグによって変わっていくローラとマニの運命。

でもね、2回目まではいいけど、3回目になると「も〜ええわ!」って感じになってくる。

しかも、20分しか猶予がないのに、絶対20分で解決できそうもないし・・・。

主演のF・ポテンテって、ジミーおおに・・・じゃなかったマッド・デイモン君の『ボーン・アイデンティティ』に出てた彼女よねぇ。
決して美形の女優ではないけれど、エキセントリックな真っ赤な髪が映像のポイントになってて、彼女にも似合ってたからそこは良かったです。

相手役のマニを演じてたM・ブライブトロイ『es(エス)』の彼よね!
たらこ唇で、お口がデカイ、背も高くない。

この作品ってテンポが命。

81分に収められたストーリーが息つく間もなく進んでいきます。
監督が新鋭トム・ティクヴァ
脚本も音楽も手がけています。
この作品で99年サンダンス映画祭ワールドシネマ観客賞を受賞しています。

実はこれ、GEOの中古ビデオで180円だったんで買いました。

頭からっぽにして観れるお気楽作品として、お楽しみいただければ幸いかと存じます。
| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 14:21 | comments(8) | trackbacks(7) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:21 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんわ。あっしゅです。
GEOで180円ですかぁ。
それなら買いますねぇ。絶対に。
まぁ内容はどうであれ、、、いいですねぇ。
ボクもGEOに行って探索してみようかな???
| あっしゅ | 2006/10/09 8:48 PM |
>あっしゅさんへ
こんにちは〜あっしゅさん♪
でしょ〜(*^▽^)b
GEOに行くと、たま〜にこういう掘り出し物が!!!
180円だったら、レンタルするよか安いでしょ。
まぁ、古い物しかないですけど。
ウチは近所にTSUTAYAさんが無いので、少し遠いですがGEOを利用しています。
遠いので7泊8日しなった作品しか借りれないのが難点です(ノ〜^;)ゞ
| なぎさ | 2006/10/10 3:35 PM |
近く再見しようと思っていました。
もし記事にできたら1枚目のお写真、お借りしてもいいでしょうか?
なぎささんのUP画像、ほんとにお上手に選択していらっしゃるのでいつも感心しておりますよ〜。

「イレイザーヘッド」など“アタマくるくるパー”になりそうな映画を観た後などこういうPOPで音楽バンバン、スピード感バッチリの映像に身をまかせる・・・いいんでないかい?!!(笑)

GEOの180円ビデオ、あれはいいですよね。
どこかのオバサンがワゴンの中一瞥して「映画の価値も下がったもんね〜」だって〜〜!
私しゃ、ハラワタ煮えグラがったもんねーー!

「おんどりゃあ〜〜、映画何本観てそんなシラケた口きくんじゃい!!映画の価値は観てから決めるんじゃ!売られている値段の安い高いじゃないいい〜〜〜!!」

すいません〜、なぎささん、私ってカルシウム、足りませんか??(笑)
| viva jiji | 2006/10/12 8:09 AM |
>viva jijiさんへ
どうぞ!どうぞ!
よろしければお使いください♪
と言いつつ私も、画像はいつもどこからかかっさらってきております〜(ノ〜^;)ゞ

偶然ですねぇ viva jijiさんも再観しようと思われていたなんて(*^ー^)b
>“アタマくるくるパー”になりそうな映画を観た後など
笑っちゃいましたよ〜(´qp`*)
『イレイザーヘッド』って未観ですが、そんな映画なんですね!

ほ〜んとほんと!
これは高速を走ってるようなスピードで展開される二人の結末に、ただただ身を任せて漂ってればゴールするって感じですものね。

中古ビデオの値段=映画の価値 な〜んて思ってるとはビックラですね(@◇@;)
「映画の日」や「レディースデー」で少しでも安く鑑賞する映画も映画だし。
こうして安く手に入ったDVDやビデオ、はたまたレンタルして見る映画もこれまた立派な映画でやんすよね!!!
肝心なのは観る人の心構えですものね(*^▽^)b
「さぁ〜今日も良い映画と出会いたいなぁ」

あっ!viva jijiさん♪
カルシウム補給するなら、「食べる小魚」お送りしましょうか?!
私、大好きなんですぅ〜☆
| なぎさ | 2006/10/12 1:46 PM |
これ、私好きです。

確かに、3回目には「まだやるか〜〜〜」ってツッコミたくなりましたが(苦笑)
なかなかリズミカルで、さささっと流れていくあたりは可もなく不可もなくって感じですが
でも、その頃は斬新な作品だったんでしょうね!!
| | 2006/10/15 3:57 AM |
>Dさんへ
心地良いテンポが観やすくて、所々に入るアニメがポイントになっていてなかなか面白い試みの作品ですよね!

何度も繰り返すっていうのが意外性があって、少しずつのズレが大きく二人の運命を変えるっていうのは斬新でしたよね。
そう、これもう8年も前になるんですよねぇ〜。
| なぎさ | 2006/10/15 10:49 AM |
昨日観ましたよ〜コレ。

そうそう、「もーえーわ!」って私も突っ込みましたよ3回目。
まさかの3ラウンド・・・(ーー;)

TBさせていただきましたぁ☆
| ヨッシー | 2006/10/22 9:40 PM |
>ヨッシーさんへ
観ましたかぁ〜ヨッシーしゃんも!!!
映像的には、この当時としては画期的な感覚だと思うんですよね。

にしても3回目はキッツイよね〜。。。
受話器を放り出すとこからだもんねぇ。
漫才だったら思いっきり突っ込み入るはず!

TB感謝で〜す☆
| なぎさ | 2006/10/23 8:54 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/431
TRACKBACK
原題:Lola Rennt ローラがベルリンの街を走る。なんのために走るのか!?理由は問わない、例え裏金運び屋のダメな彼のためでもいい、走ればなにかが起こる。 10万マルクの金を求めて、走るベルリンの街で起こる出来事、第1のパターン:周囲の人々に幸せを
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/10/09 5:10 PM |
ラン・ローラ・ラン ¥2,625 株式会社ファミマ・ドット・コム ドイツ 1998年 フランカ・ポテンテ、モーリッツ・ブライブトロイ、ハーバート・ナップ、ニナ・ペトリ、アーミン・ローデ 監督:トム・ティクヴァ 『ウィンター・スリーパー』、『ヘヴン』
| 映画を観よう | 2006/10/15 3:58 AM |
ほほー・・・これが当時やたら騒がれていた映画ですかぁ。。。 アニメーションが入って、ふんふん目を引く映像だぁねぇ。。。 ローラの頭髪の鮮やかな“赤”が目まぐるしく変わっていく映像にマッチしててどこか
| そして今夜も眠れない | 2006/10/22 9:36 PM |
1998年製作のドイツ映画。 恋人のためにひたすら走る赤い髪のパンク娘の周りで起きる様々なトラブルを描く痛快ムービー。ローラの恋人で裏金の運び屋・マニは、あと20分で10万マルク用意しなければ殺されてしまう。マニの命を救うため、金を工面すべくローラは街を走る
| シネマ通知表 | 2006/12/19 9:43 AM |
「パフューム ある人殺しの物語」のトム・ティクヴァ監督作品です。 公開時劇場で観
| はらやんの映画徒然草 | 2008/05/24 7:38 PM |
愛する彼を救うため、ベルリンの町を東奔西走する姿を描いたラブ・ストーリー。監督はトム・ティクヴァ、キャストはフランカ・ポテンテ、モーリッツ・ブライブトロイ、ハーバート・ナップ、ニナ・ペトリ他。 <あらすじ> ベルリン、夏。ローラの家に恋人マニから突然
| Yuhiの読書日記+α | 2009/05/27 12:54 AM |
★★★★  ドイツで大ヒットになったゲーム感覚のハイテンションなアクション・ラブ・ストーリーといったところか。いずれにせよ、従来観たこともない風変わりな映画である。 またア二メを多用した荒唐無稽なオープニング映像は、なんとなくタランティーノ風味。思わ
| ケントのたそがれ劇場 | 2009/10/15 10:08 AM |